Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

「ウイスキーのおすすめの飲み方って何ですか?」 ストレート編

f:id:yaffee28ppm:20200204091949j:plain



 

 

バーなどで初めてのウイスキーを勧められてたしなもうと思ったときに多くの人が気になるところかと思います。

実際に多くにウイスキーのブログをお書きになっている方が「このウイスキーはロックがおいしい」とか「常温のままがいいからトワイスアップかストレートがいい」といった情報を発信してくださっています。

 

ただ僕としてはそれを自分で見つけることもウイスキーの楽しみ方の一つだと思うので、そういったウイスキーブログの方々のお話と自分の感じたことをもとに飲み方の特徴やその飲み方の魅力についてご紹介したいと思います。

この記事で様々なウイスキーブログをお書きになっている方の意見がより分かりやすく、また参考になりやすくなってくれたら幸いです。

 

 

このシリーズ第1回目はストレートについて書いていこうと思います

 

ストレートでこだわりたいポイント

 

 

 

ストレートはそのまま嗜むものですが、グラスの違いによって味わいが変わってきます

ショットグラスではかすかな薫りや複雑さまではなかなか拾いにくいです。ラムやテキーラではその違いを嗜むのも一つの楽しみ方ですが、ウイスキーではあまりお勧めはしません。ウイスキーで一番お勧めしたいのは口の狭まったテイスティンググラス。繊細な香りが拾うことができます。

 

おすすめメーカーのテイスティンググラス

・グレンケアン ウイスキーテイスティンググラス

本場スコットランドでほとんどの蒸留所がウイスキーのクオリティチェック、ブレンド時などのテイスティングで使われているグラス。香りがよく拾いやすく、口の部分が少し薄いので繊細な味わいも楽しめます。


グレンケアン ブレンダーズモルトグラス ウイスキーテイスティンググラス 190cc 1脚箱入

 

テイスティンググラス

協会や日本の蒸留所でも使われているグラスで、お酒本来の深い味わいを楽しむことができます。ウイスキーだけでなくいろんなお酒のテイスティングに適しています。


テイスティング グラス 140ml [14123](114123)

 

 

 

ウイスキーをストレートで飲む魅力

 

 

 

ここは僕の経験と感覚の話が多くなりますが、ウイスキーをストレートで飲むということはそのウイスキーの製作者・生産者の作りたかったものをまずダイレクトに楽しむということだと思います。ウイスキーは多くは蒸留所で眠っている大量の樽の中から各ブレンダーが求める味と要素となる原酒が選ばれ、その求めている味になるようにブレンドされ、40%~46%ぐらいに加水して瓶詰めされます(極端なこと言うとすでに水で割ってある状態です)。そんなブレンダーの求める味がそのまま味わえるのがストレートの魅力です。

 

そしてストレートのもう一つの魅力はゆっくり楽しめば、常温のまま空気に触れることでワイン用語の「デキャンティング」していくような変化を楽しむことができることだと思います。ウイスキーもワインと同様に空気に触れることで変化していきます。そのためのテイスティンググラスでもあるのですが、ワインのように少しスワリング(グラスの中で液体をくるくる回すこと)空気に触れ、液面が少し蒸散することで香りが一気に広がります。そして飲み進めていくとまた違った香りも出てきたりします。

中には飲み終わったグラスの香りをかいでみると今まで感じられなかったウイスキーの香りも表れてくるのもあります。

 

ストレートにおすすめのウイスキー

 

 

 

前記の魅力の面を考えつつストレートにおすすめしたいウイスキーは「適度な熟成感のあるアルコール43~46%のウイスキー」です。

 

それはなぜかというとアルコール度数の40%というのはスコットランドの法律で決まられている最低アルコール度数。この40%のアルコール度数が悪いわけではなく、ただ香りの立ち方がいい度数な気がしますが、そのあとに香りが飛びきってしまいやすいのが多いように感じます。しかしアルコール度数43~46%はまだアルコールによって香りが閉じているものや開き始めのものが多く、その後の変化が楽しみやすいです。そういった意味でアルコール度数43~46%が一番前記の魅力が分かりやすいと思います。

 

おすすめ銘柄

 

スプリングバンク 10年

スモーキーさと塩イチゴ感がうまくマッチした濃厚なウイスキー


スプリングバンク 10年 46度 700ml

 

アードベッグ 10年

癖は強いけど南国フルーツのような甘さや塩感のバランスがよくクセになる逸品。


アードベッグ(アードベック) 10年 46度 箱付 700ml 並行

 

クライヌリッシュ 14年

骨格がしっかりしていて、はちみつのような甘さ、オレンジピールの爽やかさがある飲み飽きないウイスキー


ウイスキー クライヌリッシュ 14年 700ml (32-3)(77553) 洋酒 Whisky

 

グレンファークラス 12年

ドライフルーツやチョコレート、トースティーなニュアンスがあり、力強くもシェリーのいいところを昔からうまく引き出している秀逸なシェリー系ウイスキー


700ml換算2,190円税抜とお得!グレンファークラス 12年 1L[長S] [ウイスキー][ウィスキー]スペイサイド スコッチ シングルモルト

 

 

次回のこのシリーズはロックについて考えていこうと思います。

今後とも宜しくお願い致します。


プライバシーポリシー