Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

【日常の料理】冷やし中華はじめました!! ラフロイグセレクトハイボールと合わせたら感激のペアリング!!


f:id:yaffee28ppm:20200626085638j:plain



 

日常の作った料理を、普段の僕が楽しんでいるウイスキーと一緒に紹介してくシリーズ。

 

 

第8回目の今回は

 

『yaffee特製 冷やし中華!!』

 

  

 

詳しくレシピのポイントや作り方を聞きたい方はYaffee's Whisky Blog公式ラインアカウントにてチャット形式で質問にお答えいたします。(個人を特定できるものではありません。ご安心ください。

友だち追加 

 

材料

中華麺……お好みの量

きゅうり

ハム

卵(錦糸卵)

ワカメ

トマト

ゴマ

 

(タレ)2人前程度

味醂……30g

紹興酒……30g

ウェイパー……5g

 

醤油……60g

黒酢……25g

バルサミコ……3g

ヤマキのめんつゆ……30g

ごま油……15g

トマト(すりおろし)……1/2個分

 

 

 

 

作り方

(具材準備)

きゅうり

一度塩をこすりつけ熱湯で5秒ゆですぐに冷水へ落とします。

こうすることできゅうりの臭みが消え、みずみずしさと甘みが引き立ち、触感もシャキっとします!!

また色もきれいな緑色になるのですが、写真だとちょっと伝わりにくいかもしれないです。。。

左が未処理のきゅうり、右が加工したきゅうり

f:id:yaffee28ppm:20200626085909j:plain

 

今度なぜこうなるのかなど別の記事で詳しくまとめようと思います。(こうご期待!!)

 

こうしてできた絶品きゅうりを千切りにしておきます。

 

フライパンで薄焼き卵を作って、それを千切りにします。薄焼き卵を作るの時、フライパンの温度チェックを写真のように箸でフライパンをなぞって卵の線が描けるというのを基準にすると失敗しにくいです!!

f:id:yaffee28ppm:20200626090129j:plain

よかったら試してみて下さい。

 

ワカメ

水で戻した後、しっかり絞って、特製のタレ大さじ1ぐらいで和えておきます

ラフロイグと合わせるときにはココポイント!!この作業をすることでワカメがいい働きします!)

 

トマト

半分は薄切り。半分はすりおろしにしてタレに使います。(今回はうちにおろし金がなかったので、フードプロセッサーで回しました。)

 

この方法ZARUid:zarugawa)さんの記事「トマトスープの冷やしラーメン」の記事を参考にさせていただきました!!

よかったらこちらの記事もご覧ください!!

 

www.zarugawa.work

 

ハム

適度な大きさで千切り。

 

(タレ)

 

まず、みりん、紹興酒(なければ料理酒でも可)ウェイパーを鍋に入れ、強火にかけます。(この時アルコールが燃えて火が出るので注意してください。)

火が消え、アルコールが飛んだらOK

 

ボウルに移して、各調味料を入れていきます。

 

※使う調味料によってバランスが変わってきます。特にめんつゆはメーカーによって濃度が違うので今回はヤマキでしたが、「にんべん」のつゆの素なら量を少なくしたほうがいいと思います。

 

最後にすりおろしトマトを入れて、麺が上がるまで冷凍庫に入れておきます。

 

今回作ったタレはお酒に合わせたかったのでちょっと濃いめです。

もし作ってみてちょっと濃いなと思ってら、水で薄めてください!

 

後は麺を冷やして、盛り付ければ完成!!!

 

f:id:yaffee28ppm:20200626090546j:plain

 

ラフロイグセレクトのハイボールと最強に合う~!!

 

実はまかないで冷やし中華を作ったときに、「あれ?ラフロイグに合うんじゃない?」っと思ったのかきっかけでした。

ラフロイグテイスティング記事はこちら!!

 

www.yaffee.work

 

そこでやってみたところ……!!!

 

ものすっごく合いました!!

 

ラフロイグのクセが程よく冷やし中華に絡み合うことで、味わいに厚みが出ます!!それでいてすっきりしているので、夏バテの時でも箸と飲む手が止まりません!!

 

またZARUさんから参考にさせていただいたすりおろしトマトとワカメがラフロイグと合わせた時にいい働きしています

また隠し味に入れたバルサミコ酢もいい厚みを作り出しています!!

 

ラフロイグ好きはもちろん、ラフロイグに苦手意識を持っている方にこそ味わってもらいたいと思います。

それだけ感激なペアリングです。

 

ただ今回は冷やし中華に必要な和からしと紅ショウガはあえて外しました。

からしは正直合わないこともないですが、味が冷やし中華に全部持っていかれやすいです。さらに紅ショウガとラフロイグはこういった組み合わせの時は合いにくいようですね。

 

 

特にラフロイグに苦手意識を持たれてしまっている方にこそおすすめしたいです!!

ラフロイグの魅力を発見してもらいたい方は、休日の料理などで、振舞ってみてはいかがでしょうか!!

 

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

日常の料理の話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


プライバシーポリシー