Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スペイバーン ブラタンオラック

 

f:id:yaffee28ppm:20191216140417j:plain

 

 

スペイバーンは ヴィクトリア女王、王位60年(ダイアモンド・ジュビリーの年)の1897年に創業した蒸留所です。創業者はどうしてもこの年に合わせたかったため、12月の極寒の時にまだ窓ガラスができていない中、初めての蒸留が行われたという逸話があります。

そのスペイバーンの数あるリリースの中でこのブラタンオラックは年数表記ナシのノンエイジのもので、ゲール語で「黄金のサーモン」を意味する言葉です。これはスコットランドで極上のサーモンが獲れるスペイ川にちなんでつけられました。

 

 

 

年数表記 NA

色 麦わら

アルコール度数 40%

 

アロマ 蜂蜜、焼き立てのパン、硫黄、リンゴ、オレンジ、段ボール、アンズ、桃、白い花、バニラ、クリーミー

 

評価 76

 

コメント

フローラル感や軽さはあるものの、味わいは若く荒々しい。特に酸味と苦みを強く感じる。余韻は軽く短めで飲み疲れない良さはある。加水すると甘味がよく出てくる。また甘味がバニラ香を引き連れて加水後のほうが余韻は少し伸びる。バーで飲むにはかなり物足りないけど、家で飲むにはこういうウイスキーのほうが癒される。


スペイバーン ブラダン オラック 700ml 40% 20190204