【ウイスキー紹介】スコッチの代名詞!!”バランタイン Ballantine’s”が「The Scotch」と呼ばれるヒミツに迫る!! 

 バランタインについて

バランタインは昔からスコッチウイスキーの代表格です。

調和のとれた華やかな香りとエレガントで洗練された味わいがウイスキー通を唸らせ続けています。

特に17年ものは“The Scotch” と称されるほど。

ウイスキーファンのあこがれでもあり、多くの人を虜にしてきたバランタインも深い歴史がありました。

PR

スコッチの代表格となるまでのストーリー

1827年バランタインの創業者ジョージ・バランタインは13歳で奉公修行に。

5年後、18歳の時に食品と酒と取り扱う小さな小さな食料品店を開きます。

ちょうどこの時ウイスキーが酒税法改正後どんどん政府公認蒸留所が増えてきていたころ。

ジョージの店はサービスと品質の良さ(特に高品質なモルトウイスキーを取り扱っていたそう)に定評がありました。

上流階級や貴族へのサービスが得意だったジョージ。こういった方々が求める「お酒」というのも理解していたんでしょうね。

ジョージの店は大繁盛していきます。

1853年アンドリュー・アッシャーがブレンデッドウイスキーを製造。

この時、ジョージとアンドリュー・アッシャーは友人関係だったそうです。

彼からブレンデッドウイスキーの成功談と苦心談を聞いたジョージはモルトウイスキーとグレーンウイスキーに深い関心を持ち、ブレンド技術を磨き始めます。

ほかのウイスキー商の中でもブレンドはこの時のトレンドとなっていました。

この時代に今を代表するブレンデッドウイスキーたちが誕生し始めます。

元々高品質なウイスキーをかぎ分けられるジョージはブレンダーに向いていたのかもしれないですね。

知識と経験をどんどん深めていき、ジョージのブレンドしたウイスキーは徐々に評判が高まっていきます。

1869年、時は上流階級の人々がブレンデッドウイスキーに殺到していた時代。

ついにジョージはウイスキーのブレンドに専念すべく、店を長男のアーチボルトに託します。

そしてグラスゴーに移り住んだジョージは独自のブレンデッドウイスキーの完成を目指します。

これが「The Sotch」と呼ばれるバランタイン17年の礎となったようです。

1895年ジョージから息子のジョージ2世に事業が引き継がれます。

その時ちょうどグラスゴーを訪れていたヴィクトリア女王から王室御用達の称号と授与されます。

(ヴィクトリア女王というとロイヤルロッホナガーも王室御用達にしていたので、よっぽどウイスキーが好きだったのかもしれないですね。)

これによりバランタインの名声はさらに広まっていきました!

1910年にバランタインのスタンダードベストセラー商品、バランタイン・ファイネストが発売。

バランタイン社の主要な輸出商品となります。

その後このバランタインは欧州で人気に、そしてヴィンテージの古い、希少価値の高いバランタインは中国、日本、韓国などのアジア圏の免税店で飛ぶように売れ、「アジア市場で最も売れているプレミアムブランド」という肩書を得ています。

この時まだバランタイン社は家族経営でしたが、国内外の更なる進出を目指し会社をほかの同業者(マッキンレー商会)に譲渡します。

1936年ハイラムウォーカー社が買収。

1937年、ジョージのブレンド技術をもとにバランタイン17年が誕生します。

バランタイン17年の滑らかで優美な味わいが大人気となり、少ないリリースながら口コミで人気を博していきます。

のちにこの17年のキーモルトとなった7つのモルトウイスキーは「バランタインの魔法の7柱」 と呼ばれるようになりました。

バランタインの魔法の7柱

スキャパ

プルトニー

バルブレア

グレンカダム

グレンバーギ

ミルトンダフ

アードベッグ

1938年、バランタインはブレンデッドに必要なグレーン蒸留所を建設。

この工事費は現在の貨幣価値で700億円を超えていたそうです。

残念ながらウイスキー不況により、このダンバートン蒸留所は閉鎖。建物も壊されているそうです。

1950年代、この時日本は高度成長期でした。とある日本人のビジネスマンが英国に訪れ、バランタイン17年の味に感動。お土産として日本に持ち帰ったところ、どんどん人気となっていきます。

バランタイン17年が日本で人気となっていることで、日本への出荷が決まった、ちょうどその時代1953年エリザベス女王の戴冠式の時でした。

英国に関心が高まり、英国ブームとなっていたのも後押しとなります。

こうして日本で17年は「みんなの憧れのお酒」となっていったそうです。

 バランタインのキーモルト

バランタインもジョニーウォーカーと並ぶほど多彩なモルト原酒が使われているそうです。

その数40~50種類といわれています。

その中核となるのが

グレンバーキ

ミルトンダフ

グレントファース

スキャパ

です。

バランタイン自慢のロゴ

バランタインのロゴ、紋章にはラテン語で「全人類の友」と書かれているそう。

その上にはスコットランドの国花「アザミの花」が生え、両脇には白馬がスコットランドの国旗を掲げています。

そして中央の縦にはウイスキー造りのシンボル大麦、仕込み水(川)、ポットスチル、樽が描かれています。

この紋章は1938年、ちょうどグレーンウイスキー蒸留所を建設した年にスコットランド紋章局長官から認可状が交付され、それからずっとバランタインのシンボルとなっているようです。

PR

 ラインナップ

バランタイン・ファイネスト

豊かな香りとスムースな飲み口で優等生なスタンダードスコッチ。低価格にしてライトすぎず、飲むほどに魅了されるのはバランタインのブレンド技術を研鑚してきた歴史の賜物だと思わせてくれます。

バランタイン マスターズ

バランタイン マスターズは長期熟成のモルトウイスキーと軽やかなブレンデッドウイスキーのお互いの良さを高いブレンド技術で表現した逸品。オレンジやナシのようなフルーティな香味と滑らかな口当たりが特徴です。

バランタイン17年

“The Scotch”

バランタインを語る上では欠かせない一本。40種類以上の原酒を絶妙にブレンドし、発売当初からスコッチウイスキーの名門ブランドとしての地位を守り続けています。

17年以上の長期熟成の原酒たちがおりなす奥深さと気品は他にない絶品のブレンデッドウイスキーです。

最後まで今回の記事を読んでいただきありがとうございます。

バランタインの話いかがだったでしょうか

この記事が面白かった・よかったと思ったらランキングまたは、はてなアカウントをお持ちの方は「はてなブックマーク」へのご協力をお願いいたします。

↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

最新情報をチェックしよう!