【本日の料理】ウイスキー(ボウモア)入りサーモンクリームパスタ

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

日常の作った料理を普段僕が楽しんでいるウイスキーと一緒に紹介してくシリーズ。

 

今回の料理は、

『ウイスキー(ボウモア)入りサーモンクリームパスタ』

材料(1人分)

材料分量
パスタ100g程度
スモークサーモン40g
生クリーム90ml
玉ねぎ20g程度
ニンニク1片
白ワイン20ml程度
バター10g程度
粉チーズ20g程度
ケッパー(あれば)10粒ぐらい
黒コショウ適量
ボウモア12年20ml程度

 

ウイスキー(ボウモア)入りサーモンクリームパスタの作り方

ウイスキー入りサーモンクリームパスタの作り方は実はめっちゃ簡単!

オーソドックスなサーモンクリームパスタを作ってボウモアをかければ完成です!(笑)

 

まず、玉ねぎを太めの千切り、ニンニクをみじん切りにしておきます。

そして玉ねぎを少量の油を入れたフライパンで軽く炒め、ニンニクを入れ香りを出します

少し香りが出てきたあたりでサーモンを投入します。

 

 

yaffee
ここでサーモンを軽く炒めると魚の臭みが消えるのでうまいです!!
(^o^)

 

 

そしたら、白ワインを投入。

フライパンにこびりついたサーモンやうまみをこそげとるようにゴムベラで混ぜます

そしてお玉一杯分ぐらいのパスタのゆで汁(塩分濃度1.2%ほど)を入れ、生クリームを入れて煮詰めます。

yaffee
もしあれば、ここでケッパーを入れます!
ケッパーを入れると酸味のアクセントとなるので、より深い味になってきます!!

少しトロっとしてくるぐらいに詰めたらOK!!

 

あとは茹で上がったパスタをあえて粉チーズを入れたら完成です!!

 

上にスモークサーモンを飾ったり、黒コショウをかけたりするとGOOD!

ここにディルなどのフレッシュな香草があるとなおおいしいです!

yaffee

今回は購入し忘れたので、ドライパセリにしちゃいました。。(笑)

見た目的にもディルの方がいい。。

PR

実食

 

このままではただのオーソドックスなサーモンクリームパスタ。(笑)

ただ食べる直前にボウモアをかけることで、一気に個性的だけどうまいパスタに変わります!!

 

まず、生クリームの濃厚な味わいにスモークサーモンの塩気とうまみ。

そこに絡みついてくるボウモアのスモーキーフレーバー

 

このスモーキーさがいいアクセントとなっています!!

そして、結構「アルコールが気になるのでは??」と思うかもしれませんが、そんなことありません!!

 

一人前のパスタに20mlぐらいウイスキーを入れても、そこまでアルコール感は気になりません。

多分生クリームの濃厚さ、油分がアルコール感を感じにくくしてくれるのだと思います。

 

スモーキーフレーバーと魚介系クリームパスタの相性は抜群!

もちろんペアリングしてもうまいのですが、僕は断然合えちゃうスタイルの方が好きです!(笑)

ボウモア 12年
4.6

スモーキーなクセとソルティなフレーバーに、フルーティな気品を感じる『アイラモルトの女王』。

ベリー系の華やかでフルーティなフレーバーに、スモーキーフレーバー!
アイラモルトの中ではクセは強くなく、バランスのいいシングルモルト。
特にファンの多い銘柄です!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

アイラモルトの女王

原産国

スコットランド

yaffee
ボウモアのお湯割りと牡蠣のオイル漬けの相性は抜群!!
間違いのない組み合わせです!!
アロマ 4.7
フレーバー 4.6
余韻 4.5

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

ウイスキーを入れたパスタって結構珍しいと思いますが、意外とありです!!(笑)

 

今度は唐辛子を入れたウイスキーとアラビアータを合わせようかな~。

パスタとウイスキーについてもいろいろな実験してみようと思うので、ぜひまた次回もよろしくお願いします!

 

 

それでは良いウイスキーライフを!!

 


↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

PR
最新情報をチェックしよう!