「余市 ウッディ&バニラ」のレビュー 気になる評価・味わい・香り・おすすめの飲み方とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

本日は『余市 ウッディ&バニラ』のテイスティングレビューです。

目次

『余市 ウッディ&バニラ』について

余市 ウッディ&バニラは余市蒸留所限定のシングルモルトウイスキーシリーズの一つです。

余市 構成原酒シリーズ

使用する樽や麦芽の系統を変えて、オフィシャルボトルの「シングルモルト余市」が持っている味わいを際立たせたボトルシリーズとなっています。

今回のウッディ&バニラは、新しいアメリカンオーク樽の原酒から構成された一本。

木の香り(ウッディさ)とバニラ香を際立たせたボトルです。

余市蒸留所とは?

余市蒸留所は、「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝が1934年に設立した蒸留所です。

竹鶴がスコットランドに近い気候を求めて、辿り着いた場所が余市蒸留所のある北海道余市市でした。

豊かな水源と澄んだ空気。

海からの潮風が運ばれてくる冷涼で湿潤な気候がウイスキー造りに適した場所です。

この蒸留所で作られているウイスキーは、力強く重厚感がある味わいが特徴です。

竹鶴が修行した当時のロングモーン蒸留所に倣い、石炭直火蒸留を行っていることがその秘訣の一つ。

過去にはスコットランドでも石炭直火蒸留が行われていましたが、コストがかかる上に効率が悪く技術も必要なためどんどんその数は減っていきました。

余市蒸留所は非効率で時代遅れな技術となってしまっても、竹鶴政孝の情熱と夢が今でも守られ続けているロマンにあふれた蒸留所です。

『余市 バニラ&ウッディ』レビュー

アルコール度数55%
年数NA
ボトル容量180~500ml
価格帯180ml 2500円、500ml 6800円(蒸留所での価格)
おすすめ度91/100

ほんの少しだけ赤みがかったゴールド色。結構樽のニュアンスが出ているのかも……。

アロマ

上品なバニラ香と香木、レモンシロップ、シナモン、オレンジ、トーストしたパン。複雑さのある香り

コメント

ストレート

アフターフレーバーまでゆっくり味わうとまさに「ウッディ&バニラ」。

どちらかというと「バニラ&ウッディ」といった順番かも……?

上品なバニラとシナモン、レモンシロップ、メロン、オレンジ、花のようなフレーバー、ピリピリとした潮のアクセント。

アルコール度数も高いので、ボディはしっかりめ

そして余韻はこれでもかというほどウッディですが、悪目立ちするような印象はなく、バランスがいいです。

余韻が長く、気品のあるウッディさが長く続きます。

yaffee

高アルコール度数ですが、複雑みがあり甘めで飲みやすいですね

トワイスアップ

香りがより甘々になります。

よりしっかりとしたバニラ香が楽しめて、少しカスタードプリンのような印象も。

飲んでみると、口当たりが優しくなり甘くよりしっかりとバニラと柑橘系フルーツのフレーバーが楽しめます。

ウッディさはストレートの時より早く感じ始めるかなと思います。

よりウッディさは感じやすく、アフターフレーバーは木のアロマのような気品のある香りです。

yaffee

高アルコール度数なので、トワイスアップにすると香りがいいですね!

ロック

バニラとアプリコット。

少しエステル香が強く感じるかも。華やかで、鼻孔をくすぐる甘美な香りの印象。

甘く深いバニラ香とレモンピールのさわやかさ。

そして材木所のような木のフレーバーが口いっぱいに広がります。

冷えてくると少し苦味が感じやすいかな……。

yaffee

ボディが強く飲みごたえがあるので、少し玄人向けだと思います。

ハイボール

バニラとアプリコット、シナモン、砂糖で絡めたレモンピール。

やわらかく甘い味わいとヒノキ風呂のようなしっかりとした木の香り。

炭酸との相性が良く、余韻もかなり長く感じます。

ストレートヤトワイスアップに比べると爽やかで飲みやすい印象。

yaffee

初心者にもおすすめしやすいかなと思います。

水割り

アプリコットや白い花、レモンピールといった爽やかで華やかな香りの方が感じやすくなった気がします。

バニラ香と甘みがひろがり、口当たりは優しいです。

ウッディさが感じられるものの、少し苦味も含んだ味わいとなっていて、そこが少し飲みにくさを感じるかもしれません。

余韻は長めでバランスも良好です。

yaffee

アルコール度数が高いので、水割りをおいしく作るのが少し難しくなります。。

お湯割り

優しいバニラ香とリンゴ、レモンピールに華やかな印象の香り。

バニラの甘いフレーバーと安らぎを感じる優しい木のフレーバーが口いっぱいに広がります。

口当たりが優しく、最後まで甘みが広がるため飲みやすい。

ウッディさが伸びていき、余韻までバランスがいいです。

yaffee

このウイスキーのお湯割りはかなりポイント高い!!

飲み方別おすすめ度

飲み方おすすめ度
ストレート5
トワイスアップ4.5
ロック4
ハイボール4.5
水割り3
お湯割り5

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

ウッディ&バニラは、味わい的にシングルモルト余市の土台となる原酒なのかなと思います。

構成原酒シリーズの中では一番バランスが良く、飲みやすいです。

余市 ウッディ&バニラは蒸留所限定のシングルモルトウイスキーですが、大手ECサイトでも購入することはできます。

ところが蒸留所で購入するより2~3倍近い値段となっているので、コスパはよくないでしょう。

このウイスキーを購入するために余市蒸留所に行くよりは安く済みますが、500ml18000円ほどの価格となると購入は躊躇してしまうと思います。

どうせこのウイスキーを買うなら、余市蒸留所に行って思い出と一緒に買うのがいいのかなと思います。

ちなみに宮城峡蒸留所でも購入は可能なようです。

※ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今週のおすすめ銘柄

この記事を書いた人

香りづけに使用したことからウイスキーにどっぷり嵌ってしまった料理人です。
調理師の仕事をしつつ、ウイスキーと料理の魅力を紹介するためにブログ・メディアを作成。
様々な視点からウイスキーを解説しています。

コメント

コメントする

目次