『トリ・カラ』!!『ハイ・カラ』!!ウイスキーとから揚げとともに楽しみたい「から揚げ雑学」の話!!

本日もお越し頂きありがとうございます!!

おやつ感覚で常に唐揚げを食べたいウイスキー好き料理人Yaffeeです。

今回のテーマは『唐揚げとウイスキー』についてです。

よく「ハイ・カラ」や「トリ・カラ」などウイスキーと鶏のから揚げの組み合わせはよく目にすると思います!

特にサントリー角ハイボールとから揚げって組み合わせは、居酒屋や家飲みなどで人気の組み合わせではないでしょうか??

ただ「から揚げ」ってうまいけど、「から揚げ」について深堀したことってありますか!?

実は、「から揚げ」をあまり知らない方多いのではないかと思います!

そこで今回、ウイスキーを飲みながら知りたい「から揚げ雑学」をまとめました!!

最後にオススメのから揚げの作り方とから揚げにオススメしたいウイスキーも紹介。

「から揚げ雑学」をつまみに、から揚げとウイスキー楽しんでみてはいかがでしょうか??

「から揚げ」とは?

そもそもから揚げとは?って考えたことありますか。

僕も今まで深くは考えたことなかったですw。

ただ「から揚げ」を深く見ていくと、面白い発見があると思うので、まずから揚げの定義から見ていこうと思います!!

から揚げの定義

一言に「から揚げ」といっても種類や作り方は様々。

また「から揚げ」に似ている料理も様々ありますよね。

から揚げに似ている料理例

  • 竜田揚げ
  • とり天
  • フライドチキン

などなど

唐揚げはどこまでが、唐揚げなのか調べてみました。

定義

唐揚げ

下味をつけた肉(基本的には鶏肉)に小麦粉・片栗粉を混ぜ揚げたもの

もともと1921年頃までは「空揚げ」も表記で「素揚げしたもの。」だったそう。

1932年に現・三笠会館が中国の鶏の揚げ物から「若鶏の唐揚」を登場。

その後戦後に「唐揚げ」として一般家庭に広まっていったそうです。

中国大陸から本国に戻ってきて日本人たちによって広まったといわれています。

つまり、「唐揚げ」と表記するときは「中華風」 の味付けを指すことが多いと思います。

PR

竜田揚げ

醤油、和風だしなどの味付けをした材料に片栗粉をまぶしてあげたもの

唐揚げと竜田揚げの表記はかなり曖昧。

ある程度は定義しても、地域によっては「から揚げ」というところもあります。

もともと竜田揚げの由来は百人一首「千早振る 神代もきかず 龍田川……」で有名な龍田川がルーツ

龍田川に紅葉が流れる様子を表現した料理だとそうです。

「和風」 の味付けを指すことが多いと思います。

とり天

大分の郷土料理で下味をつけた鶏肉に、小麦粉を卵、水で溶いた衣をまとわせてあげたもの

「鶏の天ぷら」がルーツです。

フライドチキン

肉に味付けせず、衣に味付けしたもの。」と書かれていることが多いです。

しかし一概にそうではないです。

実は、「フライド」のもともとの料理方法が、「フライドチキン」の特徴

「肉に味付けか、衣に味付けか」の違いではありません。

「フライド」はもともと「油で揚げた」ではなく、「多めの油の入ったフライパンで焼いた」 というニュアンスの料理方法。

「衣をつけた鶏肉を多めの油を使ってフライパンで焼いた」というのがフライドチキンのルーツ

『フライパン』も「多めの油で焼く(フライ)」「浅い鍋(パン)」というのが語源です。

ただ現在フライヤーの発達。

衣に味付けするというところが先行し、フライドチキンの定義として定着しているように思います。

このように定義を見返してみても、料理は言葉と一緒で時代によって変化していくものだと思います。

竜田揚げの定義に近い鶏のから揚げもありますし、

今ではフライドチキンは油で揚げるものとなっていますし、

その垣根はあいまいとなりつつあります。

ということで僕のブログでは、曖昧な唐揚げを「から揚げ」と表記するようにしますw!

鶏のから揚げとウイスキーの組み合わせについて

ウイスキーとから揚げを合わせる時、最も多いのは鶏のから揚げは{鶏モモ・醤油ベースの漬け込み・片栗粉メインのサクサク系衣}が多いかと思います。

やはり王道ですよね!

