『シリアル・穀物香・モルティ』なフレーバーが楽しめるおすすめウイスキー

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

今回のテーマは「『シリアル・穀物香・モルティ』なフレーバーが楽しめるウイスキー」について!!

 

ウイスキーの中でも、麦麦した穀物感を存分に味わえる『シリアル系ウイスキー』。

 

焼き立てのパン、砕いた麦、トウモロコシ、ビスケットなど
「モルティ」「シリアル」「穀物香」といわれる原料由来のフレーバーを感じるウイスキーのことです。

 

今回は、「シリアル・モルティ・穀物香」について、そして「麦・穀物の香り」が特に強いおすすめの銘柄をまとめていこうと思います!!

 

『シリアル・穀物香・モルティ』なフレーバー
が楽しめるウイスキー

 

『シリアル・穀物香・モルティ』なフレーバーが楽しめるウイスキーについてみていく前に、
シリアル系ウイスキーについて感じるフレーバーからご紹介していこうと思います。

 

『シリアル・穀物香・モルティ』なフレーバーが特徴
シリアル系ウイスキーとは?

 

前記したように、シリアル系ウイスキーとは、焼き立てのパンや砕いた麦、トウモロコシなどのフレーバーを感じるウイスキーのこと。

ただこのフレーバー結構わかりにくいウイスキーのフレーバーの一つだと思います。

例えば「麦芽」や「シリアル」と言ってもよくわからない人も多いのではないでしょうか?

 

そこでよく使われる表現からご紹介していこうと思います。

シリアル系ウイスキーによく使われる表現

シリアル系ウイスキーに「よく使われる表現」としては……

  • 麦芽、モルティ
  • ビスケット
  • 焼き立てのパン
  • ライ麦パン
  • コーン
  • コーンフレーク
  • 段ボール、紙臭

といったものがあります。

こちらを一つ一つ見ていこうと思います。

麦芽、モルティ

シリアル系ウイスキーの代表的フレーバーだと思います。

原料由来の「麦芽」「モルト」のニュアンスを感じるフレーバーのことです。

ほのかな優しい自然の甘み+麦わらの香りを感じた時に自分はよく使います。

 

yaffee

麦茶のようなニュアンスが一番近いかもしれないです。

ただ麦茶というよりは乾いた印象がついてくるかなと思います。
純粋に「麦茶」っぽいという時もあります。

ビスケット

上のモルティなフレーバーに強く焼き上げさらに乾いた印象と甘みを感じたときに使っています。

 

焼き立てのパン

香ばしく焼き上げたパンの香りのこと。

優しく甘い香りに香ばしくトースティなフレーバーを感じた時に使っています。

 

ライ麦パン

上記の「焼き立てのパン」にスパイシーさも感じた時に使っています。

 

コーン

みずみずしいコーンのさっぱりとした甘いフレーバーを感じた時に使ってます。

 

コーンフレーク

上記のコーン感に乾いた印象とより甘みが強いときに使っています。

 

段ボール、紙臭

シリアル系ウイスキーのフレーバーの中で、オフフレーバーとして扱われるものです。

劣化臭の場合もありますが、中には紙の香りが強い「若い」ウイスキーもありました。

 

こういった香りや味わいは、原料の違いにより生まれることが多いです!!

ウイスキーの原料についてみていくとわかりやすいかもしれませんね!

関連記事

本日もお越しいただきありがとうございます!!一時期「モルト」を使った料理にハマって色々遊んでいたウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。ウイスキ[…]

関連記事

本日もお越し頂きありがとうございます!!『穀物』が大好き(??)なウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキ[…]

関連記事

 本日もお越し頂きありがとうございます。伝統工芸を見ることが観光の楽しみの一つとなっているウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。ウイスキー[…]

PR

『シリアル・穀物香・モルティ』なフレーバーが特徴
おすすめのシリアル系ウイスキー

 

グレングラント 10年
4.1

イタリア人気No.1 のスコッチシングルモルトウイスキー!!

青リンゴやシトラス、桃といったフルーティなニュアンスに、麦芽の優しい甘みが特徴。

スムースで飲みやすく、飲み慣れていない方にもオススメの銘柄です。

ハイボールにするとよりフルーティな香りが弾けます!!

