『ウイスキーのおいしい飲み方』!ウイスキーが飲めるようになりたいあなたへ、ウイスキーの飲み方・楽しみ方をご紹介します!!

本日のお越しいただきありがとうございます。

ウイスキー好き料理人のyaffeeです。

最近、「このウイスキーはどういう飲み方がいいんですか?」といった質問や「ウイスキーってどう飲んだらいいんですか?」と聞かれるようになりました。

多くの人から聞かれるうちに、ウイスキーって「どう飲んだらいいのかわからない」と思っている人が多いのかな?と思いました。

確かにビールのように気軽に開けて飲める物ではないですよね。

それにアルコール度数が高いので、ワインのようにそのまま飲むのも抵抗があると思います

またシングルモルトウイスキーになるともっとわかりにくくなってくるのでは?

ウイスキーって「飲めるようになりたい。飲んでみたい。」と思いつつも、敷居が高く手を出しにくいですよね。

ただ「ウイスキーの飲み方」を難しく考えないでください!

ウイスキーは、自由でもっと楽しいもの。

そこでウイスキー好き料理人が『ウイスキーのおいしい飲み方』について徹底解説していこうと思います!!

『ウイスキーのおいしい飲み方』とは?

f:id:yaffee28ppm:20200723101230j:plain

まずウイスキーに限らず、お酒は一気飲みするものではありません

一気飲みしているうちはおいしいお酒に出会うことなどないと思います。

テキーラも、ウイスキーも若いころの一気飲みで嫌いになり、苦手意識を持ってしまう人が多くいます

(僕も20代前半のころ、こういった飲み方を強要されていたせいでお酒全般が嫌いでした。)

まずは、ウイスキーでもテキーラでも日本酒でもお酒をじっくり味わってみてください。

『おいしい飲み方』はお酒に向き合ってみるところからだと思います!

そしてお酒と向き合った時の飲み方は自由です!

ストレートで飲まなくってはいけないウイスキーなんてありません。

コーラやジンジャーエールで割るのもいいと思います。

ウイスキーは嗜好品です。

嗜好品を「こう飲まなくてはいけない!!」と決めつけるのは野暮な話

だから敷居が高いと思わず、お好きな飲み方で飲んでみてください。

それが一番の『おいしい飲み方』です。

ただウイスキーブログやウイスキーレビューで「このウイスキーはこう飲んだ方がおすすめ。」みたいな情報も見たことがあると思います。

(実際に僕のブログでもこう伝えているときはあります。)

どういったウイスキーがどの飲み方で飲むとおいしくなりやすいのか、ウイスキーをより楽しめるかもしれない情報をこの下から書いていこうと思います!!

ウイスキーをいろんな飲み方で楽しめるようになりたい方、ウイスキー初心者の方に参考になっていただけたら幸いです

※基本は自分で経験して見つけていくことが一番です。今回の情報は僕がいろいろな飲み方を試してみて、一種の基準になるかな?と思ったことです。

個人的な見解なので、そこはご了承ください。。

 ウイスキーをストレートで楽しむ!!!

f:id:yaffee28ppm:20200723101000j:plain

ウイスキーは基本的にアルコール度数40%以上のお酒です。

はじめからストレートはなかなかハードルが高いと思います。

なのでストレートできついなーって思ったら少しずつ水を足してみてください。

また違った味わいや風味が出てきて楽しいです!!

ウイスキーをストレートで飲むときグラスはこだわるべし!!

ウイスキーをストレートで飲むとき、

実はグラスの違いが味わいを大きく変えていきます

ショットグラスでは、かすかな薫りや複雑さまでは感じにくいことが多いです。またアルコールの厚みや雑味が感じやすくなるかなと思います。

違いを嗜むのも楽しみ方の一つです。

ただウイスキーのストレートには口の狭まったテイスティンググラスをオススメしたいと思います。

ウイスキーの中にある、1000種類以上の繊細な香りを感じやすくなります

おすすめのウイスキーテイスティンググラス

グレンケアン ウイスキーテイスティンググラス

本場スコットランドのほとんどの蒸留所が、ウイスキーのテイスティング時に使っているグラス

香りがよく拾いやすく、口の部分が少し薄いので繊細な味わいも楽しめます。

あと脚が可愛いですよね。笑

テイスティンググラス

日本の蒸留所でよく使われているグラス

お酒本来の深い味わいを楽しむことができます。

ウイスキーだけでなくいろんなお酒のテイスティングに適していると思います!


