『自家製ボタニカルポークジャッキー』!!おうちおつまみにジンを効かせたジャーキーはいかが??

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

日常の作った料理と普段の僕が楽しんでいるウイスキーを紹介してくシリーズ。

今回は

『自家製ボタニカルポークジャーキー』

今回は「ジン」とジンに必須のボタニカル「ジュニパーベリー」の香りを利かせた爽やかなソフトジャーキーに仕上げてみました!!

材料

豚もも肉……500~700gぐらい

(ソミュール)

白ワイン……100g

味醂……50g

醤油……150g

ジン……35g

塩……5g

砂糖……15g

玉ねぎ……1/4個(スライス)

ニンニク……1かけ(スライス)

お好みのスパイスやハーブ(今回はローリエ、ジュニパー、胡椒にしました!!)

 

作り方

f:id:yaffee28ppm:20200728214854j:plain

まず豚ももを1㎝ぐらいの厚さでスライス。

ジップロックパックに入れておきます。

 

f:id:yaffee28ppm:20200728214925j:plain

 

ソミュールの材料を全部混ぜ、ジップロックパックの中で肉を1日漬け込みます

 

f:id:yaffee28ppm:20200728214948j:plain

 

1日漬け込んだら肉を取り出し、ペーパータオルなどでしっかり拭いて、網の上並べまた1日冷蔵庫で乾燥させます。

f:id:yaffee28ppm:20200728215033j:plain

f:id:yaffee28ppm:20200728215152j:plain

 

乾燥させたら、100度のオーブンで1時間加熱します。

 

yaffee

火を入れていくわけですが、どちらかというと「乾燥させる」といったイメージの方が近いかもしれないです。

ここでしっかりと火を入れつつ、
オーブンで100℃の低温加熱で乾燥しつつもややソフトに仕上げていきます

f:id:yaffee28ppm:20200728215106j:plain

火が入ったらひっくり返して冷めるまで乾燥させます

後は食べやすい大きさにスライスし、マヨとからしを添えて黒コショウをかけたら完成!!

f:id:yaffee28ppm:20200728214645j:plain

PR

『ブレットバーボン』で乾杯!!!

f:id:yaffee28ppm:20200728215627j:plain

 

ブレットバーボンの甘みとはちみつ感がジャッキーのコクと塩気を包み込んですごくおいしいです!!

スッキリめなブレットでもおいしかったですが、
ワイルドターキーやジャックダニエルなどもっと濃い味わいのウイスキーでも合う気がします!!

ブレット バーボン
3.4

悲劇の事故から一度歴史から消えてしまったウイスキー。

ただ、100年以上たってから創業者のひ孫の手によって見事復活を遂げました。

スパイシーな香りにはちみつの甘み、そしてミントのような爽やかな余韻を残してくれます。

価格帯

2500~3500円

アルコール度数

45%

容量

700ml

特徴

一度歴史から消えてしまった開拓者のウイスキー

原産国

アメリカ

yaffee

スパイシーかつ華やかさがあるバーボンウイスキー

バーボンの中では飲みやすく余韻のミントのようなフレーバーが爽やかさを演出してくれます!
アップルパイや豚料理との相性抜群です!!

アロマ 3
フレーバー 3
余韻 3.9

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

このジャーキー、液体のレシピはそのまま、スパイスを変えれば様々な味わいのものができます。
ぜひおうち時間に自家製のジャーキー作ってみてはいかがでしょうか??
それでは良いウイスキーライフを
また次回もよろしくお願いします。

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

PR
最新情報をチェックしよう!