Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

【ウイスキー初級向き】「ピート(Peat)」って何?

f:id:yaffee28ppm:20200424104001j:plain



 

 

 

ウイスキー初級向き企画。今回はウイスキー用語でよく聞く「ピート(Peat)」についてみていこうと思います。

 

ちなみに僕のアカウント名Yaffeeはピートにちなんだ言葉です。後で紹介します。

 

 

「ピート(Peat)」について

 

f:id:yaffee28ppm:20200424104438j:plain

ピート(Peat)は日本語では「泥炭」と書きます。ウイスキー文化研究所の説明文では「 ツツジ科エリカ属の低木ヒース(ヘザー)や草、樹木などが堆積してできた泥炭、草炭のこと 。」(引用:ウイスキー検定公式テキスト / 土屋守/執筆・監修 / 小学館)。

簡単に言えば「 乾かせば燃える泥 」ということ。もっと言うと石炭の一種というか石炭と泥の間の状態のもの。

 

もちろん石炭の一種ということは数千年以上もの歳月がかかって出来上がるもので有限資源でもあります。(大体1000年で15cmといわれています。)

数回の氷河期でスコットランドから樹木はほとんど消え失せましたが、代わりに広大なピート湿地(ピートホグ)が生まれました。

スコットランドの英雄「ウィリアム・ウォレス」を題材にしたメル・ギブソン主演の映画「ブレイブハート」でも暖をとるためや料理のためにピートを使うシーンが描かれていました。

スコットランドアイルランドなど北欧地域では、一般家庭の燃料として使われてきたそうです。

 

ピート(Peat)をなぜウイスキーに使うの?

 

まずいつピートをウイスキーに使うようになったかはわかりません。 多分麦芽を乾燥させるという概念が生まれてから だと思います。

大麦をもやしのように根を生えさせ乾燥させて保存する、つまり麦芽の状態にするのは古代から行われていたそうです。また古代のパンはモルトを使ったものもあったそう(諸説あり)。

 

つまりビールやパンが造られるようになってからスコットランドなど一般燃料としてピートを使っていた地域では麦芽の乾燥にピート使っていたのではないでしょうか。

なぜウイスキーにピートを使うのか。この問いの元々の答えは「 ピートが一般的な燃料だったから 」でしょう。

この当時の麦芽の乾燥の考え方に今のウイスキー造りのように「スモーキーな香りをつけたかったから」という考えはあまりなかったと思います。

現に当時のウイスキーは乾燥時間のすべてをピートで乾燥させることが多かったようです。

今では全部ピート乾燥させているウイスキーはキャンベルタウンのスピリングバンクが造る銘柄「ロングロウ」ぐらいです。

 

 

今では無煙炭や熱風乾燥など様々な技術で麦芽を乾燥させることができます。

それでもいまだにウイスキーに燻製用木材でもなくピートが使われるのは「 ピート乾燥の独特な香りが欲しいから 」です。

 

ピートっていつ使うの?

 

これは上の見出し内で書いた通り「 麦芽の乾燥時 」です。

ピートを焚いたときの熱風と煙で麦芽の乾燥と香り付けを行います。

 

これに関しては結構間違った認識が教えられていることがあります。それはソムリエの講習会でその時の講師が、ウイスキーの話になったときに「ポットスチルの加熱時にピートを焚く、それによって留液に薫香がつく。」と仰ってました。ソムリエとしては有名な方でしたので、一般的な考えでは結構ウイスキーってまだまだ知られていないんだな~と思いました。

 

(ソムリエの方批判ではなく、ただ自分が実際に経験した話なのでそう取られかねない話で申し訳ございません。)

 

ポットスチルの加熱で直火といったら昔から石炭か石油ガスが使われます。しかも 石炭加熱は、昔は主流だったようですが今でも行うウイスキー蒸留所は「余市」だけ です。

密造時代やそれに近い時代の時にはもしかしたらピートによってポットスチルの加熱が行われていたかもしれません。しかし、石炭や石油ガスじゃないと熱量が足りないのだと思います。

(静岡蒸留所では薪直火で行っているのでピートも可能ではあると思いますが……。)

 

ピートにも種類がある!?

 

実は一言にピートといっても様々な種類があります。

 

f:id:yaffee28ppm:20200424104525j:plain

ピートは炭化の進み具合から「フォギー」「ヤフィー」「モス」など呼び方が変わります 。「フォギー」は8000年程度の若め、「ヤフィー」は12000年の中程度、「モス」が16000年程度の古め、みたいな感じです。

 

僕のアカウント名はこのヤフィー(Yaffee)と自分の名字をかけたものでした。(どうでもいい情報。)

この炭化度合いの違いでスモーキーフレーバーの香りが変わってくるのですが、さらに 何の植物が堆積したピートそうなのか。掘り出される深さ、場所によってウイスキーの香りや味が変わります。

 

この違いが知りたかったらアードモアとアードベッグラフロイグでもOK。ただ文字のニュアンスが近かったので……。)を飲み比べてみてください。

 

明らかな違いが分かると思います。

 

アードモアは ガツンとしたいわゆる薫香・スモーキーな香りがダイレクトにくる と思います。(オフィシャルは穏やかですが、)

