南イタリアの伝統的なおつまみスナック『タラッリ(Taralli)』!!プーリア風の作り方でクミンの香りをつけてみました!!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日もお越し頂きありがとうございます。

いつかはもう一度イタリアに行きたいと思っているウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。 (@TW0GPYU3yMS7N3o
 

 

自宅で作った料理を、ウイスキーと一緒に紹介してくシリーズ。

今回は……

目次

『クミン薫るプーリア風タラッリ』

 

タラッリとは??

 

タラッリは南イタリアの伝統的な固いパンで、気泡が少なくサクっとした触感が特徴です。

 

南イタリアの中でも州によって味わいや特徴が違いますが、今回作ったのは『プーリア風』。

オリーブオイルと白ワイン、スパイスが入ることが特徴です。

サクッとした触感の中に複雑な香りがあり、ウイスキーにも合うはず!!!

と思う作ってみました!!!

材料

強力粉  250g

塩  10g(荒めの塩なら12g)

エキストラヴァージンオリーブオイル  75g

白ワイン  75g

お好みのスパイス  5g

(今回はクミンシード!トウガラシやローズマリー、フェンネルもおススメですし、中にはノリを入れている人もいました!!)

作り方

 

大きめのボウルに強力粉、塩、スパイスを入れてよく混ぜます。

そこにオリーブオイル、白ワインの順番に液体を入れていきます。

f:id:yaffee28ppm:20200906092633j:plain

フォークやヘラなどでよく混ぜ、粉っぽさがなくなったら一まとめにしていきます。

f:id:yaffee28ppm:20200906092656j:plain

そしたらしっかりとグルテンを出すように練っていきます。

目安としては、指で押して弾力があるぐらい。

30分生地を寝かせます

f:id:yaffee28ppm:20200906092719j:plain

4等分にし、細く伸ばして5~8g程度の大きさに分割。

棒状にした後、丸め形成していきます。

形ができたらぎりぎり沸騰しないぐらいのお湯でゆでていきます。

大体浮いてきたらOK!!

こうすることで、独特の砕ける触感が生まれます。

f:id:yaffee28ppm:20200906092741j:plain

ゆであがったら175度に熱したオーブンで焼いていきます。

大体30分ぐらいを目安にしっかりとした焼き色がつくまで焼いていきます!!

f:id:yaffee28ppm:20200906092803j:plain

焼きあがったら粗熱をとって完成!!

 

実食

 

サクッとした歯ごたえに独特の砕ける触感!!

そこからオリーブの香りや白ワインの爽やかさ、塩味にクミンのスパイシーさと口の中で様々な風味が広がります!!

これはついつい手が止まらなくなってしまうやつ!!(笑)

ワインのお供に出てくることが多いですが、ウイスキーやコーヒーなど様々なおつまみやお茶請けにいいかもしれないです!!

プーニ ゴールドとペアリング!!

f:id:yaffee28ppm:20200906092533j:plain

 

タラッリの香ばしい穀物の香りがプーニの穀物感とスパイシーさにすごく合います!!

 

まるで深みに連れていかれるようなペアリング!

 

ぜひプーニとご一緒にお楽しみください!!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.yaffee.work/entry/punidistillery]

[afTag id=1349]

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

また今回の記事が、面白かった、ためになったと思っていただけたら嬉しいです。

また次回もよろしくお願いいたします。


 

友だち追加

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページや通知アプリ「Push7」にて記事の更新情報など配信しています。

 

※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今週のおすすめ銘柄

この記事を書いた人

香りづけに使用したことからウイスキーにどっぷり嵌ってしまった料理人です。
調理師の仕事をしつつ、ウイスキーと料理の魅力を紹介するためにブログ・メディアを作成。
様々な視点からウイスキーを解説しています。

目次