あえて難しくウイスキーとなぜ合うか考えたみたところ……

  • ウイスキーの樽感(タンニンやバニリンなどの渋みや甘い香り)と醤油、鶏などからくる旨味の相性が抜群 。
  • サクサクしたテクスチャーとハイボールの炭酸が油っぽさをクリアにしてくれる 。
  • ウイスキーはハイボールにするとより柑橘感が出てくるものが多いため。

みたいな感じだと思います。

では違うタイプではどうなのか?

味付けの仕方、鶏の部位は邪道過ぎなければ基本的に「合う」と思います。

例えば、ボンジリみたいな部位の唐揚げはかなり味付け方を工夫しないと思いますし、

ナンプラーをベースにエスニックに仕上げたものは、ハイボールに合わせると魚臭さをより感じやすくなるため、合わせ方が難しくなります。

ただし不可能ではないです。

例えばナンプラーベースにココナッツ、レモンバームやレモングラスの香りをつけたとりからにラフやアードベッグのようなアイラハイボールで合わせれば、比較的合いやすいと思います。

限定的な合わせとなってしまいますが、こういったトリからハイボールもたまにはいいかもしれないですね。

 ウイスキーと合わせたいおすすめの鶏のから揚げ!!

3つの材料で作るシンプルなから揚げ

【材料】

鶏モモ

ニンニク醤油

片栗粉

以上。

シンプルで時間がたってもサクサクのから揚げです。

作り方

鶏モモを大体6等分にカットして、たっぷり目のニンニク醤油を入れたボウルに5~10秒(この時間は好みで調節してください)浸します。

浸した鶏ももを、手でしっかり絞って片栗粉を押し付けるようにしっかりつけていきます。

180℃程度の油で揚げていきますが、この時に時間ではなく、音で上がりの判断。

初めは水が弾ける「じゅわじゅわ」とした音がしますが、それが落ち着き「パチパチ」に近いような乾いた音となります。

この変わったタイミングで火を強くして30秒ほど揚げたらベストです。

(感覚の話で難しくてすみません。)

こうすることで皮がサクサクで香ばしくなり、肉汁が閉じ込められるためかなりジューシー。

また焦げた醤油の香りが食欲を掻き立てます。

衣がパリッパリになっているので、時間が経ってもサクサクしています!!

ウイスキーを入れて作るフライドチキン寄りのとりから

【材料】

鶏モモ

アメリカンウイスキー(ワイルドターキーがベストです。)

牛乳

はちみつ

タバスコ

バーベキューソルト

小麦粉

コーンフラワー(あれば)

作り方

初めに鶏モモを1口大にカットしバーベキューソルト、ウイスキーを振っておきます。

はちみつ、牛乳、タバスコを混ぜて、鶏肉をそこにつけて1晩寝かします。

鶏肉を取り出し、小麦粉をつけてもう一度つけ汁にくぐらせ、コーンフラワーをつけて170℃ほどの温度で揚げる。

アメリカンウイスキーのバニラ香がしっかり生きていて、牛乳やはちみつが、鶏をよりジューシーかつ臭みのない味わいにしてくれます。

一番外の衣をコーンフラワーにすることでアメリカンウイスキーのコーンの甘味引き立ちます。

ぜひ試してみてください。

鶏のから揚げと一緒に楽しみたいウイスキー

「角瓶」、「ブラックニッカ」のハイボールと鶏のから揚げは絶品

ただほかにもから揚げと一緒に楽しみたいウイスキーはたくさんあります。

そこで、僕がオススメしたい『ハイ・カラ』で楽しみたいウイスキーを厳選しました!!

シーバスリーガル 12年

おすすめ度  85%

種類  スコッチブレンデッドウイスキー

アルコール度数  40%

内容量  700ml

吉田茂元首相やアイゼンハワー元大統領も愛飲していたウイスキーで、日本でも多くのファンがいる銘柄だと思います!

バランスのいい味わいと芳醇な香り、コクのある味わいが特徴

ハイボールにすると柑橘系の爽快なフレーバーと芳醇なコクが味わえるかなと思います。

爽快感と炭酸、そしてコクがから揚げにすっごく合う!!

