Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人がウイスキーの「おいしい」情報をお届け!

MENU

ハイボールの起源 デュワーズ Dewar’s


f:id:yaffee28ppm:20200201112818j:plain



 

 

デュワーズは1846年にスコッチランドのハイランドで誕生して以来、170年以上世界中で愛され続けています。

 

 

長くにわたって愛されてるデュワーズの魅力を紐解きつつ、デュワーズが「ハイボールの起源」といわれる理由についてご紹介しようと思います。

 

 

デュワーズに欠かせない「3つのD」

 

 

「3つのD」とは創業者ジョン・デュワーとその二人の息子ジョン・アレキサンダー・デュワートミー・ロバート・デュワーのこと。

この「3つのD」はデュワーズのトレードマークにもなっています。

 

 

ジョン・デュワーは1805年アバフェルディという街で農家の息子として生を受けます。

大人になり、ジョン・デュワーはスコットランドの主要都市パースにてワインとスピリッツの商売から始めました。

 

商売は軌道に乗りはじめ、1846年にジョンはウイスキーブレンドすることで作る、自社ウイスキー造りにチャレンジします。

たちまち「デュワーさんの」スコッチブレンデッドウイスキーは人気となり、ジョンの店も大盛況。

 

ジョンには二人の息子がいました。2人にはそれぞれにずば抜けた才覚があったそうです。

アレキサンダーは製造の才能 、弟トミーはずば抜けた営業のセンスを持っていました。

 

アレキサンダーブレンドに必要なモルトを生産するためにアバフェルディ蒸留所を建設。

これがデュワーズのキーモルトとなります。

またアレキサンダー高いブレンド技術でデュワーズ「ブレンデッド」の礎を築きます。

 

才能あふれるトミー・ロバート・デュワーズ!!

 

しゃべりがうまく、演出家な弟トミーはデュワーズをロンドンで売り込むことから始めます。

1886年にロンドンで開かれた博覧会ではバグパイパーを登場させたり、テムズ河の畔にド派手な電飾の広告塔を立てたりユーモアなアイディアに富んだスコッチの「スーパーセールスマン」 だったそうです。

その後トミーは1890年代の鉄道業を中心に勢いのあったアメリカに移って、アメリカでデュワーズの売り込みます。

 

トミーは交友関係が広く、鉄鋼王と呼ばれていた実業家アンドリュー・カーネギーと親交が深かったそう。

また当時のアメリカ大統領ベンジャミン・ハリソンデュワーズを樽でプレゼントします。(カーネギー伝いで知り合いに。)

ホワイトハウスで愛飲されているウイスキーとして、デュワーズの名を全米中に広めました。

禁酒法解禁の時は沖にデュワーズを積んだ船を待機させ、解禁と同時に上陸させる演出をしたそう。アメリカ人が絶対好きなやつ!!!)

この演出によりさらに人気を博したのだとか……。

 

 ハイボールの起源

f:id:yaffee28ppm:20200201114552j:plain

ハイボールの起源となる説の1つとして当時の新聞にトミーがハイボールを考案したという記事を残しています。

 

記事の内容は

”ある日トミーは友人たちとバーでスコッチを楽しんでいました。その時トミーがスコッチの炭酸割りを頼んだら、背の低いグラスで提供されたそう。

トミーはこのスコッチの炭酸割を作ったバーテンデーを呼び

「背の高いグラスにしてほしい。そのほうがもっと楽しめる。(ハブ・ア・ボール)」 と言いました。”

そこからウイスキーの炭酸割を「ハイボール」と呼ばれるようになったという説です。

 

もともとボール(Ball)には球体の意味以外に「楽しむ、ダンス」といった意味もあります。

つまりこの説が正しいとしたらハイボールは「もっと楽しもう」とか「思いっきり楽しもう」といったニュアンスになると思います。

ウイスキーは楽しむお酒。ハイボールのもともとの意味がこんなニュアンスならロマンを感じますね!!

 

 

 

商品紹介

 

 

デュワーズ ホワイトラベル

100年以上愛されるスコッチで、アメリカでスコッチといえば「デュワーズ ホワイトラベル」といわれるほど。

スタンダードなブレンデッドウイスキーにしてはモルト比率が高く、バーテンダーの方からの支持の高いです。

スムースで華やかな味わいはストレートからハイボール、カクテルと飲み方を選びません。

 

 デュワーズ12年

 

ダブルエイジング製法によるスムースで芳醇な香りが特徴のブレンデッド。

アバフェルディ中心の12年以上熟成の原酒を40種類以上もブレンド

もう一度樽に詰めて6か月熟成させています。

それによりスムースな味わいと芳醇は香りに仕上がり、長く滑らかな余韻が広がります。

 


デュワーズ15年 

 

デュワーズ7代目マスターブレンダーで女性のステファニー・マクラウド氏が手掛けたデュワーズ

12年物と同じように15年以上熟成の原酒をダブルエイジング製法で仕上げています。

女性ならではの感性で造られた甘く華やかな香りとスムースな味わいは、飲む人・シーン・飲み方を選びません。

スコッチウイスキーファンはもちろんまだウイスキーを飲んだことのない人にこそ飲んでいただきたい逸品です。

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

デュワーズの話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 


プライバシーポリシー