Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

【ウイスキーの歴史】スコッチの定義が誕生した背景!!1900年代に起きた『ウイスキー不況』の元凶、パティソン事件とは?


f:id:yaffee28ppm:20200712085853j:plain


1900年代、ほとんどのウイスキー蒸留所が一度閉鎖され、多くのウイスキー関連企業が倒産している期間があります。ウイスキー不況」と呼ばれる期間です。

 

その理由をしらべていくとある一つの事件にたどり着きました。

それは業界全体を震撼させ、多くの人がスコッチウイスキーに不信感を募らせた事件でした。

 

 

 

それ以前まで好調だったブレンデッドウイスキーやその恩恵を受けていたモルトウイスキーなど、多くのウイスキー関連企業が影響を受けました。

 

長く続いたウイスキーブームから急遽訪れた「ウイスキー不況」

その発端の一つとなったのが「パティソン事件」です。

ウイスキーに起きたスキャンダルの中で特にひどい内容の事件の一つでした。

 

 

この出来事がきっかけの一つとなり、多くの人がスコッチウイスキーのあり方を考えるようになりました。そして今の「スコッチウイスキーの定義」が確立されていきます

 

この事件の内容は、特に日本人に知ってもらいたい。

そして安かろう、悪かろうのウイスキーに対して、その在り方に向き合ってもらいたいという願いを込めて記事を書かせていただきます。

 

 

 

パティソン事件とは?

 

 

19世紀後半、ウイスキーは大きなブームの中にありました

 

そのブームの主な理由は1870年代にワイン業界を襲ったフィロキセラの影響が大きいです。

ブランデーの代わりにブレンデッドスコッチが人気となっていました。

この時ジョニー・ウォーカーバランタインなど、後の世界的ブランドのブレンデッドウイスキーが数多く誕生しています。

 

1870〜90年代は、ワイン業界の悲劇とブレンデッドウイスキーの向上が重なり、ウイスキーは空前の大ブームでした

 

 

このブームに乗ってスコットランドに多くの蒸留所やブレンデッドウイスキー会社が設立。

1890年に入る前には、ウイスキー原酒の供給過多の状態でした。

多くの人たちがウイスキー原酒の過剰生産を懸念し始めます。

その時に起きたのが「パティソン事件」です。

 

パティソン・ウイスキーという銘柄のブレンデッドウイスキーを販売していたパティソン社

この会社が倒産したことで、ほかのブレンデッド業者や蒸留所などウイスキー関連の中小企業に飛び火。多くの企業が倒産に追い込まれました。

パティソン社の倒産が業界に大きな打撃を与えたのは、この会社のスキャンダルが特にひどい内容だったためです。

 

多くの人たちの間で、スコッチウイスキーに不信感が芽生えるようになります。

そしてこれが原因の一つとなり、ウイスキー不況」の時代へと突入します。

 

この事件を深堀する前にパティソン社について

 

パティソン社は1896年、ロバートとウォルターというパティソン兄弟が設立した会社です。

 

パティソン兄弟は、もともと乳製品の卸売業者として起業していました。

1880年代、ブレンデッドウイスキー業界に、多くの企業が新規参入してきていました。

1887年パティソン兄弟もブレンディング業者としてウイスキー業界に参入します。

 

パティソン社の事業は好調で、2年後には証券取引所に上場、10万ポンドの利益を上げたそうです。

グレンフィディック蒸留所を興す前のウィリアム・グラントの年収の100倍……。同時期にオープンしたグレンフィディック蒸留所の記事はこちら!!)

 

1896年にはブレンディング業者としてパティソン社を設立

多くの蒸留所を傘下に収めました。

この時オーバン蒸留所にオルトモア蒸留所を手に入れ、グレンファークラス蒸留所の半分のシェアも獲得していたそう

グレンファークラスが今、家族経営にこだわる理由はここにあるんでしょうね。)

 

 

しかしこの好調ぶりには怪しい背景がありました。

 

明らかとなってきた怪しい実態

 

会社は好調。パティソン兄弟もスコットランドの首都エジンバラにオフィスを構え、各地に土地を所有。

豪華な暮らしをしていたといわれています。

 

しかし、実は会社の好調ぶりは装っていただけだったそう。

人気が出て、どんどん値上がりするウイスキーを利用して荒稼ぎをしていました。

様々な方面からウイスキー原酒保有数を担保に融資を得て、またウイスキーを集め、もっと多くの融資を得るというやり口だったそう

 

要はウイスキー保有数を見せびらかせて、多くの人からお金を集めていたわけです。 

 

ウイスキーが求められていた時代。特に疑問もなく担保として判断されていたんでしょうね。

 

1898年パティソン社の株が急落すると、今まで借りていたローンが返済できなくなります

これを機に、パティソン社の様々な不正が明らかとなっていきます。

そして会社は倒産。

 

パティソン兄弟は詐欺と横領で有罪判決を受けることとなります。

 

そして、この不正の中にはウイスキー愛好家を震撼させた驚愕の内容が含まれていました。

 

ウイスキー界を震撼させた驚愕の不正

 

パティソン社のパティソン・ウイスキーウイスキーと呼べるのか怪しい安ウイスキーがメイン

ほんの少しだけ上質なスコッチを混ぜただけの代物だったそう。

そしてそれを「Fine old Glenlivet」として売り出していたそうです。

 

パティソン社はこの方法で莫大な利益を生み出していました。

 