しかしアードベッグは同じようにスモーキーフレーバーは強めに感じると思いますが、どこか薬品のようなクセのある香り(ピート臭、ヨード香)があると思います。

これは明らかにピートの違いで、アードベッグのように アイラ島のピートには海藻などが混じることが多くヨード・ヨウ素がピートの中に含まれているので消毒液・イソジンのような香りがします

 

スコットランドのピートの島

 

ピート湿地(ピートホグ)はスコットランドの本土では北部に多いですが、ウイスキーの聖地・アイラ島では島の1/4がこのピート湿地です。さらに比較的新しくウイスキー蒸留所ができたルイス島では島のほとんどがピート湿地となっています。

 

ちなみにお隣アイルランド島は島の約2割がピート湿地で、今でも家庭用燃料にピートを使うところが多いです。しかしスコッチのようにピートを焚いているウイスキーは少ないです。

 

日本でもピートはある!?

 

それは寒冷な地域の北海道。

竹鶴政孝が夢見た100%国産ウイスキーの理想郷がまさに北海道・余市でした。清らかな水、豊富なピート湿地、湿度の高くウイスキーの熟成に適した環境、どれをとってもウイスキー造りに適した場所です。

しかし北海度にはまだまだウイスキー造りに適した場所があり、今年シングルモルトを初リリースした厚岸蒸留所、今はジンのみですが、ウイスキーも視野に入れている紅櫻蒸留所、それ以外に未発表ですがウイスキー蒸留所が一つ計画中だそう。

 

ピート感が特徴のおすすめウイスキー

 

スカラバス

ウイスキーの有名ボトラー・ハンターレイン社がリリースする蒸留所非公開の限定品ウイスキー。これだけ聞くとかなり高そうですが、結構良心的なお値段。

そしてウイスキー自体の若さも感じますが、スモーキーな香りと潮の感じ。

たばこのような重いニュアンスの少しありつつ、甘味とピートがゆっくり長く楽しめる。

若いモルトで良心的なお値段の割に余韻がやたら長くて、かなりおすすめ度高いです!!

(前の記事からしばらくたって改めて飲んだら味わいの感じが違ったので今度テイスティングしなおしたいと思います。)

 

 

ラガブーリン8年

 

過去に200周年の記念としてリリースされたものがレギュラー商品として復活しました。

16年はアイラの中で最もリッチで重ためのスタンダードウイスキーでしたが、8年はそれよりはやや軽め、しかしリッチさと葉巻のような感じ、重厚感あるコクは健在。やや草っぽいニュアンスが16年より強く、若さは否めないですが、このウイスキーは常備したい一本です。

 


ラガヴーリン 8年 700ml 48% 箱入り (ラガブリン)(ラガブーリン)(ラガヴリン)20191229

ピートを焚いたスモーキータイプのウイスキーに合いやすいおつまみ・食材

 

きんぴらごぼう(アラビアータバージョン) 

 

最後にピート感に合いやすいおつまみ・食材をご紹介します。

もし上で紹介したラガブーリンならゴボウのきんぴらがおすすめ。

多分土から生まれるもの同士相性がいいのだと思います。

さらに一工夫すると、普通にゴボウのきんぴらを作って(煮詰めた)アラビアータソースを絡めるとより良い!!

ちなみに切り干し大根をアラビアータソースで絡めるのも結構美味しいです!

試してみてください。

 

アラビアータソースは超シンプルなのもので、

材料

ニンニク1片軽くつぶしただけのもの、

トウガラシ1本

オリーブオイル大匙2程度

カットトマト缶 1缶

 

オリーブオイルにトウガラシ、ニンニクの香りを移すように弱火で熱する。

ニンニクが色づいていいかおりがしてきたらカットトマト缶を投入。

油がにじむまで煮詰めていきます。

ニンニク、トウガラシは取り外して、塩で味付けしたら出来上がり。

 

 

ほかにはスモーキーなウイスキーと合いやすいものとしては(ちょっとズルでスモーキーじゃなくも合いやすいですが……)

 

カシューナッツ豆腐>

 

胡麻豆腐のカシューナッツ版ですね!

 

カシューナッツ 180g、牛乳200ccをハンドブレンダーやフードプロセッサーで回して漉します。そこに塩小さじ1/2、牛乳500㏄、片栗粉30g(できればくず粉がいいですが。くず粉なら牛乳で溶かしておく必要があります。)を混ぜて、弱火で練るように混ぜていきます。滑らかなのりのような状態になったらラップで巾着型にして氷水に落とします。

冷えたら氷水からあげて、1晩冷蔵庫で冷やしたら完成です。

醤油、少量の柚子胡椒当たりがベターな気がします。

もし可能だったらアリッサソースというアフリカ系のトマト、パプリカ、カルダモンを使ったソースをかけるとなおよいです。

 

またどこかで写真付きで紹介します。

雑な紹介ですみません。

 

ウイスキー初級向き】シリーズではウイスキーの基本用語などにフォーカスして紹介していこうと思います。今後もよろしくお願いいたします。

 

Twitter上でアンケート取ってます。もしよろしかったら参加していただけるとありがたいです。参考にさせていただきます。


プライバシーポリシー