レモン・ポゼットとショートブレッド

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

日常の作った料理を普段僕が楽しんでいるウイスキーと一緒に紹介してくシリーズ。

今回の料理は、

『レモン・ポゼットとショートブレッド』

 

レモンポゼットとショートブレッドの作り方を紹介していこうと思います!!

ただ、ショートブレッドは聞き覚えがあってもレモンポゼットはなかなか聞かないのではないでしょうか??

 

そこでまず『レモンポゼットとは?』について解説していこうと思います。

 

  レモンポゼットとは?

『ポゼット』とは、16世紀以前からあったイギリスの伝統的なデザート

当時の『ポゼット』は温めたミルクにシェリーや白ワインなどのアルコールを混ぜ、凝固させた温かいデザートだったといわれています。

 

シェークスピアの作品にもよく登場していようです。

yaffee
どちらかというとナイトキャップ・カクテルに近いものだったかもしれないですね。

 

それが徐々に進化していき、今ではレモンの酸と温めた熱で生クリームを凝固させるデザートとなりました!

それがレモンポゼット!!

 

3つの材料で、冷やす時間を抜かせば5分でできる超簡単なデザート。

なのにレモンのムースより濃厚で口解けなめらかな食感が楽しめます!!

 

ビスケットやショートブレッドにつけて食べるのが一般的だそうで、今回はショートブレッドから作ってみることにしました!!

 

材料

【ショートブレッド】

材料分量
薄力粉75g
加塩バター40g
きび糖(砂糖なら何でもOK)50g

 

無塩バターの場合は、塩を足してください。

砂糖はグラニュー糖でも構いませんが、きび糖やブラウンシュガーの方がウイスキーに合いやすいです!!

 

【レモン・ポゼット】

材料分量
生クリーム(なるべく乳脂肪分45%以上のもの)150g
レモン1/2個
きび糖(砂糖なら何でもOK)40g

 

PR

作り方

 

【ショートブレッド】

まず、バターを常温に戻しておきます。

そして砂糖を混ぜます。

 

この時、ハンドミキサーなどで、しっかりと白っぽくなるまで混ぜていきます!!

 

 

yaffee

しっかり混ぜることがPOINT!!

こうすることで、食感がよくなります!

 

そしたら粉を入れ、そぼろ状になるように混ぜていきます。

yaffee
そぼろ状にすることで、全体にバターと粉がむらなく混ざるようになります。

そぼろ状になったら、一まとめにしていきます。

 

一まとめになったら、袋に入れ麺棒で厚さ1~1.5㎝ぐらいになるように伸ばしていきます。

 

 

このように伸ばしたら、冷蔵庫で1時間ほど休ませます。

そして180℃でオーブンを予熱しておきます。

 

一時間休ませた生地を、カットしていきます。

 

そして、箸や楊枝などで穴をあけていきます。

yaffee
完全に見た目がカロリーメ〇ト。。(笑)

そして、オーブンの温度を160℃に落とし、30分焼いていきます!

焼けたら上の写真のように、下に網をかまして冷ませば完成です!!

 

【レモン・ポゼット】

まず、生クリームときび糖を鍋に入れて火にかけていきます。

完全に沸騰しないように温めつつ、鍋の周りがふつふつとしてきたら3分ほど混ぜながら煮込んでいきます。

 

3分経ったら、火から外しレモンの皮のすりおろしとレモン汁を足していきます!

 

レモンと生クリームを煮込んだものを混ぜ、容器に入れて粗熱が取れるまで冷まします。

 

常温まで冷めたら冷蔵庫へ!

しっかりと冷やしたら完成です。

 

お好みでミントやアーモンドスライス、ラズベリーピュレなどを乗せてお召し上がりください!!

 

今回はペアリングということで、ブラックペッパーを乗せました。

実食

 

 

レモンの爽やかな香りに滑らかな舌触り。

レモンムースよりかなりの濃厚で、より強いレモン感が味わえるかなと思います。

 

 

そしてサクッホロ食感のショートブレッドがすごく合う~!!

 

今回はウイスキーと合わせましたが、紅茶のお供にも最適です!!

『レモン・ポゼット』と『オーバン 14年』をペアリング

オーバン 14年は、スコッチシングルモルトウイスキー!!

クラシックモルトシリーズの中の西ハイランド代表となっている銘柄です!!

 

ややハーブのようなニュアンスに潮感と後味のスモーキーフレーバーが特徴

バニラとはちみつの甘い味わいに、程よいピートの香りが心地いい一品です。

 

関連記事

本日もお越し頂きありがとうございます。本日は『オーバン 14年』のテイスティングレビューです 『オーバン 14年 Oban 14 years old』について オーバンはスコットランドの中[…]

 

今回は、このウイスキーと「レモンポゼット」を合わせてみました!!

 

まずレモンの香りに、オーバンのハーブのようなアロマがよく合う!

そして、オーバンのしっかりめなソルティ感をショートブレッドが吸収

よりレモンとはちみつバニラ、ハーブの香りを堪能できるかなともいます!!

 

ショートブレッドが、アルコール感をうまく感じにくくしているので、
一緒に食べることでオーバンとレモン・ポゼットのお互いを高めあっているような気がします!!

 

ちなみに、エドラダワー 10年とも合いました!!(笑)

関連記事

本日もお越しいただきありがとうございます。たまには濃厚なウイスキーが飲みたいウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文[…]

 

ぜひご家庭でも試してみてください!!

 

最後に…

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

この「レモンポゼット」を作ってみて、イギリスの伝統料理を作ってみるのも楽しそうだな~と思いました。

めっちゃ簡単ですしね!

 

ぜひおうち時間にウイスキーを合わせてみてください!!

それでは良いウイスキーライフを!!

 

また次回もよろしくお願いします!

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

PR
最新情報をチェックしよう!