このニュースは、スコッチ業界全体に激震が走ります。

 

この時、スコッチ業界は大きく膨れすぎていたと思います。

その結果このような事件が起き、それがきっかけで一般消費者がスコッチウイスキー全体に不信感を抱くようになってしまいました。

 

もちろんそうですよね。

 

己の利益だけを考えて、消費者・生産者を欺いたのですから

 

この出来事が飛び火し、多くのウイスキー中小企業が倒産します。

またモルト蒸留所にもその影響を与え、多くの蒸留所が閉鎖されることとなってしまいました。

 

ここから続く長い停滞

 

その後、

 

第一次世界大戦(1914~18年)

アメリカの禁酒法(1920~33年)

世界大恐慌(1929年)

第二次世界大戦(1939~45年)

などなど

 

世界的な出来事が、さらにウイスキー業界に追い打ちをかけます。

 

1932年一時期、操業していた蒸留所はグレンリベットとグレングラントだけという時があったそうです。

 

スコッチウイスキーに回復の兆し

1942年、イギリス政府が不況のスコッチ業界と外貨獲得のためウイスキーの生産を推奨スコッチウイスキー協会(SWA)が設立します。

 

この背景には戦時中イギリスがアメリからしていた莫大な借金が関係していたそう。

 

イギリスは戦時中、ウイスキーの輸出を推し進めました

結果多くのアメリカ兵がスコッチを愛飲するようになったのだとか

(戦後の日本でニッカやサントリーウイスキーアメリカ兵が求めた理由が理解できたような気がします。)

 

戦後のアメリカの好景気に乗じて、スコッチも人気となっていきます。(この時は禁酒法明けで粗悪なバーボンが多く、バーボンの人気が地に落ちていました。)

そして再びのブレンデッドブーム。さらには現在の世界的なシングルモルトブームへとつながっていきました

 

多くの人が芽生えた「ウイスキーとは?」

 

 

1900年代のウイスキー不況で業界のみならず、多くの人の中に「スコッチウイスキーとは?」の疑問が芽生えます。

 

 

ブレンデッドウイスキーウイスキーなのか?」という一部ブレンデッド業者に対してモルトウイスキー側が告発します。

モルト業者から見て、モルトウイスキーがほとんど使われていないブレンデッドが数多くあったんだと思います。

 

これがアイリッシュウイスキーやグレーンウイスキー業者も巻き込み、ウイスキー論争』が勃発します。

 

一審では、アイリッシュモルトウイスキー側の言い分が認められ、「ブレンデッドはウイスキーではない」という判決がなされます。

 

 

しかし、大手ブレンデッド業者やグレーン業者がすぐに控訴。

最終的には1909年ブレンデッド業者側が勝利し、晴れて「ブレンデッドスコッチウイスキー」と名乗れるようになりました

 

 

ウイスキー不況から出来上がった法律

 

1914年、ウイスキーの最低熟成年数が2年で義務化されます。翌年には3年に延長

 

1938年にはスコッチウイスキーアイリッシュウイスキーブレンド事件が起きます。

アイリッシュウイスキーを混ぜたスコッチウイスキーを「スコッチ」として販売していたそう。

この時に法定義はなかったものの、この販売元は“消費者が求めているスコッチウイスキーではないものをスコッチウイスキーとして販売していた”として有罪となっています。 

 

1988年、スコッチウイスキー基準に満たないウイスキーは違法であるという法律が出来上がります。

 

そして2009年、現在のスコッチウイスキーの法律が出来上がりました。

 (意外とスコッチの法律が新しいことにびっくりしました。。。)

まとめ

 

 

スコッチウイスキーに起きた不正。長い間の不況と多くの蒸留所、中小企業の犠牲がありました。

ただその結果、高品質なスコッチウイスキーを守る法律というものが出来上がっていったわけです。

 

業界が膨れてくると法律の穴を見つけ、楽に利益を得ようとする人が出てくるもの

 

そのような問題が起きた後、業界を守るために動くのか・野放しにするのかで大きくその後が変わってくると思います。

 

スコッチウイスキーでも、長い間野放しにしてしまったから不況につながったのではないでしょうか

(今となってはウイスキー不況があったからこそ、今のスコッチウイスキーがあるのだと思います。)

 

かといって安さを求めたウイスキーが悪であるとは思いません

ただ「ジャパニーズウイスキー」と冠するべきかどうか。

 

安さを求めたウイスキーを、知らないうちに人生初のウイスキーに選んでしまった方もいると思います。

その方がほかの素晴らしいウイスキーに触れることなく、ウイスキーを離れていってしまう原因につながるのではないでしょうか。

 

現にアイリッシュアメリカンでは、ウイスキーと呼べない代物を、過去の密造酒名で販売しているそうです。(こだわりのため、あえて外しているものがほとんどです。)

 

こういった方法もあるのでは?と思います。

つまり「ジャパニーズ」の名称をもっと大切にすべきではということです。 

せっかくジャパニーズウイスキーが盛り上がり始めている今、「ジャパニーズ」の冠のあり方に対して考えるべきだと思います。

 

このような出来事を踏まえて、ウイスキー業界全体が今後さらに発展していくことを切に願います

 

 

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

スコッチウイスキーの法律が誕生した背景の話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

 

↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 またこの意見に共感、賛同していただける方がいらっしゃいましたら、SNSなどで発信していただけるとありがたいです!!

 


プライバシーポリシー