ウイスキー界に新時代を切り開いた 台湾のウイスキー『カバラン KAVALAN』蒸留所!

 

本日もお越し頂きありがとうございます!!

台湾料理は作ることも食べることも大好きなウイスキーを愛する料理人Yaffeeです。

 

今回のテーマは「カバラン KAVALAN」蒸留所についてです!!

 

「カバラン KAVALAN」は、凝縮されたトロピカルフルーツのような印象が特徴

ウイスキー造りが不可能といわれた台湾に誕生したウイスキー蒸留所です。

 

『不可能』といわれながらも、世界中の名だたる賞を受賞

ウイスキー界に新しい風を吹きこみ、今世界中のウイスキーラバーが注目しているブランドです。

 

今回は、その『カバラン KAVALAN』蒸留所の特徴、ストーリー、製法を見ていこうと思います!!

カバラン KAVALAN蒸留所について

 

カバラン蒸留所は雪山(せつざん)山脈と中央山脈にはさまれる蘭陽平野に位置する、台湾の北部”宜蘭県”にあります。

 

台湾の季候は、温暖で湿潤な亜熱帯。

5~10月まで気温37~38℃の長く暑い夏が続くそうです。

対して冬はシベリアから冷たい風が流れるそうで、平均気温10℃程度の肌寒い気候となっています。

 

また、台湾は雨が多いことでも有名

降水量は年間通して日本より多いです。夏場の台湾は日本より高温多湿だそうです。

ただカバラン蒸留所のある地域は、スコットランドの ”ウイスキーの聖地” スペイサイドと平均湿度が同じだそう。

yaffee
気温は15.5℃ほどの差がありますが、湿度が同じだったことがこの場所に決めた理由の一つかもしれないですね。

 

その中でも宜蘭県は9~11月に雨が多く降るそう。

その雨が雪山山脈で磨かれ蘭陽平野へとクリアな軟水となって流れ出てきます

この軟水がカバランの仕込み水となっているそうです。

 

元々ウイスキーは亜熱帯地域では、生産できないといわれていました。

しかし、カバラン蒸留所の成功から亜熱帯地域でも製造できることが証明されました!!

そしてカバラン蒸留所は、世界の名門蒸留所の仲間入りを果たしています。

 

カバラン蒸留所の存在は、今世界各国で造られようになってきたニューワールドのウイスキーの後押しとなっています!

カバラン KAVALANのストーリー

 

カバランの物語の始まりは1970年代、

台湾の飲料メーカー「金車グループ」の李会長が「いつか台湾でウイスキーを造る」と目標を抱いたことからです。

 

カバラン蒸留所 計画当初の台湾

 

当時の台湾は、酒造への参入が難しい状況だったそう。

台湾に逃れた中華民国の政治家”蒋介石”が戒厳令を発令。

不穏分子を取り締まっていたため、国民の自由は厳しく制限された「白色テロ」と呼ばれる時代の真只中でした。

 

1980年代に入ると徐々にグローバル化と自由化

それから1987年、戒厳令が解除1996年には台湾は民主化していきます。

 

そして2002年、台湾はWTO(世界貿易機関)に加盟

WTO加盟を機にカバラン蒸留所建設の計画を開始します!

 

カバラン蒸留所の建設計画は……

ウイスキー蒸留の要、ポットスチルは大手スチルメーカー「フォーサイス社」から輸入。

ウイスキーの技術はジム・スワン博士に指導を仰いだそうです。

 

カバラン蒸留所を監修した”ウイスキー界のサンダーバード『ジム・スワン博士』

 

ジム・スワン博士は、スコットランドの偉大なウイスキー製造に関するの研究家

ウイスキーの裏方で働き、あまり表舞台には出てこなかった人物です

ウイスキーの知識を必要としているところに現われては、必要としている知識を解決して去っていってしまう人だったそうです。

 

ジム博士は、自身で宣伝することも注目を求めることのしなかったですが、
ウイスキー業界ではジム博士がどこで何をしているのか注目ポイントでした。

そしてウイスキー製造に関して困っている蒸留所に手を貸すため、世界中を飛び回ってはアドバイスして回っていました。

カバラン蒸留所もその一つで、ほかには

  1. アイラ島の新しいクラフトディスティラリー”キルホーマン蒸留所
  2. ウェールズに新しくできた”ペンダーリン蒸留所
  3. その他スコットランドを始め、ニュージーランド新しくできた蒸留所

などなど。

 

yaffee
2017年2月14日に自宅で亡くなってしまうまで、世界中を飛び回り多忙なお方だったそうです。
亡くなってしまった時は、ウイスキー業界に大きな激震が走りました。

カバラン蒸留所完成

 

