Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

【蒸留所情報】イタリアで圧倒的No.1スコッチモルトウイスキー グレングラント Glen Grant

 

f:id:yaffee28ppm:20200606013917j:plain

 

 

蒸留所データ

 

創業……1840年

創業者……シェームズ・グラントとジョン・グラント
オーナー会社……カンパリ
年間生産量(100%アルコール換算)……620万ℓ
仕込み水……キャパドニックウェルの泉から流れるグレングラント川(ブラックバーン・黒い川)
使用麦芽……ノンピート
発酵槽……オレゴンパイン10基
ポットスチル……初留釜4基、再留釜4基

 

グレングラント Glen Grant 蒸留所について

 

グレングラント蒸留所は、ネーミングがかなり独特な蒸留所。

なぜかというとモルト蒸留所で人の名前が由来の蒸留所だからです。

 

ほとんどの蒸留所名はその土地の名前や地名にちなんだものが多いです。

その中でグレングラント蒸留所は創業者であるグラント兄弟からその名がつけられました。

 

グレングラントGlen Grantを築き上げた人物

グラングラントは1840年ジェームズとジョンのグラント兄弟が創設。 弟ジョン・グラントは穀物商の傍らアベラワー蒸留所(当時密造酒だった時)で蒸留技術を学び、ウイスキー造りのエキスパートとなります。

 

そして兄ジェームズ・グラントは法律家・政治家として活躍していました。

中でもスペイサイドに鉄道を敷いた功績が認められ、貴族になっています

グレングラント蒸留所の立ち上げ時は事務・行政部門だったそうです。


のちにこの鉄道を使い、スコットランド以外で初めてシングルモルトを販売した蒸留所となっています。

 

 

2代目は兄シェームズの息子シェームズ・(ザ・メジャー)・グラントが継ぎます。


彼は釣りや世界旅行、ハンティングとが大好きな典型的なカントリージェントルマン。

 

常にツイードスーツに身を包み、立派なセイウチ髭をたくわえていたのだとか。

その姿から周囲から「少佐(The Major:ザ・メジャー)」といわれていたそうです。

 

彼は食事に誘った客を、食後に領地内の峡谷に案内。

岩陰に隠れた金庫からグレングラントとグラスを取り出し、みなにウイスキーをふるまったのだとか。

客がチェイサーが欲しいといったら仕込み水にもなっている近くの小川から自分のグラスに汲ませて飲ませたという話があるようです。

 

よっぽど自分の父の作ったウイスキー、そしてそのウイスキーが生まれる仕込み水に誇りを持っていたんでしょうね!

 

彼は自由奔放に人生を謳歌し、結婚と離婚を繰り返ていたそうです。

 

メジャー・グラントが2代目となるときにはずっと遊び歩いていた彼に不安の声はあったでしょう。

 

しかし!!

メジャー・グラントの自由奔放な生き方が自由な発想を生み、グレングラントの「今」を築き上げます。

メジャー・グラントは大きく3つの改革を行いました。

 

1.スチルの形を独自のストゥーパ型という形に変え、 すべてのスチルにピュアリファイヤー(精留器)を取り付けた


当時はスペイサイドというジャンルはなく、ピーティーでヘビーなハイランドタイプのウイスキーを作るところが多かったそうです。

メジャー・グラントは世界的に見たらこのようなウイスキーが求められていないことを世界を遊び歩いた経験から知っていたのかもしれません。

軽く、エステリーですっきりしたウイスキー目指しました。

これが大ヒット!!またこの時にまだスコットランドでは珍しかったポットスチルの間接加熱も採用しています。


2.世界の蒸留所で最も早く電化を進めた。


とりあえず新しいことを試すのが好きだったメジャー・グラントらしい改革です。

これにより製品の安定性が増し、効率も改善されたそう。

 

3.蒸留所の背後にヴィクトリアガーデンを造った!!


世界を遊び歩いたメジャー・グラントの趣味の部分でもありました。ただそれが今まで造るだけだった蒸留所が、人に見せる蒸留所・人を招く蒸留所としても有名になっていきます

このようなメジャー・グラントの功績をたたえて、グレングラントのオフィシャルスタンダード年数表記ナシを 「ザ・メジャー・リザーブ」と名付けています。 

 

製品よりも色の濃い仕込み水!?

 

グレングラントの仕込み水グレングラント川はピート層を通って湧き出るピート色の強い焦げ茶色の水だそうです。

その仕込み水を使っているため出来上がるウイスキーにもピートの香りが若干残るそう

ちなみにこの仕込み水は グレングラントの製品より色が濃いそうです。

いまだにスコットランドに行けていないのでぜひ一度見てみたいですね。。。

 

 

イタリアNo.1となった経緯

 

これには二つの経緯があるようです。

一つ目が先代ジェームズ・グラントが作った鉄道。これによってスコットランド以外で初のシングルモルトをリリースします。これが見事イタリアでヒット!!

ここからイタリアNo.1シングルモルトとなったというものです。

 

もう一つがたまたま説。

たまたま蒸留所に訪れたイタリア人が「グラングラント5年」を数ケース購入します。

そしてその人が母国イタリアで販売。これがきっかけでイタリアでのシェアを伸ばしていったのだとか。

 

僕は両方が重なってイタリアNo.1 となったのだと思います。

イタリアからグレングラント蒸留所に来た人も世界的にリリースされたグレングラントの味をどこかで飲んでいたと思います。

だからこそ「グレングラント5年」を大量に買い、イタリアで売ろうと思ったのかもしれないですね。

 

今でもイタリアの中で「グレングラント5年」が一番のシェアとなっています。

日本だと「グレングラント5年」はなかなか手に入らないです。

イタリア優先販売だそう。。。

 

ちなみに熟成年数表記のない「ザ・メジャー・グラント」は7年熟成の原酒が多いそうです。

 

 

 蒸留所のモットーは 「飾らないこと(simplicity )」

 

このような経緯のあるグラングラントは「飾らないこと」「シンプルであること」をモットーに掲げています。これはメジャー・グラントの意思を継いだもの。

 

だからこそ飲み飽きないライトで万人受けするウイスキーを造り続けられるのだと思います。

 

ラインナップ

グレングラント Glen Grant メジャー・リザーブ The Major Reserve

 

グレングラント Glen Grant 10年 10y

旧ボトル

 

新ボトル

グレングラント Glen Grant 12年 12y

 

グレングラント Glen Grant 18年 18y

 

 

 

ちなみに個人的にグレングラントのトワイスアップ(ウイスキー:常温の水=1:1で割る飲み方)をワイングラスに入れて楽しむ飲み方が一番料理に合わせやすいです。

ワイングラスだとウイスキーテイスティンググラスより口が広いので、香りが広がりやすいです!!

よかったら試してみてください!

 

グレングラントのテイスティングコメントはこちら!!

