Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

ウイスキーコニサー認定試験用 ウイスキー概論


一般定義

穀物を原料として、発芽による酵素によって糖化、発酵、蒸留を行い、木製の樽で貯蔵し熟成させた酒類

 

5大ウイスキー概要

スコットランド

 

モルトウイスキー …大麦麦芽のみ

単式蒸留器で2回または3回蒸留。アルコール度数94.8%以下で蒸留。

熟成は700ℓ以下のオーク樽のみ

 3年以上の熟成が必要。

 

・グレーンウイスキー…大麦麦芽、トウモロコシ、小麦、 大麦など

連続式蒸留機。アルコール度数94.8%以下で蒸留。

熟成は700ℓ以下のオーク樽のみ

3年以上の熟成が必要。

 

ブレンデッドウイスキー…上記の2つをブレンドしたもの。

 

アイルランド

 

アイリッシュポットスチルウイスキー…大麦麦芽、未発芽大麦各30%以上、その他の穀物5%未満

単式蒸留器で2回または3回蒸留。アルコール度数94.8%以下で蒸留。

熟成は700ℓ以下の木樽のみ。

3年以上の熟成が必要。

 

モルトウイスキー…大麦麦芽のみ

単式蒸留器で2回または3回蒸留。アルコール度数94.8%以下で蒸留。

熟成は700ℓ以下の木樽のみ。

3年以上の熟成が必要。

 

・グレーンウイスキー穀物であればなんでも可。ただし 大麦麦芽は30%未満。

蒸留器の規定はなし。アルコール度数94.8%以下で蒸留。

熟成は700ℓ以下の木樽のみ。

3年以上の熟成が必要。

 

アイリッシュブレンデッド ウイスキー…上記の3つのうち2つ以上をブレンドしたもの。

 

アメリカ>

 

アメリカンウイスキー穀物

蒸留器の規定なし。アルコール度数95%以下で蒸留。

熟成はオーク樽のみ

熟成の必要はある(コーンウイスキーは例外)が、期間の規定はない。

 

・バーボンウイスキー…原料の51%以上がコーン。

  蒸留器の規定なし。アルコール度数80%以下で蒸留。

 熟成は内側を焦がしたオークの新樽のみ。アルコール度数62.5%以下で樽詰め。

 熟成の必要はあるが、期間の規定はない。ただし4年以下は熟成年数の表記が義務。またストレートバーボンと名乗るなら2年以上熟成させる必要がある。

 

テネシーウイスキー…原料の51%以上がコーン。

蒸留器の規定なし。アルコール度数80%以下で蒸留。

熟成は内側を焦がしたオークの新樽のみ。アルコール度数62.5%以下で樽詰め

チャコールメローイング製法で造ること。

熟成の必要はあるが、期間の規定はない。ただし4年以下は熟成年数の表記が義務。またストレートテネシーと名乗るなら2年以上熟成させる必要がある。

 

・ライ、ウィートウイスキー…原料の51%以上がライ、ウィート。

蒸留器の規定なし。アルコール度数80%以下で蒸留。

熟成は内側を焦がしたオークの新樽のみ。アルコール度数62.5%以下で樽詰め

熟成の必要はあるが、期間の規定はない。ただし4年以下は熟成年数の表記が義務。またストレートライ、ウィートと名乗るなら2年以上熟成させる必要がある。

 

モルト、ライモルト、 ウィートモルトウイスキー…原料の51%以上がモルト、ライ モルト。ウィートモルト

蒸留器の規定なし。アルコール度数80%以下で蒸留。

熟成は内側を焦がしたオークの新樽のみ。アルコール度数62.5%以下で樽詰め

熟成の必要はあるが、期間の規定はない。ただし4年以下は熟成年数の表記が義務。またストレートモルト、ライモルト、ウィートモルトと名乗るなら2年以上熟成させる必要がある。

 

・コーンウイスキー…原料の80%以上がコーン

蒸留器の規定なし。アルコール度数80%以下で蒸留。

熟成の必要はない。

ストレートコーンウイスキーの場合、古樽か 内側を焦がしたオークの新樽で2年以上熟成させる必要がある。アルコール度数62.5%以下で樽詰め。

 

<カナダ>

 

・フレーバリングウイスキー穀物(主にライ麦、小麦、大麦)。

蒸留器の規定はないが、基本1塔式連続蒸 留機とダブラーを使用。

 熟成は700ℓ以下の木樽のみ。

3年以上の熟成が必要。

 

・ベースウイスキー穀物(主にトウモロコシ、小麦、大麦)。

蒸留器の規定なしが、基本連続式蒸留機。

熟成は700ℓ以下の木樽のみ。

3年以上の熟成が必要。

 

・カナディアンブレンデッドウイスキー基本は上記の2つをブレンドしたもの。9.09%以下ならカナダ産以外のもの、ウイスキー以外のものを加えても構わない

 

<日本>

 

モルトウイスキー…大麦麦芽のみ。

単式蒸留器を使う。蒸留上限アルコール度数95%未満。

熟成樽の規定はないが、基本オーク樽。

(TWSC基準)2年以上の熟成が必要。

 

