Yaffee's Whisky Blog

ウイスキー好きの料理人が書くウイスキー中心のブログ。

MENU

【テイスティングコメント】レモンハート オリジナル1804 デメラララム Lemon hrat Original 1804 Rum Rhum


f:id:yaffee28ppm:20200703085318j:plain



レモンハート オリジナル1804 デメラララム Lemon hrat Original 1804

 

 

 

製品紹介

 

デメラララムはガイアナ共和国で作られるラムです。

この国のラムはダイアモンド蒸留所(デメララ ディスティラリー)ですべて生産されています

この蒸留所の大きなポイントは木製の蒸留器!!!

 

どうなっているのか不思議に思うかもしれませんが、木桶にポットスチルのヘッドがついた感じの見た目で、間接加熱を行っているそう。

口当たりよく濃厚な味わいと野性味あるミーティー感が特徴かなと思います。

 

今回のデメラララム、レモンハート オリジナル 1804」は18世紀後半からイギリスで砂糖やラムを取り扱っていた貿易商のレモン・ハートが、1804年に自身の名前を冠したラムを製造したことが始まり。

 

彼は英国海軍にラムを納入する第一号業者に指名されていたそうです。

この当時はガイアナで作られたラムをロンドンで熟成、製造されていたそう。

 

のちにカナダで熟成、製造されるようになります。

この時の製造元はハイラムウォーカー蒸留所です。

 

ここに大きな問題がありました。カナダの税制上1.5%はカナダ産ラムをブレンドしないといけなかったそう。

 

当時のレモンハートはカナダ産ラムがブレンドされていました

 

2010年カナダのモザイク社に製造・販売権が移ってから熟成地もガイアナに移し、カナダラムブレンドをやめたそうです。

 

 

世界的に人気のあるラムですが、人気BAR 漫画BARレモン・ハートの漫画の名前になるほど日本でも人気・評価の高いラムです。

 

アルコール度数

 

40%

 

熟成年数

 

NA

 

アロマ

 

デーツ、カラメルの香りが前面に来る。少し隠れてミルクティー、チーズ、バター、肉感、などふくよかな厚みなある野生感。そしてややナッツと黒糖が香りの心地よさを演出している。

 

評価

 

81/100

 

コメント

 最初のアタックは優しい甘みとどこかミントっぽいような爽やかさがあり、なめらかな口当たり。のど黒飴みたい。

そこから一気に渋みと若い刺激が来て、カラメルの苦みが余韻として口いっぱいに広がる。また余韻の中にオフィシャル「エルドラド」にも感じた和牛感?と思う甘みがいる気がする。

2000円代で購入できるお酒の中では断トツで余韻が長いと思う。

 

のど黒飴から始まってプリンのカラメルが余韻としてしばらくつづく。

 

加水するとかなりミーティー(肉感)。和牛の脂身の香りに近付いた気がする。ただ味わいはただ薄まっている感じ。甘みが一瞬だけしか伸びず、あとは薄まったカラメル。

 

 

コスパがよくおすすめのラムです。

 

 

意外とハイボールにして甜面醤効いた中華と合わせるのは面白いかも。

後は間違いないのがデザート。プリンやムースとか洋菓子だけでなく、どら焼きとか羊羹のような和菓子にも合うと思います。

 

今度試してみようと思います。

 

このラムが気になる方はこちら!!

 

 

 

 このラムのシリーズでアルコール度数75.5度のラムもあります!!(消毒レベル。。。www)

ただ75.5度のアルコールとは思えないほど口当たりがいいそうです。

よかったら試してみてください!

 


プライバシーポリシー