Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

歴史

ウイスキーの歴史 ~続き~

1823年の酒税法改正、1824年に政府公認第1号蒸留所ができると、スコッチウイスキーは飛躍的に進歩していきます。 ・連続式蒸留機の発明 Coffey Still 連続式蒸留機 1831年アイルランドの元税務官イーニアス・コフィーが連続式蒸留機を発明します。この蒸留機…

ウイスキーの歴史 ~始まりから密造酒時代の終焉~

今回はアイルランド、スコットランドから始まったウイスキーの歴史を見ていこうと思います。 ・始まり 蒸留で使われた器具として最も古いものは古代メソポタミア文明の遺跡から発見された土器で、紀元前3500年ほどのものだといわれています。そして古代文明…

スコットランドの歴史 ~ウイスキーをはじめて記録に残したジェームズ4世~

Hans BraxmeierによるPixabayからの画像 1494年スコットランド王室財務係に 「王命(ジェームズ4世)により修道士ジョン・コーに8ボルの麦芽を与えてアクアヴィテを造らしむ」 という記録が残っています。 ここに書かれているアクアヴィテとは古いウイスキー…

スペイバーン ブラタンオラック

スペイバーンは ヴィクトリア女王、王位60年(ダイアモンド・ジュビリーの年)の1897年に創業した蒸留所です。創業者はどうしてもこの年に合わせたかったため、12月の極寒の時にまだ窓ガラスができていない中、初めての蒸留が行われたという逸話があります。…

スコットランドの歴史 ~エドワード3世とディヴィッド2世~

エドワード3世の親政と再びスコットランドの支配 Free-PhotosによるPixabayからの画像 エドワード3世は成人する1330年の11月に宮廷革命を起こし、摂政を行っていた母イザベルは終身幽閉処分、ロジャーを死刑に処し実権を取り返します。エドワード3…

スコットランドの歴史 ~バノックバーン勝利後のスコットランドとイングランド~

スコットランド独立宣言「アーブロース宣言」 FlowerPower211によるPixabayからの画像 ロバート・ブルースがバノックバーンの戦いで勝利後、スコットランドはヨハネス22世にスコットランド独立宣言となる書簡文を送っています。これが1178年にウィリア…

タバスコって樽熟成していたの!?? ~タバスコとウイスキーのつながり~

Antina WolffによるPixabayからの画像 タバスコとウイスキーって全く関係ないかと思っている方が多いと思いますが、実はタバスコはオーク樽(しかもジャックダニエルの空き樽)で3年間熟成し製品化 されています。つまりウイスキーのような熟成方法を採用し…

スコットランドの歴史 ~ウイリアム・ウォレスとロバート・ブルース~

Greg MontaniによるPixabayからの画像 1296年イギリスのエドワード1世がスコットランドに侵攻してきます。これにより、スコットランド王国が消滅し、「運命の石」がロンドン、ウエストミンスター寺院へ持ち去られてしまいます。 エドワード1世 エドワード1…

ウイスキーから見たスコットランドの歴史 No.2 ~戦争、王位争いの激動の時代~

マクベス ここからスコットランド王国は激動の時代に突入します。 1040年ストラスクライド王国を併合したダンカン1世から従弟のマクベスが王位を奪います。このマクベスはウイリアム・シェイクスピアの戯曲「マクベス」のモデルとなった人物で、物語の大まか…

ウイスキーから見たスコットランドの歴史  ~古代からスコットランド王国ができるまで~

David MarkによるPixabayからの画像 今回はスコットランドの歴史をウイスキー視点で見ていこうと思います。 紀元前スコットランドに居住した民族の残した遺跡として有名なものであるオークニー諸島のスカラブレイの集落遺跡ですが、極めて保存状態の良い石造…

壮絶で奥深いラム酒の世界 NO.1歴史~今日のラムまで~

前回ラムの誕生まで書かせていただいたが、今回は今日のラムになるまでを書いていく。 ・船乗りとラム 前回の記事のように奴隷のアメとムチのアメとして短期間で広まったラムは、それ以外にラムが壊血病の特効薬として信じられていた。壊血病とはビタミンC欠…

壮絶で奥深いラム酒の世界 NO.1歴史~ラムの誕生~

ラムカスクやウイスキーのボトラーズがラムをリリースなど、ウイスキーを知っていくとよく出てくるようになるラム。ラムの歴史は知れば知るほど、世界史と密に関係してくる壮絶で奥深いものだった。 もともとラムは砂糖の副産物として生み出された蒸留酒で、…

今やおじさんの楽しむだけじゃない。女子人気上昇中のジンの世界。

EUの規格では、「ジュニパーベリーで農作物由来の(96%以上で蒸留した)エチルアルコールを風味付けしたスピリッツ」となっている。 つまりジュニパーベリーを使用し、ジュニパーベリーの香りがあるということが必須条件で、「農作物由来」なのでベースが穀…