Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

王室のウイスキーと女王に捧げたウイスキー


f:id:yaffee28ppm:20200130140707p:plain

王室のウイスキー、女王に捧げたウイスキー

 

ブレンデッド特集のブランド紹介の続き

www.yaffee.work

今回は王室のブレンデッドウイスキーと女王のためのブレンデッドウイスキーのご紹介です。

 

ブランド名も「王室」。英国王室専門のウイスキー ザ・ロイヤルハウスホールド The Royal Household

 

 

 

ダルウィニーをキーモルトに45種類の特別に選び抜かれた原酒から造られる繊細で気品漂い王の風格をまとったスコッチウイスキー

 

ロイヤルハウスホールドがなぜ王室のウイスキー

 

1897年ロイヤルハウスホールドは皇太子(のちのエドワード7世)から専用のブレンデッドウイスキーを作るように勅命を受けたのが始まりです。この勅命を受けたのが当時大量のウイスキーの原酒を保有し、頭角を現していた「ブキャナン社」。

皇太子専用のウイスキーとして出来上がったサンプルの中から選ばれたレシピが今の「ロイヤルハウスホールド」です。完成後皇太子御用達のワラントを授かり、皇太子がエドワード7世となった1901年に王室御用達のワラントとなります。

しかしこの時はまだ「ロイヤルハウスホールド」という名前ではありませんでした。

 

ロイヤルハウスホールドの名前となったのは王室御用達となった1901年。

国王の弟のちのジョージ5世(この時はヨーク公)が夫妻で世界一周の船旅に出かけた際に船内に唯一持ち込まれた銘柄がこのウイスキーで、この時にヨーク公から「ロイヤルハウスホールド」と命名されます。

 

世界で飲めるのは三か所だけ

 

実はロイヤルハウスホールドは世界中で飲むことができるのはバッキンガム宮殿とハリス島にあるローデルホテルのバー、そして日本 の3か所だけなのです。

 

もともとは日本を除いた2か所だけでした。

1921年まだ皇太子時代の昭和天皇がイギリスに訪れた際に英国王室から友好の証として授かったことが始まりで、英国王室から日本での一般販売も許可されました。

つまり一般に飲んだり購入したりすることができるのは日本だけ というスコッチブレンデッドウイスキーです。

 

 

 

 

 

 

女王に捧げたウイスキー ロイヤルサルート Royal Salute

 

 

 

 

21年以上熟成のモルトウイスキーとグレーンウイスキーを贅沢にブレンドした逸品。ベルベットの包まれた陶器製のボトルは最高級スコッチの代名詞としてウイルキーファンのあこがれの的となっています。

キーモルトにスペイサイドの名門蒸留所ストラスアイラを使い、洗練されたエレガントで滑らかな味わい に仕上げています。

 

女王に捧げたウイスキーな理由

 

ロイヤルサルートはイギリス海軍がお異質の特別行事の際に打ち鳴らす「王礼砲」のこと。そしてこのウイスキーは現英国女王エリザベス2世の戴冠式を記念して造られたラグジュアリーブレンデッドです。エリザベス女王戴冠式での王礼砲は21発だったことから熟成年数21年以上の原酒で造ったそうです。当初は戴冠式限定のボトルの予定でしたが、あまりに人気となり今では世界100か国以上で販売される定番商品となりました。

 

2019年に新しくリニューアルしたロイヤルサルート シグネチャブレンドと新商品のブレンデッドモルト、ブレンデッドグレーンはまさに究極のブレンデッドウイスキーの名に恥じない味わいとなっています。

(正直去年のウイスキーマーケットで僕が飲んだウイスキーでロイヤルサルートのブレンデッドモルトは一番感動したウイスキーです。)

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー