Yaffee's Whisky Blog

穀物、水、イーストという3つの材料から多彩な味が生まれ、長い熟成で気候風土や歴史、いろんな文化も取り込んで感慨深いお酒となっていくことがウイスキーの魅力だと思います。その魅力を少しでも伝えられるよう様々な情報を発信できたらと思います。またウイスキー以外にもいろいろな良酒たちをご紹介できたら幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

アイリッシュウイスキーの前にアイルランドについて

 

f:id:yaffee28ppm:20200122211643j:plain

 

 

現在ずっと停滞していたアイリッシュウイスキーの快進撃が止まりません。アイルランドにはたくさんのクラフト蒸留所が建ち、もともとあった蒸留所の売り上げも伸びています。しかしまだまだアイリッシュウイスキーについて認知が少ないところが多いと思うので今回はアイリッシュウイスキーについてどういうものなのか?なぜ停滞していたのか?記事を書いていこうと思います。

 

 

 

 

アイルランドグレートブリテン島の西側に位置する島で、共和制の「アイルランド共和国」と立憲君主制で英国の一部の「北アイルランド」の2つの国に分かれています。

 

アイルランド共和国

面積 約73000㎢(スコットランドより若干小さいぐらいの面積)

人口 約470万人

首都 ダブリン(人口約137万人)

宗教 カトリック約8割

元首 M・D・ヒンギス大統領

通貨 ユーロ

国花 シャムロック

守護聖人 聖パトリック

 

北アイルランド

面積 約14100㎢(一番小さい県の香川県より少し小さい面積)

人口 約188万人

首都 ベルファスト(人口約34万人)

宗教 プロテスタントカトリックほぼ同数

元首 エリザベス女王

通貨 ポンド

国花 シャムロック

守護聖人 聖パトリック

 

 

 

歴史

 

 

 

紀元前3000年頃にアイルランドケルト人が到達し、ケルトの文化が根付いていきます。紀元前1世紀末のローマがブリテン島を征服した時もローマ軍がアイルランド島までは進軍しまかったため、ローマの支配下にはならず、古代アイルランドでは100近い小国が乱立していたようです。

しかし、それらの小国は文化面では同じ言語(ゲール語)宗教(ドルイドを中心とした自然崇拝)法律(ブレホン法)が共有され、発展した民族であったようです。

 

そんなローマの文化が入らなかったアイルランドキリスト教がなぜ普及したかというと、アイルランド守護聖人になっている聖パトリックの活動があったからです。聖パトリックはアイルランドの民衆に広まっていた自然崇拝をキリスト教に取り込み、古代の宗教とキリスト教のハイブリットを実現させました。それがよくわかるのがアイルランドスコットランドなどのケルトキリスト教のシンボル「ケルト十字」です。聖パトリックがラテン十字に太陽のシンボルである円環を組み合わせたとされています。これにより急速にアイルランドキリスト教が普及していきました。

 

そこから1172年にイングランドのヘンリー2世がアイルランドに侵攻。そこからは800年近くイングランドに支配される時代となります。この時代のアイルランドについてはまたの機会に別でまとめていこうと思います。

19世紀後半から20世紀初頭にかけてイングランドからの独立の気運が高まります。1916年の「イースター蜂起」を機に一気に反英・独立戦争が勃発します。結果1922年に現在アイルランド共和国となっている地域がアイルランド自由国として独立。しかし北部がイギリスに残る選択をします。これが現在の北アイルランドです。

 

そしてアイルランドの歴史を語る上で欠かせない悲劇が「ジャガイモ飢饉」です。

1845年から49年にかけて起きたこの飢饉で100万人以上が亡くなり、約800万人いた人口が新大陸に移った人も含めて250万人近くまで落ち込むこととなります。なぜジャガイモの不作がここまでの被害となったかというと、当時の農民たちが作っていた麦は地代として納めるもので農民たちが口にできたのは自給自足のジャガイモだけでした。つまりどの国よりジャガイモの依存度が高かったのです。そのジャガイモが大不作となり、農民たちは栄養不足、食糧不足による免疫力の低下により、伝染病で次々と亡くなっていきます。それは小さな町ではそのコミュニティが崩壊するほどでした。現在のアイルランド全体の人口が660万人ということはピーク時に比べるとまだこの飢饉から8割程度までした回復していないことになります。

そして移住した先がイギリスから独立したアメリカで今でもアイルランドアメリカ人が多くいます。またアイルランドは現在でもアメリカ依存が高い国となっています。それだけアメリカの影響を受けやすい国となります。

 

次回はアイリッシュウイスキーについてみていこうと思います。次回もよろしくお願いします。