Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

全般

おすすめのスコッチブレンデッドウイスキー

前回までに紹介していないおすすめのスコッチブレンデッドウイスキーを今回はまとめて紹介していこうと思います。 www.yaffee.work Bell‘s ベル ベル社のモットーは“Afore ye go”「旅立ちの前に」で戦地に赴く兵士にベルのウイスキーを届けられたことに由来…

ハイボールの起源 デュワーズ Dewar’s

デュワーズは1846年にスコッチランドのハイランドで誕生して以来、170年以上世界中で愛され続けています。そんな長くにわたって愛される魅力とハイボールの起源ともいわれているデュワーズについて今回はご紹介しようと思います。 3つのD デュワーズを語る…

ウイスキー界で今一番コスパ最強のスコッチブレンデッドウイスキーの世界!!

近年モルトウイスキーブームでシングルモルトやモルトウイスキーの人気や関心が高くなっています。しかし今でもスコッチの売り上げ上位にはブレンデッドウイスキーが入り、販売量の90%近くはブレンデッドウイスキーが占めています。 またウイスキーブーム…

アイルランドの主な蒸留所とおすすめウイスキー

今回はアイルランドの主な蒸留所とおすすめのアイリッシュウイスキーをご紹介させていただこうと思います。 主な蒸留所 ・ブッシュミルズ Bushmills北アイルランドにある蒸留所で1608年にイングランド王ジェームズ1世から蒸留免許を与えられた由緒ある土地に…

アイリッシュウイスキーの種類と製造

アイリッシュウイスキーの種類 アイリッシュウイスキーには4つの種類があります。 ・モルトウイスキー アイリッシュのモルトウイスキーはスコッチと基本的に作り方は同じです。ただ定義でもあったようにアイリッシュではオーク製の樽以外でも熟成が可能です…

アイリッシュウイスキーとは?

アイリッシュウイスキーの定義 ・穀物類を原料とすること ・麦芽に含まれる酵素で糖化させること ・酵母の働きによって発酵させること ・蒸留液から香りと味を引き出せるアルコール度数94.8%以下で蒸留すること ・容量700ℓ以下の木製の樽に詰めること ・アイ…

スコッチウイスキーの生産地ごとの特徴とおすすめのウイスキー

スコッチウイスキーには6つの生産地の区分けがあります。 ・ハイランド ・スペイサイド ・アイラ ・アイランズ ・キャンベルタウン ・ローランド の6つです。 スコッチウイスキーはこの6つの生産地ごと特徴が全く異なるので、それぞれの特徴を知ってスコッ…

スコッチウイスキーとは? 続き

前回の続きでスコッチウイスキーについてまとめていこうと思います yaffee28ppm.hatenadiary.com モルトウイスキーの製造工程は大きく5つの工程があります。 1.製麦 2.糖化 3.発酵 4.蒸留 5.熟成 の5つです。 それではそれぞれ工程ごと説明して…

スコッチウイスキーとは?

今回は初心に帰ってウイスキーの基本としてスコッチウイスキーについてまとめていこうと思います。 スコットランドについて スコットランドはグレートブリテン島の北約1/3とヘブリディーズ諸島、オークニー諸島、シェットランド諸島などの島々から構成され…

ウイスキーの歴史 ~続き~

1823年の酒税法改正、1824年に政府公認第1号蒸留所ができると、スコッチウイスキーは飛躍的に進歩していきます。 ・連続式蒸留機の発明 Coffey Still 連続式蒸留機 1831年アイルランドの元税務官イーニアス・コフィーが連続式蒸留機を発明します。この蒸留機…

チョコレートとウイスキーって定番だけど……

Alexander SteinによるPixabayからの画像 今回のテーマはチョコレートとウイスキーです。 ウイスキーを飲むときのおつまみの定番中の定番で、大概何でも「合う」という認識が多いように感じます。しかしそれは本当にそうなのか考えてみました。 正直チョコレ…

スコットランドの歴史 ~ウイスキーをはじめて記録に残したジェームズ4世~

Hans BraxmeierによるPixabayからの画像 1494年スコットランド王室財務係に 「王命(ジェームズ4世)により修道士ジョン・コーに8ボルの麦芽を与えてアクアヴィテを造らしむ」 という記録が残っています。 ここに書かれているアクアヴィテとは古いウイスキー…

ウイスキーの基本から見た魅力!!

Felix WolfによるPixabayからの画像 ウイスキーの魅力についての記事は、ここ最近居酒屋でもスコッチシングルモルトが置かれるようになってからいろんなところで見かけるようになったかと思います。 この回はもうウイスキーをいろいろ楽しんでいる方にはおさ…

牡蠣とウイスキーはなぜ合うのか???

PexelsによるPixabayからの画像 牡蠣とウイスキーという組み合わせは鉄板中の鉄板!モルトウイスキーの聖地アイラ島では昔から生ガキにピートのきいたアイラモルトをかけて食べたり、おつまみの定番「牡蠣のオイル漬け」は大抵のお酒に合いやすかったりとペ…

ウイスキー水割りについて深く考察してみた

ウイスキーに水割りと聞いて一般的にウイスキーと水を割るだけのただのウイスキーの飲み方の1つでしょという考えが多いと思う。確かにウイスキー水割りとはウイスキーに水を割り交ぜただけのものだが、実はバーテンダーの中では最も難しく最も奥が深いカク…

スコットランドの歴史 ~ウイリアム・ウォレスとロバート・ブルース~

Greg MontaniによるPixabayからの画像 1296年イギリスのエドワード1世がスコットランドに侵攻してきます。これにより、スコットランド王国が消滅し、「運命の石」がロンドン、ウエストミンスター寺院へ持ち去られてしまいます。 エドワード1世 エドワード1…

ウイスキーから見たスコットランドの歴史 No.2 ~戦争、王位争いの激動の時代~

マクベス ここからスコットランド王国は激動の時代に突入します。 1040年ストラスクライド王国を併合したダンカン1世から従弟のマクベスが王位を奪います。このマクベスはウイリアム・シェイクスピアの戯曲「マクベス」のモデルとなった人物で、物語の大まか…

ウイスキーから見たスコットランドの歴史  ~古代からスコットランド王国ができるまで~

David MarkによるPixabayからの画像 今回はスコットランドの歴史をウイスキー視点で見ていこうと思います。 紀元前スコットランドに居住した民族の残した遺跡として有名なものであるオークニー諸島のスカラブレイの集落遺跡ですが、極めて保存状態の良い石造…

ウイスキーフェス東京2019 前編

ウイスキーの業界の右も左もわからず初参戦した去年からさらにウイスキーの深みにはまり、プロフェッショナル、レクチャラーそしてスピリッツコンペ審査員として参戦した今年のウイスキーフェス。ほかのウイスキーイベントや蒸留所見学など精力的に参加させ…

ペルノリカールが中国にウイスキー蒸留所??

酒類最大手の1つペルノリカールがとある建設計画を発表した。 それは中国、四川省の世界遺産でもある峨眉山に13ヘクタールの敷地に160億円をかけてウイスキーの蒸留所を建設するというものだ。 峨眉山とは… 中国四川省成都から南へ約160km、深い山間に位置す…

ウイスキーってそもそも何が原料??

ウイスキーの原料は主に 穀物 水 酵母 の3つ。 このうち穀物はウイスキーの種類によって細かい規定がある。 例えばスコッチやジャパニーズのモルトウイスキーは単に大麦ではなく、発芽させたモルト(大麦麦芽)というものを使う。発芽させる理由は、「糖化」…