意外と知らない「テネシーウイスキー」とは??バーボンウイスキーとの違いについて

  • 2022年2月25日
  • 2022年3月25日
  • Whisky

 

本日もお越し頂きありがとうございます。

ウイスキーを愛する料理人yaffeeです!
 

 

今回のお話は

「テネシーウイスキーとは?」

について

 

突然ですが、皆さん「テネシーウイスキー」ってご存じですか?

アメリカのテネシー州で作られているウイスキーですが、実はアメリカのウイスキーで最も有名なあの銘柄がテネシーウイスキーです。

そう、ジャックダニエル!!

表情
え!!ジャックダニエルってバーボンウイスキーじゃなかったの??

 

よく言われます。

すごくややこしいですが、ジャックダニエルはテネシーウイスキーと呼ばれるウイスキーです。

では、バーボンウイスキーとテネシーウイスキーは何が違うのでしょうか?

 

今回はそんなテネシーウイスキーについてまとめていこうと思います。

今回の記事でわかること……

  • テネシーウイスキーについて
  • テネシーウイスキーとバーボンウイスキーの違い
  • テネシーウイスキーの作り方
  • おすすめのテネシーウイスキー

テネシーウイスキーとは?

テネシーウイスキーとは、アメリカで作られているアメリカンウイスキーの一種

テネシーウイスキーは、広いアメリカの中でもテネシー州で作られています。

よくバーボンウイスキーと混同されてしまいがちですが、この違いがちょっとややこしいです。。

 

バーボンウイスキーは以前の記事(意外と知らない「バーボンウイスキー」とは?その特徴・作り方・楽しみ方・選び方について)でケンタッキー州以外でもバーボンウイスキーが作れると紹介しました。

大雑把に言うと、テネシー州で作られたバーボンウイスキーがテネシーウイスキー

yaffee
ちょっとややこしいですよね。ところがテネシー州で作られただけではテネシーウイスキーと呼ぶことはできません。
少しだけ、バーボンウイスキーとは違った製法をしているのが、テネシーウイスキーです。
では、一体どこがバーボンウイスキーと違うのでしょうか。
テネシーウイスキーの定義から見ていこうと思います。
テネシーウイスキーの定義
  • 原料の51%以上はトウモロコシ
  • アルコール度数80%(160プルーフ)以下で蒸留すること
  • 内側を焦がしたオーク製の新樽で熟成させること
  • 樽詰めアルコール度数は62.5%(125プルーフ)以下
  • 水以外を加えず、40%以上でボトリングされたもの
  • テネシー州で作っていること
  • チャコールメローイング製法を行っていること

テネシー州」と「チャコールメローイング製法」の2点がテネシーウイスキーに必要なところであり、バーボンウイスキーとの違いとなります。

 

ちなみにテネシーウイスキーはバーボンウイスキーの条件を全部満たしているので「テネシー・バーボン・ウイスキー」と呼ばれることもあります。

テネシー州で作られていることが条件となっていることは容易にわかると思います。

ただ、「チャコールメローイング製法」とは何なのでしょうか?

テネシーウイスキーの作り方から解説させていただきます。

テネシーウイスキーの作り方

バーボンウイスキーの作り方は、大きく5つの工程に分けられることは過去の記事でも紹介しました。

 

バーボンウイスキーの製法 5つの工程
  1. 糖化
  2. 発酵
  3. 蒸留
  4. 熟成
  5. 瓶詰

これがバーボンウイスキーの製法でした。

詳しい解説は過去の記事をご覧ください!!

バーボンウイスキーの作り方とは??