 

www.yaffee.work

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

グレングラントの話いかがだったでしょうか。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【蒸留所情報】味にうるさいフランス人が認めたウイスキー!!アベラワー蒸留所 Aberlour

f:id:yaffee28ppm:20200605113509p:plain

 

 

 

蒸留所データ

 

創業……1826年

創業者……ジェームズ・ゴードンとピーター・ウィアー

オーナー会社……ペルノリカール

生産区分……スペイサイド

年間生産能力(100%アルコール換算)……380万ℓ(2020年現在)

仕込み水……ベンリネス山の中腹にある泉

ポットスチル数……初留2基、再留2基

発酵槽……ステンレス6基

ワンバッチ麦芽(一回の仕込み量です。)……12t 

大麦……スコットランド産のみ

 

 

アベラワー Aberlour 蒸留所について

 

 

ゲール語で「ラワー川の落合い」という意味だそうです。

スペイサイド一の高さを誇るベンリネス山から流れるラワー川沿いに蒸留所が建てられました。

 

50年にわたって創業していましたが、火災により焼失。ダルユーインの所有者として有名なジェームズ・フレミングによって1.5キロ離れた位置に1879年設立しました。(公式の創業は1879年だそうです。)

 

1898年に再び火災に。

その後スコッチの蒸留所の建築家として有名なチャールズ・ドイグ設計の古典的なヴィクトリア様式の建物に生まれ変わりました!

 

仕込み水は『神聖な水』だった??

 

1826年の創業時、この蒸留所は密造酒でした。

この時の仕込み水は「聖ダンスタンの井戸水」。この井戸水はピクト族の洗礼に使われていたという神聖な水です。

この神聖な水を密造酒に変えていたのです。

この仕込み水は多くの密造所で使われていました。ここからもイングランドへの抵抗心を感じますね。

 

しかし、この水が枯れてしまいます。

 

仕方なく、今の仕込み水に切り替えます。

それからしばらくしてアベラワーが公式の蒸留所になり、徐々に軌道に乗り始めます。

 

1986年、IWSC(国際ワイン&スピリッツコンペクション)にて最高金賞を受賞

この時のウイスキーが一時的に復活した「聖ダンスタンの井戸水」で作られたウイスキーだったのだとか。

(別の説では受賞と同時に一時的に湧き出たって説もあります。)

 

 

現在の仕込み水、ベンリネス山の中腹の泉は、ソフトで微かなピート香のある味わいなのだとか。

この水がアベラワー独特の華やかな香りを引き出してくれるそうです。

 

フランスで大人気のシングルモルト!!ぺルノリカールの一押しウイスキー

 

アベラワー特に華やかで軽すぎず、重すぎず絶妙なバランス感のあるウイスキーだと思います。

そのおかげか、フランス人気の高いシングルモルトです。

かつてのオフィシャルボトルはどこかのブランデーで見たようなデザインに、ブランデーの階級表記「V.S.O.P」を文字って「V.O.H.M」(ベリーオールドハイランドモルト)と表記されていました。

 

【トップ画像をご確認ください】 

この時のアベラワーは今より味わい濃く、深いコクがありました。

 

 

さらに世界第2位のスピリッツメーカー:ペルノリカールにとって、グレンリベットと並ぶ一押しウイスキーとなっています。

そのためか、スコットランド人気よりほかの国での人気の高いスコッチウイスキーで常に世界トップ10入りはしています。

 

味わいの特徴

 

前記したように、華やかで、心地いい飲み口。バランス感抜群なまさにミディアムボディといったモルトウイスキーです。

 

その心地よさは、まるで春風を連想させるような……。

ぜひ一度味わってみてください!!

 

ラインナップ

 

つい最近ラベルデザインが一新されました。中身の原酒比率・構成は変わっていないようですが、徐々にこのラベルのものに変えていくようです。

ということでアベラワー12年だけ新旧のボトルを張っておきます。

 

 

アベラワー Aberlour ダブルカスクマチュワード 12年

 

 新

アベラワー Aberlour ダブルカスクマチュワード 16年

 

 

アベラワー Aberlour ダブルカスクマチュワード 18年

 

 

アベラワー Aberlour アブーナ

 

 

洋酒の最新情報を教えてくれるYouTubeチャンネル!!

 

 

BAR PEGASUSさんのYouTubeチャンネルです。

 

今回のアベラワーのようにボトル一新や、国内外での最新ウイスキー、スピリッツ、リキュールの情報を教えてくれます。

とにかく情報量がすごいです!!

ぜひ最新の洋酒情報が気になる方はチャンネル登録を!!!

 

 

www.youtube.com

 

この蒸留所の面白いストーリーをご紹介しているブログ記事

 

バグパイプの話は面白いです!!

フランス人に人気となったのもここが理由かもしれませんね!(笑) 

 

www.bar-kottechan.work

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

アベラワーの話いかがだったでしょうか。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【ブログの話】先月比+1万アクセス!!??5月の成果とブログを書いていて新しくチャレンジしたことなど自己分析しました。

 

ブログ

 

 

 

 

先月(5月)の成果やブログを書いていて気付いたことなどをアウトプットしていこうと思います。

 

 

 

今月のブログの成果

 

 

月間ページビュー数14803(先月比:+10783)

 

月間アクセスユーザー数9,378(先月比:+4,857)

 

 

今月になってやっと月間1万アクセスを超えるようになりました。

先月比で1万超えているのでかなり大きく進歩した一カ月になったと思います。

 

アフィリエイト収入も今までは月に一回成果が入るかどうかぐらいでしたが、今は週に1回ぐらい入るようになってきました。

かなりブログとして成長できたと思います。

 

いつもお越しいただき、ランキングへのご協力やはてなブックマークをしてくださる皆さんのおかげです。

改めて感謝させてください。

本当にありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

正直5月半ばぐらいまでは一日のアクセス数200行くかどうかぐらいでした。

このままいけば確実に1万アクセスは越えなかったと思います。

何かできないかと思い、5月半ばぐらいからいろいろと変えたことで一日のアクセス数500を超える日が多くなりました

 

そこでどこにチャレンジしてみたのか、どういうやり方がよかったのかを自分なりに分析してみた結果を公開しようと思います。

 

 

人気ブログランキング内の「ブログサークル」をかなり活用するようにした

 

 

まず人気ブログ内の「ブログサークル」の中でコメントを多くの人に残している方、はてなブックマークやランキング支援を行ってくれる方にコメントを残し、その方のブログにはてなブックマークやランキング支援を行うようにしました

 

つまりエンゲージ率の高い方へ積極的にアクセスしていくこと

必ず返してくれます。

するとブログランキングで上位になれたり(人気ブログランキングウイスキー部門1位になれました!ありがとうございます。)はてなブックマーク数が伸びたりしました。

 

