ウイスキーのアルコール度数のヒミツ!!実はアルコール度数の高い方が美味い!?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
この記事のポイント

ウイスキーはアルコール度数が40%以上のお酒ですが、高級銘柄になるとよりアルコール度数が高くなる傾向があります。

アルコール度数が高い方が香味が豊かでまろやかなことが多いです。

その理由は、3つあります。

  • 樽出しそのままに近い
  • 冷却ろ過が必要なくなる
  • 香り成分が豊富

「アルコール度数の高いほど、ウイスキーは美味しい。」

数多くのウイスキー銘柄を飲まれたことのある方は、よくこのような意見になることが多いです。

なぜアルコール度数が高くなるほど、美味しくなるのでしょうか?

今回は、その理由について詳しくまとめました。

目次

ウイスキーのアルコール度数

ウイスキーのアルコール度数は40%以上です。

日本のウイスキーで一部アルコール度数37~39%の銘柄もありますが、世界基準では最低アルコール度数が40%となります。

上限は大体65%程度で70%を超えるウイスキー銘柄はありません。

他のお酒とアルコール度数を比較

他のお酒とも比較していきたいと思いますが、その前にお酒には3つの種類あることはご存知ですか??

お酒の主な種類
  1. 糖分の含まれる液体を発酵して作られる『醸造酒』
  2. 醸造酒を蒸留して作られる『蒸留酒』 
  3. 醸造酒や蒸留酒に糖分や香草、スパイスなどの香りをつけた『混成酒』

今回は、醸造酒と蒸留酒に絞って比較していきたいと思います。

比較に出しているアルコール度数はそれぞれお酒ごとに大まかな基本数値です。
それぞれアルコール度数もっと高い・低い製品もあります。

醸造酒

ビール 4~7%  
マッコリ 6~8%
ワイン  12~15%程度
日本酒 14~18%程度 
紹興酒  16~18%程度
代表的な醸造酒のアルコール度数

ちなみに世界一アルコール度数の高いビール「スモークヴェノム」は67.5%。

日本一アルコール度数の高い日本酒「越後武士(さむらい)」は46%です(酒税法上はリキュール扱い)

蒸留酒

焼酎 25~35%程度
ウイスキー 40%~65%前後
ブレンデー 40%~65%前後
ジン 37%~57%
ラム 40%以上
テキーラ 35~55%
ウォッカ 40%以上
代表的な蒸留酒のアルコール度数

テキーラ以外の蒸留酒は特にボトリング時の上限アルコール度数は定められていません。

ところが、高すぎるアルコール度数ではお酒の個性がなくアルコールしか感じなくなってしまいます。

そのため習慣的に上限アルコール度数が決まっているものが多いです。

ウイスキーやブランデーなど樽熟成がマストな蒸留酒は65%程度が上限となります。

ジンの最高アルコール度数の銘柄は、ピムリコジン、プリマスジン57°(アルコール度数57%)です。

ウォッカやラムの場合、アルコール度数90%以上の銘柄も作られています

yaffee

かの有名な世界一の度数のお酒「スピリタス」だね。

ウイスキーのアルコール度数

ウイスキー 暖炉 

ウイスキーのアルコール度数は37%、40%、43%、46%、50%以上とこの5パターンであることが多いです。

37%日本の酒税法では37%まで一律税率
37%を超えると1%ごとに税金が加算されます。
40%ウイスキー主要国で定められている「ウイスキー」の最低アルコール度数
43%エクスポートストレングス」と呼ばれる
国際市場で流通するスコッチウイスキーの伝統的な最低アルコール度数
46%冷却ろ過の必要がなくなる最低アルコール度数
50%以上カスクストレングス(樽出しそのまま)のことが多い。
ウイスキーのアルコール度数

度数が高いほど美味しい理由

樽出しそのままのウイスキーは、アルコール度数が50~65%程度です。

瓶詰するとき、ウイスキーはアルコール度数40%程度に加水されています。

アルコール度数の高い方が、樽熟成中のウイスキーに近い状態となるのです。

yaffee

薄められてない方が美味しそうに感じるよね。

またアルコール度数46%以上になると冷却ろ過(チルフィルタリング)に必要がなくなります。

ウイスキーは低温で保管すると、見た目の品質が劣化してしまうことがあります。

低温下での主な品質劣化
  • ウイスキーの白濁
  • フロックという白い浮遊物
  • 澱(おり)

