ハイボールに合うウイスキー ハイボールに合わないウイスキー

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人yaffee です。

 

今回のテーマは「ハイボールに合うウイスキー ハイボールに合わないウイスキー」

 

今ウイスキー好きの中で、なんでもハイボール派となんでもハイボール否定派がいます。

はっきり言って僕の持論は、「好きなお酒を自分の好きに楽しむのが一番」です。

 

なんでもハイボールでも構わないと思います。

ただ、ハイボールに合いやすいウイスキー、合いにくいウイスキーというのが存在するのも事実。

なので、なんでもハイボール否定派の意見もわかります。

 

自分が気軽に楽しむなら「なんでもハイボール」。

もし味を追求していくなら「どのウイスキーがハイボールに合うのか」。

そういった楽しみ方をしてもいいかなと思います。

 

ただどういったウイスキーが合いやすいのか、どういったウイスキーが合いにくいのか、調べてみると面白いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな「ハイボールに合うウイスキー、ハイボールに合いにくいウイスキー」をまとめていこうと思います。

あくまで僕の経験と偏見と独断による基準です。
その点はご了承ください。

「ハイボール」とは!?

そもそもハイボールとは?
「ウイスキーをソーダまたは、炭酸水で割ったもの。」
そう思っている人が多いと思います。
確かにウイスキーを炭酸水やソーダで割ったものはハイボールです。
ところが、ハイボールはそれだけじゃない!!
ハイボールはもっと広く深いです!!
ということでまずハイボールの定義から見ていこうと思います。

ハイボールの定義

 

「ウイスキーの炭酸割り」はハイボールですが、ハイボールは「ウイスキーの炭酸割り」だけではありません。

 

ハイボールとは

スピリッツやリキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料やフレッシュジュースなど
アルコールの入っていない飲料と割ったカクテルのこと。

 

つまり定義だけで見たらアルコール飲料とノンアルコール飲料を混ぜたものなら「ハイボール」です。

 

ウイスキーだけではなくラムやテキーラ、梅酒、リキュールでも「ハイボール」となります。

また、ウイスキーのコーラ割りも「ハイボール」の一種ですし、ジンシャーエール割りもハイボールの一種です。

もっと言うとトマト割りやオレンジ割りなども広い意味で「ハイボール」と呼ぶことはできます

 

yaffee

ただ、今ハイボール=炭酸というイメージが強いですよね。

この定義も元々このように定義されていただけなので、
現在、単に「ハイボール」と言ったら「ウイスキー炭酸割り」を指します

ラムハイボール、焼酎ハイボールのようにウイスキー以外の場合、
「○○ハイボール」となるようです。

ハイボールの起源

 

ハイボールの起源には、3つの説があります。

  1. 鉄道の「出発進行+乾杯(highball)!!」説
  2. 「楽しもう(Have a ball)!」説
  3. ゴルフ場由来の高く打ちあがったボール(high ball)説 

 

PR

鉄道の「出発進行+乾杯(highball)!!」説

 

最も有力とされているハイボールの起源の説が、蒸気機関車の出発進行の合図です。

当時、アメリカの蒸気機関車の信号はボールを上げ下げして「停止」「出発」を伝えていました

 

ウイスキーの炭酸割りの泡が昇っていく光景が、信号の「出発進行」を連想させることから
ボールが掲げられると乗客たちは「ウイスキーの炭酸割り」を掲げ「ハイボール!」と乾杯したそうです。

 

そこから「ハイボール」という言葉が使われるようになったのだとか。

今でもアメリカ英語に「ハイボール=乾杯」という意味があります。

詳しくは……

「ハイボール」と聞いてに何を想像しますか?という質問に多くの人が「ウイスキーを炭酸で割ったもの」と答えると思います。この答えは正しいですが、「ハイボール」は実はそれだけではありません。それでは「ハイボール」ってどういう定義なの?[…]

 

「楽しもう(Have a ball)!」説

「100年ハイボール」を謳うブレンデッドウイスキー『デュワーズ』が関係してくる説です。

 