正直ブログサークル内のサークルは5~6サークルに加入ぐらいでいいと思います。それよりコメントを残してくれる方へ飛び続けて、はてなブックマーク・ランキング支援してコメントを残すというやり方はかなり有効だと思います。

特に僕のようにSEOがよくわからない人は、ここに時間を使うことでアクセス数がかなり伸びます

 

さらにはてなブックマークを多くつけてもらえるようになると、はてなブックマーク内のおすすめ記事に自分のブログが出てきます。

そうなるとまた一気にアクセス数が伸びます

 

また横のつながりができますし、様々な人の文章に触れられる機会も増えます。

様々な文章を読むことは、ブログの記事を書く上でかなり勉強になると思います。

 

マニアックな記事とライトに読める記事を挟むようにした

 

 

元々僕の記事はウイスキーに関するマニアック路線が多かったです。

難しい内容も多く、正直万人受けはしないブログだとは思います。

しかし、それではただの趣味ブログというか自己満ブログになってしまう

 

そう考えまして、日常の料理シリーズやほかにもライトに読める記事を作りました

逆にライトな記事ほど僕にとっては難しかったです。

 

www.yaffee.work

 

 

この方法を試したことでブログサークル内やはてなブックマークでのコメントやいいねなどをいただきやすくなりました。

 

しかしマニアック記事でファンになってくださっている方もいます。そういった方のためにも、自分のためにもマニアックな記事も書き続けます。

 

要はバランスが大事なんだと思います。

 

ライトな記事はさらに読みやすいように文字数を少なくした

 

ライトな記事は文字数を1000文字程度にしました。

純粋に読みやすい記事・読み疲れない記事・通勤途中やちょっとしたスキマ時間で見れる記事を意識しました。

その結果予想していなかったですが、GoogleのDiscoverに記事が載ったようです。(グーグルを開いたときに出てくる「あなたへのおすすめ」的なリンク集のところです。)

ここに選ばれる基準は「ユーザの検索履歴や閲覧ページをもとにグーグルが判断したユーザに有益と思われる記事かどうか」だそうです。

 

分かっていても難しいですね。。。。

 

 

その中にはマニアック記事もありましたが、ライトな記事も含まれていました。

まだ取り上げられたのは5記事ほどなので分かりませんが、文字数は関係ないのかもしれないです。

文字数よりブログを読まれている皆様が見たいと思う記事、知りたいと思うを内容を書くこと。ココがポイントだと思います。

 

つまりアクセス数を伸ばしたかったらマニアックな記事でも、一般の人が見て「面白み」「為になる」をうまくちりばめていかないと自己満の記事になります。

 

 

例えば、TV番組の「マツコの知らない世界」。マニアックな内容なのに面白いですよね?

多分マツコさんが一般目線とマニアック目線を 絶妙に使い分けているからじゃないかなと思います。 

 

 

この使い分けははっきり言ってすごく難しいです。

一般目線だけでは、内容の薄い誰でも知っているような記事しか書けません。

しかしマニアック目線だけでは共感してくれる一部のファンの方しか読まれません。

 

一部のファンの方についていただけるのは本当にありがたいですが、今後ブログとして成長するためにはうまい使い分けをし、マニアックながらどこか引き込まれる記事にしていく必要があります

 

今後いろんな方の記事を読みながら勉強し、さらに意識して書いていこうと思います。

 

見出しタグので<h2>タグを使うようにした

 

 

ちょっとした変化ですが、もともと僕は見出しタグをh4、h5、h6を使っていました。

ほかのブロガーさんから見たら「なんで?」って思うかもしれないですが、h3のCSSが上手く反応せず、h2タグははてなブログの場合一番上のブログタイト下ですでに使われています

僕のブログなら「ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログです。」の文字のところがh2タグになるので、CSSをいじるとタイトル下の文字にもそのデザインが反映されてしまいます

 

そういった意味でh4タグを記事内で一番の見出しにしていました。

しかし、いつものようにほかの方のブログ記事を読みあさっていたら、「h2タグを使うとSEO対策になる」といった内容を見ました。

そこで試してみようと思い、最近の記事からh2タグに変えたところ………

 

少しですが、Google検索での順位が上がり、アクセスも若干伸びました。

 

今後経過を見ていこうと思いますが、SEO対策に有効な方法かなと思います。

 

 

ちなみに僕のブログでは記事内のh2見出しタグだけCSSが反応しているようにしています。

 

僕のやり方は手間がついてくるので100%おすすめの方法ではないと思いますが、

 

<h2 style=”CSSデザインコード”> 見出し</h2>

 

とやっています。

 

CSSデザインコードは「見出し CSS」で検索すればいくらでも出てきます。

しかし、この方法だと簡単なCSSコードしか使えません(使えるのかもしれませんが、僕にはわかりません)。

それに前記したようにHTML編集で編集しないといけないので結構手間です。

 

それでもGoogleからのアクセスを若干でも伸ばしたい人はぜひ試してみてください!

 

 

 

ブログ外の活動ですが……

 

 Twitter内で先月、ウイスキーと料理を合わせよう!!って企画をやりました。

 

完全に思いつき企画でいろいろと反省点の多い企画でしたが、フォロワーさん参加型の企画は圧倒的にフォロワー数やファン獲得のチャンスになると思います。

 

もし周りに賛同してくれるフォロワーさんがいる場合一緒に企画など行ってみてはいかがですか? 

 

一緒に盛り上げてくださったフォロワーさん、企画に参加してくださった方。

お疲れさまでした!!自分一人ではまず一つのツイートで終わっていたものがここまで大きい企画になったのは皆様のおかげです。ありがとうございました!!

 

アクセス数が増えるとやはりアンチも出てきます。

僕の記事もTwitter内で「素人が書いている」と書かれました。

もちろん素人です。本職は料理人です。でも仕事の熱量で書いていました。

 

僕のつたない文章やウェブライターの方から見たら穴まみれなブログだと思います。

こういった意見をいただいても、落ち込むのではなく自分の分析に使い成長につなげていくことが大事だと思います。

逆に率直で貴重な意見だと思います。

 

それにアンチが出たことで、今まで応援してくださるフォロワーさんから逆にエールをもらえるという本当に涙が出るほどありがたい結果になりました。

 

あの時は本当に支えられました!!

ありがとうございます!!

おかげさまでよりやる気が出ました!!

 

 

アンチが出ることは悪いことばかりではないです。

自分から狙ってアンチを作るのは論外ですが、まじめにブログを書いていて出てくるアンチには恐れず、自分の経験に活かしましょう!!

 

ちなみにこのブロガーさんの記事はブログを収益化させていく上ですごく為になるので、リンク張らせていただきます!!

