甘口のウイスキーが知りたいあなたへ!意外と知らない驚くほど甘いウイスキー!!厳選したおすすめ銘柄12選

 

本日もお越し頂きありがとうございます。

どちらかというと甘口のウイスキーの方が好きなウイスキー好き料理人Yaffeeです!

 

今回のテーマは「甘口のウイスキー」について

SNSでとあるコメントを頂いてこの記事を書こうと思いました。

それは……

「蒸留酒であるウイスキーに甘みがあるわけがない。」

そう思われている方もいるんだなと思いました。

 

確かに普通に考えたら蒸留という作業で、結晶化する糖分はすべてカットされるという考えはあり得る話だと思います。

 

ただ甘口のウイスキーというものは多く存在しています

 

そこで今回は甘口のウイスキーについてなぜ甘みがあるのか、

そして僕が心の底からおすすめしたい甘口ウイスキーをご紹介したいと思います!!

 

  • 甘いウイスキーを飲んでみたい方!!
  • 甘めのウイスキーがお好きな方!!

 

よろしかったら試してみてください!!

 

※「甘み」の概念に関しても個人的な見解もあります。そこはご了承ください。

 

まずウイスキーがなぜ甘いのかというところを自分なりの解釈で説明していこうと思います。

理論より「おすすめの甘口ウイスキー」が早く知りたいって方はこちらをクリック!!

 

 

甘いウイスキー!?なぜウイスキーが甘いの??

 

まえおきで書いたように、蒸留によって糖分がすべてカットされるのでウイスキーに「甘み」なんて存在しない。といった意見はごもっともかと思います。

 

しかし、蒸留酒は教科書の化学ほど簡単な話ではないです。

教科書は一般的見解なだけ。

実際の蒸留液には、普通なら含まれないような糖分や高沸点成分が含まれることは多々あるそうです。(人の味覚で感知できる量かどうかは不明ですが……。)

 

また多くの人が「糖分甘み」と思っていると思いますが、「甘み」というものもそんな単純なものではないです。

 

簡単に言うとコカコーラゼロ。

糖質ゼロですが、甘いですよね?

あれは『ステビア』というハーブから抽出できる甘み成分(甘味料)が使われていると聞きます。

 

実際にステビアをそのまま食べたことがありますが、めっちゃ甘いです。

そういった糖分ではないですが、「甘み」を感じる成分はたくさんあります。

 

さらに、人間の舌はアルコール自体を「甘み」ととらえることが多いそうです。(笑)

 

香りからくる甘み

 

ウイスキーの「甘み」は香りからくることが多いです。

代表的なところでいうと「バニリン」という成分です。これはバニラの香り成分で、ウイスキーでは樽から抽出されることが多いです。

 

バニリン」が含まれるとバニラのような香りとともに甘いニュアンスを感じ、舌が甘みとして錯覚することがあります。

 

他には「ラクトン」という成分も甘みを連想させる成分だったりします。

特にウイスキーから発見されたことから「ウイスキーラクトン」と命名された成分が「ココナッツのような甘い香り」の正体だそうです。

 

 

実際に味として感じる甘み

ウイスキーには実際に舌で感じられる「甘み」が含まれています。

 

その多くは樽由来のことが多いのではないでしょうか。

特にスコッチウイスキーはほかのお酒が入っていた空き樽で熟成させることが多いです。

この時に例えば極甘のPX(ペドロヒメネス)の貯蔵に使われていた樽を使うと、甘めのウイスキーになりやすいです。

他にも甘口ワインで有名な「ソーテルヌ」のカスクはめっちゃ甘いです。

また梅酒の樽で寝かせたウイスキーも爽やかな甘みが感じられたりします。

 

またそれ以外にも「甘み」の要因となることがあります。

 

ウイスキーの蒸留はだいたい70%前後が多いです。

低いアルコール度数で蒸留されると、原材料の個性もよく表れてきます

中にはもったりとした甘みだったり、爽やかに感じる甘みだったりと、熟成前のお酒にも「甘み」を感じることはあります。

つまり「原料由来の甘み」というものもあると思います。

 

さらにスコッチでも色付けのためのカラメルの添加は認められています

これも甘みに左右しているのではと思います。

 

このカラメル添加は特にブレンデッドウイスキーに多いです。

このカラメル添加されたウイスキーとそうでないウイスキーを分けたいメーカーは、ラベルに「ノンカラー」と記載しています。

 

もちろん「甘みを感じられない・わからない」といった感想はあるかもしれませんが、ぜひこれから紹介する「甘口のウイスキー」を試してみてください!!

