ウイスキー なぜ『12年』が多い?? おすすめの12年物ウイスキーご紹介!!

本日もお越し頂きありがとうございます。

人生の熟成がまだまだ足りていないウイスキー好き料理人yaffee です。

 

今回のテーマは「ウイスキーになぜ12年が多いのか。」そして、「おすすめの12年物ウイスキー」についてです!!

 

よく「年数表記」があるウイスキーを見ると思います。

その中であることに気が付きませんか??

 

そう、

「12年」のウイスキーってすごく多い!!

違い銘柄のウイスキーでも12年物のラインナップは多いかなと思います。

 

「10年」の方が区切りがいい気がしますが、

それでも「10年物」のウイスキーより「12年物」のウイスキーの方が多く見かけるのではないでしょうか。

 

実は、「12年」には大きな理由があります。

今回はウイスキーに「12年物」が多い理由、そして僕がおすすめしたい12年物のウイスキーについてまとめていきます!!

 

「12年物」のウイスキーが多い理由

 

冒頭でも書いたように、「12年」と書かれたウイスキーって結構多いですよね。

年数表記のあるウイスキーでは、最も多いような気がします。

「12年」→「10年」→「15年」→「18年」……

この順でラインナップが増えているような気がいます。

 

ではなぜ「12年物」が多いのでしょう。

その理由は、ウイスキーの熟成年数の表記のヒミツから紐解いていこうと思います。

 

ウイスキーの熟成年数の表記のヒミツ

 

ウイスキーのラベルに書かれている「12年」や「10年」といった熟成年数の表記。

 

実は、「12年や10年熟成させた」という意味ではありません!!

え?それじゃどういう意味なの??

 

例えば、ウイスキーのラベルに「12年」と表記されていたら、

「12年以上熟成させた原酒が使われています。」という意味です。

ウイスキーの熟成年数の表記のヒミツ
ウイスキーの熟成年数の表記のヒミツについて

上の図のように、ウイスキーは「ブレンドされている原酒の中で、一番短い熟成年数が表記されます。

(ジャパニーズウイスキーなど、一部ウイスキーに関してはこの限りではないです。)

 

シングルモルトだろうと、ブレンデッドウイスキーだろうと、

ウイスキーは基本的に原酒をブレンドしてボトリングされています。

 

シングルモルトは「一つの蒸留所のウイスキー」という意味。

一つの蒸留所内の原酒ならブレンドしても構いません。

 

味と品質を一定に保つため、「ブレンド」が行われます。

そのブレンドした原酒の中で、一番短い熟成年数のウイスキーが表記されている年数です。

 

例え、25年熟成させた原酒が一番多く使われていても、12年物の原酒がブレンドされていたら「12年」です。

比率も関係ありません。

 

 

『12年』の表記が多い理由

 

ほとんどのウイスキーが「原酒をブレンド」していて、
「そのブレンドされている中で最も若い熟成年数」が表記されている年数ということはわかりました。
ただ、なぜ「12年」が多いの??
そのなぜに迫っていこうと思います。
yaffee
ウイスキーに12年物が多い理由を知るためには4つのキーワードがあります!!
その理由に迫るキーワードとは……
  1. 熟成を重ねていくごとに、減っていく「スピリッツらしさ」
  2. 熟成させるごとに増えていく「ウイスキーの個性」
  3. 熟成にかかる「コスト」
  4. 熟成によって変わる「味のバランス」

 

ここに注目してみてみると「12年」の理由が見えてくるのではないかなと思います。

熟成を重ねていくごとに減っていく「スピリッツらしさ」

 

蒸留したてのウイスキーは、良くも悪くも様々な風味があります。

ウイスキーは熟成させるごとにまろやかになっていき、揮発する香りが飛んでいきます。

 

その中には「オフフレーバー」と呼ばれる「いやな印象を与えるフレーバー」もあれば、
「飲みごたえ」を与えるスピリッツらしいフレーバーもあります。

特に、ウイスキーのフレーバーで有名な「スモーク香」

このフレーバーは、熟成を重ねるごとに減っていきます。

 

