Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人がウイスキーの「おいしい」情報をお届け!

MENU

ウイスキーのテイスティング用語のまとめ


f:id:yaffee28ppm:20200415004016j:plain



 

ウイスキーテイスティング表現には今のところ、ワインのように決められた用語はありません。

 

つまり、ウイスキーの表現は「自由」です

 

今回は基本的なウイスキーテイスティング用語とその味わいはなに由来なことが多いのかをお伝えしていきたいと思います。

 

今後読者の皆様がウイスキーの味わいを表現するときや深くまでウイスキーの味を知ろうとしたときの参考にしてくれたら幸いです。

 

 

 

 

 

・シリアル系

f:id:yaffee28ppm:20200415010625j:plain


 

穀物のような、穀物感といった味わいに使われるもので、多くは原料由来ということが多いと思います。

 

使われる表現

 

モルティ(麦芽の香り)、もみ殻、マッシュポテト、コーン、ライ麦、焼き立てのパン、オートミール、段ボール、小麦粉、グラノーラ、ビスケット、玄米、など。

 

このアロマが顕著なウイスキー
・グレングラント メジャーリザーブ、10年

フローラルでスムースなスペイサイドの特徴もしっかりとあるが、結構わかりやすく穀物感がいると思います。特に麦芽の香りや焼き立てのパン、グラノーラは顕著だと思います。

 
【あす楽】グレングラント メジャー リザーブ 並行品 40度 700ml

・CASK SPEYSIDE 10年

有名ボトラーのデュワーラトレーがリリースしている「CASK」シリーズの一つで、蒸留所非公開で各生産地域のボトリングをしたものです。「CASK SPEYSIDE」はその中でもスペイサイドのよく高級車に例えられる蒸留所の原酒がボトリングされているそうです。

このウイスキーはナシやリンゴのような香りの後でビスケットのような香りがしてきます。


【あす楽】カスク スペイサイド 10年 シングルモルト ファーストエディション (デュワラトレー) 46度 700ml

 

・ピート・スモーキー系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415010722j:plain

これはひとまとめにしていますが、スモーキーな香りと正露丸や消毒液のような香りを指すもので、製造工程のピートを焚くときにつく香りがほぼすべてです。

※たまに仕込み水がピート層を通っているためにつくときがありますが……

そしてピートからつく香りなのになぜスモーキーなものとヨードや消毒液のような香りのものと明確な違いがあるかというと答えはピートの違いにあります。

内陸のヒースやヘザー、草からできたピートだと乾いたスモークの香りとなる傾向がありますが、海藻なども混ざってできるアイラなどに多いピートだとヨードや消毒液のような香りになりやすいです。

 

使われる表現

 

スモーク、焚火、薬品、消毒液、ヨード、バーベキュー、アスファルト腐葉土、タール、たばこ、炭、アワビの肝など

 

このアロマが顕著なウイスキー
・アイラモルト全般

基本的にアイラモルトのほとんどはピートを焚いているため、この香りのどれかに該当します。


【送料無料】アイラモルト3本セット!リーデルグラス付!【 スコッチ シングルモルト アイラ カリラ12年 ラガヴーリン8年 アードベッグ10年 モエ ヘネシー ギフト 贈り物 リーデル ウィスキー 】

・アードモア

アイラや海辺のピートとは違いがわかりやすく安価なのがこのウイスキー。表現するとしたら「ガツンとした乾いたスモークの香り」だと思います。現行のものはライトピートで少し和らいでいますが、アイラとは明らかな違いがあるので比べてみてください。


【あす楽】アードモア 8年 2009 ヘビーピート カスクストレングス (ウィルソン&モーガン) 58.7度 700ml

 

・フルーツ系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415010812j:plain

そのままフルーツと似た香りのものを指します。また強すぎると溶剤やセメダインのような香りとなりますが、これの原因はよく香料などで使われるアルコールと酸が結合したエステル類からくる香りのことが多いです。そしてこのエステル類はアルコール発酵由来だったり樽熟成中の変化由来だったりします。

ほかには使用した樽によっても得られる香りでもあります。たとえはワイン樽を使えばベリー系な香りはしますし、バーボン樽からはバナナの香りを得ることもあります。

 

使われる表現

 

シトラス系……レモン、オレンジ、グレープフルーツ、柚子、ライム

・砂糖漬けシトラス……レモンピール、オレンジピールオランジェット

・ベリー系……イチゴ、ラズベリーブラックベリー、カシス、ブルーベリー、ブドウ、マスカット

・核果系……白桃、黄桃、梅、アンズ

・トロピカルフルーツ……パッション、マンゴー、バナナ、パパイヤ、

・ドライフルーツ……干しイチジク、干しアンズ、プルーン、デーツ

・その他のフルーツ……リンゴ、青りんご、ナシ、洋ナシ、メロン、イチジク

・溶剤系……溶剤、セメダイン

など

このそれぞれの区分で見ていくとわかりやすいと思うので探してみてください。

 

このアロマが顕著なウイスキー

 

カバラ

 

