Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スコッチ

おすすめのスコッチブレンデッドウイスキー

前回までに紹介していないおすすめのスコッチブレンデッドウイスキーを今回はまとめて紹介していこうと思います。 www.yaffee.work Bell‘s ベル ベル社のモットーは“Afore ye go”「旅立ちの前に」で戦地に赴く兵士にベルのウイスキーを届けられたことに由来…

ハイボールの起源 デュワーズ Dewar’s

デュワーズは1846年にスコッチランドのハイランドで誕生して以来、170年以上世界中で愛され続けています。そんな長くにわたって愛される魅力とハイボールの起源ともいわれているデュワーズについて今回はご紹介しようと思います。 3つのD デュワーズを語る…

王室のウイスキーと女王に捧げたウイスキー

王室のウイスキー、女王に捧げたウイスキー ブレンデッド特集のブランド紹介の続き www.yaffee.work 今回は王室のブレンデッドウイスキーと女王のためのブレンデッドウイスキーのご紹介です。 ブランド名も「王室」。英国王室専門のウイスキー ザ・ロイヤル…

香るウイスキー“バランタイン”

バランタインは昔からスコッチウイスキーの代表格となっています。調和のとれた華やかな香りとエレガントで洗練された味わいがウイスキー通を唸らせ続けています。特に17年ものは“The Scotch” と称されるほど。 今回はそんなバランタインをご紹介したいと思…

スコッチNo.1のブランド ジョニーウォーカー Johnnie Walker

スコッチブレンデッドウイスキーを銘柄ごと紹介させていただく回。 www.yaffee.work 今回はスコッチNo.1のブランド ジョニーウォーカー Johnnie Walker ストーリー ジョニーウォーカーのストーリーはジョン・ウォーカーという一人の男から始まります。1819年…

ウイスキー界で今一番コスパ最強のスコッチブレンデッドウイスキーの世界!!

近年モルトウイスキーブームでシングルモルトやモルトウイスキーの人気や関心が高くなっています。しかし今でもスコッチの売り上げ上位にはブレンデッドウイスキーが入り、販売量の90%近くはブレンデッドウイスキーが占めています。 またウイスキーブーム…

スコッチウイスキーの生産地ごとの特徴とおすすめのウイスキー

スコッチウイスキーには6つの生産地の区分けがあります。 ・ハイランド ・スペイサイド ・アイラ ・アイランズ ・キャンベルタウン ・ローランド の6つです。 スコッチウイスキーはこの6つの生産地ごと特徴が全く異なるので、それぞれの特徴を知ってスコッ…

Kingsbury The Selection シリーズを飲み比べ!!

キングスバリーの“ザ・セレクション”シリーズから今回は楽天でセット販売していたブレアアソール、インチガワー、ダルユーイン、ベンリネスを飲み比べた記事を書いていこうと思います。 まず初めにキングスバリーの“ザ・セレクション”シリーズについて この…

スコッチウイスキーとは? 続き

前回の続きでスコッチウイスキーについてまとめていこうと思います yaffee28ppm.hatenadiary.com モルトウイスキーの製造工程は大きく5つの工程があります。 1.製麦 2.糖化 3.発酵 4.蒸留 5.熟成 の5つです。 それではそれぞれ工程ごと説明して…

スコッチウイスキーとは?

今回は初心に帰ってウイスキーの基本としてスコッチウイスキーについてまとめていこうと思います。 スコットランドについて スコットランドはグレートブリテン島の北約1/3とヘブリディーズ諸島、オークニー諸島、シェットランド諸島などの島々から構成され…

フィンラガン オリジナル

アイラからスコットランドの島々を統治していた島々の王”Lord of the Isles”。 その拠点となっていたアイラ島の港町の名前を付けてリリースされた商品です。 独立系ボトラーズのシングルモルトで、中身の蒸留所名は非公開となっていますが、アイラ島で1番の…

牡蠣とウイスキーはなぜ合うのか???

PexelsによるPixabayからの画像 牡蠣とウイスキーという組み合わせは鉄板中の鉄板!モルトウイスキーの聖地アイラ島では昔から生ガキにピートのきいたアイラモルトをかけて食べたり、おつまみの定番「牡蠣のオイル漬け」は大抵のお酒に合いやすかったりとペ…

スコットランドの歴史 ~ウイリアム・ウォレスとロバート・ブルース~

Greg MontaniによるPixabayからの画像 1296年イギリスのエドワード1世がスコットランドに侵攻してきます。これにより、スコットランド王国が消滅し、「運命の石」がロンドン、ウエストミンスター寺院へ持ち去られてしまいます。 エドワード1世 エドワード1…

シグナトリーヴィンテージ リンクウッド 1996 21年

年数表記 21年 色 薄い麦 アルコール度数 43% アロマ バニラ、白い花、スミレ、レモン、メイプル、オレンジピール、アーモンド、石鹸 評価 84 コメント 最初にグラスから香るアロマは弱めだが、しっかり嗅いでいくと様々なものが感じられる。このウイ…

ウイスキーから見たスコットランドの歴史 No.2 ~戦争、王位争いの激動の時代~

マクベス ここからスコットランド王国は激動の時代に突入します。 1040年ストラスクライド王国を併合したダンカン1世から従弟のマクベスが王位を奪います。このマクベスはウイリアム・シェイクスピアの戯曲「マクベス」のモデルとなった人物で、物語の大まか…

ベンロマック サシカイヤウッドフィニッシュ

2011年ヴィンテージ表記Alc 45%評価 82ワールドウイスキーアワードにおいて15年がベストスペイサイドウイスキーを勝ち取るなど、躍進いちじるしいベンロマック蒸留所より限定の、ウッドフィニッシュシリーズで断トツの一番人気を誇る「サシカイア ウッドフ…

イタリアンなモルトウイスキー ~Glen Grant~

各国の蒸留所情報紹介シリーズ作ってみました。そこで初めての第1回目は、個人的に思い入れの強い蒸留所。モルト好き、オタクならこの題名だけでどの銘柄かわかってしまうが、「グレングラント」をご紹介したいと思います。 グレングラント蒸留所 イタリアシ…

モルトの香水!スプリングバンクを飲み比べ!!

ウイスキー好き、スコッチ好きの中で人気、「モルトの香水」との称されるスプリングバンクのオフィシャルスタンダード10年、15年を飲み比べてみた。 最初にスプリングバンク蒸留所について スプリングバンク蒸留所はスコットランドの西側、キンタイア半島の…

スコッチウイスキーの法改正!??

2019年になって、スコッチウイスキーの熟成に使用できる空き樽の定義化された。 「スコッチウイスキーの熟成に使えるオーク樽の種別とは何か」という問い合わせが殺到したためだ。以前までは「伝統的に使用されてきた空き樽のみ」という表記だったが、い…