『ディーンストン ヴァージンオーク』テイスティングレビュー

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

 

今回は、「ディーンストン ヴァージンオークのテイスティングレビュー」です。

 

『ディーンストン ヴァージンオーク』について

 

ディーンストンは、スコットランドの中でも南ハイランドにある蒸留所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Eileen Henderson, CC BY-SA 2.0, via Wikimedia Commons

 

この蒸留所は、紡績工場を改築して造られた珍しい蒸留所です。

この元紡績工場のレンガ造りの建物がウイスキーの熟成に最適なのだとか!

 

元々ディーンストンのある町は、この紡績工場を中心にコミュニティが形成されたようなところだそうで、

その街の過疎化に伴って、町興しとして「モルトウイスキーの製造」に参入しました!!

詳しくは……

 本日もお越し頂きありがとうございます!!学生時代、意外と家庭科の成績だけは良かったウイスキー好き料理人Yaffeeです。 今回のテーマは「ディーンストン Deanston」についてです![…]

 

yaffee
ウイスキー好きの間では人気のディーンストンですが、
まだ名前の効く機会が少ないモルトウイスキーの一つかなと思います。お値段的にはかなりお得で、ちょうどいいこだわりのアルコール度数なので、
もっと有名になってほしいモルトの一つ
です

 

 

『ディーンストン ヴァージンオーク』テイスティングレビュー

アルコール度数

 

46%

PR

熟成年数

 

NA

 

 

ほのかに赤が入った黄金

アロマ

 

シトラスバニラ、はちみつ、オレンジピール

そしてほのかにカスタードとバター

やや丸みを帯びた甘い香りを連想させる

評価

74/100

 

コメント

 

軽やかでクセはないが、印象に残りにくいウイスキー

 

若いフレッシュな香りとアルコールの暴れる感じはある。

ただそれも強く暴れるわけではなく、ほのかに暴れるレベル

 

樽由来なのか酸味はウイスキーの中では強め

そして甘みはそこまで強くなく、香りから想像するより甘くない

 

ただ、ヴァージンオークという割には樽のニュアンスが程よくバランスがよく感じる。

 

決して強くはないですが、はちみつ感や木の香りはふわっと広がってくる

そして余韻には小豆のようなフレーバーが残る

 

 

加水すると香りはいい

ただ味わいのバランスはかなり崩れる。

苦味と酸味が強くなり、飲みにくい。

 

yaffee
このウイスキーはストレートだと若いフレッシュな強さが楽しめますが、
一番のおすすめはハイボール!!ハイボールにすることでかなりフレーバーが伸び、シトラス感が炭酸の泡に乗って広がってきます

ディーンストン ヴァージンオーク
3.7

元紡績工場の「ディーンストン」蒸留所からリリースされているノンエイジの一本。

中でもヴァージンオークは新樽を使用したもの。
若いフレッシュなフルーツ、はちみつといったフレーバーが特徴です。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

46.3%

容量

700ml

特徴

元紡績工場の蒸留所がリリースするウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee

バランスはいいけど、やや若いウイスキーのニュアンスが強い

ハイボールがおすすめです!!

アロマ 4.1
フレーバー 3.6
余韻3.4
総合 3.7

 

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

まだまだ知名度の少ないディーンストンですが、

一度飲んでみたらその出来と値段に感動するモルトウイスキーだと思います。

 

もっと有名になってほしい反面、
手に入りにくくなったり価格が高くなったりしたらいやだな~って気持ちもあります(笑)

ただ、今こういったウイスキーに出会えることに感謝しつつ、今日もウイスキーを楽しんでいこうと思います。

 

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします!!

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

PR
最新情報をチェックしよう!