冷却ろ過はウイスキーの品質を守るために必要ですが、アルコール度数46%以上では低温下でもフロックを形成することはありません。

白濁やフロック、澱となる成分はウイスキーの香味成分でもあります。

低温下で品質劣化の元となる主な成分
  • 脂肪酸とそのエステル類(パルミチン酸エステルなど)
  • β‐シトステロールとそのグリコシド

(参考:ウイスキー文化研究所 ウイスキーコニサー資格認定試験教本 上巻
ウイスキーの製造技術

アルコール度数46%以上のウイスキーには、ウイスキー本来の香味がそのまま残っていると言えるでしょう。

一概にアルコール度数の高いお酒が美味しくなるわけではありません。

あくまでもアルコール度数はエタノールの濃度を示した数字なので、美味しさはお酒のポテンシャル・味わいに依存します。

ところが、価格の高い銘柄ほどアルコール度数は高い傾向があります。

アルコール度数が高い方が樽出しそのままのウイスキーの味わいを届けることができるのかもしれません。

ウイスキーのアルコール度数は高い理由

ウイスキーは蒸留酒の一種です。

「蒸留」とは、沸点の差を利用して混合液を分離する作業のこと。

お酒の蒸留の場合、水が100℃で蒸発するのに対してアルコールは78.3℃程度で蒸発していきます。

沸点
100℃
エタノール78.3℃

この温度差を利用して、水とエタノールを分離し、アルコール度数の高いお酒を造っているのです。

ウイスキーの蒸留上限アルコール度数はスコットランドアイルランドでは94.8%、バーボンウイスキーでは80%です。

上限アルコール度数
スコットランド、アイルランド94.8%
バーボンやテネシーなど80%
日本95%

高いアルコール度数で蒸留してしまうと、原料や発酵由来の香味がすべて取り除かれてしまいます。

そのため上限アルコール度数より低く蒸留するところがほとんどで、「ニューポット(蒸留直後の原酒)」のアルコール度数は65~70%程度です。

yaffee

ブレンデッド用のグレーンウイスキー原酒ではクリアな酒質にするために高いアルコール度数で蒸留することもあるよ。

樽に詰めるときにアルコール度数63%前後に調節します。

その理由はアルコール度数63%が最も樽の成分を抽出できるからです。

熟成中、エタノールにより樽の成分が分解されてウイスキー中に溶けだしていきます。

適度に水分があると液中に溶けやすくなり、樽材成分が抽出されやすくなるといわれています。

地域によって熟成中にアルコール度数が上がることもありますが、必然的に65~70%ぐらいがアルコール度数の上限となるわけです。

yaffee

温かいとアルコール度数が上がり、寒いとアルコール度数が下がるよ。
スコッチだとカスクストレングスで55~60%ぐらいだよ。

発酵もろみ7~8%程度
蒸留後のニューポット65~70%程度
樽詰め時63%前後
瓶詰め時40~70%程度
製造工程中のアルコール度数

飲み方別のアルコール度数

ウイスキーは高アルコールなお酒です。その分様々な飲み方をすることができます。

他にもミストやハーフロック、などがあります。

それぞれ飲み方別のアルコール度数(アルコール度数40%のウイスキーの場合)をまとめてみました。

ストレート 40%
オン・ザ・ロック 40%(氷が解けることで減少)
ハイボール 6~10%(氷が解けることで減少)
水割り 10%程度(氷が解けることで減少)
ミスト 40%(氷が解けることで減少)
トワイスアップ 20%
ハーフロック 20%(氷が解けることで減少)
お湯割り 10%程度
飲み方別アルコール度数(40度のウイスキーの場合)

ハイボールや水割りならワインや日本酒より低いアルコール度数です。

ウイスキーはアルコール度数の高いお酒だからこそ玄人向きと思われがちですが、飲み方を変えればお酒の弱い方でもお楽しみいただけると思います。

※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今週のおすすめ銘柄

この記事を書いた人

香りづけに使用したことからウイスキーにどっぷり嵌ってしまった料理人です。
調理師の仕事をしつつ、ウイスキーと料理の魅力を紹介するためにブログ・メディアを作成。
様々な視点からウイスキーを解説しています。

コメント

コメントする

目次