スコッチブレンデッドウイスキー『J&B レア』の特徴、ストーリーとは?

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人yaffee です。

本日のテーマは「スコッチブレンデッドウイスキー J&B」について

 

「J&B」は、山吹色のボトル 黄色いラベルに大きな赤い文字で「J&B」と書かれた瓶が印象的なブレンデッドウイスキー。

淡い色合いに軽めの優しい味わいが特徴で、口当たりがよく飲みやすいウイスキーです。

 

 

このウイスキーの歴史は古く、

ブレンデッドウイスキー「J&B」を作った会社は1749年創業

「J&B レア」が誕生したのは禁酒法明けの1930年代です。

 

一時期は「ジョニーウォーカー」に次ぐ、世界第2位のスコッチウイスキーで、
世界中で毎秒2本売れていたという記録があります。

 

アメリカで特に人気を誇っている銘柄ですが、
スペイン・フランス・ポルトガル・トルコなど幅広い市場を持っています。

 

今回はスコッチブレンデッドウイスキー「J&B」について、その特徴・ストーリーについて解説していきます!!

 

 

スコッチブレンデッドウイスキー『J&B レア』について

 

『J&B レア』は、ウイスキー最大手ディアジオ社からリリースされているブレンデッドウイスキー

現在、日本への輸入はキリンビールが行っています。

 

アメリカを中心に、欧米で特に人気の高い銘柄で、毎秒2本売れていたという記録があるほどです。

欧米の方では、『J&B』ブランドで様々なラインナップがあります。

ただ日本には『J&B レア』ぐらいしか入ってきません

 

直輸入ものなどで『J&B レア』以外のラインナップも購入できますが、
なかなか安定して入手することは難しいです。。

 

そこで今回は、「J&B レア」に注目してみていこうと思います!!

 

スコッチブレンデッドウイスキー『J&B レア』のストーリー

ブレンデッドウイスキー『J&B レア』の始まりは、
一人のオペラ歌手に恋するイタリア人が1749年ロンドンに創業したワイン商です。

スコッチウイスキーの歴史としては、イタリア人が歴史に絡んでくるのはかなり珍しいこと!

 

まさにひとつの恋がきっかけで誕生したウイスキーでした。

 

『J&B』の『J』
恋するオペラ歌手をロンドンまで追っかけたジャコモ・ジャステリーニ

 

イタリア出身のオペラ歌手”マルゲリータ・ベッリーニ”に恋していた
ボローニャ出身のイタリア人のジャコモ・ジャステリーニ。

 

彼女がロンドンのオペラ・ハウスと契約しイングランドへ移住すると、ジャコモも後を追いイングランドへ移住します。

 

その後二人の恋はどうなったかは記録にありません。

 

ただベッリーニは、ジャコモに劇作家であるサミュエル・ジョンソンを紹介

そしてサミュエルから、ジャコモの将来のビジネスパートナーとなるサミュエルの甥ジョージ・ジョンソンと出会います。

 

この出会いをきっかけにワイン・リキュール商の「ジャステリーニ社」を設立されました。

これが、のちの『J&B』ブランドの始まりです。

 

ちなみにジャコモの叔父はリキュールの蒸留業者だったそう。

ジャコモが、ベッリーニを追っかけて故郷ボローニャを出るとき、
叔父 秘伝のリキュール製造方法を持ち出していたそうです。

 

その知識と経験はのちのリキュール製造やウイスキーに生かされていきました。

 

「ジャステリ―ニ社」はワイン・リキュール商として大ヒット!!

1760年には、国王ジョージ3世から王室御用達の勅許状(ロイヤルワラント)を授かりました

このロイヤルワラントは現在のエリザベス女王まで続いています

 

yaffee
ボローニャから恋するオペラ歌手を追っかけてロンドンに来た一人のイタリア人が、
イギリスの国王に恋されるワイン商を作った。。
すごいことですよね。
よっぽど情熱的な人だったのかなと思います。ちなみに『J&B』のラベルには、エリザベス2世の紋章と歴代国王の名が刻まれています
そんなジャステリーニ社がスコッチウイスキーを扱いだしたのは、1780年代からでした。
PR

『J&B』の『B』
『J&B』を誕生させたアルフレッド・ブルックス

 

軌道に乗っていたジャステリーニ社でしたが、1831年 アルフレッド・ブルックスが買収します。

ただ、半ばジャステリーニ社を引き継いだ形だったそうです。

 

そして社名を「ジャステリーニ&ブルックス社」 通称『J&B』社としました

 

1853年、アンドリュー・アッシャーがブレンデッドウイスキーを誕生。

そして、1880年代から徐々にブレンデッドウイスキーが人気となっていきます

 

アンドリュー・アッシャーの成功を知ったアルフレッドは、アッシャーに自社のブレンデッドウイスキーの開発を依頼

 

こうして自社のブレンデッドウイスキー『J&Bクラブ』は誕生しました。

これがのちの『J&B レア』の元となります。

 

『J&B レア』の誕生は、禁酒法が影響!?

 

『J&B社』に「J&Bクラブ」をアッシャーが開発したときの協力者の知り合いのエディ・タサムという人が入社します。

 

彼は魅力的な人だったそう。

すぐに取締役に就任します。

 

そして1829年、裕福なアメリカ人の注文を受け、アメリカのマンハッタンにウイスキーサンプルをもって出張します。

 

しかし、時は禁酒法時代。

エディはウイスキーを大量に持っていたことで、警察に逮捕されていまいました

 

その後エディは釈放され、とあるブレンダーと出会います。

この出会いをきっかけに、アメリカ禁酒法後の世界に向けてウイスキーを開発し始めます。

 

この時、「淡い色合いの優しい味わいのウイスキー」が売れるということをなんとなく察知したのかもしれないですね。

禁酒法明けの1933年 『J&B レア』が誕生しました。

 

この「淡い色合いの優しい味わいのウイスキー」は大ヒット!!

J&Bはたちまち人気商品となっていきます。

 

後にJ&B社は、ギルビー社と合併。

そしてジョニーウォーカーを持っていたギネスグループとも合併し、ディアジオ社となっています。

 

 

スコッチブレンデッドウイスキー『J&B レア』のこだわりの製法

 

『J&B レア』は、
ノッカンドゥ・オスロスク・グレンスペイ・ストラスミルといったスペイサイドを中心としたモルトウイスキーを36種類、

その他6種類のグレーンウイスキーをブレンドに使用しています。

 

やはりスペイサイド中心にまとめているため、華やかでバランスがよく口当たりもいい味わいとなっています。

ちなみにオスロスクはJ&Bの原酒確保のためにできた蒸留所だそうです。

 

スコッチブレンデッドウイスキー『J&B レア』の定番リリース

 

J&B レア
3.48

アメリカで絶大な人気を誇っているスコッチブレンデッドウイスキー!!

淡い色合いに青リンゴのような香り。優しくソフト味わいに主張しすぎない短い余韻が特徴。

どんな飲み方でもバランスが崩れにくく、ハイボールや水割りだけでなく、カクテルベースとしてもオススメなウイスキーです!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

アメリカで絶大な人気を誇るウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee

淡く口当たりのいい味わいが、食事にも合いやすいです!

ハイボールや水割りにしてデイリーウイスキーに最適な一本かなと思います!!

 

 

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか?

 

一人の恋から誕生した全世界を魅了するブレンデッドウイスキー『J&B』。

ジャコモの恋心に、今でも魅了されているのかもしれないですね。

 

それでは良いウイスキーライフを!

また次回もよろしくお願いします!

 

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

最新情報をチェックしよう!