意外に奥が深い「ノンエイジ(熟成年数表記ナシ)」のウイスキー!知られざる「ノンエイジウイスキー」について徹底解説!!

本日もお越し頂きありがとうございます!!

人としての熟成が足してないところばかりのウイスキー好き料理人Yaffeeです。

多くの人がいいウイスキーを購入したいと考えたとき、「熟成年数」に注目されると思います。

ウイスキーにとって「熟成年数」はそのウイスキーの良さを図る「バロメーター」にもなっているのではないでしょうか

その中で、「熟成年数表記のない(ノンエイジ)」ウイスキーに対して、多くの人が安いウイスキー」とか「若いウイスキー」ってイメージをお持ちではないでしょか?

実際「10年」以下の原酒メインのウイスキーで、ノンエイジというものはたくさんあります。

そのイメージ自体間違いではないです。

ところが、「ノンエイジウイスキー」はそんなに単純なものではないです!!

個人的に「ノンエイジウイスキー」は『熟成年数にとらわれないウイスキー』だと思っています。

今回はその「熟成年数にとらわれないウイスキー」=ノンエイジウイスキーについて徹底解説していこうと思います!!

ウイスキーは熟成だけがすべてではない!

熟成にとらわれないからこそ見えてくるウイスキーもあると思います!!

そんなノンエイジウイスキーを知って、よりウイスキーを楽しんでいただけたらと思います!!

「ノンエイジ」に入る前に「年数表記」について

ノンエイジのウイスキーに入る前に、ウイスキーの「年数表記」についてお話させていただきます。

実は「10年」ものウイスキーでも、国によってどういう基準の「10年」なのか違います。

そもそも何をもって「10年」か

ウイスキーを飲みながら気にしたことありますか??

正直な話、そんなのどうでもいいですよね!!

そんなことより、ウイスキーを自由に楽しみたいって思うと思います。

自分もそうです。

しかし、ちょっとだけ意識してみてみると今後のウイスキーライフの楽しみ方や面白い発見があるかもしれません。

また、実は「年数表記」に注目するとその国のウイスキー界の闇も少しだけ見えてしまいます。

スコットランド、アイルランドの「年数表記」の謎!!

スコットランドやアイルランドの「年数表記」は、実はブレンドしてある原酒の「最低年数」で決まります。

つまり、

3年(ウイスキーと呼べる最短の熟成年数)、10年、15年、45年の原酒をブレンドし、ウイスキーとして販売するとします。

そしたら熟成年数をラベルに記載するとき、「3年」と記載しなくてはいけないわけです。

ただせっかく45年の長期熟成原酒がブレンドされているのに「3年もの」では、もったいないですよね。

たぶん誰も45年熟成の原酒がブレンドされていることに見向きもしないと思います。

そのために高価なウイスキーでも「ノンエイジ(年数表記ナシ)」のウイスキーがあるわけです!!

スコッチやアイリッシュには、「10年もの」や「12年もの」など様々な年数表記があると思います。

基本的に「シングルカスク」や「シングルバレル」という表記がない限り、ウイスキーはブレンドされて作られています

「シングルモルト」もすべて蒸留所内の原酒をブレンドし製品化しています。

つまりスコッチやアイリッシュでは、「10年」や「12年」の記載は「10年以上」、「12年以上」という意味です。

アメリカン(バーボンなど)の「年数表記」の謎!!

アメリカンウイスキーは実は意外と複雑。

アメリカンウイスキーには連邦アルコール法で「熟成が義務」と記載されています(コーンウイスキーは除く)。

しかし、「熟成期間」の記載はないです!!

つまり、1日でも内側を焦がしたオーク製の新樽に詰めたら「バーボン」などと名乗ることができます

しかしその場合、「1day」などと記載しないといけません

アメリカンウイスキーは「4年」熟成以上ではないと「年数表記ナシ」で販売することができません

これは4年以下でまだ荒々しいウイスキーと4年以上のまろやかなウイスキーを分けるためだと思います。

ただなぜ4年以上だと熟成年数の記載しなくていいのか不思議ですよね?

それはアメリカでウイスキー造りの盛んなケンタッキー州の気候、そしてこの地ならではの熟成に関係しています。

ケンタッキー州は寒暖差が激しく、スコットランドやアイルランドより断然暑いです。

さらに空気も乾燥しているので、熟成がダイナミックに進みます

そうなると10年以下で熟成のピークを迎える原酒も多くあるそう。

8年ものや5年ものでもまろやかですっごくおいしいバーボンが出来上がったりします。

ただもし酒屋さんにいいウイスキーを買おうと来た時、

「12年もの」のウイスキー(スコッチやアイリッシュ)と「8年もの」のウイスキー(アメリカン)が同じ値段で並んでいたら、どっちを買いますか??

