ウイスキーを表現したいあなたへ!!ウイスキーの基本的なテイスティング表現の例、まとめました!!

本日もお越し頂きありがとうございます。

 味わいの特徴を表現することに日々悩んでいるウイスキー好き料理人Yaffeeです。

 

今回のテーマは「ウイスキーの基本的な テイスティング用語」!!

 

 

ウイスキーを嗜み始めて、徐々に味わいの特徴がわかってきたとき、

 

「ウイスキーの味わいを表現してみたいな」

 

って思うことがあると思います。

よくSNSでもテイスティングレビューとかあげてる人いますよね。

 

だたこれがめっちゃ難しい。。。。

 

いざやってみると、はじめは全然浮かんでこないと思います。

 

そこで今回、ウイスキーの味わいを表現したい方へ、参考になるのではないかなと思うテイスティング表現の例をまとめてみました。

 

ぜひ自分が感動したウイスキーの味を発信したいときに活用してください!!

 

 

 

はじめに……

 

 

実は!!

今のところウイスキーのテイスティング表現には、ワインのように決められた用語はありません!!

 

つまり、ウイスキーの表現は「自由」です

 

 

 

ウイスキーは、ただ思うがままに感じた味わいを表現するのが一番!!

 

「このウイスキー古本屋に入ったときみたいな香りする」

っていうのも、何も間違えていないちゃんとしたテイスティング表現です。

 

自由って言われると逆に難しいですよね。。。

 

僕も初めてウイスキーの味わいを表現しようとしたとき、感じたフレーバーをどう表現したらいいかわからなかった記憶があります

(今もどう表現していいかわからないときも多いです。)

 

ただ感じるフレーバーを「系統」で分けていくと、わかりやすくなったなと思いました。

 

ウイスキーをはじめて表現しようとしたとき、「系統」で分けてみる。

↓↓

「系統」で分けてから、その中のどんな味や香りに近いか考えてみる。

(例:

フルーツ系

↓↓

その中でも柑橘系

↓↓

爽やかさが強ければ「レモン」、

苦味も合わせて感じたら「グレープフルーツ」

ちょっと丸みを帯びたニュアンスだったら「オレンジ」など。)

 

 

このように自分の基準を作って考えていくと、わかりやすいかなと思います!

ぜひ実践してみてください!!

 

ウイスキーのアロマ・味わい・フレーバーの「系統」

 

 

それでは、ウイスキーのアロマ・味わい・フレーバーの「系統」に触れていこうと思います。

シリアル系

f:id:yaffee28ppm:20200415010625j:plain

 

穀物のような、穀物感といった味わいの系統です。

 

多くは原料由来ということが多いと思います。

 

使われる表現

 

モルティ(麦芽の香り)

もみ殻

マッシュポテト

コーン

ライ麦

焼き立てのパン

オートミール

段ボール

小麦粉

グラノーラ

ビスケット

玄米

など。

 

このアロマがわかりやすいウイスキー

グレングラント メジャーリザーブ、10年

フローラルでスムースな味わいが特徴のウイスキー。

個人的には、麦芽の香り焼き立てのパングラノーラがわかりやすいかなと思います。

 

 

 

 

 

 

CASK SPEYSIDE 10年

有名ボトラーのデュワーラトレーがリリースしている「CASK」シリーズの一つ。

 

蒸留所非公開で各生産地域のボトリングをしたものです。

 

「CASK SPEYSIDE」はその中でもスペイサイドのよく高級車に例えられる蒸留所の原酒がボトリングされているそう。

ナシやリンゴのようなフルーツのニュアンスの後で、ビスケットのようなフレーバーが楽しめるかなと思います。

 

 

ピート・スモーキー系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415010722j:plain

スモーキーな香りのことを指します。

 

主に麦芽を乾燥させるときに焚くピートによってつくフレーバーです。

※稀に仕込み水由来のピートのフレーバーもあります。

 

ただこのスモーキーフレーバーには、大きく2つの系統があります。

それは、「クセのある正露丸や消毒液のような香り」「いわゆるスモーキーな薫香」です。

 

 

ピートからつく香りなのに、なぜ「スモーキーなもの」と「ヨードや消毒液のような香りのもの」があるのかというと……

 

答えは『ピートの違い』にあります。

 

