堂々の世界No.1スコッチ ジョニーウォーカー Johnnie Walker

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。 (@TW0GPYU3yMS7N3o
 

今回は「堂々の世界No.1スコッチ ジョニーウォーカー Johnnie Walker」についてのお話をまとめていこうと思います。

 

目次

ジョニーウォーカーについて

ジョニーウォーカーはスピリッツメーカーとして世界No.1のディアジオ社が作る、
クセの少なく飲みやすいオーソドックスなスコッチブレンデッドウイスキーです。


(特級表記のジョニーウォーカーブラック&レッド飲み比べセット:楽天より)

ブレンデッドウイスキーの中では、程よいスモーキーフレーバーとリッチな味わいが特徴かと思います。

 

ジョニーウォーカーの最大のポイントは
ストレート、ロック、水割り、ハイボールどんな飲み方をしても味わいが崩れにくいこと!!

 

またカクテルにしてもバランスよく、スモーキーフレーバー、フルーティーさなどを感じさせてくれます

そのため、多くのバーテンダーからも支持されています。

 ジョニーウォーカーのキーモルト

 

ジョニーウォーカーは、40~50種類のモルト原酒を組み合わせてできているそう。

ブレンドしている原酒の量はブレンデッドウイスキーの中でも特に多いそうです。

 

そこからグレーン原酒がブレンドされますので、
さらに多くの種類の原酒が組み合わさってジョニーウォーカーとなっています。

 

ジョニーウォーカーのもっている樽はなんと700万樽ともいわれています。

 

その中から40~50種類のモルト原酒を使って、緻密な計算の上でジョニーウォーカーの味わいが生まれています

yaffee
この緻密なブレンドこそ、
ジョニーウォーカーが世界トップシェアのウイスキーとなった理由かもしれませんね。

 

ただ40~50種類ぐらいのモルト原酒で構成されているのに、なぜ700万樽もストックが必要か不思議に思いませんか??

 

ウイスキーは同じ蒸留所、同じ熟成年数でも全く違った味わいになることもあります

 

40~50種類のモルト原酒から作られていても、1つでも樽が変わるごとに違った味わいになってしまうそう。

同じ蒸留所の違う樽が全く違う味になったとしても、別のウイスキーをブレンドしてジョニーウォーカーが同じ味わいになるようにしているそうです。

 

 

このようにジョニーウォーカーの味わいを守るためには、膨大な数のウイスキーのストックが必要ということです。

 

そして、ジョニーウォーカーのキーモルトは製品ごとに違います。

 

中でも特にモルト原酒として使われることが多いウイスキーは……

スペイサイドの
カーデュCardhu
リンクウッドLinkwood
モートラックMortlach

スカイ島の
タリスカーTalisker

アイラ島の
ラガブーリンLagavulin
カリラCaol Ila

ハイランドの
ロイヤルロッホナガーRoyal Lochnagar
クライヌリッシュ Clynelish

 

これらのモルト原酒がベースとなって作られることが多いです。

ジョニーウォーカーのストーリー

 

ジョニーウォーカーを作った男 ジョン・ウォーカー

 

1819年、ジョニーウォーカーの創業者ジョン・ウォーカー(愛称ジョニー・ウォーカー)
14歳の時に父から受け継いだ農場を売却。

そのお金を元に翌年食品雑貨店を開きます

 

若干15歳にして店と家族を支えていました。

1823年、酒税法が改正されるとジョンの店もアルコール飲料を取り扱い始めます

それが大ヒット!!大きく利益を上げます。

 

1825年以降にはウイスキーの販売も行うようになります。

アンドリュー・アッシャーがブレンデッドウイスキーで成功したことを聞きつけたジョン。

 

ここでジョン自身が紅茶やスパイスをブレンドしていた経験を生かして、高い品質のブレンデッドウイスキーを作り上げます。

そのブレンデッドウイスキーはたちまちスコットランド中で大人気に!!

 

ブレンドに魅了されたジョンはさらにブレンドの技術を磨き上げていきます。

その精神は今のジョニーウォーカーマスターブレンダーにも受け継がれているそうです。

 

ジョンの息子アレキサンダーの高い商売テクニック で世界トップブランドへ!!

 

ジョンから息子のアレキサンダーにバトンタッチされた頃、世の中は産業革命の時

スコットランドにも鉄道がひかれるようになります。

 

そこに可能性を感じたアレキサンダー はジョニーウォーカー史上初大量生産に取り組み、
「オールド・ハイランド・ブレンド」 として商標登録し、世界に向けて売り出します。

yaffee

ジョニーウォーカー200周年記念に「オールド・ハイランド・ブレンド」から着想した「ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド」がリリースされます!!

