ブレンデッドモルトウイスキーとは?特徴と魅力からおすすめの銘柄・飲み方まで徹底解説

ブレンデッドモルトってなに?
モルトウイスキーなの?ブレンデッドウイスキーなの?

 

本日もお越しいただきありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

 

今回のお話は「ブレンデッドモルトウイスキー」について

 

ブレンデッドモルトウイスキー(Blended Malt Whisky)とラベルに記載されたウイスキーを見たことありませんか?

ウイスキーには、モルトウイスキーとグレーンウイスキ―があり、その2つをブレンドしたものが「ブレンデッドウイスキー」だと以前解説しました。

 

関連記事⇨モルトウイスキーとは??定義と特徴から多彩な個性のヒミツと魅力に迫る

 

実は、「ブレンデッドモルトウイスキー」はブレンデッドウイスキーとは少し違って、モルトウイスキー100%で作られます。

ただシングルモルトとは違い、複数蒸留所の原酒をブレンドしたのが「ブレンデッドモルトウイスキー」。

 

ざっくりと一言で説明するとこうなりますが、一言では説明できない魅力や特徴がたくさんあります。

今回はそれぞれのウイスキーとの違いからブレンデッドモルトウイスキーの特徴や魅力を解説していこうと思います。

 

合わせて読みたい⇨ウイスキーの種類とは?製法ごと・国ごとの違いをウイスキー料理人が解説!!

 

今回の記事でわかること……

  • ブレンデッドモルトウイスキーの特徴
  • 他のウイスキーとの違い
  • ブレンデッドモルトウイスキーの魅力
  • おすすめの銘柄
  • おすすめの飲み方

 

ブレンデッドモルトウイスキーとは?

複数蒸留所のモルト原酒をブレンドしたモルトウイスキーをブレンデッドモルトウイスキーと言います。

皆さんが知っている銘柄だと「竹鶴」がブレンデッドモルトです。

yaffee
ただし、竹鶴の表記は「ピュアモルト」となっています。そこは後で詳しく解説します。

 

ブレンデッドモルトウイスキーは、ひとつの蒸留所だけから作られるシングルモルトとは違った魅力があります。

ところがブレンデッドウイスキーとも違いがあり、ややこしくて初心者にとってよくわからないのがブレンデッドモルトウイスキーだと思います。

 

そこでまずはブレンデッドモルトウイスキーの特徴からシングルモルトやピュアモルト、ブレンデッドウイスキーとの違いを解説していきます。

 

ブレンデッドモルトウイスキーの特徴

ブレンデッドモルトウイスキーは、前記したように複数蒸留所の原酒をブレンドしたモルトウイスキーのことを言います。

カンタンに言うとシングルモルトとブレンデッドウイスキーの両方の特徴を兼ねそろえた中間的なウイスキーです。

 

モルト100%ではありますが、複数蒸留所の原酒がブレンドされているので蒸留所や気候の特徴よりブレンダーの技術が現れます。

ただ、ブレンデッドウイスキーのようにグレーンウイスキ―が入っていないので、モルトの個性はしっかりと主張してきます。

 

蒸留所や地域の個性よりも、調和のとれたモルトの個性が楽しめることが特徴です。

また値段も比較的シングルモルトより安く、初心者でも飲みやすいタイプが多いです。

ややこしく、シングルモルトよりも見かける機会が少ないのでなかなか初心者が手に取ることは少ないですが、シングルモルトよりも親しみやすいかなと思います。

 

シングルモルトとの違い

ブレンデッドモルトウイスキーとシングルモルトウイスキーの大きな違いは、ひとつ。

複数蒸留所の原酒がブレンドされたか一つの蒸留所のみの原酒で作られたかの違いです。

 

複数蒸留所の原酒をブレンドして作られているのがブレンデッドモルトウイスキー。

ブレンデッドウイスキーのように原酒を調合する人(ブレンダー)の技術やセンスが反映されます。

 

特にコンセプトがしっかりとした銘柄が多いように感じます。

例えば……

などなど

 

一方シングルモルトは、一つの蒸留所の原酒のみで作られています。

気候や風土、原材料などに左右される豊かな個性が魅力

シングルモルトでもコンセプトがしっかりとした銘柄もありますが、蒸留所の名前・樽や原材料などのこだわりをアピールしている銘柄が多いです。

 

ブレンデッドモルトウイスキーは、人が造ることによる整った仕上がりがシングルモルトと違った魅力だと思います。

 

合わせて読みたい⇨『シングルモルト』とは? 個性を楽しむお酒シングルモルトウイスキーについて解説!