ブログの収益化を目指したい方はぜひ読んでみてください!

www.katsuyan-affiliate.com

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

5月のブログ成果の話いかがだったでしょうか。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【テイスティングコメント】グレンファークラス パッション Glen farclas Passion ドイツ市場向け 

 

f:id:yaffee28ppm:20200603181518j:plain

 



 

 グレンファークラス パッション Glen farclas Passion ドイツ市場向け

 

製品紹介

 

シェリー樽熟成のエキスパート、スコットランドのスペイサイド地区にあるグランファークラスからドイツ市場向けに限定リリースされたシングルモルトウイスキー

 

このシリーズは全部3種類あるそうで、スプリング(湧水)・チーム(蒸留所のチーム)・そして今回のパッション(家族経営の情熱)。すべて限定生産です。

 

今回のパッションは家族経営を守り続けているグレンファークラスの情熱を詰め込んだ商品だとか……。

 

できれば3つ並べたいですね!!

 

 

アルコール度数

 

46%

 

熟成年数

 

NA

 

アロマ

 

硝煙、コーヒー、カカオ、マンゴー、パッションの酸っぽい香り、アマニ油、メープルシロップ、ブドウ、ナッツ、アールグレイ 

 

評価

 

83/100

 

コメント

 

アロマは複雑。5000円代のスコッチシングルモルトではシェリーのクセがしっかりと出ている感じ。香りでは少し好みを分けるかもしれない。(個人的には好きですが……)飲んでみるとゆっくりと階段を上るようにフルーティーさと硝煙、オイリーさが押し寄せてくる。そしてアフターフレーバーに南国フルーツや硝煙、重みある風味が口いっぱいに広がる。若干のアールグレイとカカオの香りが上品にまとめてくれる。

 

加水すると……

 

加水するときれいに伸びる感じ。香りそのまま口当たりだけよくなる。飲んだ後のオフフレーバーが感じにくくる。飲みなれていない人なら加水のほうがおすすめ。

 

 

お酒のテイスティングでおすすめのブログ

ZeekなGoeののんべぇブログ(id:Zeek-Goe)さん

www.zeek-goe.xyz

 

ウイスキーに限らず、焼酎や泡盛などの蒸留酒はいろんな飲み方で紹介してくれます。

ビールやワイン、日本酒もとても丁寧にご紹介してくれます。

新しいボトルを買うとき、いつもと違う飲み方でお酒が飲みたいときなどの参考になると思います!

 

 

過去にこのウイスキーが登場した【日常の料理】シリーズはこちら!!

 

www.yaffee.work

 

このウイスキーの商品リンク

 今回のグレンファークラスはこちらです!!

 

以下は同シリーズ!!

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

 

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【日常の料理】罪悪感半減!?豆腐を使った抹茶のティラミス!グレンファークラスのパッションと合わせました!!

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200603111657j:plain

 

 

日常の作った料理を、普段僕が楽しんでいるウイスキーと共にご紹介していくシリーズ。

 

第4回目の今回は

 

『抹茶のティラミス』

 

 

 

ただの抹茶のティラミスではなく、豆腐を使った罪悪感半減ティラミス

嫁のバースデーコースを作ったときにデザートとして作りました!

 

材料

 

(スポンジ)

卵……2個

砂糖……90g

薄力粉……87g

牛乳……25g

バター……15g

正直この分量だとティラミスなら5個分ぐらい作れます。(笑)

 

(シロップ)

砂糖……大匙1ぐらい

ラム酒……大匙1ぐらい

抹茶……小さじ1ぐらい

水……50gぐらい

 

 

(ティラミスクリーム)

卵黄……2個分

砂糖……60g

グレングラント(香り付けのお酒です。なくても大丈夫です)……15㏄

マスカルポーネ……125g

絹ごし豆腐……125g

 

 

作り方

(スポンジ)

 

牛乳とバターは混ぜてレンジで軽く温め、バターを溶かしておきます。

薄力粉は振るっておきます。

160℃でオーブンの予熱をしておきます。

 

卵は軽く泡立て、3回ぐらいに分けて砂糖を入れ、しっかりと泡立てていきます。

リュバン状(「の」の字が書けるような状態)になったら薄力粉を混ぜながら少しずつ加えていきます。

 

粉が混ざったら、バターと牛乳の入ったボウルに少量入れで混ぜます。(捨て生地といわれています。こうすることで泡を壊しにくくバターや牛乳を全体に混ぜることができます。)バターと牛乳を混ぜた方も全体の生地に混ぜ、しっかり混ざったら型に流し、160℃のオーブンで25分ほど焼きます。

 

焼きあがったらすぐに型から外し、冷まします。

 

(シロップ)

全部混ぜます。

 

スポンジを1センチぐらいの厚さでカット。型に敷き詰めてシロップをしみこませます。

 

 

(ティラミスクリーム)

豆腐は1時間以上重しをして水抜きしておきます。

 

f:id:yaffee28ppm:20200603112617j:plain

まず卵黄、砂糖を白っぽくなるまで混ぜます

 

f:id:yaffee28ppm:20200603112704j:plain

白っぽくなったら豆腐を入れてしっかりと混ぜます

 

f:id:yaffee28ppm:20200603112738j:plain

f:id:yaffee28ppm:20200603112848j:plain

豆腐がきれいに混ざったらマスカルポーネを入れて混ぜます。

 

f:id:yaffee28ppm:20200603112922j:plain

しっかりと混ざったら、生クリーム、香り付けのお酒を入れて角が立つまで泡立てていきます。

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200603113002j:plain

スポンジをひいておいた型に流して、冷蔵庫で寝かせます。

一晩おいた方が、クリームがダレにくく味も美味しくなります。

 

 

このデザートに合わせたウイスキーグレンファークラス パッション 

 

f:id:yaffee28ppm:20200603113134j:plain

【このウイスキーテイスティングコメントはこちら!!】

www.yaffee.work

 

芳醇なシェリー樽ウイスキーの味わいと南国フルーツのような味わいが特徴です。

 

このような味わいと、濃厚なティラミス相性抜群。

横に添えたあんこもいい働きをしています!!

 

ちなみに「レモンハート&サンズ社 1804」というラムとも合わせてみました

 

f:id:yaffee28ppm:20200603113310j:plain

黒蜜のような味わいのあるラム。

合わせることで口いっぱいに「和」が広がります!!

 


レモンハート オリジナル 1804 デメララ 40度 750ml 箱なし 【お酒 ギフト 酒 内祝い スピリッツ 退職祝い 洋酒 ラム酒 ラム 還暦祝い お祝い プレゼント お返し 新築祝い お礼 カクテル 結婚祝い 母 母の日 父の日 父 宅飲み おうち時間】【ワインならリカオー】

 

おうち時間に試してみてはいかがでしょうか?

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

日常の料理の話いかがだったでしょうか。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【ウイスキー中級向き】ウイスキーも麦汁が大事!?麦汁に焦点を当てると見えてくるウイスキーの話!!

麦汁

 

ビールづくりにおいて麦汁は大事!

