Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ウイスキーから見たスコットランドの歴史 No.2 ~戦争、王位争いの激動の時代~

f:id:yaffee28ppm:20191127190241j:plain

マクベス

 

ここからスコットランド王国は激動の時代に突入します。

1040年ストラスクライド王国を併合したダンカン1世から従弟のマクベスが王位を奪います。このマクベスはウイリアムシェイクスピアの戯曲「マクベス」のモデルとなった人物で、物語の大まかな内容は、勇敢だが小心な一面もある将軍マクベスが妻と謀って君主を暗殺し王位につくが、内面外面からの重圧から錯乱してしまい暴政を行うようになってしまいます。その後復讐によって命を落とすという話。ただ実際のマクベスは統治能力が高く、当時の王にしては17年と長い在位がったのだとか……

 

 

そんな「マクベス」の舞台となったコーダ城の領地内に創業したのが、王室御用達となっている「ロイヤル・ブラックラ蒸留所」です。よかったらこの歴史を少し思いながら「ロイヤル・ブラックラ」を飲むのも面白いかの知れませんね。

 

マクベス視聴できます。

 

 


ウイスキー ロイヤル ブラックラ 12年 700ml (32-3)(77613) 洋酒 Whisky

ロード・オブ・ジ・アイルズ

 

1156年ヴァイキングとスコット族の混血「サマーレット」がアイラ島北岸でヴァイキング軍を破ります。その後200年以上の間アイラ島を含むスコットランド西の島々とスコットランド本土の一部をスコットランド王国から独立した形で支配し,Lord of the Isles(島々の君主)との称号を得ます。Lord of the Islesはアイラ島北岸のフィンラガンで行政を取り仕切りました。

そんなLord of the Islesの名前が付けられたアードベッグがこちら↓↓↓


アードベッグ ロードオブ・ジ・アイルズ46%700ml Ardbeg 25y Lord of the Isles

飲んでみたいが高いですね(ToT)

 

ちなみに行政の行われたアイラ島北岸のフィンラガンの銘柄名のシングルモルトもあります。

こちらはアイラの特徴をしっかりとらえつつ3000円台からそれ以下とかなりコスパがいいです。

 ↓↓↓


【あす楽】 フィンラガン オリジナル ピーティー 40度 700ml 並行

 

ラーグスの戦い

 

1263年スコットランドアレキサンダー3世がヴァイキング軍にラーグスの戦いで勝利します。この時「アザミの伝説」が誕生しました。

ヘブリディーズ諸島スコットランドヴァイキングの覇権争いの絶えない島々でした。

スコットランドの覇権を奪おうと200の艦隊を連れてスコットランドに攻めに来たヴァイキング軍のホーコン4世でしたが、スコットランドアレキサンダー3世に敗れ、その3年後条約により正式にヘブリディーズ諸島スコットランドのものとなりますが、このホーコン4世はスコットランド軍に奇襲しようと闇に紛れて忍び寄るヴァイキング軍の斥候が素足でアザミの花を踏み、あまりの痛みで声を上げてしまうこと奇襲がばれ、スコットランドの勝利に貢献した。というのが「アザミの伝説」のかなり大雑把な説明です。少し無茶があるような気がしますが、そのアザミに助けられたスコットランドはのちにアザミを国花とします。

ちなみに実はグレンリベットの紋章にアザミが描かれています。ぜひ探してみてください。


【あす楽】 ザ グレンリベット 12年 40度 箱付 700ml 正規