【テイスティンググラス】 ロナ パレンカ テイスティンググラス 200ml【ウィスキー スコッチ バーボン】【クラフトジン ウォッカ ラム テキーラ】

ウイスキーをストレートで飲む魅力

ストレートで飲むことの魅力は、製作者・生産者の作りたかった味をダイレクトに楽しめることだと思います。

ウイスキーは、蒸留所で眠っている大量の樽の中から『ブレンダーが求める味・ブランドの味』となるようにブレンドされ、40%~46%ぐらいに加水して瓶詰めされることが多いです。

(極端なこと言うとすでに水で割ってある状態です)。

そんな『ブレンダーの求める味』がそのまま味わえるのがストレートの魅力だと思います。

さらにゆっくり楽しむと『変化』も楽しめます。

ウイスキーもワインと同様に空気に触れることで変化していきます。

少しスワリング(:グラスの中で液体をくるくる回すこと)することで、空気に触れ液面が少し蒸散します

すると香りが一気に広がり、今まで感じられなかった香りが出てきたりします

これをテイスティンググラスで行うと、香りをグラス内に留めてくれるので、さらに香りが感じやすいです。

(ただワインでもそうですが、必要以上にスワリングしていると正直ダサいです(笑)。4~5週ぐらいがスマートかなと思います。)

ストレートにおすすめのウイスキー

自分の考えですが、ストレートにおすすめしたいウイスキーは「熟成感のあるアルコール度数43~46%のウイスキー」または「1本1万円以上の高価なウイスキー」です。

それはなぜかというと………。

通常ウイスキーに多いアルコール度数40%は、法律で決まられている最低アルコール度数

この40%のアルコール度数が悪いわけではないです。ただ香りが飛びやすいものが多いように感じます。

しかしアルコール度数43~46%はまだアルコールによって香りが閉じているものが多く、その後の変化が楽しみやすいです。

そういった意味でアルコール度数43~46%が前記した魅力が分かりやすいかなと思います。

スワリングだけでなく、一滴ずつ水を入れていくのもびっくりするほど変化が楽しめて面白いと思います!!

また「1本1万円以上のウイスキー」は単にもったいないから。。(笑)

楽しみ方は人それぞれですが、一度ゆっくりストレートで味わってみてください。

びっくりするほど複雑な風味とまろやかさで、人生観が変わっちゃうかもしれないです!!

ストレートのアルコール度数がきつすぎて飲めないという方へ『トワイスアップ』という飲み方

前記したようにウイスキーはアルコール度数40%以上のお酒。

正直すごくアルコール度数が強いですよね。。

こういった方へ『トワイスアップ』という飲み方をおすすめしたいと思います。

トワイスアップとは、ウイスキーを常温の水で、1:1で割る飲み方

蒸留所やブレンデッドウイスキーで味わい、香りをチェックするときによく飲まれる飲み方で、アルコールに隠れた味わいや香りが感じやすくなります!!

(時々ただ薄まるときもありますが……)

もしストレートがつらい、でもストレートに近い味わいや風味を楽しみたいときにこの飲み方をおすすめします。

(僕はゆっくり長く飲みたいときによくこの飲み方をします。飲み疲れないんですよ。。)

ストレートにおすすめしたい銘柄

ストレートでも逸品ですが、トワイスアップでもおいしい銘柄集めてみました!!

スプリングバンク 10年

スモーキーさと塩イチゴ感がうまくマッチした濃厚なウイスキー

香りが段違いに高いので「モルトの香水」と呼ばれていたりします!!

アードベッグ 10年

癖は強いけど南国フルーツのような甘さや潮感のバランスがよくクセになる逸品

グレンファークラス 12年

ドライフルーツやチョコレート、トースティーなニュアンスがあり、力強くもシェリーのいいところをうまく引き出している秀逸なシェリー系ウイスキー

ウイスキーをロックで楽しむ!!

f:id:yaffee28ppm:20200723102752j:plain

ロックグラスに氷とお酒を入れて楽しむ飲み方です。

ロックの一番の特徴は「冷えと加水」による変化だと思います。

ウイスキーなどのスピリッツは冷やすことで口当たりがよくなります

さらに氷で冷やすことで、ストレートの時とは違う香りや味わいの変化を楽しむことができます

ウイスキーは一滴の水、ちょっとした温度の違いだけでも味わいが変わる不思議な飲み物!

