「余市」がお好きな方におすすめしたい銘柄 4選 ウイスキーを愛する料理人が厳選!! 

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日もお越し頂きありがとうございます!

ウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。 (@TW0GPYU3yMS7N3o

今回のお話は、

「『余市』がお好きな方におすすめしたい銘柄」

について

以前『山崎・白州』がお好きな方へおすすめしたい銘柄をまとめました。

関連記事⇨「山崎」がお好きな方におすすめしたい銘柄 4選 ウイスキーを愛する料理人が厳選!! 

関連記事⇨「白州」がお好きな方におすすめしたい銘柄 4選 ウイスキーを愛する料理人が厳選!! 

この2銘柄のほかに有名なジャパニーズのシングルモルトといえば「余市」だと思います。

余市はニッカウヰスキーがリリースしているウイスキーで、マッサン放送時は山崎や白州同様に品薄状態となってしまいました。

その波はやや落ち着いたとはいえ、余市の年数表記ボトルはいまだに入手しにくい状況が続いています。

また、余市の年数表記のないタイプでも品薄になる前に比べてやや値段が高いです。。

そこで今回余市好きにおすすめしたい銘柄を厳選、ご案内していこうと思います!!

目次

「余市」がお好きな方におすすめしたい銘柄

こういった好みのウイスキーから似た味わい・自分好みの味のウイスキーを探すとき、

「特徴」を捉えると自分好みの銘柄がわかってきます。

そこでまず「余市の特徴」から見ていこうと思います。

余市の特徴とは??

「日本ウイスキーの父」竹鶴政孝が自身のウイスキーの理想郷を求めてたどり着いた場所が北海道余市。

1934年、その余市で大日本果汁株式会社を設立。その後1936年に石炭加熱のポットスチルを導入しウイスキー造りへの一歩を歩み出しました。

石炭加熱のポットスチルは今でも余市の大きなこだわりの一つ。

当時は本場スコットランドでも石炭が使われていましたが、今では余市蒸留所以外では見ることができないポットスチルです。

石炭による加熱によるトースティで力強い味わい・香りは余市の唯一無二の特徴だと思います。

ただ余市蒸留所の歴史・特徴を語っていくと長くなってしまうので、詳しい歴史や特徴を知りたい方は公式ページをご覧ください。

公式ページはこちら⇨https://www.nikka.com/distilleries/yoichi/feature/distillery.html

当記事では、「余市」の味わい・香りの特徴からとらえてご説明していこうと思います。

余市の5つの特徴

  1. トースティで力強い味わい
  2. バランスのいいスモーキーさ
  3. リンゴのようなフルーティさ
  4. ピリピリとして刺激のあるソルティさ
  5. 繊細さと加水で現れる優しさ

僕が思う余市の特徴はこのような感じかなと思います。

余市といっても蒸留所限定のボトルが多数あるので、バニラ香が強いものからフルーティさが強いものまで様々です。

ただ、「余市」全体の特徴は、この5つが感じられることが多いように思います。

余市好きにおすすめの4銘柄

先ほどの、余市の5つの特徴からおすすめの銘柄をまとめていきます!!

  1. トースティで力強い味わい
  2. バランスのいいスモーキーさ
  3. リンゴのようなフルーティさ
  4. ピリピリとして刺激のあるソルティさ
  5. 繊細さと加水で現れる優しさ

この特徴から今のウイスキーを考えていくと……

あたりが近いかなと思います。

余市好きに特におすすめの一本
ジャンルシングルモルト
生産国スコットランド・アイランズ
アルコール度数40%
熟成年数10年

「ジキルとハイド」や「宝島」の著者であるR.L.スティーブンソンが「酒の王様」と絶賛したタリスカーの代表銘柄。

同蒸留所はジョニーウォーカーの原酒として重宝されており、1988年にクラシックモルトシリーズの一つとしてシングルモルト「10年」がリリース。

以降、人気銘柄の一つとなっています。

ソルティでスパイシーなフレーバーにリッチな余韻が特長です。

似ている点

  • ピリピリとしたソルティさ
  • 力強さ
  • ほどよいスモーキーさ

違う点

  • 余市より甘みや甘い香りは強い
  • より強いソルティさ
  • バランスのいいというよりは少し尖っている
オールラウンダーのスコッチモルト
ハイランドパーク 12年
総合評価
( 4 )
メリット
  • 複雑だがバランスがいい
  • ハイボールからストレートまで飲み方を選ばない
デメリット
  • ややサルファ(硫黄系フレーバー)が気になる
Highland Park(ハイランドパーク)
¥5,555 (2024/06/16 02:43:47時点 Amazon調べ-詳細)

似ている点

  • ソルティさ
  • 力強い酒質
  • ほどよいスモーキーさ

違う点

  • しっかりとした甘み
  • シェリー樽由来のサルファと複雑さ
  • タイプの違うフルーティさ
スコッチ島ものモルト
レダイグ 10年
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • ソルティさとスモーキーさがある
  • バランスがイイ
デメリット
  • 販売店が少なく、ネット以外で購入しにくい

似ている点

  • ピリピリとしたソルティさ
  • 優しいフルーティさ
  • スモーキーさ

違う点

  • スモーキーさが強い
  • オイリーさ
  • 樽香がやや強め

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか??

今回は余市に似たウイスキーについてまとめました。

あくまでも僕個人の意見なので、余市とは全然違うな~ということもあると思います。

ただ、余市が好きな方なら似たニュアンスがあり、親しみやすい銘柄だと思うのでぜひ一度飲んでみてほしいです!

やっぱり余市が好きって方はこちら

[afTag id=6719]

今回の記事が「良かったよ!」とか「この銘柄のウイスキーに近い銘柄を教えて」などご意見ご感想がありましたら、

など気軽にご連絡ください。

どんどん答えていこうと思います!!

それでは良いウイスキーライフを!!

また次回もよろしくお願いします。

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今週のおすすめ銘柄

↑↑↑  
今だけ「Yaffeeブログ経由」と注文備考欄記載で送料無料
※紹介銘柄のみ対象

この記事を書いた人

香りづけに使用したことからウイスキーにどっぷり嵌ってしまった料理人です。
調理師の仕事をしつつ、ウイスキーと料理の魅力を紹介するためにブログ・メディアを作成。
様々な視点からウイスキーを解説しています。

コメント

コメントする

目次