『デュワーズ』2代目の一人。
ずば抜けたセールス力のあった”トーマス・デュワー”。

 

ある日トーマスは友人たちとバーでスコッチを楽しんでいました。

その時トーマスがスコッチの炭酸割りを頼んだら、背の低いグラスで提供されたそう。

 

トーマスはこのスコッチの炭酸割を作ったバーテンデーを呼び

「背の高いグラスにしてほしい。
そのほうがもっと楽しめる。(Have a ball)」

と言ったそうです。

 

そこから背の高いグラスで楽しむ炭酸割りをハイボールと呼ぶようになったのだとか。

「ボール(Ball)」には、「球」という意味の他に「楽しむ」という意味もあります。

 

「楽しむ」飲み方。それがハイボールなのかもしれないですね。

詳しくは……

   本日もお越しいただきありがとうございます。いろいろなハイボールを試すことが好きなウイスキー好き料理人Yaffeeです。 本日のテーマは「デュワーズ Dewar‘s」について!! 「ハイボールの起源」や「100年ハイボー[…]

 

ゴルフ場由来の高く打ちあがったボール(high ball)説 

他の3つに比べてかなり弱い説ですが、「ハイボールの起源」としてゴルフ場の説があります。

ゴルフをしながらソーダをチェイサーにウイスキーを飲むことが好きなある男がいました。

 

ある日、いつものように自分の順番待ちをしながらウイスキーとソーダを楽しんでいたら、急に自分の順番が……。

焦った男はウイスキーとソーダを混ぜ合わせ、一気に飲み干そうとします。

その時、たまたまへたくそなゴルファーが打った高い球(ハイボール)が飛んできてバーの屋根に当たったのだとか

 

それからウイスキーのソーダ割りを「ハイボール」と呼ぶようになったという説です。

偶然が重なりすぎているような気がしますが、面白い説ですよね!

 

詳しくは……

本日もお越し頂きありがとうございます。実は、石川遼選手と同い年のウイスキー好き料理人Yaffeeです。 本日のテーマは「ゴルフとウイスキーのつながり」について!! 突然ですが、実は[…]

 

「ハイボールに合うウイスキー」
「ハイボールに合わないウイスキー」

この記事の本題、「ハイボールに合う 合わないウイスキー」についてまとめていこうと思います。

 

ただあくまで、僕の経験と偏見と独断による基準です。

一番は好みだと思うので、参考程度にお願いいたします

「ハイボールに合うウイスキー」とは?

 

ハイボールに合うウイスキーは、はっきり言って基本的にどのウイスキーも合います

 

フルーティなフレーバーが特徴のウイスキーは、よりハイボールにしたときに爽やかに仕上がりやすいです。

 

また、スモーキーなウイスキーは強炭酸の方が合いやすい傾向があると思います。

よりスモーキーフレーバーが弾けるように広がっていきやすいですが、クセは薄れて飲みやすくもなります

 

一つの基準を設けると……

比較的リーズナブルなウイスキーがハイボールに合いやすいです!!

 

リーズナブルなウイスキーは、様々なタイプのウイスキーを調合してバランスよく仕上げていることが多いです。

またリーズナブルなウイスキーは若い原酒を使っていることも多いので、
若いウイスキーはハイボールにしたときに爽やかになりやすい傾向があります。

ストレートやロックでは、荒々しく感じる味わいでも、
ハイボールにするとパンチと飲みごたえ、そしてフレッシュな爽やかさに変わることは多いです。

 

yaffee

「一本1万円以上のウイスキー」や「20年以上熟成させたウイスキー」なんかもったいないような気もしてしまいますよね。。

高いウイスキーでもハイボールもおいしいものはたくさんあります。
ただリーズナブルなウイスキーの方がハイボールにしてより一層美味しくなりやすいです。

 

「ハイボールに合わないウイスキー」とは?

