Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

意外と多い!?スコットランド出身の偉人・著名人(俳優・スポーツ選手以外)

f:id:yaffee28ppm:20200409162147j:plain

 

後世にまで偉業や名を残す偉人が多いスコットランド。予想ですが、スコットランドは比較的早くに大学を作っていたというのが偉人の多い理由の一つだと思います。その中でも特に有名な方々を上げていこうと思います。

「へぇ~そうだったんだ」とウイスキーを飲みながらつまみになってくれたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーサー・コナン・ドイル

 

誰もが知っている名作小説「シャーロック・ホームズ」シリーズの著者ですね。もしこの名前にピンときていない若い人がいたとしたら、「名探偵コナン」を思い出してください。そう名探偵コナンの主人公江戸川コナンの名前はここから来ています。(漫画「名探偵コナン」1巻1話参照)

 

実はコナン・ドイルエジンバラ大学の医学部出身の医者としての顔もあります。というよりもともと小説は医師として働く傍ら、患者さんが来ない暇な時間に副業として始めたのがきっかけだったそうです。そして大ヒット作となった「シャーロック・ホームズ」のモデルとなったのが、エジンバラ大学の医学部時代の恩師ジョセフ・ベル博士だそうです。

 

ちなみにシャーロック・ホームズウイスキーソーダ割が好きだったそう。いろいろとウイスキーソーダ割を飲んでいる描写が作中にあります。

 

そんなホームズの好きだったハイボールを飲みながらホームズシリーズを見返すのも面白いかもしれませんね。

 

ウイスキーとホームズの内容や詳しいところはわかりやすく書いてくださっているサイトがたくさんありますのでそちらをご参照ください。

 

シャーロック・ホームズ最初の作品「緋色の研究」をもじったブログタイトルの「琥珀色の研究」

http://amberlover.hatenablog.jp/entry/Dewars2

 

ウイスキー文化研究所の代表土屋守さんが書いているブログでもシャーロック・ホームズウイスキーについて綴っていました。

http://mtsuchiya.blog.fc2.com/blog-entry-915.html

 

ホームズの飲んでいたかもしれない!?ハイボールにおすすめなブレンデッドウイスキーはこちら↓↓↓

 

・アレクサンダー・グラハム・ベル

 

名前だけではまだピンときていない人は多いかもしれませんが、グラハムは「電話」を発明した人です。生活に欠かせないものですよね。そんな「電話」を発明したグラハムは幼少期から感受性が高く、学んだことはすぐ吸収していったのだとか。12歳の時に母が聴覚障害なってしまいますが、グラハムは手話を習得し家族との会話を同時通訳していたのだそうです。そして母の聴覚障害に没頭するあまり、音響学を学び始めます。

しかし、高校時代は欠席常習者で自分の好きなジャンルの勉強以外ほとんど勉強せず、学校の成績もあまりよくなかったそうです。

そんな彼が15歳で高校中退しますが、祖父との生活で学問に興味を持ちだします。その後16歳でエジンバラ大学に入学します。

 

貪欲に研究をしていたグラハムに悲劇が襲います。

自身の体調不良と弟の死

その後自分は回復するも

3年後に兄が結核で他界。父も体調を崩したことで危機感を感じた一家はカナダに移住します。

 

そこでグラハムは様々な研究をしてきますが、その中で1873年に協力者を得て出来上がったのが「電話」です。

2月14日に特許申請、3月3日に認可が下り、10日に電話の実験成功

人類が初めて電話で話した内容はこの実験時に話した

「ワトソン君、ちょっと来てくれ」だそうです。

 

電話で大成功を収めたグラハムですが、それでも歩みを止めることなく、光を使って音や声を送る「フォトフォン」や「金属探知機」を発明しています。

 

ちなみに騒音のレベルや音の大きさを計る単位デシベルのベルはグラハムから取った言葉だそうです。

 

貪欲に探究する姿勢がこの偉業につながったのだと思います。

 

・アレクサンダー・フレミング

 

青かびの中にペニシリンという世界初の抗生物質を発見した人物です。

 