 

驚くほど甘くて初めての体験ができちゃうかもしれないですよ!!

 

PR

オススメの甘口ウイスキー

 

アメリカン

 

上でも書いたように甘みや甘い香りは樽材成分から出てくることが多いです。

アメリカンウイスキーの中でもバーボンやテネシーウイスキーなどは「内側を焦がした新樽で熟成させること」が義務づけられています。

 

その分、「バニリン」が多くウイスキー内に溶け込みますし、

また蒸留後の度数が低めなので、原料に使われるコーンのもったりとした甘みが多く残ります

 

さらにテネシーウイスキーだとメープルの炭でろ過する『チャコールメローイング製法』を行うことが義務となっています。

これもまた甘みや甘い香りに貢献しています

 

つまり、バーボンやテネシーなどアメリカンウイスキーは甘口のものが多いです。

 

入手しやすい銘柄!

 

メーカーズマーク
3.3

手造りにこだわったクラフトバーボン!!

スパイシーなライ麦の代わりに、蒸留所付近で採れた冬小麦を使用したバーボンウイスキーで、なめらかな舌触りと優しい甘みが特徴。

バーボンの中では、バランスがよく飲み慣れていない方でも親しみやすい銘柄です!!

価格帯

2000~2500円

アルコール度数

45%

容量

750ml

特徴

冬小麦を使用したバーボン

原産国

アメリカ

yaffee

バーボンの中では、まったりとした味わいに優しい口当たりが特徴。

ハイボールにするとより優しい口当たりが楽しめると思います。
このウイスキーめっちゃバニラアイスと合います
ぜひバニラアイスにかけて召し上がってみてください!!

アロマ 3.3
フレーバー 3.5
余韻 3.1

 

メーカーズマークライ麦の代わりに冬小麦を使ったマイルドでソフトな舌触りが特徴のバーボンウイスキー

この小麦も蒸留所周辺で収穫されたのものみ使用しているそうです。

 

このウイスキーの印象的な「赤いロウ」は、一つ一つが人の手で付けられています。

思いを込められたロウは、二度と同じ形にはなりません。1本1本が唯一無二のメーカーズマークといえると思います。

 

バニラに似た甘い香りとまったりとしたコーンの甘みシルクのような舌触りで初心者でも飲みやすいバーボンだと思います。

 

ストレートもおいしいですが、ハーブを添えたり、オレンジの皮を入れたりしたアレンジハイボールもおススメです!!

 

 

ウッドフォードリザーブ
4.2

高品質・手作り・少量生産で作られるこだわりのプレミアムクラフトバーボン!

バーボンの中ではバランスがよく、飲みやすい味わいにしっかりとした芳醇なコクがあることが特徴。

そのままストレートでも十分おいしいウイスキーですが、カクテルや割って飲む飲み方だとより真価が発揮されるかなと思います!!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

43.2%

容量

700ml

特徴

ケンタッキーダービー公式ウイスキー

原産国

アメリカ

yaffee

元祖クラフトバーボンウイスキー!!

濃いバニラ香にスパイシーな香り、芳醇なコクと爽やかなミントのアフターフレーバー
ビターなチョコレートと合わせたい一杯です。

アロマ 4
フレーバー 4.1
余韻 4.5

 

ウッドフォードリザーブは『元祖クラフトバーボン』ともいわれている長い歴史があり、プロから圧倒的に支持されているバーボンウイスキー。

 

強いバニラ香にリッチでクリーミーな味わい口いっぱいに広がるシナモンやペッパーのようなスパイス感、バニラやキャラメルのような甘みが心地いい一本です。

 

ちょっと珍しい銘柄

 

ジャックダニエル ゴールド
4.8

「2回熟成して2回チャコールメローろ過したジャックダニエル」

通常の6年熟成したジャックダニエルをメープルの木で作った樽で1年間フィニッシュ(再度樽熟成)を行い、
もう一度チャコールメローろ過を行って造られます。
メープルの味わい香りが心地よく、スムースでリッチな味わいが特徴。
芳醇なこのウイスキーは特別な日にぴったりです!!

価格帯

8000~9000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

2倍の手間をかけたジャックダニエル

原産国

アメリカ

yaffee
「No.27」は通常のOld No.7の2倍の手間暇かけたという意味で「No.27」という表記になりました。

ジャックダニエルはウイスキーを普段のまれない方でも知っているような銘柄だと思います。

ただこのジャックダニエル ゴールドはあまり見かけないのではないでしょうか?