どれだけ減っていくか、どれくらい残るのかは熟成させてみないとわかりません。

樽によって大きく変わるそうです。

 

ただ平均的に「スピリッツらしさ」と「ウイスキーらしさ」のバランスがいい場所が「12年」だそうです。

 

熟成させるごとに増えていく「ウイスキーの個性」

 

ウイスキーは熟成させていけばいくほど、樽由来の「個性」が増えてきます

特に「木香」や「ドライフルーツのような」、「鉛筆のような」香りが強くなりやすいです。

 

こういったフレーバーもどれだけ出てくるか樽ごとに大きく変わります。

 

例えば新樽を使うと、早く「鉛筆っぽいフレーバー」が出てくるので熟成年数は短くなります。

また、小さい樽で熟成させると原酒と樽の接地面積が大きくなるので樽からの個性が出やすいです。

 

他にも樽材の質、樽材成分の多さなどなど、様々な要因で出てくる個性派変わるそうです。

 

ただ、古樽を使うことが多く寒い地域のスコットランドやアイルランドは「12年」のバランスがいいことが多いといわれています。

 

熟成にかかる「コスト」

 

ウイスキーに限らず、樽で熟成させると年々中の原酒が蒸散し減っていきます。

「エンジェルズシェア(天使の分け前)」という現象です。

 

昔の人は、天使がウイスキーを飲んだことで、樽の中のウイスキーがおいしくなる「分け前」をくれていると考えていたそうです。

大体スコットランドで年間2~3%の原酒が減っていきます。(初年度は6%程度減るそうです。)

今のスコットランドで主流は200ℓの樽です。

 

仮に200ℓパンパンにウイスキーを詰めたとして、毎年2%減っていったら12年後には153ℓ程度になっています。

さらに、18年熟成させたら136ℓ程度です。

 

減っていけば減っていくほど原価が上がっていきます

また高アルコールのウイスキーは引火しやすいです。もし火災に巻き込まれたら一発ですべてを失います。

 

他にも、樽から原酒が漏れる心配もあります。

熟成を重ねるごとに「熟成の希少価値」だけではなく、原価も上がっていくのです。

コスト面を考えてもバランスがいいのが「12年」だと言えます。

 

熟成によって変わる「味のバランス」

 

「12年物のウイスキー」がなんとなくバランスがいいということはわかったと思います。

実は、このバランスこそ重要!!

 

ブレンデッドウイスキーは特にバランスが重視されています。

 

料理人ならではの応急処置ですが、自家製のマヨネーズを作ろうとしたとき失敗してしまい分離させてしまったとします。

その時に、近くに市販のマヨネーズを少し混ぜるとうまく乳化させることができることが多いです。

 

つまり、

味わいのバランスをとるとき、元々バランスのいいものを中核にするとバランスがとりやすいです。

そしてそこから味わいや香りを広げやすくなります。

 

シングルモルトでも、ブレンデッドでも「バランスの良さ」が12年物のウイスキーが多くなった大きな理由だそうです!!

 

おすすめの12年物ウイスキー

 

それでは、おすすめの12年物ウイスキーをご紹介していこうと思います!!

おすすめの「12年物」スコッチブレンデッドウイスキー

ジョニーウォーカー ブラック
4.21

世界No.1のスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」。
そのフラグシップ的立ち位置のボトルが「ジョニーウォーカー ブラック」です。

12年以上熟成させた数十種類のモルト原酒とグレーン原酒をブレンド、スモーキーながらバランスよく仕上げています。
通称「ジョニ黒」と呼ばれ、多くの人に愛されているスコッチウイスキーです!

価格帯

2000~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

世界一のスコッチウイスキーブランド!!

原産国

スコットランド

yaffee
ハイボールや水割りが特におすすめ!!
スモーキーだけどバランスがいいので飲み慣れていない方でも親しみやすいです!!