このペニシリンの発見は実は偶然の産物だったという話があります。

レミングの研究室はいつも散らかっていたようです。1928年のある日フレミングがいつものように散らかっていた実験結果を片付けていると、黄色ブドウ球菌に汚染された培地の一部に生えていた青かびの周りだけ汚染されていなかったことに気づきます。これにヒントを得てフレミングは青かびから抗菌成分の抽出に成功します。そしてこの抗菌成分を青かびの学名からペニシリンと名付けられます。

これが世界初の抗生物質発見の瞬間です。

 

「散らかった部屋には驚きの発見がある」の最高峰の発見かもしれないですね!

 

アンドリュー・カーネギー

 

アメリカで「鋼鉄王」と呼ばれる実業家です。1860年代からのアメリカの花形事業の鉄道に投資し、莫大な利益を得て、史上二番目の富豪となりました。また慈善活動家としても知られ、従業員の年金保障や大学や図書館の建設、カーネギー財団やカーネギー国際平和基金など様々なものに資金提供をしていたそうです。

 

そしてこのカーネギーデュワーズホワイトラベルがアメリカNo.1ウイスキーとしての地位の確立に貢献した重要人物でもあります。

 

詳しくは過去デュワーズの記事をご覧ください。

 

 

ジョン・ボイド・ダンロップ

世界中のだれもが知っている大手タイヤメーカーの創始者です。

農家の息子として生まれたダンロップエジンバラ医大学を卒業し、そのまま獣医の道へ進みます。獣医として10年近くエジンバラで働いていたあと、ダンロップアイルランドベルファストに移住します。しかしアイルランドへ馬車での旅は馬車が木の車輪や固形ゴムの車輪で、乗り心地最悪だったためこの不快感を何とかしたいと思うようになります。そしてダンロップは息子の三輪車のタイヤを空気入りタイヤに変えます。

 

快適そうに遊ぶ息子を見て思い立ったのか、ダンロップは空気入りタイヤで特許を取得します。そして世界初の実用的な空気入りタイヤを開発しました。

 

 

トーマス・ブレーク・グラバー

 

日本人なら誰でも知っている幕末から明治の商人ですよね。商業鉄道が開始されるもっと前から蒸気機関車の試走などを行い、長崎を造船の街としての礎を築くなど近代化に貢献した人物としてまた長崎の観光地グラバー園で知られていますが、実は日本ビールの育ての親としての顔もあることはご存じですか?

 

グラバーは、横浜にできた日本初のビール工場・スプリング・バーレイ・ブリュワリーの跡地にできた香港法人ジャパン・ブリュワリー・カンパニー(現KIRIN)の中心メンバーの一人です。ちなみにこの時の中心人物の多くは外国人実業家たちでしたが、三菱財閥岩崎弥之助が唯一の日本人株主として参加しています。

同社から日本人がビールを親しむようになったという見方もあります。

 

それともう一つ

ウイスキーの有名ボトラーズ「アデルフィ」からスコットランドウイスキーと日本のウイスキーのブレンデッドモルトウイスキーその名も「ザ・グラバー」というのがリリースされています。今ではプレミアがついているのでネットで手に入っても高いですが、もしご購入できる方また、試せる方は今しかないのでお早めに!!

 

 

ジェームズ・ワット

 

蒸気機関の改良を行い、全世界の産業革命に進展に貢献した人物で、シェームズ・ワットの栄誉をたたえて力の単位をW(ワット)と名づけられました。

ワットの蒸気機関は簡単に言えばピストン運動つまり上下の運動でしか蒸気の力を利用することができなかったものを歯車などに利用できる回転運動へと改良させたこと。

この発明で今まで風車や水車を利用していたものすべてを蒸気の力で賄えるようになったため多くの事業に影響を与えました。そしてウイスキー産業にも恩恵を受けます。まずモルトなど穀物の粉砕、揚水や各工程に送るポンプの動力などなど。19世紀のウイスキー蒸留所建設ラッシュ時にはほとんどの蒸留所がワットの発明した蒸気エンジンを導入していたようです。


プライバシーポリシー