 

通常のジャックダニエルはチャコールメローイング製法を行ってから、熟成させてボトリングされます。

ところが、ジャックダニエル ゴールドはそこからさらにメープルウッドの樽で追加熟成させた後、もう一度チャコールメローイング製法を行って作られています

 

2回熟成して2回チャコールメローイングしたジャックダニエル

 

究極にスムースでリッチな味わい

甘美なメープルの渦に飲まれていくような心地いい余韻

 

このジャックダニエルはジャックファンだけではなく、多くの方に一度は飲んでもらいたいです。

特別な日をさらに特別に彩ってくれると思います!

ブティックウイスキー ヘブンヒル コーンウイスキー
4.1

ポップな絵が特徴で世界中の素晴らしいウイスキーをボトリングしているボトラーズ『ブティックウイスキーカンパニー』。

そのブティックウイスキーからリリースされている『ヘブンヒル ストレートコーン』は、バターとポップコーンのニュアンスが強いウイスキー!

トウモロコシ由来のもったりとした甘みが面白いウイスキーです。

価格帯

8000

アルコール度数

49.5%

容量

500ml

特徴

比較的長期熟成のコーンウイスキー

原産国

アメリカ

 

スコットランドのボトラーズ「ブティックウイスキーカンパニー」からリリースされたヘブンヒル蒸留所のストレートコーンウイスキー。

 

コーンウイスキーは熟成させる必要のないウイスキーですが、このヘブンヒルは異例ともいえる9年熟成を行ってボトリングされています。

 

香りはバターポップコーン!!(笑)

味わいはもったりとしたコーンの甘みにスパイシーな印象

 

個人的には「コーンの甘み」つまり原料由来の甘みが一番よくわかるウイスキーかなと思います。

スコッチウイスキー

 

スコッチウイスキーは基本的にはほかのお酒の入っていたいわば中古の樽が熟成に使われます。

それには様々な理由があるのですが、味わいの面から言うと……

  1. 元々入っていたお酒の個性を付加するため
  2. 樽材成分が出すぎてモルト由来の繊細な味わいを損ねてしまわないようにするため

といったことがあると思います。

 

そして甘いお酒が詰められていた樽(バーボンや甘口ワインなど)を使ったウイスキーには「甘み」や「甘い香り」が付きやすいです。

 

また樽だけではなく原料や発酵由来など様々な理由で「甘み」、「甘い香り」というものが出てきます

 

入手しやすい銘柄

 

モンキーショルダー
4.2

3種類のスペイサイドモルトを中心にブレンドしたブレンデッドモルトウイスキー。

スムースでバランスがよく飲みやすい味わいに、優しい甘みが特徴。
ストレートで飲むとリッチに、ハイボールにすると爽やかになるのも面白いかなと思います!

カクテルベースとしても使いやすく、コスパもいいウイスキーです。

価格帯

2500~3500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

トリプルブレンデッドモルトウイスキー

原産国

スコットランド

yaffee

華やかでバランス感のあるウイスキー!!

このバランス感は割って飲んても、ストレートでもロックでも崩れません
カクテルベースとしてもおすすめです!!

アロマ 4.2
フレーバー 4.5
余韻 4

 

世界No.1 シングルモルト『グレンフィディック』のウィリアム・グラント社が自社のモルトウイスキーを中心にブレンドしたブレンデッドモルトウイスキー

 

初心者でも親しみやすいスムースで飲みやすい味わいから優しい甘みが感じされます

そしてリッチで芳醇なモルトウイスキーの良さとブレンドによるバランスの良さが楽しめる銘酒!!

お買い求めやすいお値段もまたこのウイスキーの魅力です。

アードベッグ TEN
4.2

『アイラモルトの革命児』

強いスモーキーフレーバーとその奥に隠れた南国フルーツのような甘みが特徴のウイスキー。

後味のペッパー感がよりこのウイスキーに深みを与えています。
マニアならストレートが病みつきですが、ハイボールにすると飲み慣れていない方でも楽しめると思います!!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

鎖につないでないと何をしでかすかわからないやつ

原産国

スコットランド

yaffee

究極のアイラモルトといわれるほど強いクセのあるウイスキー!!

一度飲んだら忘れられず、いつの間にか家に常備してしまいます。。(笑)

アロマ 4
フレーバー4. 3
余韻 4.3

 

あえてクセもののアイラモルトから!