 

 

デュワーズ 12年
4.1

「ハイボールの起源」と呼ばれているスコッチウイスキー『デュワーズ』
その12年以上熟成させた原酒のみを使った一本です。

バランスがよく、フルーティな香りと繊細な味わいが楽しめます!!

価格帯

1500~2500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

ハイボールの起源

原産国

スコットランド

yaffee
デュワーズといえばダブルエイジ製法!!
12年以上のバランスのいい原酒をブレンドに使い、さらに熟成させることでよりまろやかにしています!
created by Rinker
¥2,178(2021/03/05 23:38:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

シーバスリーガル 12年
4.4

「シーバスリーガルを超えるのはシーバスリーガルだけ」

まさにそのコピーを体現したような「シーバスリーガル」のスタンダードボトル。
芳醇さと柑橘系の爽やかさ、そしてフルーティな味わいなど複層的に広がるフレーバーが特徴です。

初心者の初めての一本にもオススメなウイスキーです!!

価格帯

2000~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

アート・オブ・ブレンディング

原産国

スコットランド

yaffee
僕がブレンデッドウイスキーの中で最も好きな一本!!
芳醇でバランスがよく、ストレートでも飲みやすいです!
ハイボールや水割りでもバランスが崩れません!!

 

おすすめの「12年物」スコッチシングルモルトウイスキー

ハイランドパーク 12年
3.4

「究極のオールラウンダー」といわれるモルトウイスキー。

ナッツやはちみつ、スパイス感。
芳醇で甘いニュアンスとスモーキーフレーバー、潮っぽさ、スパイシーさもあり、まさにオールラウンダーといった印象です。

価格帯

3500~4500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

究極のオールラウンダー

yaffee
スモークサーモンや白身魚のカルパッチョなどとすごく合いやすいです!!
ストレートでも合いますが、飲み慣れていない人はハイボールで

 

グレンフィディック 12年
4.6

世界で最も売れているシングルモルトウイスキー!!

スコッチシングルモルトのトップブランドながら家族経営を続けている蒸留所が造る最もスタンダードなボトルです。

洋ナシのようなフルーツ香にバニラとシトラスの香りが特徴。
バランスがよく、スムーズで飲みやすい一本!!

ウイスキーを飲み慣れていない人には特におすすめなスコッチシングルモルトです!!

価格帯

2500~3000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

世界No.1のシングルモルトウイスキー!!

原産国

スコットランド

yaffee
洋ナシのようなフルーティな香りが特徴のグレンフィディック12年。
案外しめさばやサンマの刺身などど相性がいいです!!

 

グレングラント 12年
4.2

青リンゴやバニラ、はちみつのような香りに、白い花を連想させるフローラル感。
クリア&ライトで、焼き立てパンのような麦芽の優しい味わいが特徴。

「飾らないこと」をモットーとした、研ぎ澄まされたウイスキーです。

価格帯

5000~6000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

キング・オブ・フルーティ

yaffee
個人的に12年物で最も好きなウイスキー!!

かなりフルーティで優しい甘みが特徴で、ハイボールなら弾ける爽やかさ
ストレートならバランスのいい味わいが楽しめます!!

created by Rinker
¥5,038(2021/03/06 01:23:02時点 楽天市場調べ-詳細)

 

グレンファークラス 12年
4.46

「12年シングルモルトの理想形」と呼ばれるシングルモルトウイスキー。

リッチで力強く、バランスのいい味わいが特徴。
「マッカランのライバル」といわれるグレンファークラスのラインナップで最も人気の一本です!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

43%

容量

700ml(or1000ml)

特徴

12年シングルモルトの理想形

原産国

スコットランド

yaffee

とにかく12年物のウイスキーの中では、「リッチ」という言葉がよく似合うウイスキー!

ただそのリッチさの中に力強さがあります。
羊羹などの和菓子との相性抜群!おすすめです!!

created by Rinker
¥3,880(2021/03/06 01:23:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ボウモア 12年
4.55

スモーキーなクセとソルティなフレーバーに、フルーティな気品を感じる『アイラモルトの女王』。

ベリー系の華やかでフルーティなフレーバーに、スモーキーフレーバー!
アイラモルトの中ではクセは強くなく、バランスのいいシングルモルト。
特にファンの多い銘柄です!!