 

一概に「こういうウイスキーだから合わない。」ということはありません。

ただ、以下のウイスキーはハイボールにしたときにオフフレーバーが目立つものが多いと思います。

  1. シェリー系ウイスキー
  2. 長期熟成物のウイスキー

 

シェリー系のウイスキーはハイボールにしたときに「硫黄臭」が目立ってしまうことが多いように感じます。

だからと言ってすべてのシェリー系のウイスキーが合わないかといわれたら、それは×です。

 

ベリー系のフルーティさやドライフルーツのフレーバーが引き立つものもありますし、
余韻のバランスがいいものもあります

 

同じく、長期熟成物のウイスキーのすべてがハイボールに合わないかといわれると、それも×です。

ただ樽のニュアンスが強い個性的なものやワイン系のフレーバーが強いウイスキーは悪目立ちしやすいです。

 

また、「ハイボールにしてストレートやロック、トワイスアップより美味しくなるか。」といわれたら、
疑問が残るものもあります。

 

せっかくのフレーバーがハイボールにしたら薄れてしまい、
同じウイスキーの若いものとそん色ないハイボールになってしまう時もあります。

 

yaffee
「ハイボールにしてより美味しくなるか」を基準に考えると、
「ハイボールに合う 合わないウイスキー」がはっきりしてきます。ただ一番は好みです。
シェリー系や長期熟成物でも
「ハイボールで飲むほうが好き」が自分の基準になるかなと思います。

美味しいハイボールの作り方

 

ハイボールに合う 合わないウイスキーは、「自分がハイボールにしてより美味しく楽しめるか」が一番の基準です。

 

ただ、実はハイボールには美味しく作るコツがあります。

ハイボールは単に「ウイスキーを炭酸で割ったもの」ではありません

 

外でプロの作ったハイボールを飲んだ後、
家で同じウイスキーのハイボールを飲んで「こんなだっけ?」と思った経験はないでしょうか??

 

混ぜ方、炭酸の状態、氷の状態、ウイスキーの状態……。

ハイボールはこのどれか一つが違うだけでも、違う味わいのもの出来上がります。

 

その上で誰でもおいしいハイボールが作りやすい作り方をご紹介させていただきます!!

美味しいハイボールの秘訣 ウイスキーと炭酸の黄金比

 

まず、どんなハイボールの作り方でも同じウイスキーと炭酸水の黄金比があります!!

それは……

ウイスキー:炭酸=1:3~4

です!!

 

ウイスキーと炭酸の比率は好みですが、黄金比ぜひ試してみてください!!

 

志村けんさんが愛した
「志村ハイボール」

 

故 志村けんさんの愛した「志村ハイボール」は、炭酸水でウイスキーをサンドする方法です。

 

まず氷を入れたグラス(志村さん流ならロックグラス)に炭酸水を注ぎ、その上にウイスキーを注ぎます。

そしてさらに炭酸水でアップして完成です。

 

この方法は、混ぜない・ウイスキーを冷やさないことがポイント。

多くの美味しいハイボールの作り方は「ウイスキーを冷やす」ことをポイントとしているところが多いです。

そのため、ウイスキーを注いでから混ぜることが重要といわれています。

 

ただこの作り方、実は結構テクニックが必要となります。

ウイスキーをどこまで混ぜ、どこまで冷やすか

実はウイスキーの銘柄ごとにそのポイントが全然違います。

 

例えば、スモーキーフレーバーが特徴のアイラモルトは製造工程の影響でほかのウイスキーより油分が多いです。

混ぜすぎ、冷やしすぎるとえぐみや雑味が出て、若干舌触りも悪くなります

またウイスキーに限らず香り成分は冷えると感じにくくなります。

 

この「志村ハイボール」はウイスキーを冷やしすぎないことにより、
ウイスキー本来の香りを活かしつつ、ハイボールを楽しみやすくなります

 

また、混ぜないからこそ、味わいがぶれにくいです。

yaffee

炭酸、ウイスキー、炭酸と注ぐだけなので、かなりお手軽ですしね。

晩酌には特におすすめな作り方です!!

