黒ビールの樽で熟成させたウイスキー「ジェムソン スタウトエディション」のレビュー

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

@TW0GPYU3yMS7N3o

今回は『ジェムソン スタウトエディション』のテイスティングレビューです。

 

『ジェムソン スタウトエディション』
について

ジェムソン スタウトエディションは、黒ビールの樽でフィニッシュ(追加熟成)させたアイリッシュブレンデッドウイスキーです。

アイリッシュウイスキーの中でダントツの人気を誇る「ジェムソン」。

合わせて読みたい

本日もお越し頂きありがとうございます!!最近『ジェムソン Jameson』のうまさに再び気付かされたウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。 (@TW0GPYU3yMS7N3o)世界で最も売れているアイリッシュウイスキーの[…]

 

ジェムソンの熟成に使用していた樽で「Eight D Brewing」という地元のクラフトビール醸造所のアイリッシュスタウトビールを熟成。

バレルエイジドビールを作り、その樽で、ジェムソンを追加熟成させたのが「ジェムソン スタウトエディション」です。

アイリッシュスタウトビールとは?
18世紀初め、ロンドンで「ポーター」というタイプのビールが流行しました。
ポーターは、もともとは古くなったブラウンエール新しいブラウンエールペールエールをブレンドしたビール。
基本的にはコクのある味わいが特徴となっています。
「スタウトビール」はそのポーターがアイルランドに伝わり、アルコールを強化して作られたスタウトポーターが起源といわれています。
香ばしいコーヒーのようなロースト香とコクのある味わい、クリーミーな泡立ちが特徴
ギネス エクストラスタウト」が特に有名で、アイリッシュスタウトビールを代表する銘柄です。

 

過去には、「ジェムソン カスクメイツ」という名前でリリースされていました。

現地では、スタウトビールのほかにIPA(インディアペールエール)の樽で熟成させたものもあります。

yaffee
他にもあったような気がしますが、あまり日本に情報が入ってきていないので、詳しくはわからないです。。

その中でも特に人気の高かったスタウトビール熟成のものが、「スタウトエディション」として全世界にリリースされたのだと思います。

「ウイスキー」と「スタウトビール」、同じアイリッシュを代表するお酒同士で相性が良かったのではないでしょうか。

またスタウトビールなどの黒ビールは樽熟成が比較的しやすいビールだと聞いたこともあります。

アイルランドを全面に表現したようなウイスキー「ジェムソン スタウトエディション」

今回はこの「ジェムソン スタウトエディション」をテイスティングレビューしていきたいと思います。

同じくビール熟成

本日もお越し頂きありがとうございます!ウイスキーの次にビールが好きな麦酒大好き人間です。 今回は、「グレンフィディック IPA エクスペリメント」のテイスティングレビューです!! 『グ[…]

『ジェムソン スタウトエディション』テイスティングレビュー

アルコール度数40%
熟成年数ノンエイジ
ボトル容量700ml
価格帯2000~3000円
評価86/100

ほのかにダークな小麦色

PR

アロマ

 

香りからは若い印象を受ける。

バニラと麦茶のニュアンスがアルコールの刺激の中にいる感じ。あとからやや焦がした木の香りと甘い印象。

コメント

ストレート

酒質は若く軽やかだか、少し複雑さもあるウイスキー。

若干の酸味と少しだけ渋みがあり、甘みは上品です。

香りと最初の印象は若いですが、舌を刺激するようなアルコール感は少なく、熟成感は程よくあります。

 

あとから少し香ばしい樽のニュアンスと苦味があり、コーヒーのような印象

これがスタウトなのかな?と思わせられます。

 

味わい自体のキレがよく、あとまで響く味わいはなくすっきりしているが、その分余韻は短いです。

まるで気持ちを理解して引くところは引いてくれる察しのいい子みたい!

余韻が短いからこそ飲み疲れないし、程よい複雑さがあるから飲んでいて面白いです。

 

トワイスアップ

 

加水すると香りの主張が強くなります。

やや酸味を帯びたベリー系っぽいフルーティな香りが出てきて、木の香りも強くなります。

香りだけでも面白い

 

飲んでみると口当たりはさらに良くなり、バランスも申し分なし!

ややアルコールの厚みは薄れるが、トワイスアップでもありなウイスキーだと思います。

 

ロック

 

ウッディさとレモンのような柑橘さを感じます。

樽香がしっかりとしていますし、バランスもいい!!

 

すっきりとしたさわやかさの中に少しだけコーヒーのような香ばしさがあり、飲みやすくも厚みがある感じです。

ロックも美味いな!オールマイティに楽しめるウイスキーかもしれません。

ハイボール

 

想像以上にやたらフルーティ!!ベリー系の印象を感じます。

飲んでみるとしっかりとした樽香でふくよかです。

 

テクスチャはさらっとしていて印象は軽くすっきり系。

ただほのかに感じる黒ビールの香ばしい香りにオレンジフレーバーが奥深さを与えています。

これはうまいぞ!!ハイボールは格別です!!

水割り

優しい。

香りも味わいも含めてすべてが優しいです。

オレンジっぽい香りにほのかにコーヒーのような香ばしさ。

 

アイスコーヒーと麦茶に近いニュアンスがあります。

香りが優しくなった分、樽香は感じやすくなりましたが、かなりすっきりしています。

 

疲れたときにそっと癒してくれる感じ。好きです。

お湯割り

ウッディさが強く、奥深い香りがします。

甘く黒糖のようなニュアンスがあります。

 

コーヒーのような香ばしさは少なくなりますが、まるで麦茶をホットで飲んでいる様な感覚です。

アルコール感は感じにくく飲みやすいかな。

お湯割りもうまいオールラウンダーなウイスキーです!

レビューまとめ

 

どんな飲み方でも特にマイナス面が少ないオールラウンダーなウイスキーだと思います。

特にハイボールがいいですが、ストレートやロックでも申し分なく、2000円台にしてはかなりクオリティの高い一本。

 

飲みやすくバランスがいいですが、程よい深みが楽しめるので、ウイスキー初心者にもおすすめです。

 

飲み方別評価まとめ

飲み方おすすめ度
ストレート4
トワイスアップ3
ロック3
ハイボール5
水割り4
お湯割り5

 

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

ジェムソン スタウトエディションは価格面、味わい面含めてデイリーウイスキーとしては申し分ない一本だと思います。

ウイスキー好きはもちろん、黒ビール好き・コーヒー好きにもおすすめしやすい銘柄です。

 

これがより熟成感があったらどうなるのだろうか。

そう考えてしまいますが、飲み疲れず飲み飽きないいいウイスキーだと思います。

 

ぜひ皆様の「いつものウイスキー」にランクインさせてみてはいかがでしょうか?

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします!!


↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

PR
最新情報をチェックしよう!