価格帯

3000~3500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

キング・オブ・フルーティ

yaffee

個人的に最も好きなオフィシャルスタンダードのシングルモルトウイスキー!!

かなりフルーティで青リンゴフレーバーが爽やかな印象を与えてくれます!
特にカルパッチョやカプレーゼといったイタリア料理の前菜と合わせたいウイスキーです。

アロマ 4.2
フレーバー 4.1
余韻 4

 

グレンフィディック 12年
4.4

世界で最も売れているシングルモルトウイスキー!!

スコッチシングルモルトのトップブランドながら家族経営を続けている蒸留所が造る最もスタンダードなボトルです。

洋ナシのようなフルーツ香にバニラとシトラスの香り、優しい麦芽の甘みが特徴。
バランスがよく、スムーズで飲みやすい一本!!

ウイスキーを飲み慣れていない人には特におすすめなスコッチシングルモルトです!!

価格帯

2500~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

世界No.1のシングルモルトウイスキー!!

原産国

スコットランド

yaffee
洋ナシのようなフルーティな香りが特徴のグレンフィディック12年。
案外しめさばやサンマの刺身などど相性がいいです!!
アロマ 3
フレーバー 3
余韻 4

 

グレンキンチー 12年
4.3

スコッチの生産区分の中でもライトでスムース。穀物様が特徴的な『ローランドモルト』を代表する蒸留所。

そのスタンダードボトルが「グレンキンチー12年」です。
甘草の香りにほのかなスモーク。
そして口いっぱいに広がる焼き立てのパンやグラノーラ、ビスケットのような穀物感。

フィニッシュのスパイシーさが心地よい一本です。

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

ローランド代表のクラシックモルト

原産国

スコットランド

yaffee
シリアル系ウイスキー代表と言っていいモルトウイスキーだと思います。

特にハイボールやロックで楽しむのがおすすめです!

アロマ 4.3
フレーバー 4.2
余韻 4.4

 

キルケラン 12年
4.2

スプリングバンク蒸留所が復活させたキャンベルタウンモルト!!

潮感とはちみつやリコリスのニュアンス、砕いた麦のようなフレーバーが楽しめる一本。

ストレートでは飲みごたえがあり、ハイボールにすると爽やかさが楽しめます!!

価格帯

7000~9000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

貴重なキャンベルタウンモルト

原産国

スコットランド

yaffee
味わい深く、最後のソルティ感が後を引く一本です!!
アロマ 4.5
フレーバー 3.9
余韻 4.2

 

ブルックラディ ベアバーレイ
4.5

アイラモルトの中で革命的なモルトウイスキーを造っているブルックラディ。

爽やかなフルーティさが特徴のアイラモルトですが、古代品種「ベア種」の大麦を使った「ベアバーレイ」はかなり焼き立てのパンや麦芽の甘みを感じる一本となっています。

価格帯

9000~10000円

アルコール度数

50%

容量

700ml

特徴

アイラの革命児

原産国

スコットランド

yaffee

このウイスキーは特にモルティなフレーバーを感じるウイスキー!!

コクがあって芳醇
個人的にはストレートが好きですが、ロックで楽しむのもおすすめです。

アロマ 4.7
フレーバー 4.5
余韻 4.3

 

グレンエルギン 12年
4

スコットランド・スペイサイドの『隠れた銘酒』。

シリアルの優しい甘みにドライリンゴのような香り。ナッツとレモンピール、そしてはちみつのフレーバーが楽しめるバランスのいいウイスキー!

最初の甘い印象から後味はドライになっていきます。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

陰の実力者

yaffee
「陰の実力者」グレンエルギン。
あまり知られていないためか、比較的安く入手できます。
それでバランスよく、長い余韻が楽しめるのでかなりオススメ!!
寒い日なら、お湯割りがおすすめですし、暑い日のハイボールも絶品です!!
アロマ 4.3
フレーバー 3.9
余韻 3.8

 

クラガンモア 12年
4.3

スコッチモルトウイスキーの聖地「スペイサイド」の代表クラシックモルトシリーズの一つが「クラガンモア」です。

昔から一般よりもウイスキーを取り扱うプロの間で特に人気の銘柄となっています。

フローラルな香りに優しいモルトの甘み。
そして余韻のほのかなスモーク。
バランス感抜群の一本です。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

スペイサイド代表クラシックモルト

原産国

スコットランド

yaffee

かなりバランスがいい一本。

ストレートもうまいですが、ハイボールにしても爽やかな印象を楽しめます!

