『アブダクテッド Abducted』 スペイン産モルトウイスキー テイスティングレビュー

 

本日もお越し頂きありがとうございます。

いつかはスペインに行ってみていなって思っているウイスキー好き料理人Yaffeeです。

今回は「スペイン育ちのモルトウイスキー『アブダクテッド Abducted』」のテイスティングレビューです。

 

『アブダクテッド Abducted』について

 

「アブダクテッド Abducted」はスペインの長い歴史と伝統を持つ老舗ボデガ“サンチェス・ロマテ社”がリリースしているモルトウイスキーです。

 

「アブダクテッド Abducted」=「誘拐された」という意味で、スコットランドで蒸留されたばかりのニューメイク(熟成しウイスキーになる前の透明な原酒)をスペインへ『誘拐』。

 

スペイン・へレスで3種類のシェリー樽(ペドロヒメネス、オロロソシェリー、アモンティリチャード)に詰めて熟成させたウイスキーです。

 

その熟成方法は、シェリーと同じくソレラシステムだそうです!!

 

1781年に創業し、1887年からシェリーブランデーのソレラを設置。

伝統製法を現在まで守っている“サンチェス・ロマテ社”のシェリーブランデーのノウハウが詰められた異色のモルトウイスキー

それがスコットランド生まれスペイン育ちのモルトウイスキー「アブダクテッド Abducted」です。

 

 

『アブダクテッド Abducted』テイスティングレビュー

 

アルコール度数

 

40%

 

PR

熟成年数

 

NA

 

透明感のある褐色

 

 

アロマ

 

最初は味醂のようなややゴム臭のある硫黄系な香りが強い。

ただ嗅いでいくとデーツ、チョコ、黒蜜といった甘く芳醇な印象が強くなる。

 

評価

 

71/100

 

コメント

 

複雑で、良くも悪くもシェリー感がはっきりとしたウイスキー

 

まず口に含んだ瞬間にシェリー樽由来の硫黄感デーツやレーズンのような甘味が広がる。

 

そこからしっかりとした渋み。

チョコレートの芳醇さにスパイシーな刺激。濃いシェリー樽の苦味。

 

その複雑な味わいの奥に若い原酒のニューポット臭が密かにいる

最後には、ハイカカオなビターチョコレートを食べた後のような苦味が残る

 

味わいの複雑さから見ると余韻は短い

どこかはかなく終わる。

 

ただビターな味だけは舌の上に残り続けている

 

加水するとより硫黄臭が増す

ただレーズンの香りも強くなる

しかし、甘みは感じにくくなってしまう

 

水で薄まったというよりフレーバーがぽっかりと空いたというような印象が強い。

 

口に含んでフレーバーを感じた後、いきなり消えビターな舌に残る味わいだけ復活する。

加水前の方がフレーバーは充実いている。

 

 

正直、良くも悪くもシェリー感の強いウイスキー。

好みを分けるかなと思います。

 

ただ、「シェリー樽熟成のウイスキーってどんな味??」ってことを知るためには、今まで飲んだウイスキーの中で一番適しているかな。

 

後は、現行のマッカランが好きな方には、オススメな一本です。

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか?

 

良くも悪くもシェリーなウイスキー「アブダクテッド」。

デイリーウイスキーにしても、ちょっといいことがあったときに飲むウイスキーとしても個人的には微妙かなって思ってしまいました。

 

ただ、たまに『シェリー全開!!』なウイスキーも飲みたいときがあるので、棚に並べるストックとしてはちょうどいいかなと思います。

 

『シェリー全開!!』が楽しみたかったら「シェリー酒飲めよ!」って話なのですけどね。。(笑)

 

そんな『シェリー全開!!』なウイスキーの出会いにも感謝しながら、今日もウイスキーを楽しもうと思います!!

 

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします!!

 


 

友だち追加

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページや通知アプリ「Push7」にて記事の更新情報など配信しています。

 

PR
最新情報をチェックしよう!

ニューワールド テイスティングの最新記事4件