内陸のヒースやヘザー、草からできたピートだと乾いたスモークの香りとなる傾向があります。

対して、

海に近いところにピートだと、海藻なども混ざっていることが多いそう。

海藻が混ざると、ヨードや消毒液のような香りになりやすい傾向があります

  特にスコットランドのアイラ島などに多いです。

 

 

 

 

使われる表現

 

スモーク

焚火
薬品
消毒液
ヨード
バーベキュー
アスファルト
腐葉土
タール
たばこ、葉巻
アワビの肝
ほうじ茶
ラプサンスーチョン(燻製紅茶)

など。

 

 

このアロマがわかりやすいウイスキー

アイラモルト全般

基本的にアイラモルトはピートを焚いていところが多いです。

そのため、この香りのどれかに該当しやすいと思います。

 

 

 

 

アードモア

アードモアは、特に「海辺のクセのあるピート」との違いがわかりやすいと思います。

 

表現するとしたら「ガツンとした乾いたスモークの香り、バーベキュー」といったニュアンス。

 

現行のものはライトピートで少し和らいでいますが、アイラとは明らかに違いがあるので比べてみてください。

 

 

 

フルーツ系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415010812j:plain

そのままフルーツと似た香りのものを指します。

これはよく香料などで使われるエステル類(アルコールと酸が結合したもの)からくる香りが多いです。

 

これが強すぎると溶剤やセメダインのような香りとなります。。

 

このエステル類は、アルコール発酵由来だったり樽熟成が由来だったりします。

 

 

 

 

 

たとえはワイン樽を使えばベリー系な香りはしますし、バーボン樽からはバナナの香りを得ることもあります。

 

使われる表現

 

 

・シトラス系……

レモン、オレンジ、グレープフルーツ、柚子、ライム

 

・砂糖漬けシトラス……

レモンピール、オレンジピール、オランジェット

 

・ベリー系……

イチゴ、ラズベリー、ブラックベリー、カシス、ブルーベリー、ブドウ、マスカット

 

・核果系……

白桃、黄桃、梅、アンズ

 

・トロピカルフルーツ……

パッション、マンゴー、バナナ、パパイヤ

 

・ドライフルーツ……

干しイチジク、干しアンズ、プルーン、デーツ

 

・その他のフルーツ……

リンゴ、青りんご、ナシ、洋ナシ、メロン、イチジク

 

・溶剤系……

溶剤、セメダイン

など。

 

このアロマがわかりやすいウイスキー

 

カバラン

 

2005年、台湾に誕生したウイスキー蒸留所

 

新しい蒸留所ながら、

ヨーロッパや日本のウイスキーコンペクションなどで、数々の賞を受賞しています。

 

このウイスキーはトロピカルフルーツ感が特徴的

ほかのどのウイスキーより強いと思います。

 

スコッチを飲みなれた方でも初めての方でも魅了されるウイスキーではないでしょうか?

 

中でも一番わかりやすいのがカバラン ソリスト オロロソシェリー、カバラン ソリスト バーボンです!

 

ただ高い。。。。

コスパを考えるとカバラン コンサートマスターがおすすめです!

 

 

スプリングバンク 10年

 

一言でこのウイスキーの味わいを表現すると「塩イチゴ大福」

 

スモーキーなフレーバーや潮っぽい感じ、そしてイチゴ感が特徴

芳醇なフルーティさが特に分かりやすいと思います。

 

ただ、今10年ものでもかなりお高いです。。。泣

 

 

 

 

フローラル系・スパイス系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415010916j:plain

花のような香り、華やかな印象のフレーバーのことを指します。

 

これの由来は、

フルーツと同じくアルコール発酵時のエステル類や高級アルコールだったり、

樽熟成中にできるアルデヒド類だったり、

樽材成分だったり‥

 

様々です。

 

使われる表現

 

草っぽい系‥

干し草、芝生、青草、ワラ、麻布、枯れ葉、シダ

 

ハーブ系‥

シソ、ミント、バジル、

ローリエ、バジル、タイム、フェンネル

 

スパイス系‥

クミン、ナツメグ、クローブ、カルダモン、ジンジャー、サフラン、マスタード、胡椒、山椒、胡麻

 

フローラル系‥

桜(桜餅、桜の葉)、モクレン、ジャスミン、

スミレ、薔薇、ユリ、梅、金木犀、ココナッツ

 

 

連想させるイメージでの表現……

白い花、黄色い花、赤い花

 

など。

このアロマがわかりやすいウイスキー

 

ザ スピークイージー スペイサイド

 

個人的に特にフローラルなものだったらこれ!!