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

アイラモルトの女王

原産国

スコットランド

yaffee
ボウモアのお湯割りと牡蠣のオイル漬けの相性は抜群!!
間違いのない組み合わせです!!
created by Rinker
¥3,410(2021/03/06 01:23:03時点 楽天市場調べ-詳細)

 

グレンエルギン 12年
4

スコットランド・スペイサイドの『隠れた銘酒』。

シリアルの優しい甘みにドライリンゴのような香り。ナッツとレモンピール、そしてはちみつのフレーバーが楽しめるバランスのいいウイスキー!

最初の甘い印象から後味はドライになっていきます。

価格帯

3000~4000円

アルコール度数

43%

容量

700ml

特徴

陰の実力者

yaffee
「陰の実力者」グレンエルギン。
あまり知られていないためか、比較的安く入手できます。
それでバランスよく、長い余韻が楽しめるのでかなりオススメ!!
寒い日なら、お湯割りがおすすめですし、暑い日のハイボールも絶品です!!
created by Rinker
¥3,630(2021/03/05 09:11:54時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ロイヤルブラックラ 12年
4.4

芳醇でリッチなウイスキー。
ドライフルーツやナッツのようなフレーバーに濃厚かつなめらかな舌触りが特徴。

まったりを楽しみたいときにピッタリなウイスキーです!!

価格帯

5000~6000円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

王に愛されたモルトウイスキー

yaffee
「ロイヤル」の名を冠することができる数少ない蒸留所「ロイヤルブラックラ」。
リッチで芳醇、クルミのようなナッツ感にドライフルーツのニュアンスが特徴です。

和菓子と相性いいですし、ブラックラハイボールと豚肉グリルもおすすめ!!

おすすめの「12年物」アイリッシュウイスキー

 

カネマラ 12年
3.3

スモーキーフレーバーのある珍しいアイリッシュウイスキー。

青リンゴのような爽やかさとスモーキーフレーバーが特徴です。
バランスがよく口当たりのいい一本。

スモーキーなシングルモルト初挑戦にオススメです!

yaffee
スモーキーでバランスのいいシングルモルト
モッツアレラのようなフレッシュチーズと相性がいいです!

カプレーゼとカネマラハイボールがおすすめ!!

 

おすすめの「12年物」カナディアンウイスキー

 

カナディアンクラブ 12年
4.48

カナディアンウイスキーで特に人気の高い銘柄「カナディアンクラブ」

その年数表記ありの12年ものは、バランスよく繊細な味わいそのまま芳醇さと後味のスパイシーさが特徴です。

価格帯

1500~2500円

アルコール度数

40%

容量

700ml

特徴

カナディアンウイスキーで人気の蒸留所

原産国

カナダ

yaffee
繊細で飲みやすいウイスキー!!
バランスがよく、ストレートでもオススメです!

さらに「カナディアンクラブ12年」の水割りと寿司がめっちゃ合う!!
ぜひおうち寿司の時に試してみてください!!

最後に……

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回のお話いかがだったでしょうか?

 

12年のウイスキーをまとめて飲んでみると、改めて12年物のウイスキーって「バランスがいい」ものが多いなと思います。

そして12年物のウイスキーはお勧めしたいボトルが多すぎる!!(笑)

だから逆に載せるものを悩んでしまいました。。

よく言うともっとご紹介したい12年物は多いです。。

 

そして反対に10年物の方が個性的なウイスキーが多いように感じます!

今度は「10年」について深堀してみるのもいいかもしれませんね。

 

そんなことを思いつつ、今日もウイスキーを楽しんでいこうと思います。

 

それでは、良いウイスキーライフを!

また次回もよろしくお願いします!!


 
友だち追加

↑↑

この記事が面白かったと思った方は、人気ブログランキングへの応援をよろしくお願いいたします。

また、公式ラインページにて記事の更新情報など配信しています。

 

最新情報をチェックしよう!