Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人がウイスキーの「おいしい」情報をお届け!

MENU

【テイスティングレビュー】ジャパニーズブレンデッドウイスキー Hi NIKKA 


f:id:yaffee28ppm:20201007080300j:plain



製品紹介

 

「一人でも多くの人に、おいしいウイスキーを飲んでほしい」

日本ウイスキーの父、竹鶴政孝のそんな願いがこめられ誕生したウイスキー

 

「Hi NIKKA」の「Hi」は、1964年当時流行していたオーディオ用語の「Hi-Fi」から取られているそうです

 

「Hi-Fi」とは「原音や原画を忠実に再現」という意味だとか。

 

これをウイスキーにあてはめ、

「高品質なものカジュアルに」をコンセプトに「Hi NIKKA」は作られたそうです

 

「時代が変わっても、ウイスキーを手軽に楽しんでほしい。」

そんなメッセージが飲んだ方に伝わるようなウイスキーではないかなと思います。

 

このウイスキーは晩年の竹鶴も愛飲していたそうで、ハイニッカの水割りが特に好きだったそうです。

 

 

ただこの「Hi NIKKA」は世界基準では「ウイスキー」と名乗ることができません

 

それはアルコール度数が大きく関係しています。

 

「Hi NIKKA」のアルコール度数は39%

世界基準ウイスキーの最低のアルコール度数は40%

 

この1%の差が大きいのです。

なぜハイニッカが40%ではないのかというと、税率の面が大きいと思います。

高品質、低価格を目指すためには税率を下げた方が、原価にお金をかけられますよね。

 

日本の酒税法では、37%までは一律同税率

そこから1%ずつ税が加算されていくようになっています

 

多分ですが、37%で原材料「スピリッツ」なしでは、ウイスキーとしても厚みが足りないのではないかと思います。

ただ原料に「スピリッツ」を使うとどうしても荒々しさと雑さが出ます

 

そこでちょうどいいバランスが39%なのかなと思います。

もちろん推測なので、正しい理由は定かではないです。

 

ただこういったアルコール度数を考察してみると、日本ウイスキーの闇を少し感じますね。。

 

 

 

アルコール度数

 

39%

 

熟成年数

 

NA

 

 

f:id:yaffee28ppm:20201007081153j:plain

麦色ぐらいかな。と思います。いい色合いですね!!

 

 

アロマ

 

オレンジとややスモークの香りにアルコールの刺激臭。

骨格のある穀物の香りにややブラウンシュガーと華やかなアロマ。

 

 

評価

 

78/100

 

コメント

 

親しみやすい甘みと優しい舌触りから、一気にアルコールの刺激とブレンデッド独特の穀物フレーバー

それが少し落ち着くとスモーキーさとフルーティさ、甘みが出てくる

 

全体的にはライトで樽のニュアンスも控えめ

黒糖やカラメルのニュアンスも感じつつ、ややスモーキーな余韻が残る。

 

正直若い。

 

ただ若さが悪目立ちしていない。

お値段的にも日ごろの晩酌にはちょうどいいウイスキーだと思う。

 

少量加水するとかなり柔らかくバニラやスモーク、甘い香りなど一気に開く。

口当たりも柔らかくなり飲みやすい

個人的には加水後の方が好み。

 

ストレートだとやや荒さが目立ちます

ただ加水や水割り、ハイボールなどで本領発揮するウイスキーかなと思います。

 

もちろんストレートでも、1000円代の中ではかなり美味しい方のウイスキー

ぜひおうち常備にご購入してみてはいかがでしょうか??

 

 

 僕のテイスティングの基準についてはこちらの記事をご覧ください!!

 

www.yaffee.work

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

 

面白かった、ためになったと思っていただけたら嬉しいです。

 

また次回もよろしくお願いいたします。

それでは『酔いウイスキーライフ』を!!! 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑↑

僕のブログを応援してくださる方!!

皆様のコメントや応援が励みになりますので、

こちらへのクリックやブックマークのご協力をお願いいたします!!


プライバシーポリシー