工程自体はそこまで大きな違いはないようですが、テネシーウイスキーは必ず蒸留後に「チャコールメローイング製法」という製法を行います
PR

チャコールメローイング製法

チャコールメローイング製法とは、サトウカエデの木炭を使って蒸留したてのウイスキーをろ過する製法のことです。
サトウカエデは、メープルシロップが採取できる木で、その木を燃やし炭にします
サトウカエデの炭を細かく砕いて、3メートルほどの大きな桶に敷き詰めます。
そして蒸留したてのウイスキーを一滴一滴少しずつ垂らしていきます
サトウカエデの炭でゆっくりと時間をかけてろ過するチャコールメローイング製法
この製法がテネシーウイスキー造りで重要な工程であり、10日ほどかけて行うそうです。
サトウカエデの炭でろ過することでフーゼル油という成分を取り除き、サトウカエデの木炭の香りを付加することができるといわれています。
フーゼル油は「高級アルコール」といわれる成分の総称です。
高級アルコールは油のように水を嫌う性質があり、お酒のうまみや香りの成分でもあります。
多すぎると油臭くなったり、濁りが生じることもあるそうです。
チャコールメローイング製法を行うとフーゼル油が取り除かれるので、まろやかで独特の香りや味わいになるといわれています。
yaffee

ちなみにテネシーウイスキーの代表銘柄「ジャックダニエル」の蒸留所では、乾燥させたサトウカエデの木材にジャックダニエルの原酒をかけて、燃やしているのだとか。

なんとも贅沢な……。(笑)

テネシーウイスキーの特徴

 

テネシーウイスキーはバーボンウイスキーと同じような製法で作られます。

違う部分は、テネシー州で作られていることとチャコールメローイング製法ぐらいです。

そのため、同じようにフルボディなウイスキーが多い傾向があります。

 

ただチャコールメローイング製法により、バーボンウイスキーよりもマイルドな銘柄が多いです。

マイルドで舌触りがよく、芳醇。

バーボンよりマイルドで飲みやすく深みのある味わいが特徴だと思います。

 

テネシーウイスキーの楽しみ方

 

バーボンウイスキーよりマイルドとはいえ、ウイスキー全体で言ったらボディは厚い方です。

そのため、もし初めてテネシーウイスキーを飲むならロックハイボールがいいかなと思います。

テネシーウイスキーのように、ボディが厚くマイルドなウイスキーはロックにすると芳醇さと徐々に氷が解けることで生まれる変化が楽しめます

また、ハイボールならその強いボディをジュワジュワとした炭酸の刺激の中から楽しめると思います。

 

そして少し慣れてきたらストレートで飲むのも面白いです。

特に高価格帯のテネシーウイスキーは、特に香味に富んでいるのでストレートでゆっくり楽しむのがいいと思います。

テネシーウイスキーの選び方

テネシーウイスキーは、バーボンウイスキーほど種類がありません。

特に日本によく入ってきているテネシーウイスキーは、ジャックダニエルかジョージ・ディッケルぐらいです。

 

ジャックダニエルは、舌触りはスムースで、甘く芳醇なフレーバーが特徴。

大してジョージ・ディッケルは、素朴な味わいだが、温かみがあるような味わいです。

 

ただ、今プレミアムな価格帯のテネシーウイスキーも入ってきています

中でも有名なものが、「ヘブンズドア」。

歌手のボブ・ディランが手掛けたウイスキーで、スタイリッシュなデザインが特徴的なボトルです。

また、「アンクル ニアレスト」もプレミアムテネシーウイスキーとして人気が高いです。

洗練された口当たりと芳醇な香味が特徴。

一本の価格は高いですが、芳醇でまろやか。余韻も長く深みのあるウイスキーです。

 

このようにテネシーウイスキーは日本に入ってきている母数が少ないです。

なので今は銘柄と値段で選ぶ方がいいと思います。

 

ところが徐々に様々なテネシーウイスキーが日本に入ってきました。

いろんなテネシーウイスキーを選べるようになる日も近いかもしれませんね。

テネシーウイスキーを選ぶときのポイント
  • 銘柄で選ぶ
  • 価格帯で選ぶ

 

 

おすすめのテネシーウイスキー 5選

 

 

