Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

ウイスキーのキャッチコピーや二つ名って面白い!

 

f:id:yaffee28ppm:20200327095642j:plain

 

 

ウイスキーのキャッチコピーや二つ名は短い言葉で的確に特徴をとらえた面白い表現が多いです。

そこで今回はウイスキーのキャッチコピーや二つ名、異名などを集めていこうと思います。

 

 

「完璧すぎるウイスキー

 なにそれ!?と一瞬で引き込まれるキャッチコピーですね。

よく僕自身も接客の時に使わせていただいています。

 

「なぜ完璧すぎるウイスキーかというとオレンジの香味を中心に1000種類以上の香味成分が含まれていて、初心者はもちろん飲みなれた人でも新しい発見ができるというところです。」などそのあとの売り文句が付け加えやすいです。

 

オレンジ、バニラを中心に様々な香りの広がりがあるウイスキーだと思います。

売りやすさも含めて完璧すぎるウイスキー だと思います。

 

ちなみにグレンモーレンジィには誰が言ったかはわからないですが、「香りのデパート」 との二つ名もあったりします。誰が言ったかは……。

それ以外には「ウッドフィニッシュのパイオニア」、「樽のパイオニア など様々な異名があります。

ウッドフィニッシュを初めてやった蒸留所はグレンモーレンジィ。そして熟成樽の調達も自分たちでこだわったデザイナーカスクを使います。だからパイオニアなのです。しかしそれだけでなく、新しい挑戦も行い続けている蒸留所です。

新しい時代を切り開き続けているグレンモーレンジィぜひ一度お試しください!!

 

 

「究極のエレガント」

ちなみにグレンモーレンジィ 18年は「究極のエレガント」 と呼称されています。

モーレンジィ18年は高評価しか聞いたことがありません。(個人調べ)

まだモーレンジィ18年が作る「エレガント」な時間を味わってない方はぜひ経験してみてください!!

 

モルトの香水」

 

 

スコッチの名酒スプリングバンクのキャッチコピー。

一言で濃く深い香りがあることが伝わると思います。

シンプルで的確に好奇心をくすぐってくれるそんな表現だと思います。

 

スタンダードの10年でもすごく濃く深い香り味わいです。

心地よく魅力的な「モルトの香水」 

甘美な時間を味わってみたくはありませんか??

 

「勇者のウイスキー

 

 

ハイランドのダルモアにつけられた二つ名です。

ボトルに大きい牡鹿が施されています。この牡鹿が「勇者のウイスキー」たる所以です。

 

時は1263年、国王アレキサンダー3世が鹿狩りをしていた時に大きな牡鹿に襲われます。

 

この時にアレキサンダー3世を救ったのが、のちのダルモア蒸留所のオーナーとなるマッケンジー家の祖先でした。これをたたえてアレキサンダー3世はマッケンジー家に牡鹿の家紋を与えました。この家紋がボトルの牡鹿です。

 

そしてこのエピソードからダルモアを「勇者のウイスキー」呼ばれるようになりました。

 

ゲームのような、厨二っぽいというかなんか見事に男心くすぐる表現ですね。ただ味わいが伝わってくるわけではないからこそ、勇者のウイスキーってどんな味?って興味がわいてくると思います。

 

「ダフタウンの野獣」

 

ダフタウンとはスコッチウイスキーの中でもメッカの1つスペイサイド。さらにその中のウイスキー産業の盛んな街です。

そのダフタウンに「野獣」モートラック蒸留所 があります。モートラックは蒸留の仕組みがかなり複雑。「2.81回蒸留」という工程を行います。難しいシステムは他の蒸留所の熟練の技術者でもなかなか理解できないそう。

ちなみにオーナー会社はウイスキー最大手のディアジオですが、同社がリリースするウイスキーの中でかなり異色のウイスキーのためディアジオの異端児」という異名もあります。

 

そんなモートラックの味わいは2.81回蒸留からくるミーティー、肉感が特徴。様々な香味、力強さ、奥深さ、膨らみ、絶妙なバランスのオフフレーバー がこのような表現につながるのかなと思います。

 

 

 

「究極のシェリー爆弾」

 

シェリー樽熟成のエキスパートグレンドロナックから究極にシェリー樽の味わいを引き出し、その香味が口いっぱいに広がるグレンドロナック18年に贈られた異名。

 

グレンドロナックはマッカラン、クランファークラスと並ぶシェリー樽熟成の最大手です。

スコッチブレンデッドの「ティーチャーズ」の原酒としても有名です。

 

そんなグレンドロナックの18年はオロロソシェリー樽100%のゴリゴリのシェリカスクウイスキー 。甘美な味わいに変化する複雑な香味と余韻が特徴的です。

ちなみにドロナックの21年は余韻の深さがもはや深淵。最高の贅沢ができます。もし見つけたらぜひ味わってみてください。

 

「鎖につないでないと何をしでかすかわからないアイラの異端児」

 

長い!!w

熱狂的なファンの多いアードベッグにつけられた異名。

ウイスキーではじめての宇宙実験を行うなど型にはまらず、何をしでかすかわからないそんな蒸留所です。

出来上がるウイスキーは安定してうまい!!毎年様々な実験行い、面白いウイスキーを世に送り出しているアードベッグはファンを虜にしてやまないです。

 

 

 

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

ウイスキーのキャッチコピーの話いかがだったでしょうか。まだまだあるのでまたまとめて記事にしようと思います。

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


プライバシーポリシー