スモーキースウィーティー!?『グレンフィディック ファイヤー&ケーン Glenfiddich fire&cane』テイスティングレビュー

本日もお越し頂きありがとうございます。

昔パチンコにはまっていた時、『北斗の拳』だけは一回も当たらなかったウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

ウイスキーの魅力を配信したい料理人ウイスキーブロガーです。

ウイスキーが好きすぎるあまり「ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル」を取得
2021年に開催されたTWSC(東京ウイスキー&スピリッツコンペティション)の審査員を務めさせて頂きました。

当ブログで料理人目線のウイスキーの魅力をお伝えしていこうと思います!

 

本日は『ケー―――ン』

じゃなく、『グレンフィディック ファイヤー&ケーン』のテイスティングレビューです。

 

グレンフィディック ファイヤー&ケーン』について

グレンフィディック ファイヤー&ケーンは、グレンフィディック IPAと同じく「エクスペリメントシリーズ」の一つです。

関連記事

本日もお越し頂きありがとうございます!ウイスキーの次にビールが好きな麦酒大好き人間です。 今回は、「グレンフィディック IPA エクスペリメント」のテイスティングレビューです!! 『グ[…]

 

グレンフィディックは、世界で最も売れているシングルモルトウイスキー!!

三角形が印象的なボトルのウイスキーで、
スタンダードの12年は、スムースかつフルーティで飲みやすい特徴があります。

 

まるで洋ナシのようなフルーティさがあり、それでいて癖がないので初心者でもかなり飲みやすいウイスキーかなと思います。

特に「ウイスキーのはじめてのストレート」には最適な一本ではないでしょうか!

さらに魅力はハイボールにしても、ロックにしてもうまいこと!!

 

バランスがいいのでかなりおすすめなウイスキーとなっています。

グレンフィディック 12年
4.4

世界で最も売れているシングルモルトウイスキー!!

スコッチシングルモルトのトップブランドながら家族経営を続けている蒸留所が造る最もスタンダードなボトルです。

洋ナシのようなフルーツ香にバニラとシトラスの香り、優しい麦芽の甘みが特徴。
バランスがよく、スムーズで飲みやすい一本!!

ウイスキーを飲み慣れていない人には特におすすめなスコッチシングルモルトです!!

価格帯

2500~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

世界No.1のシングルモルトウイスキー!!

原産国

スコットランド

yaffee
洋ナシのようなフルーティな香りが特徴のグレンフィディック12年。
案外しめさばやサンマの刺身などど相性がいいです!!
アロマ 3
フレーバー 3
余韻 4

 

そんなグレンフィディックは「エクスペリメントシリーズ」はグレンフィディック蒸留所の「実験シリーズ」!!

第一弾のIPAは、ビールのスタイル『IPA』を熟成させた樽で追加熟成を行った一本となっています。

 

そして今回テイスティングする『グレンフィディック ファイヤー&ケーン』は、グレンフィディックではかなり珍しいピートを炊いたタイプのウイスキー!!

スモーキーなグレンフィディックとなっています。

 

さらに甘いニュアンスが現れるといわれているラム樽で熟成させた一本!!

スモーキーかつスウィーティーに仕上げたグレンフィディック

 

その味わいについて、僕なりにテイスティングレビューしていこうと思います。

 

グレンフィディック ファイヤー&ケーン』テイスティングレビュー

アルコール度数

 

43%

 

PR

熟成年数

 

NA

 

 

やや黒っぽい黄金色

 

アロマ

 

 

スモーキーな香りに黒蜜

オレンジと肉っぽいふくよかさ

麦やシリアルのニュアンスがあり、奥の方に甘い香りを感じる。

 

評価

 

89/100

 

コメント

 

だんだんと複雑になっていくウイスキー!!

はじめ口に入れた瞬間は軽めのニュアンスだが、
そこからオレンジをスモークが一気に広がり、舌には辛みに近い感覚を感じる

 

そこから黒蜜とスモーキーと草っぽいフレーバー。

そして麦茶のようなモルティさを感じる。

 

その間、舌には渋みと苦味が残る。

若い味わいを感じるが、樽のニュアンスはしっかりめ

余韻は長く、スモーキーフレーバーと甘い香りが残る

ただ、舌には甘みが残らず、香りだけ複雑で後に残るニュアンスはすっきりとししている

 

少量加水しても香りはほとんど変わらないが、味わいは大幅に変わる。

甘みが強くなり口に含んだ瞬間、ふわっと甘みとスモーキーフレーバーが広がる。

バランスの良さはそのままで、舌に残る渋みと辛みはくっきりと感じる。

 

加水すると甘いけど好みを分けると思う。

ちなみにトワイスアップぐらい加水するとかなり甘い。

スモーキーフレーバーもそのままで余韻も長い。

 

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

 

まさに荒野を歩くケンシロウのようなウイスキー……

ではないですが、出会ってしまうと虜になってしまうウイスキーかなと思います!!

 

グレンフィディックですが、今までなかった、スモーキーなラムカスク。

かなり面白い一本かなと思います。

 

ただ、グレンフィディック12年からこのウイスキーを飲んでみると全然違う味わいなので、
あまりほかのウイスキーに慣れていない方は、戸惑ってしまうかもしてません。

 

どちらかというと、スコッチの6つの生産地を試してから楽しみたい一本かなと思います。

それでは良いウイスキーライフを!!

 

また次回もよろしくお願いします!!


↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

PR
最新情報をチェックしよう!