【2000円台】言わずと知れたNo.1アメリカンウイスキー
ジャックダニエル No.7
4.3

ジャックダニエルの中で最も有名なブラックラベル。

スタンダードなアメリカンウイスキーの中では圧倒的に豊かで丸みのある味わいが特徴です。
味わいのバランスもよく、シーンや飲み方を選ばないウイスキーです。

価格帯

2000~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

世界No.1のアメリカンウイスキー

原産国

アメリカ

 

yaffee

ラベルに描かれた「No.7」

なぜ7の番号がついているのか。本当のことはわかっていないそう

本当の正解は闇の中なのだとか……

アロマ 4.3
フレーバー 4.1
余韻 4.5

【3000円台】2回チャコールメローイングを行ったウイスキー
ジェントルマンジャック 
3.8

ジェントルマンジャックは、蒸留時と熟成後の2回チャコールメローイング製法を行ったジャックダニエルです。
洗練されたスムースさと甘く芳醇な香り。
ロックで楽しみたい一本です。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

2回チャコールメローイング製法をしたジャックダニエル

原産国

アメリカ

yaffee
2回チャコールメローイング製法を行ったジャックダニエル。リッチですが、スムースな口当たりが癖になります。
アロマ 4
フレーバー 4
余韻 3.5

【3000円台】テネシーウイスキーの老舗蒸留所
ジョージディッケル ナンバー8
3.2

ウイスキー商のジョージ・ディッケルが作った蒸留所の8年熟成もの。
もともとはカスケード蒸留所と名乗っていましたが、一度閉鎖した後、復活した際にジョージディッケル蒸留所となりました。
テネシーウイスキーのスムースさといい素朴さのある一本です。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

750ml

特徴

テネシーウイスキーの老舗蒸留所

原産国

アメリカ

yaffee
香味は豊かですが、素朴さもある一本。作り手の温かみを感じるようなテネシーウイスキーです。
アロマ 3
フレーバー 3
余韻 3.6

【8000円台】2倍の手間をかけたジャックダニエル
ジャックダニエル ゴールド
4.8

「2回熟成して2回チャコールメローろ過したジャックダニエル」

通常の6年熟成したジャックダニエルをメープルの木で作った樽で1年間フィニッシュ(再度樽熟成)を行い、
もう一度チャコールメローろ過を行って造られます。
メープルの味わい香りが心地よく、スムースでリッチな味わいが特徴。
芳醇なこのウイスキーは特別な日にぴったりです!!

価格帯

8000~9000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

2倍の手間をかけたジャックダニエル

原産国

アメリカ

yaffee
「No.27」は通常のOld No.7の2倍の手間暇かけたという意味で「No.27」という表記になりました。
アロマ 4.8
フレーバー 4.8
余韻 4.8
【10000円以上】ボブ・ディランが手掛けたテネシーウイスキー
ヘブンズドア テネシーウイスキー
4.7

歌手のボブ・ディランが手掛けたウイスキー。
サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション2018にてゴールドメダルを獲得。
30%スモールグレーン(小麦や大麦など)を使用したユニークなテネシーウイスキーで、圧倒的な深みのある一本です。

価格帯

10000円以上

アルコール度数

45%

容量

750ml

特徴

ボブ・ディランが手掛けたウイスキー!!

原産国

アメリカ

yaffee
芳醇・リッチ!!
深みがあり、余韻も長いです。またバーボンやテネシーウイスキーのくどさがないです。
アロマ 4.6
フレーバー 4.6
余韻 4.9

 

 

最後に……

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか。

 

今回はアメリカンウイスキーの中でも、テネシーウイスキーに集中してまとめてみました。

テネシーウイスキーはまだまだ日本に入ってきている母数が少ないです。

テネシーウイスキーというとやっぱり「ジャックダニエル」となると思います。

ただ、徐々にプレミアムテネシーウイスキーが日本に入ってきつつあります。

個人的には3000円台ぐらいの手が出やすいテネシーウイスキーがもっと入ってくると嬉しいなと思います。。(笑)

 

ただ「ジャックダニエル」を今までバーボンウイスキーだと思っていた方!

ぜひテネシーウイスキーに注目してみてください!

バーボンウイスキーとは違った洗練された口当たりに虜になっちゃうかもしれません!

 

それでは良いウイスキーライフを

また次回もよろしくお願いいたします。

↑↑

公式ラインページにて当ブログの更新情報など不定期配信しています。

また、「子連れ料理人ブログ」では子育て・料理人としての働き方・副業(主にブログ)についての内容を配信中。

ご興味のある方は、一度お越しください!!

 

PR
最新情報をチェックしよう!