 

ジャスミン、薔薇、といった香りが特徴。

フレーバーの広がりも花ひらくように一気に広がります!!

 

 

 

オルトモア 12年

 

スペイサイドの名門蒸留所オルトモアがリリースしているウイスキー。

梅の花のような上品な香りが特徴

スコッチウイスキーなのに、どこか和を感じてしまうかもしれません。

デュワーズの主要モルトとしても有名です。

 

 

 

 

 

フェインツ系・オイリー系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415011021j:plain

油っぽい香りだったり、ちょっと肉っぽい香りのことを指します。

 

「フェインツ」とは、2回目の蒸留の時に本来使われない後半に出てくる蒸留液のこと。

あえて蒸留所がこの香りや味わいを残しているわけですが、強すぎるとオフフレーバーとなってしまいます。

 

ただ少量なら味わいに厚みを与えるフレーバーとなります。

 

また、オイリーなフレーバーは、麦汁の濁り具合に由来することが多いそう。

 

濁った麦汁には脂肪酸が多く含まれています。

そうなると重厚感のある仕上がりになります。

ただその分エステル類の生成を阻害する作用があるそうなので、フルーティー系のフレーバーとは対照的かもしれないですね。

 

使われる表現

 

フェインツ系……

なめし皮、レザー(革製品)、たばこ、葉巻、ミルク、チーズ、プラスチック、石鹸、ミーティ(肉っぽい)、ヨーグルト

など

 

オイリー系……

マーガリン、バター、アーモンド、ピーナッツ、脂肪、油、酸化した油、オリーブオイル、アマニオイル

など

このアロマがわかりやすいウイスキー

 

ラガブーリン16年

 

アイラモルトの中で、最も重厚感があり、最もリッチなウイスキー

どっしりとした深いコクと滑らかな舌触りが特徴で、

葉巻を吸っているような高級感ある味わいです。

 

 

 

 

モートラック 12年

 

肉感が特徴の「野獣」といわれるウイスキー。

 

バランスがよく、芳醇な厚みのある味わいです。

 

 

 

 

硫黄系

 

f:id:yaffee28ppm:20200415011147j:plain

 

硫黄系の匂いのこと。

大麦自体にもともと持っていたり、

大麦の乾燥方法で付与されたりします。

 

そしてこの香りの強さは、ポットスチルか、熟成期間によって変わることが多いです。

 

ポットスチルは基本銅でできています。

銅には硫黄を取り除く効果があるそう。

その銅との接する時間が長いほど、硫黄は取り除かれます

 

これも先ほどのフェインツ系と同じように、

少量なら「厚みのあるウイスキー」。

多いと「オフフレーバー」です。

 

 

あとは最近のシェリー系ウイスキーに多くこの香りがあります。

それはシェリー樽の殺菌洗浄として硫黄が使われているそう。

 

最近のシェリー系ウイスキーの硫黄感が増したのはこれが原因だとか……。

 

 

使われる表現

 

 

硫黄

ゴム

マッチ箱

タイヤ

消しゴム

ゆで卵

ザワークラフト

くたくたに茹でたキャベツ

硝煙

など

 など

このアロマがわかりやすいウイスキー

 

クライゲラキ 13年

 

硫黄感の使い方が絶妙にうまい!!!