他にも数多くの「甘口のスコッチウイスキー」はありますが、個人的に「甘み」の面で一番面白いのがアードベッグだと思います。

 

前に先輩のバーテンダーと

「スモーキーフレーバーの強さでいったらラフロイグよりアードベッグの方が強いのに、なぜアードベッグの方が初心者に受け入れられやすいのか。」

を話し合った時、『アードベッグの方が、甘みが強いから』という結論となりました。

 

同じカクテルのベースをラフロイグとアードベッグで作ったとき、圧倒的にアードベッグの方が甘く仕上がりやすいそうです。

もちろんほかにも理由があるでしょうし、もしかしたらラフロイグの方が好きっていう初心者の方もいらっしゃると思います。

 

ただアードベッグはスモーキーフレーバーとのバランスを甘みや甘い香りでとっているのかなと思います。

 

アードベッグはスモーキーフレーバーの奥にマンゴーやパッションのような南国フルーツのニュアンスが特徴

バランスをとるための「甘み」というのも面白いのではないでしょうか!!

 

ちょっと珍しい銘柄

 

 

潮とスモークのフレーバーにイチゴのような甘いニュアンスと香り、コクのある味わい

あまりの香り高さにモルトファンから絶大な人気のある銘酒!!

 

『モルトの香水』とまで呼ばれているほど、甘美で魅惑的な味わいのあるウイスキーです。

 

個人的に甘めのスコッチは?と聞かれたら、真っ先にこの蒸留所のウイスキーをおすすめします。

このウイスキーの人気とは裏腹に「手造り・小規模」の蒸留所で、スコットランドで唯一今でも自家製麦芽(フロアモルティング)のみでウイスキーを作っています

 

ウイスキーのリリース自体が少ないので、お店で見かけることは少ないかもしれません。

ぜひ甘口で香り高いスコッチシングルモルトを試してみてはいかがでしょうか。

 

今スプリングバンク自体が入手しにくくなっています。
あまりにも高価なため、リンクは外させていただきます。
申し訳ございません。

グレンモーレンジィ ネクタードール
4.4

完璧すぎるウイスキー『グレンも―レンジィ』の中でも特に気品あふれる一本。

ごく甘のワイン『ソーテルヌ』の樽で追加熟成を行ったボトルで、
桃や梨のような上品なフルーツ香になめらかな舌触りが特徴です。

価格帯

7000~8000円

アルコール度数

46%

容量

700ml

特徴

ごく甘のソーテルヌワインの樽で熟成させた完璧すぎるウイスキー

yaffee
まるで淑女のような気品あふれるウイスキー

まったり優雅に楽しみたい一本です。

アロマ 4
フレーバー 4.6
余韻 4.7

 

完璧すぎるウイスキー『グレンモーレンジィ』から!

甘口のソーテルヌワインの樽で追加熟成させたボトル。

フルーティで甘い白桃のような香り。

シルクのようななめらかな舌触りに、リッチな味わいと上品な甘みが楽しめます。

 

高貴な女性のようなウイスキー

 

ぜひお試しください!!

 

カナディアン

 

アメリカンの禁酒法時代に大きく発展していったウイスキー。

アメリカンと同じようにアメリカ大陸に移住したスコットランドやアイルランドの人たちが築いていきました。

 

バーボンなどアメリカンはもったりとした甘みが特徴ですが、カナディアンはライトでマイルドな風味、ややスパイシーで優しい甘みが特徴だと思います。

 

 

クラウンローヤル
3.2

カナディアンウイスキーの中で最も売れているウイスキー!

メープルのようなコクのある味わいが特徴です。
個人的にはソーダ割かロックがオススメ!!

価格帯

1500~2500円

アルコール度数

40%

容量

750ml

特徴

ロイヤルワラントを獲得しているカナディアンウイスキー

原産国

カナダ

世界で最も売れているカナディアンウイスキー!

1939年イギリス国王として初めてカナダを訪問したジョージ6世に献上されたウイスキー。

 

口当たりがよく、まろやかな味わい。メープルのようなコクのある甘みと高貴な香りが特徴のウイスキー。

 

価格に比べて味の要素が多く、面白いウイスキーだと思います!!

カナディアンクラブ
3.0

日本やアメリカで特に人気のあるカナディアンウイスキーの銘酒。

クリアでスムースな味わいの奥にかすかなコクが特徴。
クセがほとんどないので飲みやすく、ウイスキー初めての人には特にオススメな一本です!

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

カナディアンウイスキーで人気の銘柄

原産国

カナダ

 

日本で一番売れているカナディアンウイスキー。

 

通称『C.C』と呼ばれていて、結構好きな方が多いのではないでしょうか?