 

僕が特におすすめする
「冷凍ハイボール」

 

僕が特におすすめする美味しいハイボールの作り方が、「冷凍ウイスキーを使ったハイボール」です。

 

美味しいハイボールの作り方のポイントは、ウイスキーを冷やすこと。

実は、ウイスキーは水などと混ざるとき若干熱を発生させるそうです。

 

この熱が味わいのバランスを崩し、ウイスキーのフレーバーを薄めてしまうことがあります。

そのため、氷を入れたグラスにウイスキーを注いでから混ぜるという作業をします。

 

ただ、混ぜれば混ぜるほど氷は溶け、ウイスキーの味わいは薄れるジレンマが発生するのです。

 

だったら、ウイスキーを元々冷やしておけば……!!

つまり、温度が高くなる分も踏まえて冷凍庫でウイスキーを冷やしておけば、
味わいを崩すことなく氷が解けて加水される心配もないハイボールが作れるということ!!

 

氷を入れたグラスに冷凍しておいたウイスキーを注ぎ、炭酸水を注ぎます。

そして、一回だけマドラーを下から上に回しながら上げたら完成です。

 

温度差が少なく、炭酸の泡があるため、簡単にウイスキーが混ざりやすくなります。

 

ただ、ウイスキーを冷凍庫に入れるうえで、注意点があります!!

それは、下の記事をご参照ください!!

関連記事

本日もお越しいて頂きありがとうございます!!この夏キンキンに冷えたハイホールを楽しんでいるウイスキー好き料理人Yaffeeです。今年の夏は異常なほど暑いですよね。。暑さのせいで、ウイスキーのハイボールがおいしく感じちゃうのではな[…]

 

 

ハイボールにおすすめのウイスキー

ハイボールにおすすめなウイスキーをタイプごとにまとめてみました!!

スタンダードに楽しみたい方へ

デュワーズ ホワイト
3.0

アメリカで特に人気の高いスコッチブレンデッドウイスキー。

「ハイボールの起源」とも呼ばれている銘柄です!!

華やかな印象にフルーティな香りが特徴。

そしてはちみつやバニラの甘いニュアンスも楽しめます!!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

ハイボールの起源

原産国

スコットランド

yaffee
フルーティなデイリーウイスキー!!

1000円台で買える気軽に楽しめるウイスキーだと思います!!

アロマ 3
フレーバー 3
余韻 3

 

 

角瓶
3.4

1937年に誕生して以来、ジャパニーズウイスキーを牽引してきたロングヒットウイスキーです!!

繊細な味わいに厚みのあるコク、
そしてドライな味わいの中にどこか優しさを感じるウイスキー。

山崎と白州のバーボン樽原酒をバランスよく使用したそう。

ハイボールや水割りは定番ですが、
実はストレートでもうまい一本です!!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

最も売れている日本のウイスキー

原産国

日本

yaffee

居酒屋に行った時、必ず「角の水割り」を飲みます!

正直この価格帯のウイスキーの中で、最もおいしいのが「角瓶」だと思っています(笑)
何より飲み飽きず飲み疲れない味わいが好きです!!

アロマ 3.7
フレーバー 3.5
余韻 3

 

 

ホワイトホース
3.2

スコッチシングルモルトの中でも、クセが強くリッチなフレーバーが特徴の銘酒「ラガブーリン」をキーモルトに使った珍しいブレンデッドウイスキー!!

スモーキーさに、リッチなフレーバーが特徴。

ただ全体的にはライトめで、親しみやすいブレンドに仕上げています!!

価格帯

900~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

国内で特に売れているスコッチウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee
やや濃厚なフレーバーも楽しめるデイリーウイスキーです!!
アロマ 3
フレーバー 3.6
余韻 3

 

 

フルーティに楽しみたい方へ

 

グレンフィディック 12年
4.4

世界で最も売れているシングルモルトウイスキー!!

