Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル 免税店限定 Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles  テイスティング & ペアリング

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles Speyside Single Malt Scotch Whisky テイスティング & ペアリング

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles Speyside Single Malt Scotch Whisky テイスティング & ペアリング

製品紹介

 

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles Speyside Single Malt Scotch Whisky 

 

創業は1840年。世界で最初にシングルモルトを販売した蒸留所の一つで、イタリアではシェア圧倒的No.1のシングルモルトです。

グレングラント Glen Grantのモットーは「Simplicity:飾り気のないこと」。そこから生まれるクリアでスムースな味わいはイタリアのみならず、世界中で人気となっているメジャーブランドです。

 

そんなグレングラントGlen GrantのロセスクロニクルRothes Chroniclesシリーズから免税店限定でリリースされたカスクヘブン Cask Haven

ファーストフィルバーボンカスクシェリカスクから厳選された原酒を使用したそうです。

 

Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles

アルコール度数

46%

 

熟成年数

NA

 

アロマ

白い花、はちみつ、焼き立てのパン、ドーナツ、カラメル、レモン、硫黄、リンゴ、バニラ、チョコ、スパイス、うめ、クリーム、チェリー

 

評価

86

 

コメント

 

ストレートの印象

 

最初のアロマの印象はかなりフローラ、そこからはちみつ、バニラ、カラメルといった甘めな香りからパンやシリアルのニュアンスがあって若干のフェインツ。口に含むとカラメルバニラの甘味と少し若い感じはあるが、全体的にはスムース。

アフターフレーバーがフローラルと少しだけパフュームで心地よく、余韻も長い。

少量加水はスワリングしてもフローラルやパフュームの香りが薄れシリアル感が出てくる。味わいには少し酸味と梅のニュアンスそしてクリーム感が少し出てくる。これはこれで面白いかも。しかし加水して少しだけおいとくと味わいが変わってまたフローラル感とフルーティさが強くなる。

バーボン比率が高いように感じるが、後味にはシェリーのニュアンスもしっかり感じる。一言味わいを表現すると「リンゴジャムを塗ったライ麦パン」って感じ。

 

トワイスアップの印象

 

爆発的に香りがよくなる少し酸味も強くなってシトラスとフルーティのニュアンスが強い。味わいはよりスムースにはなるが紅茶感が出てくる。口に含んだ直後は少し軽すぎるが、そのあとのシトラス、はちみつ、花、桃、チョコといった香りの巻き返しが起きる。個人的にはストレートより好み。

 

 

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクルGlen Grant Cask Haven Rothes Chroniclesとペアリング

 

リンゴとセロリのジャム ディル風味のリコッタと共に

 

今回作ったのはリンゴとセロリのジャム。

 

分量

リンゴ 1個(300g)

セロリ 35g

タイム 2枝

水 30g

砂糖 150g

レモン汁 30g

 

作り方 

 

まずリンゴの芯をくりぬいて皮をむいておき、厚めのスライスにしておきます。

リンゴ

 

皮は水と合わせてフードプロセッサーなどで細かく回しておきます。

 

リンゴの皮

セロリは筋を取ってリンゴより細かくスライスに切っておきます。

 

リンゴ セロリ カット

全ての材料をフライパンまたは鍋に入れて強火で熱していきます。(香りと食感を残したいので強火で火を入れました。)

 

リンゴ セロリ ジャム

リンゴ セロリ ジャム

混ぜながら全体に濃度が出てきたら冷やしたらジャムは完成です。

 

リンゴ セロリ ジャム

 

リコッタチーズにディルを混ぜて置いたものと一緒に小麦胚芽のクラッカーの上に乗せたら完成。

 




森永製菓/小麦胚芽のクラッカー 8枚×8パック入

ペアリングコメント

 

穀物、りんごを橋渡しにディルとリコッタチーズによる若干のライチ的味わいがグレングラント カスクヘブン ロセスクロニクルGlen Grant Cask Haven Rothes Chroniclesの少し紅茶っぽいニュアンス、うめ、カラメルなどとよく合います。またセロリ、タイムの香りがウイスキーの草やモルトの風味と合わさって、より結びつきをよくしてくれています。

 

結構簡単に作れるのでぜひ試してみてください!!

 

グレングラント カスクヘブン ロセスクロニクル Glen Grant Cask Haven Rothes Chronicles 以外にこのフードと合いやすいウイスキー

 

 

 

このウイスキーが登場した日常の料理シリーズ

www.yaffee.work

 

www.yaffee.work

 

グレングラント蒸留所に関する記事

www.yaffee.work


プライバシーポリシー