 

カナディアンウイスキーは

基本スコッチのグレーンウイスキーのような個性の少ない『ベースウイスキー』というものと、

バーボンのようなコクのある『フレーバリングウイスキー』というものがブレンドされて作られますが、多くは別々に熟成されます。

 

ところが、カナディアンクラブは蒸留したての段階でこの2つをブレンドして熟成させます。

「プレブレンディング」という製法で、原酒同士がなじみやすく、よりまろやかな味わいになりやすいそうです。

 

ハイボールにすると爽やかな味わいで優しい甘み

そのままストレートだとスムースでライトな味わいにややコクのある甘みが心地いいです。

 

ジャパニーズ

 

ハイニッカ
4.0

『高品質なウイスキーをカジュアルに』
をモットーに誕生したニッカの人気ウイスキー!

甘味とコク、深みのバランスがよく、飲みやすくも味わい深い一本。
ハイボールや水割りが特においしいですが、この価格帯では珍しくストレートでも高い満足感のあるウイスキーです。

価格帯

1000~1500円

アルコール度数

39%

容量

720ml

特徴

高品質かつカジュアルなジャパニーズウイスキー

原産国

日本

yaffee
とにかくこの価格なのが不思議なくらいうまいウイスキー!!

ストレートでもかなり美味いです!!

アロマ 5
フレーバー 3
余韻 4

ニッカのモルトウイスキーカフェグレーンがブレンドされたボトル。

デザインもどこかメトロでいいですよね!!

 

余市の香ばしくややスモークの香りに、柔らかく華やかなモルトのアロマ

カフェグレーンのカラメルのようなコクと甘みがあり、ストレートで飲んだ時の余韻のビター感とキレが心地いいです!!

 

またこのウイスキーは水割りにするとさらに香りが高くなります!!

ジャパニーズウイスキーがどんどん高くなる中、お買い求めやすい価格というのも魅力的ですね。

個人的に今一番ご家庭に常備したいジャパニーズウイスキーです。

富士山麓 シグニチャーブレンド
4.1

「コク」と「甘み」のあるジャパニーズウイスキーなら断トツにコレ!!

バーボンのようなコクにスコッチの華やかな香り、そしてカナディアンやジャパニーズの繊細なバランスでのまとまりが特徴。

グレーンウイスキー主体で味わいを構成し、モルトウイスキーでフレーバーを広げていく珍しい作り方をしているブレンデッドウイスキー!
唯一無二のジャパニーズウイスキーです!!

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

50%

容量

700ml

特徴

熟成のピークを迎えたウイスキー

原産国

日本

yaffee
濃厚かつバランスのいいジャパニーズウイスキー。
ヘビーなグレーンウイスキーを使用しているため、カラメル香が特に強いことが特徴です。ハイボールや水割りなら食事に合わせやすく、ロックやストレートならウイスキー単体で楽しめる一本です。
アロマ 4
フレーバー 3.9
余韻 4.3

個人的にジャパニーズで「甘みとコク」といったら最もおススメしたいウイスキーです。

 

富士御殿場蒸留所は世界的にも稀なブレンデッドウイスキーのブレンディング方法をしていると思います。

通常はモルトウイスキーで味を構成して、グレーンウイスキーで伸ばしつつバランスをとっていくことが多いです。

ところが、富士山麓は味の構成をグレーンウイスキーから作り、モルトウイスキーで広げていくという考えで作られているそうです。

 

そこから生まれるブレンデッドウイスキーは、どこバーボンを思わせるようなコクや甘みと華やかなモルトウイスキーの一体感が楽しめます

 

黒糖のような甘みやコクで華やかな余韻

まったり家で飲みたいときにおススメのウイスキーです!!

最後に……

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

まだまだ甘いウイスキーはたくさんあります。

僕の文章力が足りず、甘口ウイスキーの紹介がしきれていないです。

 

今回の僕の厳選に、読者様のお好きなウイスキー選ばれていないことは多いかもしれません。

今後とも皆さまに有益なウイスキーの情報をお届けできるよう、勉強していきながらウイスキーライフを楽しんでいきたいと思いますm(_ _)m

 

「このウイスキーの方が甘くておいしかったよ!!」って情報ございましたら、下のコメント欄またははてなブックマークにて書き込んでいただけるとありがたいです!!

 

また今回の記事が、面白かった、ためになったと思っていただけたらと思います。

それでは良いウイスキーライフを

また次回もよろしくお願いいたします。

 

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

PR
最新情報をチェックしよう!