スコッチシングルモルトのトップブランドながら家族経営を続けている蒸留所が造る最もスタンダードなボトルです。

洋ナシのようなフルーツ香にバニラとシトラスの香り、優しい麦芽の甘みが特徴。
バランスがよく、スムーズで飲みやすい一本!!

ウイスキーを飲み慣れていない人には特におすすめなスコッチシングルモルトです!!

価格帯

2500~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

世界No.1のシングルモルトウイスキー!!

原産国

スコットランド

yaffee
洋ナシのようなフルーティな香りが特徴のグレンフィディック12年。
案外しめさばやサンマの刺身などど相性がいいです!!
アロマ 3
フレーバー 3
余韻 4

 

グレングラント 10年
4.1

イタリア人気No.1 のスコッチシングルモルトウイスキー!!

青リンゴやシトラス、桃といったフルーティなニュアンスに、麦芽の優しい甘みが特徴。

スムースで飲みやすく、飲み慣れていない方にもオススメの銘柄です。

ハイボールにするとよりフルーティな香りが弾けます!!

価格帯

3000~3500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

キング・オブ・フルーティ

yaffee

個人的に最も好きなオフィシャルスタンダードのシングルモルトウイスキー!!

かなりフルーティで青リンゴフレーバーが爽やかな印象を与えてくれます!
特にカルパッチョやカプレーゼといったイタリア料理の前菜と合わせたいウイスキーです。

アロマ 4.2
フレーバー 4.1
余韻 4

 

グレンモーレンジィ オリジナル
4.5

本場スコットランドで最も人気のあるモルトウイスキー。

柑橘系のフルーツの香りに、なめらかで繊細な舌触り。
バニラやはちみつの甘いニュアンスも楽しめ、ほのかなスパイス感と後味のミントの爽やかさがより一層深い「香りの冒険」へと誘います。

飲み方を選ばないのも魅力の一つです!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

「完璧すぎるウイスキー」

原産国

スコットランド

yaffee

実は、僕が一番人におすすめしているウイスキー(笑)。

スコッチウイスキーの飲みごたえがありつつ万人受けしやすいバランスのいい味わい
鴨料理とグレンモーレンジィオレンジハイボールの相性は抜群です!!

アロマ 4.7
フレーバー 4.1
余韻 4.7

 

スモーキーに楽しみたい方へ

ボウモア 12年
4.6

スモーキーなクセとソルティなフレーバーに、フルーティな気品を感じる『アイラモルトの女王』。

ベリー系の華やかでフルーティなフレーバーに、スモーキーフレーバー!
アイラモルトの中ではクセは強くなく、バランスのいいシングルモルト。
特にファンの多い銘柄です!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

アイラモルトの女王

原産国

スコットランド

yaffee
ボウモアのお湯割りと牡蠣のオイル漬けの相性は抜群!!
間違いのない組み合わせです!!
アロマ 4.7
フレーバー 4.6
余韻 4.5

 

キルホーマン マキヤーベイ
4

アイラ島にできた比較的新しい蒸留所のシングルモルト!!

スモーキーかつ爽やかなフルーティさのある味わいが特徴。

個人的には、爽快感のあるアイラモルト!!
ストレートでもこの爽快感が美味いウイスキーですが、ハイボールにするとより爽快感が弾けます!!

飲むと明るくなれるようなアイラモルト!
ハッピーな一日の終わりにぜひ!!

価格帯

4500~5500円

アルコール度数

46%

容量

700%

特徴

爽快感のあるアイラモルト

原産国

スコットランド

yaffee
アイラモルトの中でかなりフレッシュなフルーティさが楽しめるウイスキー!!
どちらかというとライトでやや穏やか目なスモーキーフレーバーが心地よい余韻を与えてくれます!!
アロマ 3.7
フレーバー 4.3
余韻 4

 

アードモア レガシー
3.4

「アードモア」は、ハイランド伝統のスモーキーフレーバーのシングルモルトを作り続けている蒸留所です。

ハイランドのスモーキータイプのウイスキーは「スモーキーかつ、かなり癖の強い」アイラモルトとは違い、いわゆる「薫香」・「炭」といったパンチのあるスモーキーフレーバーが特徴。
親しみやすいスモーキータイプのシングルモルトで、「家飲み用にスモーキーなお酒を置きたい」って方にオススメです。

価格帯

2000~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

スモーキーでライトなウイスキー!!