一番搾り麦汁だけをつかったキリンの「一番搾り」など「麦汁にこだわっています!!」と謳ったビールのCMは多いですよね。

 

でも「麦汁にこだわってます!!」と謳ったウイスキーって全然見ないですよね

 

ウイスキーは蒸留して、さらにそのあと樽で熟成させるから麦汁ってそんな大事ではないと思っていませんか??

実はウイスキーも麦汁に焦点を当てて見ていくと、味わいの違いが出てきます。

 

そこで今回は麦汁に焦点を当ててウイスキーを見ていくという他にないマニアックな記事としてまとめてみようと思います。

 

 

 

まず「麦汁」についておさらい

 

 

麦汁とは簡単に説明すると麦芽の甘ーいジュース

糖度でいうと1番麦汁が約20度2番麦汁が約5度といわれています。

 

果物の平均糖度を見ていくと

イチゴ  8~13度

メロン 12~18度

桃 13度

バナナ 16~20度

ぶどう 17度

 

 

つまり1番麦汁だけで見たらメロンより糖分が含まれていることになります。

 

ただ糖度で注意が必要なのが『糖度が高い=甘い』というわけではありません。

糖度は糖分が多く含まれているという意味で、糖類の中にはそこまで甘味を感じないものもあります。

例えばトレハロースという糖分。

これはよくパティシエや料理人、バーテンダーなどの間で糖度そのまま、穏やかな甘みにしたいときに使ったりします。例えば肉を漬けるとき、ホイップクリームを作るときなどなど。ほかにもいろいろ用途はありますが……。

 

麦汁の作り方

 

麦汁を作るためにはまず麦芽を作らなくてはいけません。

麦芽については過去の記事でまとめましたのでそちらをご参照ください!!

www.yaffee.work

 

麦汁を取るためには

まず麦芽を細かくつぶします。このつぶした麦芽のことを『グリスト』といいます。そしてグリストは粒の大きさで

外殻の多く含んだ一番大きなハスク

中程度のグリッツ(大体砂場の砂ぐらいの大きさです。)

一番細かいフラワー(いつも見ている小麦粉の細かさぐらいです。)

の3つに分けられます。

 

この比率をハスク:グリッツ:フラワー=2:7:1になるように調節することが多いようです。

 

この比率になった理由が気になる方は、難しい話になるのでウイスキー文化研究所のウイスキーコニサー認定試験対策の記事をご覧ください。

 

試験用 カテゴリーの記事一覧 - Yaffee's Whisky Blog

 

このグリストに約70℃ぐらいの温水をまぜ(この混ぜった状態の麦のおかゆのようなものをマッシ、マイシュといいます。)、糖化槽の中が65℃ぐらいになるように温度調節をして糖化させます。(この時のグリストと温水は大体1:4ぐらいです)

 

濾過し、一番麦汁を取ります。

 

今度は75℃の温水を大体グリストの2倍ぐらいの量、加えて同じように2番麦汁を抽出。

 

最後に85℃程度の温水を加えて、3番麦汁を抽出します。

中には95~100℃の温水を加えて4番麦汁を抽出するところもあるようです。

 

ウイスキーだと基本的に一番麦汁と二番麦汁を混ぜて糖度13~14度ぐらいにして発酵させます。

三番麦汁や四番麦汁は次の一番麦汁や二番麦汁を抽出するときの温水にすることが多いそうです。

 

 

 

 

そもそも麦汁ってどんな味??

 

 

ここを自分自身で経験したかったら、「キリン一番搾り おいしさの秘密見学ツアー」に参加してみるのをお勧めします!!(現在コロナのため工場見学は行っていないようです。)

 

www.google.com

このツアーでキリンの一番麦汁と二番麦汁の飲み比べができます。

 

僕個人の感想ですが、一言でいうと「全く塩気のない砂糖醤油を水で伸ばした感じ」です。

 

甘味と旨味が強い感じ。ちょっと不思議な説明になりますが、ちょっとモクモクした輪郭の味わいです。(僕の味の覚え方が、輪郭で覚えるというクセがあるのでわかりにくくてすみません。。。)

 

同じ大麦の量でも麦汁のとり方で最終的にウイスキーになる量が変わる??

 

 

大麦から最も多くのウイスキー(アルコール)を造りたいとき、製造工程の中でどこが一番気を付けなくてはいけないか。

それは発酵工程でも蒸留工程でもなく糖化工程。

つまり麦汁を抽出するときだそうです。

 

それはなぜか。

 

蒸留時にアルコールをより多く濃縮するためには、酵母により多くのアルコールを作ってもらう必要があります。

その酵母にアルコールを作ってもらうためには、糖化工程でなるべく多くの糖を作ればいいわけです。

 

 

それだけではなく、最終的にウイスキーの味わいを変えてしまう大事な工程でもあります。

 

麦汁の抽出時の温度は1℃で味が変わる!!

 

ちょっとだけ難しい話をします。

糖化は酵素の働きによってでんぷんを糖に変える作業ですが、ウイスキー造りの場合このでんぷんを糖に変える酵素(アミラーゼ)には大きく2つの酵素があります。

 

α-アミラーゼβ-アミラーゼです。

 

α-アミラーゼはでんぷんを適当なサイズで分解していく酵素のことで、65~70℃の温度でよく働きます

β-アミラーゼはでんぷんの結合を2分子ずつ分解していく、つまり二糖類である麦芽糖を多く作ってくれます最も活性化する温度は55~66℃です。

 

 

65℃、つまり両方とも活性化する温度が糖化工程のセオリーだそうですが、あえて65℃より低くしたり、高くしたりすることも多いようです。

 

温度を低くするとβ-アミラーゼがよく働くので麦芽糖がよくできます。つまり酵母が食べてアルコールに変えることができる糖分が増えるということ。

そうなるとアルコール発酵に多くの糖分が使われるので、結果ライトなウイスキーに仕上がりやすいそうです。

反対に温度を高くするとα-アミラーゼがよく働き、β-アミラーゼの働きが弱くなります。するとようになり、結果ウイスキーは重めな酒質になるといわれています。

 

 

また糖分以外にも温度が高いと緑茶と同じように苦み成分がよく出てきます。

 

 

煎茶の抽出温度は70~80℃ぐらいがベスト。

この温度だと緑茶の苦みを抑え、旨味や甘味を引き出すことができます。

 

同じように麦汁の抽出の時も高い温度では、苦み成分であるタンニンが抽出されやすいそうです。

つまり糖分以外にも高い温度の抽出は重ためな成分が出やすいようです。

 

抽出方法の違いは全く味わいが変わる!