「台湾では、ウイスキー造りは無謀すぎる」

カバラン蒸留所の計画が発表されたとき、業界内の人たちは口をそろえて言い、周囲は反対していたそうです。

ところが、逆にジム博士と金車グループは「絶対に成功させてやる」という強い意志を持って計画を進めていったそうです。

 

yaffee
まるで、ジャパニーズウイスキーの計画当初にみたいですね。
当時の日本でも、スコットランドの業界の人から「不可能」といわれていたそうです。

 

2005年カバラン蒸留所 着工。

2006年1月に試作品の蒸留が開始されました。

 

そして2006年3月11日にカバラン蒸留所のスチルから初めてのニューメイクスピリッツ(熟成前のウイスキー)が流れ出ました。

これが初めての「メイドイン台湾ウイスキー」誕生の瞬間です。

 

そして熟成を経て2008年「カバラン クラシック」がリリースされます。

 

世界中のウイスキーラバーを魅了!?

 

カバランが注目されるきっかけとなった出来事は、2016年にスコットランドで開催されたウイスキーのブラインドテイスティングイベントです。

ウイスキーの銘柄を隠してテイスティングを行い、勝敗を決める大会でイングランドの新聞社が主催したのもです。

 

この大会に出品していたカバランは、点数で他を引き離し圧勝します

その結果から一気に注目されるようになり、世界中で賞を受賞。

 

さらに注目を集めていきます。

さらにクラシックを含む「カバランシリーズ」の他に、樽とカスクストレングスにこだわった「ソリストシリーズ」をリリース。

またリーズナブルな「ディスティラリーセレクト」をリリースし、多くのファンを虜に。

生産能力も900万ℓまで拡大させ、カバラン蒸留所は見事トップ蒸留所の仲間入りを果たしました。

 

カバラン KAVALANのこだわりの製法

Jerry Lai from Hsinchu, Taiwan, CC BY-SA 2.0, via Wikimedia Commons

カバラン蒸留所のある地域は豊富な水源があることで有名。

雪山山脈で磨かれたクリーンは軟水を仕込み水に使っています。

 

また冷たい水も入手しやすく、冷却水として使用しているそうです。

使用する麦芽はヨーロッパで作られたもの。その麦芽を最新の粉砕機で粉砕していきます。

この粉砕機は、粉にした麦芽(グリスト)の粒子をそろえることができるそうです。

粒子をそろえることで糖化・発酵など次の工程をスムーズにすることができます

 

その麦芽と仕込み水を合わせ8時間ほど糖化させて麦汁を作っていきます。

できた麦汁をステンレス製の発酵槽で発酵。

 

この発酵槽は、冷却コイルを巻いた2重構造になっています。

これはジム博士の案だそうで、気温の高い台湾だからこそしっかりした温度管理ができるようにしたそうです。

60時間ほど発酵させ、アルコール度数8.5%のモロミを作ります。

 

yaffee
やや高めのアルコール度数のモロミです。
これが香り豊かなウイスキーの第一ポイントとなるそうです。

 

そしてスコットランドと同じ2回蒸留をしていきます。

ポットスチルはすべてフォーサイス社製で、現在すべてランタン型だそう。

 

それは同じ味わいの原酒が作りやすいようにするためだそうです。

現在、初留釜10基、再留釜10基の計20基のポットスチルを持っています。

 

そしてカバランの大きなポイントとなる「樽」

マスターブレンダーが世界中から厳選した樽を使用しているそうです

  • アメリカからはバーボン樽
  • スペインからはシェリー樽
  • スペイン、アメリカ、ポルトガル、オーストラリアからワイン樽
  • フランスからブランデー樽
  • 中米からラム樽
  • そして日本やスコットランドからウイスキーのリフィル樽

を仕入れているそうです。

 

そして「シェービング」「トースティング」「リチャーリング」を行います。

「シェービング」は、樽の内側を削る作業

こうすることで樽に残った前のお酒由来の雑味を取り除くことができます。

 

そして「トースティング」

遠赤外線で焼いていく作業で、桃のような甘みを引き出すことができるそうです。

 

最後に「リチャーリング」

ここがカバラン蒸留所見学時の目玉となるポイントです。

なんといっても火力がスゴイ!!

かなり強いバーナーであぶっていきます。

そうすることでマイルドなスモーキーフレーバーを得ることができるそうです。

 

そしてカバラン蒸留所で世界中を驚かせた『熟成工程』!

台湾の夏場は37~38℃もの気温になるそうです。

ここが台湾ではウイスキーを製造することが不可能といわれたポイントでした。

 

ところが、カバラン蒸留所はここを「早く熟成が進む」というというアドバンテージに変えることに成功しました。

 

なんと、冷房設備などは使わないそう!!