原産国

スコットランド

yaffee
こいつの甘みとパンチの含んだスモーキーフレーバーが最高です!!
アロマ 3.4
フレーバー 3.1
余韻 3.7

 

実は「ハイボール」って自由
合うか合わないかは工夫次第

 

ハイボールって単に「ウイスキーの炭酸割り」だけがハイボールではありません。

ハイボールの楽しみ方は無限大です!!

 

ハイボールでは微妙。。と思っていたウイスキーでも工夫次第ではおいしくなることも多々あります。

工夫その1 漬け込みウイスキーによるハイボール

 

生のフルーツやお茶系などを漬け込んだウイスキーをハイボールにして楽しむ楽しみ方があります!!

 

例えば、
  • いちごを使った「いちごハイボール」
  • コーヒーを使った「コーヒーハイボール」
  • ジャスミンティーを使った「ジャスミンハイボール」
などなど

 

様々なウイスキーで様々な食材をつけてみると面白いかもしれませんね。

特に、そのままでは自分の苦手だったな。。って思ったウイスキーをこのようにリメイクしてみると面白いと思います!!

関連記事

本日もお越し頂きありがとうございます。ウイスキーの苦手意識を少しでも減らしたいウイスキー好き料理人yaffeeです。 本日のテーマは「ウイスキーの味が苦手な方へ、ウイスキーの苦手意識をなくす方法」について[…]

工夫その2 炭酸飲料を変えて楽しむハイボール

 

ハイボールは、炭酸水・ソーダ水割りだけが「ハイボール」ではありません。

 

ジンジャーエールやコーラ、ラムネなどで割ってもハイボールです!!

様々な炭酸飲料で試してみても面白いと思います!!

 

工夫その3 +αで楽しむハイボール

 

ハイボールにレモンを入れることありますよね。

あのレモンを様々なものに変えて楽しむのもありだと思います。

 

例えば、

  • レモンをカボスや青柚子などほかの柑橘類に変えてみる。
  • 黒コショウやアニス、シナモン、山椒などスパイスを足してみる。
  • ドライフルーツや生のフルーツを入れてみる。

などなど。

 

こういった遊びをしてみるのも楽しいと思います!!

 

最終的には好みの問題

「ハイボールに合うウイスキー」

「ハイボールに合わないウイスキー」

をテーマに見ていきましたが、最終的には、「好み」です!!

 

「ハイボールにしてより美味しいかどうか」

これが基準だと思います。

 

「このウイスキーはハイボールに合わない」と他の人がいっても、
自分は「ハイボールが一番うまい」と思うならそれが「自分にとってのハイボールに合うウイスキー」です。

 

僕が今回「ハイボールに合わない」と挙げたウイスキーのタイプでも「ハイボールが旨い」ものもあります。

ぜひ好きなウイスキーは、好きに楽しんでください!!

 

僕は、ハイボールは「楽しむ飲み方」だと思っています!

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

そういえばGoogle検索でも、どこの本にも「ハイボールに合うウイスキー」は書いてあっても、

「ハイボールに合わないウイスキー」を書いてあるものってなかったなと思いつづってみました。

 

実際合う、合わないは好みの問題です。

だからこそ合う・合わないを紹介することは難しいと思います

 

ただ、様々なウイスキーをハイボールで試してみて、
合いやすい・合いにくいの傾向はあるなと感じました。

 

ただその合いにくいと思ったウイスキーも工夫次第ではおいしくなることもあります。

ぜひ今回の記事は、あくまで僕の意見として参考までに……

 

それでは良いウイスキーライフを

また次回もよろしくお願いします。

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

 

PR
最新情報をチェックしよう!