 

麦汁の抽出方法はインフュージョンデコクション法の二つに分かれます。

簡単に説明するとインフュージョン法はお茶のように抽出する方法。デコクション法は一部だけ麦汁を煮て、戻すことで糖化させる方法です。

 

インフュージョン

 

インフュージョン法にはさらにワンステップ・インフュージョン法とツーステップ・インフュージョン法があります。

これは温度管理を1段階だけにするか、2段階行うかの違い。

 

2段階に分けて行うことで、より澄んだ麦汁を得ることができますが、コストがかかるそう。

ウイスキーではコスト重視のワンステップ・インフュージョンが多いようです。

 

ツーステップ・インフュージョン法は初めに50℃ぐらいの温度でたんぱく質の分解を行います。その後65℃ぐらいに温度を上げて、糖化を行います。

そうすることでたんぱく質アミノ酸に変わりやすく、澄んだ麦汁を得ることができる傾向があります。

 

 

デコクション法

 

デコクション法はグリストと温水を混ぜたマッシュの一部を別の鍋に移し、別鍋のほうのマッシュを煮ます。

こうすることで煮たほうはものすごく濃くエキス分を抽出することができるそうです。そして元のマッシュに戻して糖化させます。

大体この工程を2~3回程度繰り返し、糖化を行うそうです。

 

インフュージョン法より濃ゆい麦汁を得ることができるそうです。

またワンステップ・インフュージョン法より澄んだ麦汁になる傾向があります。

 

ツーステップ・インフュージョン法とデコクション法は主にビールに多い方法ですが、ウイスキーでも行っているところ、実験しているところはあると思います。

特にビール工場が併設されている蒸留所や元ビール工場の蒸留所はもしかしたらやっているかもしれないですね。

 

 

麦汁の濁り具合で味が変わる!!

 

基本的に糖化時の温度や抽出方法で麦汁の状態が大きく変わることは分かったと思います。

ここまでの流れだと澄んだ麦汁のほうが優れているように感じると思います。

 

しかし、あえて濁った麦汁に誇りを持っている蒸留所もあるようです。

中でも特に有名な所は「ブレアアソール」蒸留所。

 

ブレアアソールは麦汁の濁り具合で味わいの重みを出しているようです。

 

全部の工程とのバランスが大事なんだと思います。

料理でも例えば

同じ煮物を作るときでも、きれいに同じ大きさに切りそろえた野菜よりばらつきがあるカットにすることでいろんな味わいが楽しめるので、あえてばらつきを作ることもあります。

 

全てベストの工程を行うよりあえて一部を崩した工程をした方が味わい深くなるということは、料理も酒造りも同じだと思います。

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

麦汁に焦点を当てたウイスキーの話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

【日常の料理】『ミント香るサバ缶トマトパスタ』。サバ缶トマトパスタを自分なりにアレンジしました。お供はもちろんグレングラント!!

f:id:yaffee28ppm:20200531090457j:plain

 

 

お題「#おうち時間

 

 

日常の作った料理を、普段の僕が楽しんでいるウイスキーと一緒に紹介してくシリーズ。

 

第三回目の今回は

 

『ミント香るサバ缶トマトパスタ』

 

 

週刊はてなブログの上位になっていた(id:ikdhkr)さんのサバ缶トマトパスタの記事を参考に、自分なりにアレンジを加えて作ってみました!!

www.kansou-blog.jp

 

もちろんこのパスタはグレングラントのハイボールを合わせます!!

 

 

詳しくレシピのポイントや作り方を聞きたい方はYaffee's Whisky Blog公式ラインアカウントにてチャット形式で質問にお答えいたします。(個人を特定できるものではありません。ご安心ください。)

 

友だち追加

 

材料

サバ缶……1缶ぐらい

トマト……中玉なら4個ぐらい

ニンニク……2片ぐらい

トウガラシ……1本

オリーブオイル……適量

白ワイン……適量

ミント……適量

 

スパゲッティ……お好きな量

 

 

 

作り方

 ニンニクをお好みの大きさでみじん切りにします。

f:id:yaffee28ppm:20200531094759j:plain

   

   フライパンにニンニク、トウガラシ、オリーブオイルを入れて火にかけます。

 

 

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200531095014j:plain

  ニンニクに色がついてきたらサバの水煮缶を汁ごと投入。

 

 

 

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200531095144j:plain

 

   ギリギリまで煮詰めます

 

 

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200531095232j:plain

  汁がなくなり、少し焦げ付き始めるぐらいでサバ缶の汁と同じぐらいの量の白ワインを投入します。

 

 

 

 

   (ここで焦げ付きをきれいにこそぎ取るのがポイント)

 

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200531095343j:plain


ここで適当にカットしたトマトを投入。トマトが崩れるまで煮込んでいき、ソースにします。

 

 

 

 

 

ソース状になったら火を止め、刻んだミントを入れておきます。

 

 

 

 

1.5%ぐらいの食塩を入れたお湯でパスタを茹でます。

ゆであがったらソースとからめ、火を止めて香り付けのオリーブオイルを!!

 

皿に盛り、最後に刻みミントを散らせば完成!!

 

 

トマトのコク、サバの旨味に爽やかなミントの香りが吹き抜けます。暑くなるこれからの時期にピッタリなパスタです。風通しのいいテラスで食べたい一皿。

 

そんなパスタには爽やかなグレングラントハイボールがおすすめ!!(今回はカスクヘブンですが、メジャーリザーブや10年でもいいと思います!!)

 

一緒に楽しむとサバ缶の旨味にミントの香りが引き立ちます。グレングラントの穀物感がパスタの味と喧嘩せず、スッと馴染んで心地いい気分にしてくれます。

 

この組み合わせは本当にうまい!!!

 

簡単なのでぜひ試してみてください!!

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

日常の料理の話いかがだったでしょうか。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

【過去の日常の料理シリーズはこちら!!!】

www.yaffee.work

 

 

www.yaffee.work

 

 

【蒸留所情報】デュワーズの「心のふるさと」アバフェルディ蒸留所Aberfeldy

f:id:yaffee28ppm:20200530112215j:plain
f:id:yaffee28ppm:20200530112146j:plain

 

蒸留所データ

 

創業……1896年

創業者……ジョン・デュワー

オーナー会社……バカルディ

生産区分……南ハイランド

年間生産能力(100%アルコール換算)……340万ℓ

仕込み水……ピティリー川

発酵槽……カラマツ製8基、ステンレス2基

ポットスチル……初留釜 2基、再留釜 2基 

 

アバフェディAberfeldyについて

  

「パルドックの河口」という意味。パルドックとはキリスト教の伝道者のことらしいですが、詳しくはわかっていないようです。

 

当時、成功を収めていたデュワーズDewarsの原酒確保のために創業者ジョン・(アレキサンダー)・デュワーが1896年(生産開始は1898年)に建てました。

 

 

【デュワーズの詳しい記事はこちら】

 

蒸留所の所在地パースシャーに蒸留所を立てた理由は

デュワーズの拠点のあるパースまで鉄道が整備されていたこと

質のいい水が豊富だったこと

が大きいようですが、一番は……

 創業者の父ジョン・デュワーの故郷だそうです

父への敬意の気持ちを込めて、自分、自分たちの造るウイスキーデュワーズ」の原点・ふるさとに蒸留所を立てたのです。

 

ココがこだわりポイント

 

70時間発酵

 

シベリア産カラ松とステンレス製の発酵槽を使い分け、少し長めの70時間発酵させて作るそうです。(ラフロイグが約55時間、グレンリベットが約48時間だそう)

それにより絶妙にフルーティーな原酒に仕上がるのだとか。

 

水の神様のプールが水源!!

