CATEGORY

スペイサイド

偉大なる王の名から派生したバランタインの主要モルト『グレンバーギ Glenburgie』!そのストーリーと特徴を解説

今回のテーマは「グレンバーギ Glenburgie」について!!グレンバーギは、あの「バランタイン」の主要モルトの一つ。『The Scotch』とも呼ばれている「バランタイン 17年」は、「グレンバーギがないとできなかった。」とまで言われています。キャラメルやはちみつの優しい甘みと豊かな麦の香り、洋ナシのようなフルーティさ。そしてクリーミーな口当たりが特徴のウイスキー。確かにシングルモルト・グレンバーギを飲んでみると、バランタインにいる味わいやフレーバーを感じることがあると思います。ただグレンバーギが生産するウイスキーは、基本バランタインの原酒用。シングルモルト用はあまりリリースされていません。

ウイスキーの聖地「スペイサイド」で知る人ぞ知る銘酒『クラガンモア 蒸留所 Cragganmore Distillery』!そのストーリーと特徴を解説

今回のテーマはウイスキーの聖地「スペイサイド」の中でも知る人ぞ知る銘酒「クラガンモア Cragganmore」についてです!! クラガンモアは、ウイスキー最大手ディアジア社所有のモルトウイスキー。 そのディアジオ社がスコットランド内の生産地ごと上質なモルトウイスキーを紹介する「クラシックモルト」シリーズの一つに、クラガンモアは選ばれています。 しかも、クラガンモアは最も蒸留所数が密集していて、『ウイスキーの聖地』と呼ばれている地域「スペイサイド代表」です。  そんなウイスキーの聖地代表のモルトウイスキーなのに、あまり聞かないのは不思議ですよね。実はクラガンモアはオールドパーやクレイモア、ホワイトホース、アンティクァリーなど有名なブレンデッドウイスキーのキーモルトとして使われています。