 

PR

ピュアモルトとの違い

実は、現在ピュアモルトとブレンデッドモルトウイスキーはほぼ同じ意味で使われています。

もともとはピュアモルトは「モルトウイスキー100%」という意味。

なので、シングルモルトもブレンデッドモルトもピュアモルトウイスキーを呼ぶことができます

 

ただ近年ピュアモルトの曖昧さからあまり使われることがなくなり、ブレンデッドモルトやシングルモルトと明確に表記されるようになりました。

現在、「ピュアモルト」表記を使うのは日本ぐらいで、主にブレンデッドモルトウイスキーと同じ意味で使われています。

 

合わせて読みたい⇨シングルモルトとピュアモルトの違いってなに??おすすめウイスキーとイラスト付きで解説!

 

ブレンデッドウイスキーとの違い

グレーンウイスキーが入るかどうかがブレンデッドウイスキーとブレンデッドモルトウイスキーの違いです。

ブレンデッドウイスキーはグレーンウイスキーが入り、ブレンデッドモルトウイスキーはグレーンウイスキ―が入りません。

 

グレーンウイスキーはモルト以外の穀物も使用したウイスキーで、よくモルトウイスキーより個性が乏しいといわれています。

通常のブレンデッドウイスキーでは、モルトウイスキーの個性をグレーンウイスキ―で調節し調和のとれた味わいにしています。

ところが、モルトウイスキーだけで作られているブレンデッドモルトウイスキーはブレンデッドウイスキーより個性が豊か。

調和のとれた銘柄もあれば、あえて尖った仕上がりにしている銘柄もあります。

ブレンデッドモルトウイスキーも、ブレンデッドウイスキーのように「人が造る」ウエイトが高いので、面白みに富んでいると思います。

 

合わせて読みたい⇨ブレンデッドウイスキーとは??特徴と魅力から選び方・飲み方を解説

 

折り重なる個性が魅力

ブレンデッドモルトウイスキーの最大の魅力は折り重なる個性だと思います。

 

モルトだけで調和をとっている銘柄もあれば、コンセプトを表現するためにあえて尖った仕上がりにしている銘柄もあります。

  • バランスよく様々なモルトを重ねた銘柄
  • 複数の個性的なモルトだけを重ねた銘柄
  • 希少なモルトを引き立たせるように構成された銘柄

などなど

 

音楽に例えると……

  • シングルモルトがソロ演奏者、アカペラ
  • ブレンデッドモルトはアンサンブルやデュエット、バンド
  • ブレンデッドウイスキーは合唱やオーケストラ

といった印象でしょうか。

 

それぞれに魅力がありますが、個性を残しつつ折り重なるハーモニーが楽しめるのがブレンデッドモルトだと思います。

 

おすすめのブレンデッドモルトウイスキー

ブレンデッドモルトといえばまずコレ!
モンキーショルダー
4.2

3種類のスペイサイドモルトを中心にブレンドしたブレンデッドモルトウイスキー。

スムースでバランスがよく飲みやすい味わいに、優しい甘みが特徴。
ストレートで飲むとリッチに、ハイボールにすると爽やかになるのも面白いかなと思います!

カクテルベースとしても使いやすく、コスパもいいウイスキーです。

価格帯

2500~3500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

トリプルブレンデッドモルトウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee

華やかでバランス感のあるウイスキー!!

このバランス感は割って飲んても、ストレートでもロックでも崩れません
カクテルベースとしてもおすすめです!!

アロマ 4.2
フレーバー 4.5
余韻 4

 

ジョニーウォーカーのブレンデッドモルト
ジョニーウォーカー グリーンラベル
4

 

目を引くおじさんの絵が特徴
ビックピート
3.3

老舗ボトラーズ『ダグラスレイン社』からリリースされているブレンデッドモルトウイスキー。

アイラの4種類のモルトウイスキーが使われていて、その中には幻のアイラモルトが含まれているのだとか……。

フレッシュな香りに強烈なピートと潮のフレーバー。
アイラモルトの強さとうまく表現した一本です!

価格帯

4500~5500円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

ピートおじさんが印象的なアイラモルト

原産国

スコットランド

yaffee
アイラモルトの強さをこれでもかと表現した一本
しっかりとしたスモーキーフレーバーと若さゆえの強い味わいが楽しめます。個人的にはハイボールがオススメ!!

 

アロマ 3
フレーバー 3
余韻 4

 

スコットランド生まれ、スペイン育ちの「誘拐」されたモルトウイスキー
アブダクテッド
3.1

「誘拐された」という意味の、スコットランド生まれスペイン育ちなモルトウイスキー!

3種類のシェリー樽を使用。
良くも悪くもシェリー樽のニュアンスが現れているウイスキーです。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

スコットランド生まれ、スペイン育ちなモルトウイスキー

原産国

スペイン

yaffee
若いウイスキーな味わいは否めないですが、
シェリー樽の濃厚な味わいがうまくバランスをとっていると思います。マッカラン好きには、オススメな一本です!