 

この蒸留所は、麦芽の乾燥時に油で焚いた火を熱源にしているオイルヒーティングという方法を採用しています。

 

それにより独特の硫黄香がつくそうです。

 

これもデュワーズの主要モルトの一つ。

デュワーズの厚みある味担当ってところがあります。

単体でも重厚感と余韻のある硫黄感のいい例だと思います。

 

 

 

 

 

・ワイン系・ウッティー系

f:id:yaffee28ppm:20200415011341j:plain

樽由来ということでこのワイン系とウッティー系は一緒にしました

 

 

バーボンでは、新樽の使用が義務となっています。

 

特にバーボンでよく使われるアメリカン・ホワイトオークははちみつやバニラのようなフレーバーがつきやすいそう。

その分、樽材成分が多く抽出されるので、はちみつやバニラといった香りがつきやすいです。

 

また、ジャックダニエルなどのテネシーウイスキーは、メープルウッドの炭で蒸留したてのウイスキーをろ過する製法を採用しています。

そのため、メープルの甘い香りつきやすいです。

 

 

 

対して、ワイン系のフレーバーはシェリー樽やワイン樽由来。

ナッツやレーズン、チョコなどの香りがつきリッチなテイストになりやすいです。

 

ちなみに「シングルモルト山崎」のキーモルトはワインカスク熟成の原酒だそうです。

 

 

 

スコッチの60年以上も熟成したウイスキーは、「古びたアンティーク家具をかじっているよう」な味わいなのだとかww。

つまり熟成しすぎると、オフフレーバーとなってしまうそうです。

 

ごくまれに麦芽由来のチョコレート感など、樽以外からの成分で近い香りを感じることはあります。

。(EX:グレンモーレンィ シグネット、ウエストランド アメリカンオークなど)

 

使われる表現

 

バーボン系に多い……

はちみつ、バニラ、メープル、キャラメル、トフィ、甘草、バナナ

など

 

シェリー系に多い……

チョコ、アーモンド、クルミ、紅茶、バターケーキ、

レーズン、アールグレイ、黒みりん

など

 

ワイン樽系に多い……

ベリー、チョコ、紅茶、レーズン、

ゴボウ、ミルク(白ワイン系)

など

 

ミズナラカスク……

白檀、伽羅

など

 

共通……

マジパン、ヘーゼルナッツ、香木、樹液、

インク、木材、金属臭、キャンディ、

アンティーク家具、紙臭、鉛筆、木材加工場

など。

 

このアロマがわかりやすいウイスキー

 

グレンファークラス 12年

 

シェリー系の味を知りたかったら、まずこのウイスキーをお勧めします。

 

紅茶やチョコレート、レーズンといった味わいが特徴。

コスパがいいのも魅力だと思います。

 

 

 

 

 

グレンフィディック 12年

 

バーボン樽熟成の特徴の中でもバニラのニュアンスがわかりやすいシングルモルト!

 

かなりライトで穏やか。

ウイスキーを飲み慣れていない方でも飲みやすい一本だと思います!

 

 

 

 

 

・その他

f:id:yaffee28ppm:20200415011430j:plain

 

上の中には当てはまらないかおりです。

潮のようなフレーバーだったり、出汁のようなニュアンスが多いと思います。

 

潮感はよく海沿いの熟成庫で熟成させたウイスキーに付加されやすい香り

また出汁系の香りは酵母由来と蒸留器、蒸留方法由来のことが多いです。

 

使われる表現

 

モロミ、醤油、鰹節、干しシイタケ、昆布だし

磯、海、潮、海藻

粘度

 

など。

このアロマがわかりやすいウイスキー

 

ニッカシングルモルト余市

 

潮感と昆布だしの味わいを両方感じることができるのは余市だと思います。

 

石鹸っぽいニュアンスとスモーキーさもありますが、潮の香りと昆布だしのようなまろやかさも余市の特徴です。

 

 

知多シングルグレーン

かすかに出汁のニュアンスを感じる ことができる身近なウイスキーは「知多」!!

 

知多蒸留所で造り分けている主要原酒の中で、ヘビータイプのものは特に鰹節のような香りが強いです。

ぜひ出汁感に注目して飲んでみてください。

 

 

 

 

 

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます!!

今回のお話いかがだったでしょうか?

 

最終的にどう感じたか。

自分の言葉でウイスキーを表現できたら、よりウイスキーが楽しいのではないでしょうか?

 

「おいしー」って楽しむウイスキーが一番ですが、ぜひそこから一歩。

どう「おいしー」かが表現してみてください!

 

もっと世界が広がると思います!!

 

 

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いいたします。

 

 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

↑↑↑

僕のブログを応援してくださる方!!

皆様のコメントや応援が励みになりますので、

こちらへのクリックやブックマークのご協力をお願いいたします!!

 

最新情報をチェックしよう!