台湾で2005年に誕生したウイスキー蒸留所で、本場スコットランドや日本のウイスキーコンペクションで数々の賞を取ってきたプロに認められたウイスキー。このウイスキーのトロピカルフルーツ感がほかのどのウイスキーより強く、スコッチを飲みなれた方でも初めての方でも面白く、魅了されるウイスキーだと思います。

中でも一番わかりやすいのがカバラン ソリスト オロロソシェリーですけど、コスパを考えるとカバラン コンサートマスターがおすすめです。


カバラン コンサートマスター 40度 箱付 700ml 正規


【あす楽】【新ラベル】 カバラン (カヴァラン) オロロソ シェリー オーク ストレングス ミニチュア 54度 50ml ウイスキー

スプリングバンク

 

一言でこの蒸留所の味わいを表現すると「塩イチゴ大福」。スモーキーなフレーバーや潮っぽい感じもしっかりとありますが、イチゴ感を分かりやすく感じることができると思います。特にスプリングバンク カスクストリングス 12年はそのアロマが強い気がします。一番感動的に強かったのは限定品のソーテルヌカスク11年ですが……。


ウイスキー スプリングバンク 12年 カスクストレングス 並行品 54.8度 箱付 700ml シングルモルト キャンベルタウン

・フローラル系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415010916j:plain

ウイスキーを飲んだ時によく花の香りがすることがあると思います。これの由来はフルーツと同じくアルコール発酵時のエステル類や高級アルコールだったり樽熟成中にできるアルデヒド類だったり樽材成分だったりと様々です。

 

使われる表現

 

干し草、芝生、青草、ワラ、麻布

シダ、シソ、ミント、バジル、枯れ葉、桜(桜餅、桜の葉)、ローリエ、バジル、タイム、フェンネル

クミン、ナツメグクローブ、カルダモン、ジンジャー、サフランマスタード、胡椒、山椒、胡麻

モクレンジャスミン、スミレ、薔薇、ユリ、梅、金木犀、ココナッツ(スコットランドの和訳だとハリエニシダで表現されることが多いです。)

アマニ油、コーン油、オリーブオイル

 

連想させるイメージでの表現……白い花、黄色い花、赤い花

 

このアロマが顕著なウイスキー

 

ザ スピークイージー スペイサイド 

 

まだ手に入るウイスキーで最もフローラルなものだったらこれです。

ジャスミン、薔薇、といった香りを感じました。フレーバーの広がりがよく、お値段的にも6000円代なのでまだお手軽な方です。もうすぐなくなってしまうかもしれないのでお試ししたい方はお早めに!!


【あす楽】ザ スピークイージー スペイサイド (ダグラスマックギボン) 46度 700ml

オルトモア 12年

 

スペイサイドの名門蒸留所オルトモアがリリースするウイスキー梅の花のような上品な香りが特徴だと思います。スコッチウイスキーなのにどこか和を感じてしまうかもしれません。デュワーズの主要モルトとしても有名です。


【あす楽】オルトモア 12年 46度 700ml

・フェインツ系・オイリー系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415011021j:plain

フェインツ系と聞いてなかなかピンとくる人はいないと思います。これはウイスキーの2回目または3回目の蒸留の時に蒸留初めに出てくる留液と蒸留後半に出てくる留液をカットして真ん中の必要な部分だけにする作業を行うのですが、このカット幅は各蒸留所で違います。フェインツ系の香りはこの蒸留後半に出てくる香りのことで、適度な量なら厚みのあるウイスキーとなり、多いとオフフレーバーが強くなってしまいます。

それ以外にはオイリー系だと麦汁の濁り具合で変わってきます。濁った麦汁には脂肪酸が多く含まれています。そうなると重厚感のある仕上がりになりますが、その分エステル類の生成を阻害する作用があります。

 

使われる表現

 

なめし皮、レザー(革製品)、たばこ、葉巻、ミルク、チーズ、プラスチック、石鹸、ミーティ(肉っぽい)、ヨーグルトなど

オイリー系……マーガリン、バター、アーモンド、ピーナッツ、脂肪、油、酸化した油

 

このアロマが顕著なウイスキー

 

・ラガブーリン16年

 

アイラモルトの中で最も重厚感があり、最もリッチなウイスキー。どっしりとした深いコクと滑らかな舌触りが特徴で、たばこというよりは葉巻を吸っているような高級感ある味わいです。


【あす楽】 ラガヴーリン(ラガブーリン) 16年 43度 箱付 700ml 正規

モートラック 12年

 

独特の蒸留方法による肉感が特徴の「野獣」といわれるウイスキーウイスキーに肉感って思うでしょうが、それが知りたかったらこれを飲んでみろ!!というぐらいに肉感のいい例だと思いますのでぜひ試してみてください!