多分、同じ「ウイスキー」ってジャンルだと思ったら、多くの人は「12年もの」だと思います。

バーボンやテネシーなどアメリカンウイスキーにはアメリカンの良さがあります。

しかし、その味を知らないとスコッチもバーボンも同じ「ウイスキー」だと思いますよね。

するとアメリカンウイスキーを楽しんでもらえる「チャンス」が減ってしまいます。

そのため、4年以上のアメリカンウイスキーには年数表記の必要がなくなるわけです。

ちなみに「ストレートバーボン」、「ストレートライ」と記載されているものは2年以上の熟成が保証されたものです。

日本の「年数表記」の闇!!

そして5大ウイスキーで最も闇が深いのが、日本です。

日本のウイスキーには「蒸留上限度数」以外の規制がありません

つまり、熟成年数の表記は製造元に一任されています。

多くの蒸留所や製造元はスコッチの「最低熟成年数」で表記しているのですが、

一部製造元では「10年」と書いてあっても、もっと若い原酒がふんだんに使われていることがあるそうです。

そして「最低熟成年数」が義務ではないので、一切規制することができないのです。

正直、今ジャパニーズウイスキーは完全に二分化していると思います。

本格派法の穴を抜けてウイスキーを造っているところ。

個人的にはこのような法の穴を抜けて作っているウイスキーに「ジャパニーズ」の記載はなくしてほしい。

もっと言うと「ウイスキー」ではなく、別の呼び方に変えるよう法ができてほしいと思っています。

「ノンエイジ」の魅力

上で紹介したように、ひとえに「ノンエイジ」といってもピンキリです。

それは「熟成年数にとらわれないウイスキー」だから。

・万人受けを狙って「価格」と「ライトさ」を重視したもの。

・マニアの入り口として「程よい価格帯」と「クセ」を重視したもの。

・マニア向けの「高級でラグジュアリーさ」を求めたもの

・「蒸留所が一番作りたい味」を求めたもの

などなど

製造元の最もスタンダードなシリーズから限定ものや超少量生産のものなど様々です。

個人的に限定もので最も感動したのが「グレングラント ファイブディケイズ」という「ノンエイジウイスキー」。

一本1万円以上する高価なウイスキーです。

熟成年数の違う5つの原酒がメインでブレンドされているそう。

60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代の原酒が使われていまして、マスターディスティラーのデニス氏が15歳から蒸留所で働いて50周年記念にリリースされました。

ほど良いバランス感で、熟成感もそこまで深くはないですが、かなりコクは感じられました。

すごくいいウイスキーだったのですが、限定品だったのでもう手に入らないかも。。。

ウイスキー自体、長期熟成だからいいウイスキーということはないです。

長期熟成は基本的にアクセント。

短期熟成をベースに使った方がバランスが取れることが多いそうです。

味を追求するために短期熟成の原酒が必要な時もある

このように、「ノンエイジウイスキー」は意外と奥の深い世界です!!

それでは、今手に入るノンエイジウイスキーをいくつか紹介させていただきます!!

ぜひ「ノンエイジウイスキー」のご購入を検討してみてください!!

「ノンエイジ」ウイスキーでオススメの銘柄

グレングラント ザ・メジャーリザーブ

読者の皆さんはまたか。。って思うかもしれませんが、やっぱり万人受けしやすい「ノンエイジウイスキー」には外せないウイスキーだと思いますww

グレンリベット マスターディスティラーズ リザーブ

万人受けしやすい「ノンエイジウイスキー」

一言でいうと「はちみつ掛けのヘーゼルナッツ」!!

すごくはちみつフレーバーとナッツ感が味わえます。

ややアルコールの若さが気になりますが、口開けしてしばらく置いておくとすっごくおいしくなります!!

ラフロイグ セレクト

マニアの入り口にオススメな「ノンエイジウイスキー」

グレンモーレンジィ シグネット

チョコレート感となめらかな舌触りのラグジュアリーな「ノンエイジウイスキー」

ジョニーウォーカー ブルーラベル

圧倒的バランス感と深い余韻。

ラグジュアリーなブレンデッドスコッチの「ノンエイジウイスキー」!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

また今回の記事が、面白かった、ためになったと思っていただけたら嬉しいです。

また次回もよろしくお願いいたします。


  このエントリーをはてなブックマークに追加

最新情報をチェックしよう!