お家でぜひ試してもらいたい組み合わせです!!

ジョニーウォーカー ブラック

おすすめ度  85%

種類  スコッチブレンデッドウイスキー

アルコール度数  40%

内容量  700ml

世界ナンバーワンのスコッチウイスキー!!

そのジョニーウォーカーの中でもフラグシップなボトルが「ジョニーウォーカー ブラック」です。

スモーキーフレーバーを中心にバランスに富んだ一本

絶妙なバランスの良さはハイボールにしてもそのまま!!

スモーキーなフレーバーとバランスのいい、そしてハイボールにして生まれる爽快感。

から揚げと一緒に合わせたら……

から揚げ、ジョニハイ、から揚げ、ジョニハイのテンポが止まりませんw

アードベッグ TEN

おすすめ度  90%

種類  スコッチシングルモルトウイスキー

アルコール度数  46%

内容量  700ml

強烈なピートのクセと南国系な甘みが特徴のウイスキー。

ハイボールにするとピートのクセ、潮感、甘みに炭酸の爽やかさも出てきます。

クセ、潮感、甘味、爽快感が、から揚げのうまみを引き立てる気がします!!

アードベッグハイボールとから揚げは絶妙!!

クセがあるからこそ後を引く組み合わせだと思います!!

グレンリベット 12年

おすすめ度  90%

種類  スコッチシングルモルトウイスキー

アルコール度数  40%

内容量  700ml

シングルモルトの中ではかなりバランスがよく、シトラス感と麦芽の甘み、バニラやはちみつのニュアンスが特徴のウイスキー。

ハイボールにするとよりきりっとしたシトラス感が楽しめると思います!!

そのシトラス感がから揚げに合う!!

そのままハイボールでも絶品ですが、から揚げと合わせるならレモンの皮を入れたハイボールが特にオススメです!!

シングルグレーン 知多

おすすめ度  90%

種類  ジャパニーズシングルグレーンウイスキー

アルコール度数  43%

内容量  700ml

ジャパニーズウイスキーで、「角」以外にから揚げと合うウイスキーをあげたら真っ先に「知多」をおすすめしたいです!!

飲みやすくライトな味わいながら、カラメルのコクとやや出汁に近いニュアンス

ハイボールにすると様々な料理になじみやすい味わいに!!

とくに醤油味と「知多」のハイボールはめっちゃ合います!!

ワイルドターキー 8年

おすすめ度  90%

種類  バーボンウイスキー

アルコール度数  50%

内容量  700ml

創業当初から変わらないワイルドターキーのフラグシップボトル。

バーボンの中でも、はちみつとバニラのニュアンスが特に強い味わい

芳醇でインパクトの強い、フルボティタイプのバーボンです。

ハイボールにしてもしっかりとしたインパクトは楽しめます!!

炭酸のシュワシュワ感の中で、はちみつバニラが弾ける。

から揚げやフライドチキンが進みます!!

カナディアンクラブ ブラック

おすすめ度  40%

種類  カナディアンウイスキー

アルコール度数  40%

内容量  700ml

ライトでスムースな味わいが人気のカナディアンクラブ。

日本でも多くのファンがいる銘柄です。

カナディアンクラブの中でも「カナディアンクラブ ブラック」はやや濃厚な味わいと黒糖のようなコクがあるウイスキー!!

このコクがハイボールにしたときに、味わい深さと飲みごたえを与えてくれます!

様々な食事にも合いやすく、これからの時期にオススメです!!

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか?

『ハイ・カラ』=ハイボールとから揚げってサントリーさん発信だったと思いますが、かなりいい組み合わせですよね!

今回紹介したウイスキー以外にも、いろんなウイスキーのハイボールが合いやすいかなと思います。

また、から揚げにもいろんなから揚げがあります!

せっかくの家飲み、いろいろなウイスキーのハイボールと様々なから揚げ試してみてはいかがでしょうか??

希少ブランド鶏《妻地鶏》を使った、ワンランク上の宮崎料理を食卓に【妻地鶏】

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いいたします!!

↑↑↑

僕のブログを応援してくださる方!!

皆様のコメントや応援が励みになりますので、

こちらへのクリックやブックマークのご協力をお願いいたします!!

PR
最新情報をチェックしよう!