 

仕込み水はテイ川支流のピティリー川。

ゲール語で「水の神のプール」といわれています。

 

新鮮で澄んだ清らかな水はお酒造りにピッタリだそうです。さらにこの川には砂金が流れてくるそうです。まさに「神の恵み」といった仕込み水だと思います。

 

 

味わいの特徴

 

12年ははちみつの香りにフルーティーでエレガントなニュアンス、ミディアムボティが特徴的だと思います。

さらに熟成年数の立つとだんだん芳醇な香りと少しスパイスな味わいで贅沢なひと時を楽しめます。

 

ラインナップ

 

Aberfeldy 12年

 

Aberfeldy 16年

 

Aberfeldy 21年

 

アバフェルディのラベルに隠されてたものすごく細かいこだわり!!

 

 

現行のアバフェルディにはラベル左下にウイスキーの詰まった樽が描かれています。

この樽の中のウイスキーが12年、16年、21年で少しずつ減っていることをご存じでしたか??

そう、ちゃんとエンジェルズシェアしているのです!!(笑)

並べてみたらわかりますよ!!

そんなちょっとした蒸留所の遊び心もぜひ一緒に楽しんでみてください。

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

アバフェルディの話いかがだったでしょうか。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【日常の料理】ゼラチンなしで作る古典的なパンナコッタ!!イタリアNo.1ウイスキーと合わせました!!

グレングラント パンナコッタ

 

多くの人はパンナコッタというと生クリームをゼラチンで固めて作るイメージが強いと思います。

しかし、そのレシピになったのは近代になってから、

実は古典的なパンナコッタはゼラチンで固めてなかったのです。

 

では何で固めていたかというと、それは卵白!!

 

一言でいうと、「白いプリン」のようなものだったのです。

そこで今回は古典的なパンナコッタの作り方を自己流でアレンジしつつ再現してみようと思います!

 

 

古典的なパンナコッタ

 

<材料>

牛乳  200g、バター  50g(ここは生クリーム250gでも大丈夫です)

砂糖  40g

卵白  2個分(60g程度)

バニラエッセンス  適量

 

 

<作り方>

 

作り方はプリンと同じ

 

ただオーブンすら使わない方法にしたかったので、途中まではアングレーズソースのように作ります

 

まず牛乳、バターを鍋で温めます。この時にスパイスなど入れても面白いと思います。(バニラビーンズならこの時に入れます。)

 

一方で卵白に砂糖を入れてなるべく泡立てないように混ぜておきます。(コシは切るように)

 

二つを混ぜ合わせてまた少し火にかけます。若干のとろみが出てきたら、バニラエッセンスを入れて、容器に流します。

水をはったフライパンに容器を入れてフタをし、弱火で火を入れていきます。

ある程度水がプクプクとしてきたら、火を止めて7ほど待ちます。

 

 

固まったら、冷蔵庫で冷やして完成です。

もし固まってなければ様子を見つつさらに火を入れてくださいね!

 

 

*本当はカラメルを入れるようです。今回はライトなウイスキーに合わせたかったので少し味わいを弱くしました。

実際カラメル入れたほうが型から外すときに楽です。(笑)

 

 

今回このパンナコッタに合わせたウイスキーは……

 

 

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクルのストレート

 

カラメルがないので、グレングラントのライトでスムースな味わいを損ねません。また一緒に食べるとパンナコッタがよりミルキーに感じます!

 

よかったらこのウイスキーと一緒に楽しんでみてください!!

 


グレングラント ロセス クロニクルス カスクヘブン 46% 1000ml

 

 料理やお酒だけでなく、様々な趣味に触れているYouTubeチャンネルです。

取り上げている内容がマニアックながら、試しやすかったり、為になったりとみていて楽しい番組だと思います!!

よかったらおうち時間にこの動画をお楽しみください!!

【今回Twitter内で企画させていただいたアランに合うペアフードを見つける企画に参加してくれた動画です。アイラバター、アランバター間違いなく美味しそうですね!!】


【Argonaut Project.】ArgonautKitchen【小雪】アランバター&アイラバター:Aran butter&Islay butter

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

古典的なパンナコッタの話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【ウイスキーマニア必見!!】オールドボトルで劣化の香りとして有名な「ヒネ香」!現行のウイスキーに極小量ブレンドするとうまくなる???

お題「#おうち時間」 

f:id:yaffee28ppm:20200527230407j:plain

 

ウイスキーマニアの皆さん。

オールドボトルのウイスキーを買って、時々劣化した風味「ヒネ香」を感じてしまうことはありますよね。

「ハズレ」だったな、がっかりしてしまうと思います。

 

 

昔、とあるバーで「ヒネた(劣化した)オールドのリキュールをカクテルに極少量使うと格段に深みが増す。」と教えてもらったことがあります。

実際にそのカクテルを飲んだ時にびっくりするほど深い味わいでした。

 

 

!?

 

もしかしたらウイスキーでも同じことが言えるのでは??

 

そう考え、実験してみようと思いました。

 

 

 

その前に「ヒネ香」って何??

 

 

「ヒネ臭」とはウイスキーに限らず、お酒全般に使われる劣化臭のことです。

プラキャップ、金属キャップ、コルクのカビ・劣化やウイスキーが酸化してしまうのが主な原因のようです。

 

ウイスキーは味の悪くならないものというイメージがあると思います。

しかしウイスキーもどんどん酸化し、劣化していきます

口開け半年後からウイスキーの劣化が目立ち始めてくるようです。

 

酸化すると重い廃油の香りだったり、埃っぽい香りだったり、古本・古新聞のような香りになっていきます。

これが、ウイスキーの酸化が原因で出てくる「ヒネ香」です。 

 

 

プラキャップの劣化はゴム臭い、プラスチック製品の香り。金属キャップの劣化はサビの香りといった感じだと思います。

 

 

 

今回はこの中でも酸化によって出てくる「ヒネ香」で実験してみました。

 

「ヒネ香」のするオールドボトルとして……

 

 

とある方からヒネ香がかなり気になるウイスキーを分けて頂けることに。

それでこの実験を行うことができました。

 

 

今回頂いたのはオールド ロイヤル 15年 OLD ROYAL Aged 15 years 」

 