・グレーンウイスキー 穀物(主にトウモロコシ、小麦)。

規定はないが、基本連続式蒸留機 を使う。蒸留上限アルコール度数95%未満。

(TWSC基準)2年以上の熟成が必要。

 

ブレンデッドウイスキー …上記の2つをブレンドしたもの。

 

 

ウイスキーの構成要素

水とエタノールで99%以上を占めているが、その他に含まれる1000以上の微量成分がウイスキーの香味を決定づけている。

<主な成分>

① 水  ② アルコール(エタノールが主体)

エステル(アルコールと酸により生成される化合物。多くは酵母由来。)

④ 酸(ウイスキーには有機酸が多い。)

アルデヒドバニリンなど。)

⑥ その他(主にピート香の成分のフェノール化合物、未熟香やオフフレーバーの一種の硫 黄化合物など)

ウイスキーの歴史

 

<年表>

563年    聖コロンバ、アイオナ島上陸

1172年  イングランド王ヘンリー2世アイルランド侵攻。「ウスケボー」と呼ばれる  酒の存在が知られる。

1263年  ラーグスの戦いスコットランド王アレクサンダー3世、ヴァイキング軍に 勝利。「アザミの伝説

1297年  スターリングブリッジの戦い。ウィリアム・ウォレス、イングランド軍に勝利。翌年ファルカークの戦いで、エドワード1世軍に敗れる。(映画ブレイブハート、主演メル・ギブソン

1314年  バノックバーンの戦い。ロバート・ザ・ブルース王が、イングランドエド  ワード2世に勝利。

1494年  スコッチウイスキー元年。「王命(ジェームズ4世)により、修道士ジョンコーに8ボルの麦芽を与えてアクアヴィテをつくらしむ」の記録。

1603年  スコットランド王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世として即位。同君連合が成立。

1707年  スコットランド議会廃止。イングランドに併合。

1746年  カローデン・ムーアの戦い。ジャコバイト軍、イングランド軍に敗北。

1759年  ロバート・バーンズ、エアッシャーのアロウェイに誕生(1月25日)

1775年  (~1783年)アメリカ独立戦争

1783年  アメリカ、エヴァン・ウィリアムが初めてウイスキーを製造。

1789年  アメリカ、エライジャ・クレイグが初めてコーン原料のウイスキーを製造。 “バーボンの祖”となる。

1797年  初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンヴァージニア州マウントヴァー ノンに本格的なウイスキー蒸留所を建設。

1824年  グレンリベット蒸留所、政府公認第一号蒸留所に。

1831年  イーニアス・コフィーが連続式蒸留機を発明。特許取得し、パテントスチル(ニッカではカフェスチル)と呼ばれる。

1853年  同一蒸留所内に限り、熟成年数の異なるウイスキーブレンドが許可される。アンドリュー・アッシャー、ヴァッテッドウイスキー(アッシャーズ・オールド・ヴァッテッド・グレンリベット)を発売。ペリー来航。沖縄で琉球人、浦賀で日本人にウイスキーを振る舞う。

1877年  ローランドのグレーンウイスキー業者6社が集まり、DCL 社結成

1887年  ルフレッド・バーナード、「 The whisky distilleries of the United kingdom」を出版。

1909年  ウイスキー論争に決着。ブレンデッドウイスキーもスコッチに。

1918年  (~1920年)竹鶴政孝スコットランド留学

1920年  (~1933年)アメリ禁酒法が発効。

1924年  日本初本格ウイスキー蒸留所の山崎蒸留所設立。

1927年  DCL 社、ホワイトホース社を買収。ビック5がすべて DCL 社傘下に。

1929年  日本初、本格ウイスキーサントリーホワイト(白札)」発売。

1934年  竹鶴政孝、大日本果汁創業。1936年からウイスキーを製造開始

1963年  寿屋、サントリーに改名。グレンフィディックシングルモルトウイスキー

をプロモート。

2008年  肥土伊知郎氏のベンチャーウイスキー、埼玉県の秩父蒸留所で蒸留開始。

アメリ禁酒法の影響>

 

スコットランドアメリカへの主に輸出していたキャンベルタウンの蒸留所は閉鎖に追い込まれるものの、多くは英国政府が積極的に輸出を推し進めたため主要産業として発展。今日の世界ナンバーワンウイスキーの地位を確立している。

アイルランド20世紀初頭まではスコッチ以上に大規模な生産をしていたが、この時代 に粗悪品を持ち込んだイメージを持たれたことと英国からの独立運動によって、英国連邦の商圏から締め出されたことにより、深刻なダメージを受け

る。

 

アメリカ…アルコール飲料自体の製造販売及び移送、輸入、輸出まで制限したため、ほとんどの蒸留所が閉鎖に。

カナダ…最大の恩恵を受ける。国境を接するため、大量の密輸品をアメリカに送り込み、莫大な利益を挙げて、今後の発展に活用したといわれている。


プライバシーポリシー