Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

ハイボールの世界

f:id:yaffee28ppm:20200201114552j:plain



 

 

ここ最近の日本のウイスキーブームはサントリーさんから始まったウイスキーと炭酸を割ったハイボールという呑み方を提案していったことからだと思います。そこからNHK連続ドラマの「マッサン」や日本産ウイスキーが世界のスピリッツコンペなどで受賞。そして世界的なウイスキーブームも重なり、ウイスキーが大きなムーブメントになっているかと思います。

しかしハイボールの起源は?なぜウイスキーの炭酸割がハイボールというのか?そもそもハイボールの定義とは?知らないことは多いと思います。そこで今回はハイボールについてまとめていこうと思います。

 

 

https://www.instagram.com/p/B34mN7gnQZZ/

知多ハイボール

ハイボールの起源

 

 

ハイボールの起源は3つの説があります。一つは前回デュワーズの記事で書かせていただいたトミー(トーマス)・デュワー説で、今回はそれ以外の鉄道の信号機説、ゴルフ場説をご紹介し、それぞれ比較したいと思います。

 トミー説については前回の記事をご覧ください

www.yaffee.work

鉄道の信号機説

 

アメリカのカクテルブックやバーテンダーマニュアルには昔から鉄道の信号機説が紹介されていました。イギリスから発展していった蒸気機関車ですが、広大な敷地を持つアメリ家で発展していったときにイギリスとは鉄道工事のやり方、システムそのものが違った形で発展していきました。その1つが信号機です。

 

イギリスの信号機は腕木式という木の板を使った信号機に対してアメリカの信号機はボールを使った信号機 でした。ボールが掲げられる と通行可・出発進行、下げられると停止 の合図だったそうです。その様子から今でもアメリカ英語で列車の発車合図という意味で「ハイボール」が使われます。そして「ハイボール」がウイスキーソーダ割となったのは列車の通過待ちの時にウイスキーソーダ割がサービスで配られ、乗客たちはそれを飲んでいました。通行可のボールが高く掲げられると乗客たちは ハイボール!!」と言ってグラスを高く掲げて喜んだことからウイスキーソーダ割のことを「ハイボール」というようになった という説です。ちなみにもう一つこの出来事から「乾杯」の意味として「ハイボール」が使われるようにもなったそうです。

 

実は鉄道の信号機説にはもう一つの話があり、駅員たちはよく駅舎のバーでウイスキーのストレートとチェイサーのソーダを飲みながら、信号機のボールが高く掲げられるのを待っていました。急にボールが掲げられたので業務に戻るために慌ててウイスキーをチェイサーのソーダに入れて一気に飲み干したそうです。それでこのウイスキーソーダ割をハイボールと呼ぶようになったという説ですが、正直最初の説のほうが有力視されています。

 

 

ゴルフ場説

 

そもそもゴルフはスコットランド発祥の競技。ゴルフが18ホールなのもゴルフ中にウイスキーを一本飲みながらプレーするものでしたが、コースを回ってちょうど18番目にウイスキーが空になることから18ホールと決まったという嘘か誠かわからない説があるくらいです。そしてボールが高く打ち上げられることを文字通り「ハイボール」といいますが、ある男がゴルフ場のバーでウイスキーのストレートとチェイサーにソーダを嗜みながら自分の順番待ちをしていました。急に自分の番が回ってきたので慌ててソーダ水にウイスキーを入れて飲み干そうとしたら、どこかの下手なゴルファーが打ったハイボールがクラブハウスのバーの屋根に当たったため、「ハイボール」呼ばれるようになったという偶然が重なりすぎる説です。

 

 

トミー説・鉄道説・ゴルフ場説見比べても一番有力視されているのが鉄道説なのはよくわかると思います。トミー説は少し年代が後過ぎますし、ゴルフ場説は偶然過ぎるのとあまりスコットランドではハイボールは嗜まれないことから鉄道説が一番筋の通った説ではないでしょうか。

そして「ハイボール」という言葉が「ウイスキーソーダ割」だけでなく、「通行可・乾杯」などアメリカ英語には様々な意味があることから鉄道説から「ハイボール」呼ばれるようになったほうがしっくりくると思います。

 

ハイボールの定義

 

 

ハイボールは元祖としてはウイスキーソーダ割ではありますが、現在では広い意味で使われることが多いです。

スピリッツやリキュールをソーダトニックウォーターなどの炭酸飲料やフレッシュジュースなどアルコールの入っていない飲料と割ったカクテルのこと で、日本では焼酎やウォッカを炭酸飲料で割ったものを焼酎ハイボール(チューハイ)といいます。

つまりハイボールウイスキーだけではなくラムやテキーラ、梅酒、カシスリキュールなんかもハイボールと呼ぶことができます。しかしウイスキー以外のハイボールの場合、その使ったお酒の名前を付ける(ラムハイボールテキーラハイボールのように)必要があるようです。ちなみに僕はウイスキー以外ならカルヴァドスハイボールが、漬け込みウイスキーハイボールならブラックニッカにキュウリを漬け込んだハイボールがおすすめです。

 


ブラックニッカ ジャーハイセット 180ml×3本 ジャーボトル+ジャーハイジョッキオリジナルレシピBOOK付ブラックニッカ クリア / リッチブレンド / ディープブレンド ウイスキー セット ウィスキープレゼント 贈答 贈り物 japanese whisky [長S]

以上ハイボールの世界でした。

次回は漬け込みハイボールハイボールでもおいしいウイスキーの紹介をしていこうと思います。次回もよろしくお願いいたします。


プライバシーポリシー