5階建ての熟成庫は夏の暑い時期、窓を閉め切り逆に高温にするそう。

最下層は27℃、最上段で42℃にもなるそうです。

 

そして冬の寒い時期は窓を開け、シベリアの冷たい風が熟成庫内に吹き渡るようにしているそう。

 

このサイクルがバランスのいいウイスキーを生み出しているのだとか。

 

これだけの高温下で熟成させるカバラン蒸留所の原酒。

その分樽内の原酒が蒸散する「天使の分け前(エンジェルズシェア)」が年間10%にもなるそうです。

 

yaffee
スコットランドで年間平均1~3%、日本でも3~5%程度です。
カバラン蒸留所の天使は、かなりのんべえみたいですね(笑)。

 

ただ、その分かなり熟成が早いです。

そのため、熟成のピークは比較的早く訪れます。カバランのリリースに「10年熟成」のものがない理由はここにあります

 

10年も熟成させてしまうとピークを過ぎてしまうそうです。

また、飲めないものが出来上がってしまうことも多いそう。

 

そのピークを見極め、厳選された原酒のみが、爆発的にフルーティな香りを含んだカバランとなって出荷されていきます。

カバラン KAVALANの定番リリース

 

カバラン ディスティラリーセレクト
3.7

台湾に誕生したカバラン蒸留所のシリーズの中で最もリーズナブルなボトル。

カバランシリーズの中では、穏やかな個性でスムースな味わいが特徴です。
ただ、その中にカバランのトロピカルフルーツ感は健在!

絶妙にバランスのいい一本です。

価格帯

4000~5000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

台湾に誕生したウイスキー

原産国

台湾

yaffee
羊羹や梅など和の食材とすごく合いやすいです。
特にイワシの梅煮とカバラン ディスティラリーセレクトのハイボールは絶品です!!

 

カバラン クラシック
4

カバラン蒸留所のラインナップの中でもフラグシップ的立ち位置のボトル。

かなりしっかりとしたトロピカルフルーツ香に甘くとろけるような味わい。
なめらかな舌触りで、ロックで変化を楽しみながら飲むのがおすすめです!!

価格帯

8000~9000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

台湾に誕生したウイスキー

原産国

台湾

yaffee
かなりトロピカルフルーツのフレーバーが楽しめるウイスキー!!
個人的に「豚の角煮」がおすすめ!濃いめの味付けにフルーティなコクがよく合います
created by Rinker
¥8,778(2021/03/06 05:24:11時点 楽天市場調べ-詳細)

 

カバラン コンサートマスター
4.4

ポートワインカスクでフィニッシュさせたカバランシリーズの一つ。

まるでコンサートのようにフルーティさや甘みを複層的に楽しむことができます。
特にシリーズの中では華やかさが特徴です。

価格帯

7500~8500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

台湾に誕生したウイスキー

原産国

台湾

yaffee
音楽にまつわる副題がつけられているシリーズの一本「コンサートマスター」。
この複層的な味わいが多くのファンを虜にしています。

パッションフルーツやパインを使ったデザートと相性抜群です!

 

カバラン 金車コンダクター
4.8

カバラン蒸留所のシングルモルトの中でオーナ会社「金車」の名を冠している一本。

カバランの魅力を一本に詰め込んだようなボトルで、爆発するようなトロピカルフレーバーとバランスがいい味わいが特徴です。

そして幾層にも広がる余韻がたまりません。

価格帯

9000円前後

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

台湾に誕生したウイスキー

原産国

台湾

yaffee
個人的にカバランのラインナップの中で最も好きな一本!!
一番感動した記憶があります。

まったりとストレートで楽しみたいウイスキーです。

 

カバラン ソリストシリーズ
4.8

カバラン蒸留所のラインナップの中で、「シリアルナンバー付き」「カスクストレングス」「シングルカスク」にこだわった唯一無二のウイスキーシリーズです。

「バーボン」、「シェリー」以外にも「マンサニージャ」、「ヴィーニョバリック」など
様々な樽を使用しています。

価格帯

15000円以上

アルコール度数

カスクストレングスのためボトルにより度数が変わります。

容量

700ml

特徴

台湾に誕生したウイスキー

原産国

台湾

yaffee
高級感あふれる化粧箱も魅力的!!
小物入れにしてもかっこいいです!!ちなみにこのシリーズの中で、僕はバーボンが一番価格的にもバランスが良くて好きです。

 

カバラン KAVALAN蒸留所データ

着工2002年
オーナー会社金車グループ
年間生産能力(100%アルコール換算)約900万ℓ
使用麦芽ヨーロッパ産麦芽
発酵槽ステンレス製
ポットスチル初留釜10基、再留釜10基
生産区分台湾・宜蘭

 

最後に……

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか?

 

最初このウイスキーと出会った時、2度驚きました。

 

それは、まず「台湾!!」ってところ。

興味を持って飲んでみて、「うまい!!」とまた驚かされます。

 

ちょっと価格が高いものが多いですが、それは台湾で作られボトリングする原酒を厳選している結果なのかなと思います。

ぜひまだ味わったことがない方は、ぜひ味わってみてください!!

 

それでは良いウイスキーライフを!

また次回もよろしくお願いします!

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

最新情報をチェックしよう!