Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ウイスキーから見たスコットランドの歴史  ~古代からスコットランド王国ができるまで~

 

f:id:yaffee28ppm:20191127190241j:plain

David MarkによるPixabayからの画像



今回はスコットランドの歴史をウイスキー視点で見ていこうと思います。

 

紀元前スコットランドに居住した民族の残した遺跡として有名なものであるオークニー諸島スカラブレイの集落遺跡ですが、極めて保存状態の良い石造りの居住区で、世界遺産に登録されている。またこの名前のシングルモルトウイスキーもクーパーズチョイスからリリースされているが、蒸留所名が公開されてないけどスキャパだといわれています。

 

f:id:yaffee28ppm:20191127190359j:plain

Siggy NowakによるPixabayからの画像

 

スコットランド人はケルト人の末裔と呼ばれていますが、ケルト人とは紀元前400年頃までは早くから鉄器や騎馬戦車を扱いローマも脅かす存在でしたが、ゲルマンやローマによって西方に追いやられて、ブリテン島やアイルランド島に一部に存在するのみとなってしまします。そのケルト人の中でスコットランドに居住したのはスコット族、ピクト族、ブリトン族といわれています

 

 

 

ピクト族

実はピクト族はスコットランドのハイランドを支配してきた民族ですが、何人かの王やケルト語を話していたこと、石柱に書かれて紋章などが確認されているのみで、記録が少なくあまり実態をつかめていない民族で「謎のピクト人」なんて呼ばれています。

この民族はかなり勇敢で、ウイスキー文化研究所の試験にも出てくる128年ローマがブリテン島支配の時に築いた「ハドリアヌスの長壁」は、ブリテン島に入ったローマ人を脅かし続けていました。この長壁はローマ人がピクト人を恐れて築いたものだと推測できます。ちなみにこのピクト族という名前はこの民族が入れ墨(ラテン語:ピクト)の入れる習慣があったからだといわれています。また余談ですが、このピクトが英語のピクチャーの語源となっています。

563年に聖コロンバがアイオナ島に上陸し、ピクト人にキリスト教を布教しましたが、この時に初のネッシー目撃の記録があります。

f:id:yaffee28ppm:20191127191445j:plain

Bernhard StärckによるPixabayからの画像

そんなピクト人が残した紋章の中で、スコットランド、カドボールにあるカドボールストーンに描かれた紋章で、「シグネット」と呼ばれる、ピクト族の大地、火、水の間のつながりに対する信仰を象徴した紋章がありますが、この紋章はスコッチウイスキーで世界的に人気の高い「グレンモーレンジィ」のラベル中央に描かれ、この紋章名はグレンモーレンジィが長年の研究の末、チョコレートモルトを使用し生み出したプレミアムシングルモルトの製品名にもなっています。これはグレンモーレンジィにとってはウイスキーの洗練された複雑さを表すものとしてこの紋章を使用しているとグレンモーレンジィオフィシャルサイトにて説明されています。

 

ブリトン

スコットランドでは、エジンバラからグラスゴーを結ぶ中央低地、グラスゴーの西南の地方を支配していた民族で「ストラスクライド王国」を築いていました。これがのちにスコットランドのこの地域に根付く地名となり、現在大手酒造メーカーペルノリカールの所有するグレーンウイスキー蒸留所名にもなっています。のちにこの王国はスコット族がピクト族を併合してできたアルバ王国に吸収されていってしまいます。

 

スコット族

アイルランドからスコットランド・アーガイル地方(アイラ島やキンタイヤ半島・キャンベルタウン、ジュラ島などを含む地域)に居住し、ダルリアーダ王国を築いた民族でスコットランド(スコット族の国)の名前の由来にもなっています。824年ピクト族を併合してアルバ王国を成立し、スコット族の王「ケネス・マッカルピン」がケネス1世として即位します。のちにパースのスクーン城に中心を移し、歴代スコットランド王が戴冠式を挙げたとされる「運命の石」が伝承されます。

11世紀以降王国名はアルバ→スコシア→スコットランドへと変換しています。

 

f:id:yaffee28ppm:20191127191833j:plain

Bernhard StärckによるPixabayからの画像

 

次回に続く

 

参考資料

https://www.lvmh.co.jp/%E3%83%A1%E3%82%BE%E3%83%B3/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84/glenmorangie/

 

https://www.ballantines.ne.jp/scotchnote/

 

https://www.japanjournals.com/feature/survivor/4766-ww1.html?start=1

 

ウイスキー文化研究所 ウイスキーコニサー資格認定試験教本 2018上、2015下