【販売量世界No.1 スコッチウイスキー】ジョン・ウォーカー&サンズ セレブラトリー・ブレンド [ ウイスキー イギリス 700ml ] [ギフトBox入り]

 

そして、世界へ「オールド・ハイランド・ブレンド」を送り届ける大型船の船長たちをアンバサダー にしたそうです。

それにより船で行けるほとんどのところで飲まれるようになりました

 

また船で運んでも瓶が割れにくいようにと 四角形のボトル に採用されました。

さらにラベルを斜めにつける という当時にしては斬新なデザインを採用します。

 

これは多くの積み荷のなかでジョニーウォーカーとすぐわかるようにこのデザインになったのだとか。

今のジョニーウォーカーのデザインはこの時にすでに出来上がりました。

 

そしてこの発想とデザイン、時代背景も相まってジョニーウォーカーは世界ブランドへ

1990年代からは高級志向も取り入れていき、1992年、ブルーラベルを発売。
ブレンデッドとしては当時最も高級な価格帯だったそうです。

 

高級層からの支持も得て、ジョニーウォーカーは、世界トップシェアのウイスキーになっていきます。

 

ジョニーウォーカーといえばあの男!!

 

ラベルに描かれたハットにブーツ、スティックが印象的な紳士

これには「ストライディングマン」という名前が付けられています。

闊歩する男、大股で歩く男という意味だそうで、創業者ジョン・ウォーカーがモデルだそうです。

ジョンの孫たちが必死に考えたキャラクターデザインだとか。

 

商品紹介

[afTag id=2151]

 

[afTag id=2251]

 

このジョニ黒についてscarletさんが運営する『NomiLOG』 というブログにて製品紹介から飲み方、カクテルまで詳しくご紹介されています。

 

ジョニ黒の楽しみ方の参考にしてみてはいかがでしょうか?

[blogcard url=https://www.green-alaska.com/entry/2020/06/17/104254]

 

[afTag id=1590]

 

[afTag id=3315]

 

[afTag id=3344]

 

[afTag id=3341]

 

 

最後に……

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回の話いかがだったでしょうか??

 

ウイスキーを普段飲まない方でも知っている銘柄「ジョニーウォーカー」ですが、
物語のようなストーリーがあり、圧倒的なこだわりがあると思います。

 

こういったストーリーやこだわりを見るとより「ジョニーウォーカー」へ愛着がわくのではないでしょうか?

ぜひ「ジョニーウォーカー」を一杯楽しみながら読んでいただけたらなと思います。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.yaffee.work/entry/whisky-syurui target=_blank]

 

それでは良いウイスキーライフを!

また次回もよろしくお願いします。

 

 

 

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今週のおすすめ銘柄

この記事を書いた人

香りづけに使用したことからウイスキーにどっぷり嵌ってしまった料理人です。
調理師の仕事をしつつ、ウイスキーと料理の魅力を紹介するためにブログ・メディアを作成。
様々な視点からウイスキーを解説しています。

コメント

コメント一覧 (12件)

  • 王道中の王道、その名を聞けば泣く子も黙る、ジョニーウオーカーですね( ^ω^ )
    ジョニ黒と言われたblack labelは、その昔、庶民には高嶺の花であり、憧れであったと聞きます(゚∀゚)
    しかしまぁ40、50種類の原酒をブレンドするブレンダーとは恐れ入ります( ^ω^ )
    ブレンダーの方も、シングルモルトやってた方が楽だなと内心思ってそうなぐらいの苦労がありそうです(^^;
    その昔、サントリーの工場見学した時に1920年代だかのウイスキー樽が一本だけ残っていて、これが最後の樽なんですよーってお話されてました(‘ω’)こうなると、もう手が出せないですね(^◇^;)
    天使の取り分通り越して、天使が宴会開いたのかな(・・?ってぐらい目減りしてそうですね(・・;)

  • id:okatruck さん>コメントありがとうございます!!
    そうですね。。。40~50種類の原酒をブレンド。700万樽のウイスキーを管理するブレンダーはものすごい労力だと思います。
    サントリー山崎蒸留所さんの1920年代の樽僕も見ました。
    とても樽の味が出すぎて飲めたものはないそうですが、最後の一滴まで天使たちが飲んでしまいそうですね!!(笑)

  • id:tetsu3423 さん>いつもコメントありがとうございます!!ストーリーも併せて面白いウイスキーですよね。
    ありがとうございます!!こてっちゃんさんにそういっていただけると嬉しいです!!

  • id:sekitoba1007 さん>コメントありがとうございます!!ジョニーウォーカーは常備したいウイスキーですよね。。
    今はジョニー切れです。。。

  • id:od3673 さん>コメントありがとうございます!!ジョニーは把握しきれないほど種類出てますからね。。。
    ちゃちゃクロさんのご紹介していたのジョニーもすごくおいしいですよね!!
    しっかりクライヌリッシュ!!
    https://www.whiskeywhisky.work/entry/asongofice

  • id:daigo05htn さん>コメントありがとうございます!!ぜひぜひ!飲んでみてください!!

  • id:funyada さん>コメントありがとうございます!!ウイスキーって奥が深くて面白いお酒なのでそんな魅力を伝えられたらと思います!

  • id:mossa11 さん>コメントありがとうございます!!ですよね。。。
    僕も買えるのはブラックまでです。。。
    ただゴールドもブルーもグリーンもすごくおいしいです!!

  • id:hobbing さん>コメントありがとうございます!!
    それは知らなかった!!!
    指輪物語も好きなので、すごく面白い情報ですね!今度深く調べてみようと思います!!

目次