アロマ 4.2
フレーバー 4.2
余韻4.4

 

ブッシュミルズ オリジナル
3.1

モルトウイスキーにこだわる蒸留所『ブッシュミルズ』のスタンダードボトル!

モルト比率高めなブレンデッドウイスキーで、すっきりとクリアな味わいにややシリアル感のあるフレーバーが特徴!

ハイボールにするとフルーティになり、ライトに楽しめます!!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

北アイルランドのモルト比率高めなブレンデッドウイスキー

原産国

アイルランド

yaffee
モルト比率の高いブレンデッドウイスキー!
シリアルと青リンゴのフレーバーが楽しめ、爽やかな印象が強いウイスキーです。日常のウイスキーとしてオススメな銘柄です!!
アロマ 3.3
フレーバー 3
余韻 3

 

ティーリング シングルモルト
4.4

アイルランド共和国の首都ダブリンに不死鳥のごとく誕生した蒸留所『ティーリング』!

その蒸留所がリリースしているシングルモルトウイスキー!!
ナッツのようなフレーバーに芳醇な味わいが特徴。

アイリッシュらしいライトさもありバランスのいい一品です!!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

ダブリンにいる不死鳥

原産国

アイルランド

yaffee

バニラにオレンジのような柑橘系フレーバーが楽しめるウイスキー

口当たりがやさしく飲みやすいが、味わいもしっかりとしています

アロマ 4.2
フレーバー 4.6
余韻 4.4

 

ウエストランド アメリカンオーク
4.4

ワシントン州シアトルを拠点に誕生したシングルモルト蒸留所「ウエストランド」。

開拓者が最後に行きついたの街であるシアトル。
そのスピリッツをウイスキーに変えたような革新的なモルトウイスキー!!

ビターチョコと香ばしいパンからバニラ、オレンジ、はちみつといったフレーバーが続く一本です。

価格帯

7000~9000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

アメリカに誕生した革新的なシングルモルト

原産国

アメリカ

yaffee
スコッチモルトのような奥深さがあるけどどこか違う。
バーボンのような芳醇さがあるけど全然違う。モルト・酵母・樽にこだわった全く新しい「シングルモルトモルト」だと思います。
アロマ 4
フレーバー 4.7
余韻 4.5

 

メーカーズマーク
3.3

手造りにこだわったクラフトバーボン!!

スパイシーなライ麦の代わりに、蒸留所付近で採れた冬小麦を使用したバーボンウイスキーで、なめらかな舌触りと優しい甘みが特徴。

バーボンの中では、バランスがよく飲み慣れていない方でも親しみやすい銘柄です!!

価格帯

2000~2500円

アルコール度数

45%

容量

750ml

特徴

冬小麦を使用したバーボン

原産国

アメリカ

yaffee

バーボンの中では、まったりとした味わいに優しい口当たりが特徴。

ハイボールにするとより優しい口当たりが楽しめると思います。
このウイスキーめっちゃバニラアイスと合います
ぜひバニラアイスにかけて召し上がってみてください!!

アロマ 3.3
フレーバー 3.5
余韻 3.1

 

プーニ ゴールド
3.7

イタリア初の本格モルトウイスキー。

リンゴやナシのフレッシュなフルーティさに砂糖漬けの生姜のようなスパイシーな味わいが特徴。

ハーブの清涼感やシュークリームのようなクリーミーさもあり、面白いウイスキーです!!

価格帯

5000~6000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

イタリア唯一の本格モルトウイスキー

原産国

イタリア

yaffee

新しい蒸留所ですが、かなりしっかりとした味わいのウイスキーをリリースしていると思います。

結構スパイシーでモルティな味わいなので、穀物系のおつまみと合いやすいです!

アロマ 4
フレーバー 3.7
余韻 3.4

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

シリアルのニュアンスを感じるウイスキーって飲み慣れていないとなかなか感じにくいかなと思います。

ただ、意識して飲んでみると「これが穀物香か」とわかってくるので、
ぜひウイスキーの穀物感を探してみてはいかがでしょうか??

 

それでは良いウイスキーライフを

また次回もよろしくお願いします。

 

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。
また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

PR
最新情報をチェックしよう!