Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人がウイスキーの「おいしい」情報をお届け!

MENU

トマトとウイスキーの相性診断


f:id:yaffee28ppm:20200121151237j:plain



今回はカクテルやペアリング素材、おつまみの材料として人気の高いトマトとウイスキーについて私なりに相性診断していこうと思います。

 

トマトとお酒

 

 

 

まずトマトを使ったカクテルを例に挙げると真っ先に「レッド・アイ」や「ブラッディマリー」が出てくると思います。トマトジュースとビール、トマトジュースとウォッカを混ぜたカクテルですが、ビールやウォッカを変えるだけでジンなら「ブラッディサム」、テキーラなら「ストロー・ハット」、そしてスコッチウイスキーなら「バノックバーン」と名前が変わっていきます。それだけトマトという素材は様々な酒と相性がいいといえると思います。

このようなカクテルは疲れた時や二日酔いの時の迎え酒ならぬ迎えカクテルとして「リバイバーカクテル 」といわれているものの1つです。それはトマトに含まれる「リコピン」という成分が二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」の働きを抑制する働きがあったり、ビタミンが多く摂取できたり、「クエン酸」がアルコールで疲れた胃を修復してくれたり と栄養学的に酒飲みにとって体にいい効果をもたらすことが多いから「リバイバーカクテル」の1つになっています。

これだけでもトマトはウイスキーのみならずお酒全般に一緒に摂取するといい効果があり、理にかなっているといえると思います。ちなみに二日酔いの時にトマトジュースを飲むと早く回復できます

では次はウイスキーとの相性を見ていこうと思います。

 

トマトとウイスキー

 

 

 

まずトマトはヨーロッパのほうの呼び名は「リンゴ」がつくことが多いです。イタリアでは「ポモドーロ(黄金のリンゴ)」フランスでは「ポム・ダムール(愛のリンゴ)」イギリスでは「ラブ・アップル(愛のリンゴ)」と呼ばれます。実はトマト果実は野菜の分類ですが、植物学的には果実でリンゴやバナナのように熟成中にエチレンを生成します。エチレンによってクエン酸が抑えられ、グルタミン酸や糖が濃縮、細胞壁の破壊が始まり柔らかくなっていくわけですが、味わい的にも分解していくとトマトにリンゴのフレーバーというのは比較的どんな品種でも含まれているように感じます。さらにリンゴのフレーバーというのはウイスキー(特にスコッチウイスキーやジャパニーズウイスキー)に含まれていることが多いです。つまりペアリングの考え方の「同様の成分やフレーバー同士が合う」という考え方に一致 すると思います。

 

同じようにトマトの味わいやほかの相性の素材からウイスキーとの相性を見ていこうと思います。

 

実はトマトとチョコレートの相性も相性のいい食材 です。古典的なイタリア料理にトマトソースやカポナータとココアやカカオを合わせたものも存在します。トマトの酸味や旨味、草っぽいニュアンスがチョコレートのコクを引き立てます。つまりチョコレートのフレーバーのあったりやチョコレートと合いやすいウイスキーと合わせても同じような味が引き立つこと(相乗効果)があるので、ウイスキーとトマトは相性のいい食材だといえると思います。

 

あととある論文でトマトの旨味成分と醤油の旨味成分(遊離アミノ酸)を比較したところ構成比が非常によく似ていたそうです。西洋の料理では様々な用途でトマトが使われることが多いです。つまりトマトは西洋の醤油のように旨味を足す調味料の一つ といえると思います。そしてウイスキーと醤油味のものは大変相性がいいです。特にジャパニーズウイスキーやスコッチブレンデッドウイスキーは醤油の旨味や風味を引き立たせやすいように感じます。

 

 

トマトは野菜の中でも特にたくさんの香味成分が含まれている食材の1つです。上で揚げた三つは単なる一例でほかにも合う根拠や合う理由がありますが、つまりトマトのように香味成分が多い食材というのは強弱の調節で様々なものとペアリングを組みやすくなります。

 

 

以上を踏まえてウイスキーに合うやすいトマトのおつまみ

 

 

 

ドライトマトオランジェット

 

f:id:yaffee28ppm:20200121152615j:plain

今回使ったのはTOMIZのドライチェリートマト

ドライトマトから自家製も考えましたが、ねっとりしっとり系食感のドライフルーツのようなドライトマト ならいろんなものに合いやすいのとネットでアップしても再現しやすいと思い、このドライトマトを使うことにしました。

 

 

これに合わせるチョコは同じくTOMIZで購入したしっかりとしたカカオの苦みが特徴のクーベルタブレット EXビターと同じくしっかりとしたカカオ感と後味にほのかな酸味が特徴的なクーベルタブレット ビタースイート(ノワール・プール・アメール)を使いました。

 

 

作り方はテンパリングが外れない36℃程度の温度になるようにレンジで様子を見つつチョコを溶かし、ドライトマトにつけていくだけです。よかったらお試しください。

 

これにおすすめしたいウイスキー

 

・チョコなようなフレーバーのあるグレンファークラスやグレンドロナック

 
700ml換算2,190円税抜とお得!グレンファークラス 12年 1L[長S] [ウイスキー][ウィスキー]スペイサイド スコッチ シングルモルト

 
【あす楽】 グレンドロナック 12年 43度 箱付 700ml

・バニラやバナナ、リンゴ感のあるグラングラント

 
【箱入 正規品】グレン グラント 10年 シングル モルト スコッチ ウイスキー 正規品 700ml 40% ハードリカー (グレングラント) (グレン・グラント)

・オレンジ感のグレンモーレンジ

 
[箱入] グレンモーレンジ キンタルバン 12年 46度 700ml 【 ウィスキー スコッチウイスキー ギフト 洋酒 お酒 誕生日プレゼント スコッチウィスキー ウイスキー スコッチ シングルモルト シングルモルトウイスキー 新年 挨拶 手土産 】【ワインならリカオー】

・ジャパニーズなら余市


【あす楽 土日も即納】【化粧箱ありません】シングルモルトウイスキー 余市700ml【1回の御注文につき1本まで ウィスキー シングルモルト アサヒ ニッカ】【ラッキーシール対応】

 


プライバシーポリシー