その2つの変化が同時に楽しめるのがロックの魅力だと思います。

ロックの時にこだわりたいポイント

ウイスキーをロックで楽しむときに、味わいに最も影響を受けるのは「氷」だと思います。

氷の状態や形によってウイスキーの味わいや変化の仕方が変わってきます

バーで大きい丸氷や角の削った氷を使うのはそういった味わいの変化がゆっくり進ませたいからだと思います。

氷は大きくまた、角がないほど溶けにくいです。

つまり大きい丸氷は最も溶けにくく、味わいの変化がゆっくり楽しめます。

さらにきれいな透明の氷もポイントです!!

きれいな透明の氷は溶けにくいです。

家庭でバーのような透明な氷を作る方法

家の冷凍庫でバーのような透明な氷が作れないかと思い、ミネラルウォーターを使って試してみることにしました。

使ったミネラルウォーターはちょうど家にあった「ロハコウォーター」。

f:id:yaffee28ppm:20200322182124j:plain

f:id:yaffee28ppm:20200322182201j:plain

群馬県の四阿山のふもとが採水地となっています。硬度は19ml/ℓの飲みやすい軟水です。

保温性のあるタンブラーに作りたい氷の2倍の量の水を入れ、冷凍庫で凍らせます。

f:id:yaffee28ppm:20200322182358j:plain

水は純粋な水から凍っていくので全部凍らせるのではなく半分以上凍った状態で取り外し、再び冷凍庫でしめてから削っていきます。

f:id:yaffee28ppm:20200322182330j:plain

そうすることで家庭でもバーのような透明な氷に近いものができます。

コンビニとかで買えるアイスブロックほどの強度はないですが、一味違ったロックのウイスキーを楽しむことができます。

ぜひお試しください!!

ロックにおすすめしたいウイスキー

個人的にロックで飲むときにおすすめしたいウイスキーは……

「スコッチやジャパニーズのカスクストリングス(樽出し原酒そのままのもの)」か、

「濃い味わいのバーボンまたはコーンウイスキー」

です。

カスクストリングスはロックで楽しむと、特に変化が楽しめます

樽出しそのままのため大体アルコール度数60%以上~50%程度のアルコール度数があります。

そのアルコール度数のウイスキーは大体加水後のほうが、香りが開くことが多いです。

また氷によって「冷え」が起きるとアルコール感は感じにくくなり、口当たりがよくなりやすいと思います。

(こういったウイスキーはトワイスアップでもおすすめですが……。)

そして濃い味わいのバーボンやコーンウイスキーは甘味の強いため加水や「冷え」によって甘味が少し抑えられると、より一層いろんな味わいが広がりやすいです。

そのためロックで飲むほうが楽しみやすいかなと思います。

もちろん個人的な見解なので、参考程度に……

ロックにおすすめしたい銘柄

グレンファークラス 105

英国初の女性首相で「鉄の女」の異名を持つマーガレット・サッチャーが愛飲していたことで有名なウイスキー

アルコール度数60度でNA(ノンエイジ)のため若く強い酒質だが、ファークラスらしいしっかりとしたシェリー樽の熟成感と凝縮された旨味によってパワフルかつ奥深い味わいにまとまっています。

カスクストリングスでこの値段はなかなかにないです。コスパいいウイスキーだと思います。

富士山麓 シグニチャーブレンド

キリンの富士御殿場蒸留所がリリースしているアルコール度数50度のブレンデッドウイスキー

樽のマチュレーションピーク(熟成のピーク)に達した原酒を見極め、ブレンドして造ります。

バーボンに近いヘビーなグレーン原酒やスコッチに近いライトなグレーンにしっかりとした味わいのモルト原酒など、様々な原酒の長所をうまくブレンドされています。

このウイスキーは、ロックによって飲むごとに様々な顔色を見せてくれる面白いウイスキーです。

ワイルドターキー 8年

バーボンウイスキーの中でも特に強い甘みとコクのあるウイスキーです!