【あす楽】モートラック 12年 正規品 43.4度 700ml

・硫黄系

f:id:yaffee28ppm:20200415011147j:plain


 

そのまま硫黄系統の匂いのことで、大麦自体にもともと持っていたり、大麦の感想方法で付与されたりしますが、ポットスチルの大きさや形、蒸留時間によって変わることが多いです。銅でできているポットスチルとの接する時間が長いほど硫黄は取り除かれます。これも先ほどのフェインツ系と同じように少量なら厚みのあるウイスキーとなりますが、多いとオフフレーバーです。

あとは最近のシェリー系ウイスキーに多くこの香りがあります。それはシェリー樽の洗浄として硫黄が使われているみたいです。硫黄による洗浄効果や硫黄を使う利点はあまりないそうですが、それでも使われているという闇が……。

最近のシェリー系ウイスキーの硫黄感が増したのはこれが原因だとか……。

 

使われる表現

 

硫黄、ゴム、マッチ箱、タイヤ、消しゴム、ゆで卵、ザワークラフト、くたくたに茹でたキャベツ、硝煙、など

 

このアロマが顕著なウイスキー

 

クライゲラキ 13年

 

硫黄感の使い方が絶妙にうまい。このウイスキー麦芽の乾燥時に油で焚いた火を熱源にしているオイルヒーティングという方法を採用していて、それにより独特の硫黄香がつくそうです。これもデュワーズの主要モルトの一つでデュワーズの味わい中の厚み担当のところがあります。単体でも重厚感と余韻のある硫黄感のいい例のウイスキーだと思います。


【包装不可】 クライゲラキ 13年 46度 正規 箱付 700ml

 

・ワイン系・ウッティー

f:id:yaffee28ppm:20200415011341j:plain

樽由来ということでこのワイン系とウッティー系は一緒にしました。

新樽の使用が義務となっているバーボンは樽材成分が多く抽出されるのではちみつやメープルといった香りがつきやすいです。ちなみにジャックダニエルで有名なテネシーウイスキーはメープルウッドの炭で蒸留したてのウイスキーをろ過するのでよりメープルの甘い香りつきます。

またシェリー樽やワイン樽だとナッツやレーズン、チョコなどの香りがつきリッチなテイストになりやすいです。ちなみに「シングルモルト山崎」のキーモルトはワインカスク熟成の原酒だそうです。

 

これもきつすぎるとオフフレーバーとなることがあります。例えば身近でいうとバーボンが苦手な人は多分この香りが強すぎるからだと思いますし、スコッチの60年以上熟成のものを飲んだ人が残したテイスティングメモには「アンティーク家具をかじっているようだ」というコメントがありました。つまり熟成しすぎるとこのようにオフフレーバーとなってしまうわけです。

 

たまに麦芽由来のチョコレート感というものがありますが……(EX:グレンモーレンィ シグネットウエストランド アメリカンオークなど)

使われる表現

 

バーボン系に多い……はちみつ、バニラ、メープル、キャラメル、トフィ、甘草、バナナなど

シェリー系に多い……チョコ、アーモンド、クルミ、紅茶、バターケーキ、レーズン、アールグレイ、黒みりんなど

ワイン樽系に多い……ベリー、チョコ、紅茶、レーズン、ゴボウ、ミルク(白ワイン系)

ミズナラカスク……白檀、伽羅など

共通……マジパン、ヘーゼルナッツ、香木、樹液、インク、木材、金属臭、キャンディ、アンティーク家具、紙臭、鉛筆、木材加工場

 

このアロマが顕著なウイスキー

 

グレンファークラス 12年

 

シェリー系の味を知りたかったらまずこのウイスキーをお勧めします。コスパのいいウイスキーの中で最もシェリー系の特徴である紅茶やチョコレート、レーズンといった味わいを感じられるものだと思います。


グレンファークラス 12年 43度 1000ml 並行 K

ウエストランド アメリカンオーク

 

このウイスキーには樽由来とは違うビターなチョコレート感があります。それは原料にチョコレート麦芽が使用されているからだと思います。しかしここの蒸留所は樽にもこだわりが強く、8種類以上の樽を使い分けてできる製品はコーヒーのような香りやまろやかなミルクチョコレート、新樽からくるはちみつ、バニラの香りなどが楽しめます。


【あす楽】ウエストランド アメリカンオーク 46度 700ml ■アメリカン シングルモルト

・その他

f:id:yaffee28ppm:20200415011430j:plain

 

上の中には当てはまらない部分です。

潮感はよく海沿いの熟成庫で熟成させたウイスキーに付加される香りです。

また出汁系の香りは酵母由来と蒸留器、蒸留方法由来のことが多いです。

 

使われる表現

 

モロミ、醤油、鰹節、干しシイタケ、昆布だし

磯、海、潮、海藻

粘度

 

このアロマが顕著なウイスキー

 

ニッカシングルモルト余市

 

潮感と昆布だしの味わいを両方感じることができるのは余市だと思います。石鹸っぽいニュアンスとスモーキーさもありますが、潮の香りと昆布だしのようなまろやかさも余市の特徴ではないかと思います。


【あす楽】【ギフト】 ニッカ シングルモルト 余市 箱付き 45度 700ml

知多シングルグレーン

 

知多蒸留所で造り分けている主要原酒の中でヘビータイプのものは鰹節の香りが強いです。ここに注目して知多をストレートで飲むと確かにわかりやすく鰹節の香りが含まれているのが感じられると思います。ぜひここに注目して飲んでみてください。


【あす楽】サントリー 知多 グレーン ウイスキー 43度 700ml


プライバシーポリシー