Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人がウイスキーの「おいしい」情報をお届け!

MENU

『アンノック 18年 An Conc 18yo』テイスティングレビュー スコッチシングルモルトウイスキー ハイランドモルト 


An Cnoc



 

 

本日もお越し頂きありがとうございます!!

武川蒸留酒販売さんのアンノック特別プライスダウンで「アンノック18年」をご購入させていただいたウイスキー好き料理人Yaffeeです。

 

 

今回はその『アンノック 18年 An Conc 18yo』のテイスティングレビューです!!

 

武川さんありがとうございました!!

他にもかなりいいモルトがプライスダウンで安く手に入るので、よかったらチェックしてみてください!!

↓↓↓

 

mukawa-spirit.com

 

 

 

製品紹介

 

『アンノック An Conc』は、「ノックデュー蒸留所」からリリースされているシングルモルトです。

 

 

蒸留所名とブレンド名が全然違う、ちょっとややこしい蒸留所ですww。

 

なぜ全然違うのかというと……

「ノッカンドォ」蒸留所と「カーデュ」蒸留所という2つのモルト蒸留所と混同しやすいため。

 

人気の2銘柄から差別化するために、『アンノック An Conc』と名乗るようになりました。

 

 

このノックデュー蒸留所は、1893年ディアジオ(当時DCL)社が初めて設立した自社所有の蒸留所

そのため、長年ブレンデッドウイスキー「ヘイグ Haig」の主要モルトとして使われてきました。

 

 

www.yaffee.work

 

1983年一旦この蒸留所は閉鎖。その後インバーハウス社が買収し、再開します。

 

この時に「ノックデュー」の個性を生かすため伝統的なワームタブ冷却器を用いるようになり、ほのかな硫黄香と肉っぽいニュアンスを残したニューメイクを作るようになったそうです。

 

 

アルコール度数

 

46%

 

熟成年数

 

18年

 

 

琥珀色に近いゴールド

 

アロマ

 

ペッパーミントのような香りが特に感じる

ナッツとはちみつ、そしてややオイリーなニュアンス。

そこからレーズン、ニスと続いて、若干のオレンジとチョコ、キャラメル、煮込んだフルーツ。

その奥の方に黒蜜と胡椒のスパイス感。

 

 

評価

 

79/100

 

コメント

 

飲んでみると渋みが印象的。

ややドライな舌触りから一気に上品な甘み、わずかな酸味

そして紅茶のような渋みとミーティー(肉感)というより若干タイヤのような硫黄臭。

 

濃厚すぎずちょうどいいバランス

ただ現時点ではちょっとほかの18年ものと比べるとフレーバーがかなり閉じているように感じる。

 

 

余韻は、苦みと渋みの中に爽やかさを感じるまとまりのいい香りが鼻から抜ける。

 

放置し、香りが開いてきたらかなり化けそう。

 

 

加水するとリンゴやグレープのフルーティさが際立つ。

 

甘みがうまく出てきてかなり飲みやすく、加水後はかなりオススメ!!

 

 まとめ

 

現時点では、若干閉じている印象と多分狙って残しているであろう硫黄感が個人的にオフフレーバーとして目立つかな。。と思います。

 

ただ濃厚で複雑ながら、バランスのいい味わいで深い余韻も楽しめるいいモルトウイスキーです。

シェリー系の濃厚なウイスキーがお好きな方にはオススメ

 

 

加水後は親しみやすいフルーティなウイスキーに変わるので、普段バーボン樽系のライトなウイスキーがお好きな方は、トワイスアップかロックがいいのかも。

 

また2~3か月置いたらかなり香りが開いてきて、おいしくなりそうなのでその時が楽しみです!!

 

 

(武川さんで購入した時よりかなりお高いですが、こっちが定価なので参考までに……。) 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

 

面白かった、ためになったと思っていただけたら嬉しいです。

 

また次回もよろしくお願いいたします。

それでは『良いウイスキーライフ』を!!! 

 


  このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑↑

僕のブログを応援してくださる方!!

皆様のコメントや応援が励みになりますので、

こちらへのクリックやブックマークのご協力をお願いいたします!!


プライバシーポリシー