ウイスキー取引業者大手の「バーン・スチュワート社」の子会社「バーン・マッケンジー社」が作ったブレンデッドウイスキーです。

 

同社は1991年にスコットランドのディーンストン蒸留所を買収。

この蒸留所の原酒によってバーン・スチュワート社とその子会社は多大な好結果を得ることができたそう。

 

つまり、このウイスキーにはディーンストン原酒が含まれていると思います。

 

そこでまず単体でテイスティングしてみました。

 

アロマ

黒糖、カラメル、紙、ナッツ、バニラ、アルコール、クッキー、古本、

 

コメント

最初にカラメルの香り、ラムに近いようなキビ糖の香りを感じる。その中にやや「紙かな?」って思うぐらいの香り。アロマはやや複雑ながらバランスはとれている印象。飲んでみると最初にカラメルの甘さが広がる。しかし早めに閉じて一度古本屋へ。

そこからアフターフレーバーと共にカラメル香とやや苦みがやってくる。そして少しだけスモークが隠れている気がする。

 

 

これヒネ香がなければ、美味いウイスキーだと思います。

 

 

実際にやってみました!!

 

まず初めに

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル 

 

f:id:yaffee28ppm:20200527234703j:plain

【 このボトルの詳しい解説やテイスティングコメントはこちら】

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル 免税店限定 Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles テイスティング & ペアリング

 

 

グレングラント20mlに対して2滴オールド ロイヤルを入れたところで深みが……。

 

3滴入れてみたらかなり深みが出ました。

余韻に奥行きが出る感じです。

 

 

もしかしたらヒネ香ウイスキーを普通のウイスキーに少量足したら美味しくなる説は本当かも知れない!!

ただそれ以上いれるとヒネ香が目立ち始めます。そこで3滴を目安に実験していきました。

 

 

同じ条件でスカラバスも試してみました

 

【このボトルの詳しい解説やテイスティングコメントはこちら】

スカラバス Scarabus アイラシングルモルト Isly single malt whisky テイスティング &ペアリング

 

f:id:yaffee28ppm:20200527234742j:plain

同じ条件で3敵入れてみます。

 

 

するとスカラバス単体より今度は口当たりのまろやかさ、リッチ感が増しました!!

 

好みではありますが、圧倒的に高級感があります。

 

次にアランモルト10年でも試してみました。

 

【このボトルの詳しい解説やテイスティングコメントはこちら】

アラン スコッチシングルモルトウイスキー 10年(ロックランザ蒸留所)

 

やっぱりまろやかになり、熟成感がプラスされます

 

 

さらにシーバスミズナラ12年、ミズナラ18年、シーバスリーガル18年でも試してみました。

 

f:id:yaffee28ppm:20200527234814j:plain

ミズナラ12年は2滴で高級感が出てきます。

リッチな味わいで余韻も心なしか長くなったような……。

 

 

しかし!!!

 

 

f:id:yaffee28ppm:20200527234855j:plain



f:id:yaffee28ppm:20200527234919j:plain

ミズナラ18年と通常の18年は、1滴でお互いの良さが消えてヒネ香が悪目立ちしました。

つまり美味しくなくなりました。

 

 

ここでもしかしたら18年程度の熟成の進んでいるものは美味しくならないのではないかと思います。

ただ今僕が持っている18年熟成以上のウイスキーは他にないので、この検証はまた今度です。。。。

 

 

最後にデュワーズ、セブンのレジェンダリースコット、ブラックニッカでも試してみました。

 

デュワーズ1滴でデュワーズの良さでもあるフルーティさが消えます

リッチにはなるけどフルーティさがなくなったので。全く別物のウイスキーになってしまっています。深みが弱いので、あまりおいしくなったとはいえません。

 

反対にレジェンダリースコットは、1滴で深みが出てきます

同じようにブラックニッカも少しくっきりした味わいになったような気がします。

 

ウイスキーのヒネ香」実験まとめ

 

 

断言するにはもっとデータを集める必要があります。

ただ、基本的にシングルモルトウイスキーの10年以下・若いウイスキーには有効な方法だと思います。

またNA・若めのブレンデッドウイスキーは有効なものと美味しくなくなるものに分かれるようです。

 

18年などの熟成年数の進んだウイスキーブレンドすることで美味しくなくなると思います。

 

 

スチル・蒸留器の話でも紹介したように、微量のマイナス要因となる香り・オフフレーバーが入っているとものすごくいい香りになるということは香りの科学では常識のようです。

 

今回美味しくなくなったウイスキーにはもともと「ヒネ香」と似たようなマイナス要因の香りが入っていて、それがバランスをとれていたのではないかと思います。

ヒネ香を足した結果、バランスが崩れて悪目立ちしたのかもしれないです。

 

つまり未熟香の強いウイスキーならもしかしたらうまくバランスがとれるのかもしれない!!

またウイスキーを入手出来次第実験していこうと思います。

 

 

ちなみにウイスキーブロガーとして超有名なくりりんさんのブログでも「ヒネ香」の対処法は載っていました。

今回の方法はどうも最終手段に近い方法のようですね。(笑)

 

気になる方はこちらをクリック!!!

whiskywarehouse.blog.jp

 

 

 

 

かっこいいだけがBARじゃない!BARの面白さを教えてくれるYouTubeチャンネル

 

今回の実験のように独自の面白い実験や楽しくウイスキーを教えてくれるYouTubeチャンネルがあります!

 

つっちーのBar研究所さんです!!

 

かっこいいBarの良さを教えてくれるYouTubeは多いのではないでしょうか。

しかしBarの良さはそこだけじゃない、Barの「楽しい」「面白い」部分を教えてくれる

それがこのYouTubeチャンネルの魅力だと思います!

 

Barになかなか行けない今だからこそ

この動画を見ながら、お酒やBarを楽しく知っていくのも面白いと思います。

動画でやっていることを試したくなったり、一緒にお酒飲みたくなってしまうかもしれませんよ!!

 


【大人気のおつまみ!!】ジャパニーズウイスキーのソーダ割りに!!!

www.youtube.com

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

ウイスキーのヒネ香実験の話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回の実験に使ったウイスキー

 

 


グレングラント ロセス クロニクルス カスクヘブン 46% 1000ml

 


スカラバス アイラ シングルモルト リフィルバーボンカスク&バージンアメリカンオークカスク ハンターレイン 46% 700ml

 


アラン 10年 新ボトル 46% 700ml

 


【5,000円以上送料無料】シーバスリーガル 12年 ミズナラスペシャル 700ml 40度

 


箱無し シーバス リーガル 18年 ミズナラ カスク フィニッシュ 43度 700ml 正規品 ペルノリカール 水楢 ウイスキー スコッチ シーバス 長S

 


ウイスキー シーバスリーガル 18年 並行品 700ml (70362) 洋酒 Whisky(36-0)

 


プライバシーポリシー