この蒸留所は素材の味を大切にしているそう。そのため樽の香り、コーンのコクと甘み、力強さなどすべてがしっかりと主張します。

その上でまとまっているから、ロックで飲むと食中にも食後にもおすすめです!!

ウイスキーをハイボールで楽しむ!!

ウイスキーをハイボールで楽しむときの魅力は、なんといってもフードに合わせやすくなることだと思います。

炭酸のシュワシュワ感とウイスキーの豊かなフレーバーが相まって、フードを引きたてやすくなります!

ハイボールについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください!!

ハイボールにおススメしたいウイスキー

基本的にハイボールは「若めのウイスキー」または「バーボン」をおすすめしたいです。

若めのウイスキーをハイボールにすると爽やかな香りが引き立ちやすいです。

またバーボンだとコクのある甘みがハイボールに厚みを与えてくれます!!

ハイボールにおススメしたい銘柄

グレングラント 10年

イタリアとyaffeeシェアNo.1のスコッチシングルモルトウイスキーです!!

このウイスキーはハイボールにすると特に青リンゴのようなフレーバーが引き立ちます。

それでいて料理にも合いやすい。個人的にトマトベースのパスタやカプレーゼなどにも合いやすいおすすめのウイスキーです!!

ブレットバーボン

バーボンの中でもバランスがよく飲みやすいことがこのウイスキーの特徴だと思います。

ブレッドバーボンはハイボールでもこのバランスの良さは健在で、心地いいコクとフレッシュな印象、華やかな香りが楽しめます!!

志村けんさんが好きだった!初心者におススメしたい『志村ハイボール』の作り方!!

最近家でよくやるハイボールの作り方が、故志村けんさんが好きだったハイボール。通称「志村ハイボール」という作り方です。

氷を入れたグラスの1/3ぐらいまで炭酸水を入れ、ウイスキーをゆっくり注いでから、炭酸水入れるだけ

かき混ぜないでそのままお楽しみください!!(炭酸が勝手に混ぜてくれます。)

ロックグラスで楽しむのが志村さん流だったそうです。

この作り方だとウイスキーが冷えすぎず、香りがすごくいいです!!

作り方もすごく簡単で、なおかつおいしく作れるのでぜひ試してみてください!!

ウイスキーを水割りで楽しむ!!

ウイスキー水割りの魅力は、飲み疲れないことではないでしょうか。

ウイスキーは水割りにすると途端に優しい味わいになることが多いです。

この優しい味わいが疲れた時やゆっくり飲みたいときにピッタリです!!

ただ水割りはプロが作るのものと素人が作るのもので全然味が違います

そこでご家庭で水割りを楽しむときにおすすめの方法が『前割』です!!

水割りにおススメしたいウイスキー

個人的に水割りには「ブレンデッドウイスキー」がおすすめです。

ブレンデッドウイスキーはバランスがいいことが特徴

このバランス感は水割りにしても崩れにくく、香りがよくなりやすいです。

水割りにおススメしたい銘柄

デュワーズ ホワイトラベル

前割実験でも使わせていただきましたが、デュワーズはフルーティーさとバランスの良さが特徴で、水割りにするとよりフルーティーになります!!

ティーチャーズ

スモーキーフレーバーが特徴のブレンデッドウイスキー!!スーパーなどでお見かけしたことがあるかと思います。

このウイスキーは口当たりよく飲みやすいです。それでいてしっかりと薫香も残っていています。

ティーチャーズの程よく残った個性は水割りにしても心地よく香ってくれます!

 最後に

今回の『ウイスキーのおいしい飲み方』は一意見として受け取ってもらえるとありがたいです。

ウイスキーの楽しみ方は今回紹介したよりはるかに無限なもの。

おススメしたものではまってしまう人もいれば、微妙と思う人もいると思います。

最後にはいろんな飲み方を試してみて『自分好みの飲み方』を見つけることが一番おいしいウイスキーの飲み方だと思います。

海外のもともとお酒全般が嫌いだったウイスキーライターの方が、

「この世にウイスキーを嫌いな人なんていない。ただ自分好みのウイスキーに出会ったことがないだけだ。」

という言葉を残しているみたいです。

自分好みのウイスキー・自分好みの飲み方を見つけられるきっかけになってくれたらうれしいです!!

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

ウイスキーの飲み方の話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加


最新情報をチェックしよう!