アロマ 3.5
フレーバー 3.3
余韻 3.3

 

シェリー樽にこだわったブレンデッドモルト
オールドパース オリジナル ブレンデッドモルト
4.5

モリソン&マッカイがからリリースされているブレンデッドモルトウイスキー。

中でもこの一本は、シェリー樽熟成のみにこだわった一本!!
シェリー樽由来の濃厚なドライフルーツ感とスパイシーさ。そしてバランスの良さが味わえます!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

元ボウモアの取締役がタックを組んだボトラーズのウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee

特に味わい深いブレンデッドウイスキー!!

知り合いのバーテンダーの方もよくおすすめしている一本です!

アロマ 4
フレーバー 5
余韻 4.5

 

「スパイス香」に着目したブレンデッドモルト
スパイスツリー ブレンデッドモルトウイスキー
4

あのジョニーウォーカーでグローバルマーケティングディレクターだった人が手掛けたボトラーズウイスキー「コンパスボックス」

中でもスパイスツリーはフレンチオークとアメリカンオークを組み合わせたオーダーメイドカスクを使用した一本。
キーモルトは「ハイランドの山猫」だそうです。

価格帯

7000~8000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

斬新なかっこいいボトルのウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee
ボトルデザインもかっこよくて斬新的なコンパスボックスのウイスキー
思わずジャケ買いしたいウイスキーですが、お味もかなり美味しいです!
アロマ 4
フレーバー 4
余韻 4

 

南極で発見されたウイスキーの再現ボトル
ブレンデッドモルト シャクルトン
4.4

南極探検の英雄時代の主役の一人「アーネスト・シャクルトン」をオマージュしたブレンデッドモルトウイスキー。

ハイランドモルトを中心に、オークニーのピートを使って100年前にシャクルトンが基地に置いていった「マッキンレー」を再現した一本です。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

南極に残された100年前のウイスキーを再現

原産国

スコットランド

yaffee
バランスが良く、まとまりのあるウイスキー!
後味のほのかなスモーク香が心地いいです。軽やかだけど深みのあるウイスキーです!!
アロマ 4.6
フレーバー 4.3
余韻 4.4

 

究極のシーバスリーガル
シーバスリーガル アルティス
4.8

シーバスリーガルのモルト原酒のみで作られたノンエイジのブレンデッドモルトウイスキー。

製品名の「アルティス」とは、英語の「ULTIMATE(究極)」と、ラテン語の「FORTIS(力)」を掛け合わせた造語だそうで、「究極の力」を意味。

シーバスリーガルのブレンディングの結晶ともいえる象徴的なウイスキーです。

価格帯

10000円以上

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

アート・オブ・ブレンディング

原産国

スコットランド

yaffee

個人的にめちゃくちゃ好きなウイスキー!!

バランスがよく、奥深い味わいでまさに「究極のウイスキー」の一つだと思います!!

アロマ 4.9
フレーバー 4.7
余韻 4.9

 

ブレンデッドモルトウイスキー、おすすめの飲み方

ブレンデッドモルトウイスキーは、個性的なモルトウイスキーを調合しボトリングしたウイスキーです。

そのため、ボトルごとに個性もバランスも異なります。

 

どんな飲み方がおすすめかは銘柄や好みによって変わってくると思います。

 

基本ブレンデッドモルトはモルトの特徴をバランスよく配合している銘柄が多いので、ハイボールにしても崩れない銘柄が多いです。

ただ、ウイスキーに慣れている方ならストレートで特徴をとらえるのもいいかと思います。

 

合わせて読みたい⇨【初心者~上級者まで】ウイスキーの飲み方を紹介!!おすすめの割り方・作り方とは?

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話はいかがだったでしょうか。

 

ブレンデッドモルトウイスキーはややこしさからなかなか手に取ることは少ないかと思いますが、初心者にも親しみやすさがあります。

またコンセプトがしっかりしているので、ボトルデザインもコンセプト通りの面白い銘柄が多いです。

ジャケ買いしたくなっちゃうボトルも多いので、ブレンデッドモルトを知るとよりウイスキーが楽しくなるかなと思います。

 

ぜひモルトだけをブレンドされたウイスキーで、今日の晩酌を楽しんでみてください!

それではよいウイスキーライフを!

また次回もよろしくお願いいたします。

 

↑↑

公式ラインページにて当ブログの更新情報など不定期配信しています。

また、「子連れ料理人ブログ」では子育て・料理人としての働き方・副業(主にブログ)についての内容を配信中。

ご興味のある方は、一度お越しください!!

 

 

熟成されていたままのウイスキーが楽しめる会員制ボトラーズ。

なんと当ブログを経由してご入会していただいた方にはもれなく3000ポイントの付与!!
ぜひこの機会にご入会を検討してみてはいかがでしょうか?

詳しい入会特典の取得方法はこちら
↓↓↓
クリックして今すぐチェック
PR
最新情報をチェックしよう!